大韓速報

韓国の経済・政治・文化に関するニュースを紹介するサイトです。

    タグ:韓国経済崩壊

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    サムスンへの家宅捜索に続き、現代自動車副社長の召喚…締め付け検察vs財界の緊張高揚
    -電撃的な家宅捜索続き、現代自動車などの各財閥役員を芋づる式に召喚 
    -ミールㆍKスポーツ53社の調査の進行中…今度はサムスン
    -国政壟断疑惑が政経癒着に拡散…個別面談疑惑の財閥トップまで召喚可能性

    検察が8日、財界序列1位のサムスンを押収捜索し、続いて序列2位の現代自動車副社長を召喚するなどチェスンシルゲート捜査の速度を出すと財界の緊張感はさらに高まっている。検察がすでにミールㆍKスポーツ財団に出捐した53社を対象に、全数調査を進めることにした状況で、主要企業役員が芋づる召喚されている。さらに、朴槿恵(パク・クネ)大統領と個別面談したとされる財界トップの召喚可能性まで言及されると財界全般に司法寒波が吹いている。

    samsung_building
     
    【【韓国財界崩壊】サムスン電子に続き現代自動車も捜索(役員を呼び出す)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    国民90%「韓国の経済危機の状況」

    パク・クネ大統領は「韓国経済が今まで大変な峠を乗り越えてきた」(10月22日、大統領府首席秘書官会議)と自評するが、国民の大部分は現在の経済状況を「危機」と判断していることが分かった。

    朝鮮日報と韓国経済研究院が世論調査機関リサーチ・アンド・リサーチに依頼して実施した韓国経済の診断のアンケート調査で回答者の半数を超える51.4%が経済状況を「深刻な危機」と思うと答えた。「やや危機」と答えた場合は39%だった。両方を合わせると90.4%に達する国民が現在の経済状況を「危機」だと判断したわけだ。韓国経済研究院のベ・サングン副院長は「低成長経済は回復の兆しがないのに、最近、代表企業であるサムスン電子と現代車までもが揺れる姿を見ると国民の危機意識が強まっている」と話した。
    【【韓国】国民の90%が経済危機と認識!! 知らぬはパク・クネだけwww(無能)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    長期不況に…保険解約する人が急増

    上半期の解約払戻金だけで14兆ウォン
    景気低迷が続き、保険料負担に耐え切れず契約を解約する加入者が大幅に増えている。保険を解約するとき返してもらう解約払戻金規模が今年歴代最高値を記録するものとみられる。


    23日、生命保険協会と損害保険協会の月間統計によると、25の生命保険会社と16の損害保険会社が、今年上半期に支払った解約払戻金は14兆7350億ウォンとなった。解約払戻金は、満期が来るの前に加入者が契約を解除して返還された金だ。


    生命保険会社の解約払戻金が9兆7401億ウォンで、損害保険会社の傷害・シルソン保険など長期保険に対する長期的な解約払戻金が4兆9919億ウォンだった。
    【【韓国経済崩壊】保険払うと生活できないの...(涙)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    韓国産業銀行公企業に指定。政府が直接管理
    現在「その他の公共機関」を「公企業」分類転換
    企画財政部が管理・監督の役割を引き受けることに

    政府が現在その他の公共機関に分類されている韓国産業銀行を公企業に転換して予算はもとより業務計画及び評価等について直接管理する方案を推進する。大宇造船海洋の問題で放漫な経営と組織の非効率などが俎上に上がっただけに、現在金融委員会が持っている韓国産業銀行に対する管理・監督の役割を企画財政部に移管して直接統制するという構想だ。しかし、この場合、不良企業に対する韓国産業銀行の支援が政府の直接支援と認識され、国際社会では通商問題が発生する可能性があり、これによって韓国産業銀行の構造調整およびベンチャー投資機能などが深刻に弱体化するという懸念が出ている。


     
    【【韓国経済崩壊】パククネ政権、銀行を直接管理...いつの時代にさかのぼる気だwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    造船用の厚板価格上げたが笑えないポスコ・現代製鉄

    ポスコ、現代製鉄などの鉄鋼会社が造船会社に供給する厚板価格の引き上げに成功したが笑ってはならない。今年に入って造船の景気低迷で販売量が減ったうえ、最近原料炭価格まで急騰したためだ。 (※造船業:受注目標の20%しか達成できていないニダ)

    23日、業界によると、ポスコ、現代製鉄や東国製鋼などの厚板供給業者は、大宇造船海洋や現代重工業など、主要造船会社と第3四半期、厚板の価格を1トン中たり5万ウォン程度引き上げることで合意した。したがって、今年第3四半期に造船会社へ供給された厚板はトン当たり55万ウォン前後の価格で遡及適用される。

    鉄鋼会社と造船会社は、厚板の価格交渉を5ヵ月以上も引きずってきた。これまで鉄鋼会社は、原材料価格が上がっただけに、厚板の価格を上げなければならないと主張したが、造船会社各社は、受注減少に最悪の困難を経験しているだけに、凍結、または引き下げしてほしいという立場を示した。 

    鉄鋼メーカーは、今年上半期の鉄鉱石や中国産の鉄鋼財価格が大幅に高騰し、第2四半期から鉄筋など主要鉄鋼財価格を引き上げたことがある。しかし、不振を経験している造船会社の激しい反発で厚板価格の引き上げに難航していた


     
    【【韓国経済崩壊】POSCOなど鉄鋼業界も終わっているwww】の続きを読む

    このページのトップヘ