大韓速報

韓国の経済・政治・文化に関するニュースを紹介するサイトです。

    タグ:中国関係

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    中国、駐中韓国大使館幹部呼び韓国海洋警察の中国漁船発砲事件抗議


    中国外交部報道官"不法操業が火力兵器動員理由になってはならない

    中国政府が韓国海洋警察が不法操業中の中国漁船に対して自衛権を発動して機関銃を発射したことと関連して、駐中韓国大使館幹部を呼んで抗議するなど反発を強めている。
     
    PYH2016101373250006500_P2_99_20161101215006
      【【中国】漁船発砲事件、韓国大使館幹部を呼びお叱りになる。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    中国「中国人対象の格安観光規制」国内業界「直撃弾を受けてしまうかもしてない。」


    中国政府が自国民に対する低価団体観光を規制すると発表したことが知られ、国内旅行業界が緊張している。格安観光を規制すれば、観光客数が減少する可能性が大きいだけに、中国観光客への依存度が高い国内観光産業に打撃が避けられないという見通しが出ている


    25日、韓国観光公社によれば、中国観光産業を総括する中国国家旅游局は、24日、低価団体観光を重点的に管理するとホームページで明らかにした。管理対象国は韓国だけでなく、タイなど、低価格観光が問題になっているすべての国家が含まれた。中国国家旅游局は観光契約書だけでなく、現場調査などを通じて、格安観光を集中的に取り締まる計画だ。これを守らなければ罰金を賦課するという内容も含まれたという。また、上海など一部地域の場合、政府が管轄の旅行会社に訪韓中国人の数を20%減らせと口頭指示もしたという
    【【韓国悲劇?】中国が観光客制限に乗り出すwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    韓国食品、中国通関で大量の不合格…7月比8月12倍↑
    化粧品を含む8月に61件で全体26%…今年最高記録

    「ほとんど韓国会社の規定違反」…一部非関税障壁の強化懸念
    中国市場でうなぎのぼりの勢いを見せた韓国食品と化粧品が過ぎた8月現地の通関で大量に輸入不合格の判定を受けたことが明らかになった。

    この分野が有望だといううわさを聞き、現地の規定をきちんと把握しないまま、輸出に飛び込んで問題が生じた場合が大半だが、一部では、中国が自国市場の保護に向けて、非関税障壁を高めることがないかという懸念も出ている。

    16日、米貿易協会北京支部が中国の国家質量監督検験検疫総局の資料を分析した結果によると、8月、中国輸入通関で基準違反で摘発された韓国産化粧品と食品は、計61件で全体236件のうち、25.8%を占めた。

    8月産の摘発件数だけ見れば、この7月5件より12倍ほど急増した。 全体で韓国産が占める比重と韓国産の摘発件数、すべて今年最高記録となった。
    韓国に続いて台湾が23件で2位を占め、マレーシアとフランスがそれぞれ19件と、その後を続いた。

    韓国産化粧品と食品の不合格件数は、前回の1月にも28件と、比較的多かったが、当時、全体不合格件数は681件もあった。これによって、当時の韓国産が占める比重は4.1%に止まった。

    韓国産の摘発件数は2月、3月にはそれぞれ5件(4.2%)と9件(6.0%)に大きく減少した。 4月20件(8.4%)へとやや増えたものの、5月(9件、4.4%)、6月(4件、1.7%)、7月(5件、1.9%)には再び減少する傾向だった。

    8月の通関に問題が生じた代表製品は海苔だった。 返送されたり、焼却された韓国産海苔は計24tに搬送件数は28件(11社)にもなった。

    【【韓国】経済崩壊?宗主国中国から輸入検査厳しくされ始めるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    中国「中国漁船、韓国海洋警察警備艇沈没事件」真っ向から対立「韓国執行権乱用いけない」


    「韓国の立場、説得力に欠ける」韓国強硬対応に中国反撃姿勢 


    官営メディア「中国漁船に艦砲の使用許可するなんて、韓国政府は気が狂ったのか」猛非難 


    中国政府が今月7日、自国漁船が、海洋警察の警備艇をぶつけて沈没させた事件に関連し、越権行為だとし、韓国政府を真っ向から非難した。


    これまでこの問題に関して、冷静かつ理性的な処理を要請したものとは立場が完全に変わったわけだ。これは韓国が中国内の不法漁船に対して艦砲の使用を許容するなど強硬対応に乗り出すと焦った中国も対抗してきたものとみられる。 


    耿爽中国外交部報道官は12日、定例ブリーフィングで、政府がこの事件と関連し、在韓中国大使を招致したことに対する中国側の立場を尋ねると、「今日確認をしたら韓国側の立場は説得力がない、韓国側が提供した地理座標によると、事件発生地点は北緯3723分、東経1235856秒で同地点は、韓中漁業協定の規定で漁業活動が認められている場所」と主張した。


    耿爽報道官は「この協定によって、韓国海上警察は、この海域での法執行に法律的な根拠がなく、中国側はすでに外交チャンネルを通じ、韓国関連部門に厳正な交渉を提起した、韓国側に冷静かつ理性的に関連問題を処理することを要請した」と話した。


    彼は「韓国が、法執行の過程で盲目的に処罰の強度を高めるなどの武力使用を惜しまないと強調したが、これは根本的な問題解決がなく、むしろ矛盾を激化し、紛争を誘発する、中国はもう一度韓国側に要求するが、法律を執行する過程で、自制を維持して法執行行為をルール内でし、執行権力を乱用してはいけない」と声を高めた。


    耿爽報道官は「中国人の安全を害する恐れのある過激行為と手段を取ってはいけない、中国人たちの安全と合法権益を確実に保障しなければならない」と強調した。


    彼は「最後に強調したいのは、韓中漁業協力は二国間関係の重要な一部分で良好な漁業協力秩序は、両国国民の根本的利益に合致する、双方は、韓中漁業協定と双方の共通認識によって疎通と調整を強化して冷静と理性を維持しながら長期的かつ発展的な眼目で問題を客観的かつ妥当に処理しなければならない」と付け加えた。 


    先立って、耿爽報道官は10日と11日にこの問題について質疑された時は「私たちは韓国が両国関係の大局的な見地から出発し、冷静かつ理性的に関連問題を処理することを希望するという点を重ねて強調する」と消極的な立場を取った。

    詳細は、下にある「続きを読む」をクリック(タップ)してください。 

     

    【【韓国】宗主国からお叱りの言葉を賜るwww】の続きを読む

    このページのトップヘ