高波・強風で行方不明者捜索難航…周辺の漁船捜索合流

「漁船錨を下ろしていたところ、商船が衝突したものと推定」

慶尚北道浦項沖合いでイカ釣漁船が大型商船と衝突して漁船に乗っていた乗組員7人のうち2人が死亡し、4人が行方不明となった。 
 

20170110_ship
沈没した漁船と漁船に近づいている海洋警察、遠くに見えるのが事故の相手

10日午後2時5分に慶尚北道浦項市南区九竜浦の東22マイルの海上で香港船籍の木材運搬船インスピレーションレイク号(2万3269t)と九龍浦船籍イカ釣り漁船209ジュヨン号(74t級・船長の朴龍得(パクヨンドク)・57)が衝突した。

事故は漁船が操業するためにいかりを下ろしていたところ、通りかかった商船が漁船のわき腹に衝突したために船がひっくり返ったものと海警では推定する。

このために漁船に乗っていた乗組員7人のうち機関長の金某(64)さんとベトナム人船員H(40)氏が死亡した。また、4人が行方不明となって海警が近くの海域で捜索している。

機関長とベトナムの乗組員は救助された後、ヘリコプターで浦項病院に搬送して治療を受けたが、3時間後に死亡した。

彼らと共に救助された船長、朴氏は浦項S病院で治療を受けている。

船に乗っていた韓国人船員3人と中国人船員1人は行方不明状態だ。

浦項海洋警備安全線の通報を受け、近くにいた警備艦艇2機を事故地点の海域に急派した。また、待機中だった1510艦など艦艇8隻とヘリ4台、海洋警察救助隊も緊急出動した。

海上哨戒機1台と付近で操業していた漁船4隻も合流して捜索をしているが、海域に強風が吹き4〜5mの高波のため捜索が難航している。

海洋警察は横転した漁船内には行方不明の乗組員はないものと見ている。

海警は、空が暗いたうえ、気象が悪く、まず船体捜索は放棄し、警備艦定義の照明灯を利用し、事故海域一帯の捜索を続けている。

209ジュヨン号は先月25日九竜浦港を出港し、長期操業をしていたところだった。 

海洋警察は同日、船長の朴氏から「船室に小さな窓が一つしかないので、外でどんなことがあったのか正確にわからない」という供述を受けたという。

海警は事故漁船や商船船長を相手に衝突の経緯などを集中調査する方針だ。 

浦項海上警察関係者は「漁船が商船と衝突し、ひっくり返り、乗組員が全て海に投げ出されたものとみられる」、「事故の経緯を把握し、行方不明者の捜索を行っている」と話した。

聯合ニュース 2017.1.10 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0008949646

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
船長だけでも助かって何よりです。行方不明者が無事に見つかると良いですが・・・。

ところで、韓国では先月も済州島付近で衝突事故がありました。
素人の私には詳しいことはわかりませんが、それにしても多い!!!
プロ同士なら何かしたらの決まりごとがあるのではないかと思うのですが、相手船舶は漁船が見えなかったのか?漁船は本来いてはいけないところにいたのか・・・。


こちらが事故現場の地図です。

20170110_ship_accident
日本海にしておきましたw


↓↓↓↓↓↓こちらのバナーをクリックしてくださいm( )m

人気ブログランキングへ