大韓速報

韓国の経済・政治・文化に関するニュースを紹介するサイトです。

    タグ:現代自動車

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    サムスンへの家宅捜索に続き、現代自動車副社長の召喚…締め付け検察vs財界の緊張高揚
    -電撃的な家宅捜索続き、現代自動車などの各財閥役員を芋づる式に召喚 
    -ミールㆍKスポーツ53社の調査の進行中…今度はサムスン
    -国政壟断疑惑が政経癒着に拡散…個別面談疑惑の財閥トップまで召喚可能性

    検察が8日、財界序列1位のサムスンを押収捜索し、続いて序列2位の現代自動車副社長を召喚するなどチェスンシルゲート捜査の速度を出すと財界の緊張感はさらに高まっている。検察がすでにミールㆍKスポーツ財団に出捐した53社を対象に、全数調査を進めることにした状況で、主要企業役員が芋づる召喚されている。さらに、朴槿恵(パク・クネ)大統領と個別面談したとされる財界トップの召喚可能性まで言及されると財界全般に司法寒波が吹いている。

    samsung_building
     
    【【韓国財界崩壊】サムスン電子に続き現代自動車も捜索(役員を呼び出す)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    現代自動車、リコール隠蔽疑惑キム部長解雇『文書窃取・名誉毀損』


    現代自動車グループが、最近リコール隠蔽疑惑を提起した自社のエンジニアのキム某部長(54)に対して、解雇決定を下したことが確認された。


    会社の資料を奪取して無断流出させ事実と異なる内容などを一方的に主張して、会社の名誉を毀損するなどの社規を明白に違反したという理由からだ。

    hyundai_motor

    【【現代自動車】リコール通報者を解雇...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    また、韓国タイヤに背を向けた現代自動車

    新型グレンジャーにミシュラン装着。昨年「ノーブル2」タイヤ騒音をめぐる議論に関係遠くなったようだ

    現代自動車がジェネシスブランドに続き、新型グレンジャーにも輸入タイヤを装着する。昨年、ジェネシスに供給した「ノーブル2タイヤ」で騒音問題が発生した後、現代自動車とやや微妙な関係に置かれた韓国タイヤは来月発売予定の「グレンジャー」にもタイヤを供給することに失敗した。業界では両社が積もったしこりを依然として解決できなかったことがタイヤ選定に影響を与えているという分析も出ている。 

    25日、業界によると、新型グレンジャーは18、19インチのタイヤもミシュラン製品を装着する。17インチは、錦湖タイヤが選ばれた。従来のグレンジャーHGに担がれたタイヤを供給してきた韓国タイヤはLPG車にタイヤを供給する。

    【【韓国】韓国タイヤ、現代自動車に見捨てられるwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    現代自動車「貴族労組」のノブレス・オブリージュ


    12日は、現代自動車に運命の日だ。会社側と労組が2週間ぶりに再び会って賃金交渉に乗り出す。今回が今年28回目の団体交渉だ。 交渉は、同日午後3時、蔚山(ウルサン)工場の本館アバンテルームで始まる。 


    雰囲気は悪くなさそうである。現代自動車の労使が交渉のテーブルで向き合うということ自体が青信号だ。両者は先月28日以降冷却期間をもって、実務者同士が会い協議案を用意してきた。本交渉に至る過程で相当な交渉をしたという意味だ。ややもすれば本交渉もできなかった状態で破局に行きつく不祥事も免れた。 


    しかし、安心はまだ早い。越えなければならない山がまだある。労使代表が合意案を作っても、組合員の承認手続きを経なければならない点が影響しかねない。現代自動車労組は8月末の賃金5万8000ウォン引き上げ、個人年金1万ウォンの引き上げ、成果給と激励金350%+330万ウォンなどを盛り込んだ1次交渉案を作ったことがある。しかし、この案は組合員の反対で否決された。

    詳細は、下にある「続きを読む」をクリック(タップ)してください。 

     

    【【現代自動車】ノブレス・オブリージュ? www そんなものより金よこせ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    日本でも三菱自動車が燃費データ不正をやらかしてくれて、企業城下町倉敷市では下請け企業が大ダメージを受けているのに、歴代役員が貴族かのようにのうのうとしてくださっていますが。。。。

    この三菱自動車に会社発展に関与してもらった「世界の現代自動車」に悪夢のような出来事が連発しているのでまとめてご紹介します。体質まで似るのでしょうか。。。
    三菱自動車ではストライキなんて見たことがないwww


    詳細は、下にある「続きを読む」をクリック(タップ)してください。 


      【【韓国経済】現代自動車もオワタwww 崩壊しないよね??】の続きを読む

    このページのトップヘ