先月30日午後10時25分ごろ、ソウル市銅雀区の路上でタクシー運転手(62)が運転中に突然意識を失った。意識を失う直前にブレーキを踏んだが、タクシーはゆっくりとしたスピードで中央線を越え、反対車線に停車していた男性(43)の車にわずかにぶつかって止まった。

 驚いた男性が車を降りてタクシーに近づくと、後ろに乗っていた乗客が出てきてどこかへと立ち去った。運転手は意識のない状態で運転席に倒れており、男性の通報を受けて警察と救急隊が出動したが、すでに死亡していた。死因は心臓の持病による呼吸困難だった。警察の関係者は「後ろに乗っていた乗客が運転手の異常を感じてすぐに救急車を呼び、応急処置をしていれば結果は違ったかもしれない」としながらも「乗客の行動は刑罰の対象ではないため捜査の計画はない」と伝えた。

タクシーを運転していた乗員の体調が急変して意識を失ってしまったときに、タクシーに乗っていた乗客が逃げてしまったというニュースですが、実は、全く同じことが8月にも韓国ではあったそうなのです。


 

【【韓国】タクシー無料で乗れたよwww】の続きを読む