李在鎔(イジェヨン)容疑者の召喚…9年前は「無罪」今度は?

9年ぶりに被疑者の身分で特検の前に立った李在鎔サムスン電子副会長に対する刑事処罰の可否と内容に関心が集まっている。


20170112_leejaeyong
検察の前でインタビューに応じるイジェヨンサムスン副会長

12日、李副会長は、秘密の実力者崔順実(チェスンシル)容疑者一家に数百億ウォンを支援した賄賂供与の容疑で朴英洙(パクヨンス)特別検事チームに召喚された。李副会長が特検から被疑者身分で取り調べを受けるのは、2008年のサムスン裏資金事件以来、9年ぶりだ。
 

当時専務だった李副会長は経営権の不当な引継ぎ(承継)と関連して適用された4件の告訴・告発についていずれも不起訴処分を受けた。
 

しかし、今回は容易ではない雰囲気だ。朴槿恵(パククネ)大統領を直接狙ってきた特検が、収賄罪疑惑の"核心"である李副会長を簡単に解いてくれるはずがないからだ。特検は、朴大統領とサムスン-チェスンシルにつながる三者間取引に注目してイ副会長に対する包囲網を狭めてきた。
 

特検は、チェスンシル容疑者の姪ジャンシホ氏が提出した『第2のタブレットPC』を確保し、サムスンに対する捜査が一気に進展したという。特検は李副会長にチェスンシル容疑者の存在をいつ知ったのか、グループのチェスンシル一族の支援決定に関与したかどうかなどを集中的に追及する予定だ。
 

ソウル経済 2017.1.11 ttp://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=081&aid=0002789926

ついに、財閥TOPが容疑者として検察に召喚されました。サムスン電子のイジェヨン副会長はしばらく狭い空間で生活をしなければならなそうです。

チェスンシルの姪ジャンシホが捜査に協力的なようで事件の全容解明のカギを握る人物になるかもしれません。どうもジャンシホさんは、子供に会いたいようです。あと、自分の量刑を減らしたいのではないでしょうか?

チェスンシルおばさんは一生塀の中になるだろうから、チェスンシルにすべての犯罪を押し付けて、自分の量刑を減らして今まで貯めてきた財産で優雅に生活をしようという目論見でしょうか。

激震が走ったサムスン電子ですが、株価は微動だにしません。
56
取引開始時に安くなっていますが、すぐに持ち直しています。
ここまで大きくなるとあまりTOPが捕まろうが関係ないということでしょうか。

↓↓↓↓↓↓こちらのバナーをクリックしてくださいm( )m

人気ブログランキングへ