Tafelmusik 第2集

私が演奏するフルートとバロック・フルートについて またオーケストラや吹奏楽について さらにはクルマやパソコンのことなども 思いつくままに 書いていこうと思います。

ブーレーズのプルチネルラ

プルチネルラの記事は昨年の4月にも書いていましたが、すっかり忘れていました。
その時FMで聴いたのはブーレーズ指揮のフランス国立管弦楽団だったようですが、そのCDを持っていると思って探してみると、同じブーレーズのアンサンブル・アンテルコンタンポランのものでした。3人の独唱を含むバレエ版で、カップリングが交響詩「うぐいすの歌」こちらのオケはフランス国立管弦楽団です。プルチネルラは1980年、うぐいすの歌は1981年の録音、このCDを買ったのは20年くらい前に上京した時に山野楽器でだったと記憶しています。
組曲版のCDをもう一枚くらい探してみろうかなと思っています。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

プルチネルラ

NHK-FMの「クラシックカフェ」を車中でよく聴きますが、ストラヴィンスキーの「プルチネルラ」が流れていて、ペルゴレージやガロなど、その原曲とともに紹介されていました。
もう一度じっくり聴いてみようかなと思いました。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
いよいよ更新が少なくなってきましたが、頑張って続けていきますので、今年もよろしくお願いいたします。

さて、自宅のリビングで使っていたCDプレーヤーですが、トレイが開いたり閉じたりを何度も繰り返し、やっと収まったら読み込みもたまにしかできなくなっていたのでついに引退させることにしました。
DENONのCD-R-W1500といって、トレイが2つあって左で読み込んで右で書き込むというタイプのものでレッスン中にコピーして生徒さんに渡すなどなかなか重宝していました。近年はパソコンでCDをコピーするので専ら再生専用になっていましたが、気がつくと買ってから16年も経っていたんですね。アンプやスピーカーはまだまだいけそうですが、モーターのものはダメみたいですね。でもよく頑張ってくれました。ありがとう。
次に買ったのは同じくDENON(昔は確かデンオンと言ってましたよね?いつの日からかデノンと言うようになってました。なんか違和感)DCD-755REです。CDは焼けませんがiPodやUSBメモリーのデータを読み込めるそうです。その辺はあまり使わないと思いますが…音質も比べてみましたがハッキリと新しい方がクリアでよい音でした。なのに価格は3万円でお釣りがきました。W1500の半額以下です。これにはちょっとびっくりでした。

image

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

日本フルート協会創立50周年記念誌

日本フルート協会の会報に創立50周年記念誌が同梱されていました。
とても立派な内容で、協会の功労者初めてオーボエなど各木管楽器の協会会長による祝辞を読むと、この協会のフルートのみならず音楽界における影響力の大きさを感じずにはいません。
来年は川崎市でコンヴェンションが開かられるようで、前回の浜松に続いて多分参加できないのは残念だが、奇しくも私と同い年の協会がこれからも発展を続けることを祈念したいと思います。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

【フルートのメンテナンス】トリルキーには気をつけて

季節の変わり目、生徒さんの楽器でトリルキーの不具合が続けて2件ありました。
トリルキーの一方を動かすと他方も僅かに動いてしまう。そのどちらかがトーンホールを完全に塞げていないと響きに大きく影響します。
酷い場合は固まってしまって完全に連動してしまいます。上がったまま塞がらないともう演奏不能です。
特に夏の間は長いパイプに汗が入り込んでしまい固まりやすくなりますし、進行すると錆を起こします。
とりあえず左右手のキーを慎重に取り外してからトリルキーも取り外します。接合部にオイルをさしてクルクル回していると動きが滑らかになってきます。錆がある場合は茶褐色の錆が浮いて出てきます。
大概はこのような処置でよくなります。バネが弱い場合は少し強目にしておいてもよいかもしれません。改善しない場合はピンを抜いて分解して錆やオイルのカスなどを綺麗に除去しなければならないので、メーカーに送らなければならなくなります。
季節の変わり目になんとなく鳴りがおかしいなと思ったらトリルキーの不具合を疑ってみてよいと思います。

