第一企画、国策広告をチャ・ウンテクに発注
第一企画、2013観光公社の国家観光ブランド200億ウォン台の事業獲得し
第一企画、チャ・ウンテクに映像製作外注発注
観光公社「第一企画と契約締結、外注発注は関連ない」

チェスンシルゲートにかかわって、検察の家宅捜索を受けた第一企画が2013年チャウンテク氏に歌手PSYが出演した国家ブランドの広告製作を任せた事実が明らかになった。チャ氏とチャが代表としているアフリカ・ピクチャーズは2013年第一企画から外注を受けて『PSY's WIKI KOREA』という韓国観光公社マーケティング映像広告を制作した。チャ氏が朴槿恵(パククネ)政府で演じた最初の国策事業であるわけだ。

chaeuntaek

ソウル経済新聞が16日、ユウンヘ共に民主党議員室を通じて観光公社から受け取った資料によると、チャ氏は第一企画が韓国観光公社から受注した『2013年国内外の韓国観光ブランドマーケティング・コミュニケーション』事業の外注を受けた。第一企画が観光公社から受注したマーケティング代行事業は200億ウォンの予算が所要されたこととHSアドと第一企画が入札に参加しており、観光公社の審査を経て、第一企画が担当することになった。このうちチャ氏とアフリカ・ピクチャーズは『PSY's WIKI KOREA』映像制作を担当した。観光公社側は「これは広告映像制作と関連し、第一企画と締結した」、「第一企画がアフリカ・ピクチャーズに外注発注したのとは関連がない」と明らかにした。

『PSY's WIKI KOREA』は海外を狙った韓流TV広告で韓国語の単語を歌手PSYが説明する短編映像だ。約90秒間で、チャ氏とアフリカ・ピクチャーズは2億2,000万ウォンの手当てを受け取り、歌手・サイと出演者たちは計6億3,000万ウォンを受け取った。このうちチャ氏は特急技術者に分類され、歌手PSYを除けば、実務陣のなかで最も高い賃金をもらっている。この広告映像は韓国観光公社が2013年米プロ野球チームであるLAドジャースのホーム球場で上映したりもしたが、オンライン上ではこれといった反応を得られなかった。

チャ氏とかかわって、検察の捜査を受けたソンソンガク前韓国コンテンツ振興院長をはじめ、チャ氏が実質的所有者という疑いを受ける広告代行会社ザ・プレイグラウンドのキムホンタク代表、中小広告社強奪の企図に加担したとされるキムヨンス元フォーレカロ代表などもすべて第一企画出身だ。『PSY's WIKI KOREA』映像をチャ氏が務めた背景もこのような人脈が働いたという観測が提起されている。



こちらがオンライン上ではこれといった反応を得られなかった「PSY's WIKI KOREA」です。


以前紹介した動画もそうだと思っていたのですが、勝手な感想ですがチャウンテクさんは、楽しげな作品を作るのが上手ではないような気がします。ちょっと悲しさや寂れた感のある動画制作のほうが上手に作れますねwww 才能が抜け落ちてしまったのでしょうか。

 

人気ブログランキングへ