image

iPhone 7 plus

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

ダッタン人の踊り

言わずと知れたボロディンの名曲。
NHKの「きらクラ!」の先週の出題でしたが、さっぱりわかりませんでした。
昨年演奏したばかりの曲だったのに不覚を取りました。
正確には「ポロヴェッツ人の踊り」というのは知ってました。ダッタン人がタタール人であることも知ってはいましたが、なぜ日本ではダッタン人と言われてきているのかも大変勉強になりました。
冒頭のハープの音、ふかわさんが「これはギターですか?」と言ったのに対して遠藤さんが「何でしょうね?」と言ったのはきっと知ったかぶりしないように遠慮されてるのだなと思ったりしました。
いつも楽しい番組です。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

疾風怒濤

実技試験の2週間前ですが、ベンダの協奏曲ホ短調の第一楽章をやる生徒さんがいます。
前回のレッスンで疾風怒濤(Strum und Drang)という話をしたら、昨日のレッスンでその4文字の隣に「多感様式」と書かれていてかなり嬉しくなりました。
と同時に、これは勉強し直さんといかんぞ!という気になりました。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

ブラームスの交響曲第3番

久々にブラームスの交響曲第3番を聴きました。
カールベーム指揮ウィーンフィル。
自分の中ではこの曲は秋の曲です。
ブラームスの4曲のシンフォニーの中では一番マイナーかもしれません。第3楽章だけは結構有名ですけどね。
最近、身の周りがいろいろ慌ただしくて(嬉しいことがあったからではあるが)ゆっくり音楽を聴く時間が無かったが、ゆったりと寛ぐ時間は大切かもです。
次は何を聴こうと考えながら…

image




にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

NANIWA ORCHESTRAL WINS 2016

久々に投稿。

今年も吹奏楽の夏は続いています。
課題曲、今年はなかなか難しいですね。
中高はⅠの「マーチ・スカイブルー・ドリーム」に集中するのかと思いましたが、高校は意外にⅡの「スペインの市場で」も選ばれたようです。
この「スペインの市場で」は、とても素敵な曲です。シャブリエやラヴェル、ビゼー、イベールなどの影響が強いのですが、隅々までよく練られた秀作と思いました。

今年も「なにわオーケストラルウィンズ」のライブCDを買いました。
このところ3年連続です。

課題曲はもちろんですが、スミスやスパーク、バーンズといった作曲家の珍しい作品に触れることができるのがいいですね。

今回のイチオシは、リードの「序曲インペラトリクス」です。かなり昔にコンクールや演奏会でやったことがありますが、好きな曲です。

image

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

MURAMATSU通信SPECIAL

季刊誌ムラマツとは別に、たまに送られてくる情報誌です。内容は季刊誌とはまた違った充実度で読みごたえがあります。

image


今回は、ムラマツで永く製作をされている青木氏によるオーレル・ニコレの追悼記事、9Kゴールドの特集、フルートの金属学、音楽史の扉(ルクレール)といった記事ですが、どれも興味深い内容です。

ニコレについては、楽譜に書き込みをさせなかった、一度書き込みをすると、そこから一生抜け出せない、分析した内容は演奏する時は全て忘れてしまえ、といったことが強烈な印象となります。

9Kゴールドは、唯一長期間お借りして吹いたことのある金製フルートでしたが、今回ソルダードタイプが出たということで、総9Kソルダードのヘビーはどんな音がするのかなと興味が出てきました。

関連して、フルートの金属学。これは面白い記事です。フルートを吹かない方が一切の先入観なく分析されていて、しかも難しくないのがよいです。

ルクレールについてはもう少し読んでみます。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード