Tafelmusik 第2集

私が演奏するフルートとバロック・フルートについて またオーケストラや吹奏楽について さらにはクルマやパソコンのことなども 思いつくままに 書いていこうと思います。

戦争交響楽〜音楽家たちの第二次世界大戦

〈現代の名演奏家50〉〈悪の出世学〉と続けて中川右介氏の著書を読んできました。
歴史に疎い私ですが、特に第二次世界大戦中の演奏家や作曲家について興味を持ち、今回は〈戦争交響楽〜音楽家たちの第二次世界大戦〉を読みました。
戦争に翻弄された音楽家は数多くいます。ドイツでナチスが政権を獲ってから終戦までフルトヴェングラー、ワルター、トスカニーニ、そしてカラヤンといった指揮者の苦悩が描かれています。
他にも現在では作曲家として名高いリヒャルト・シュトラウスやヒンデミット、シェーンベルク、さらにはソ連のショスタコーヴィッチなども登場します。
著書自身もあとがきで述べているとおり、新書にしてはかなり長大ですが、読みごたえがあり、少し時間をおいてまたじっくり読んでみたいと思える一冊でした。

image



にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

大型台風

非常に強い大型台風18号が九州に上陸し、間も無く大分県も暴風域に入りそうです。
せっかくの三連休ですが、今日1日は家で大人しくしておくしかなさそうです。

image


参加しています↓ にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

バーバー:弦楽のためのアダージョ

レナード・スラトキン指揮のデトロイト交響楽団の演奏会の模様をテレビで鑑賞しました。
バーンスタインのキャンディード序曲やガーシュウィンのラプソディ・イン・ブルーなどアメリカプログラムですが、2曲目に演奏されたバーバーの弦楽のためのアダージョは久しぶりに聴きます。
指揮者のスラトキン氏が述べているとおり、作曲家にはそのような意図はなかったとのことですが、しばしば追悼の曲として演奏される機会の多い曲です。日本では映画「プラトーン」で使われて広く知られるようになったのではないでしょうか。
バーンスタイン指揮の長大な演奏時間のCDを随分前に買って聴いていたのを思い出したので、探してみようと思います。

image


参加しています↓ にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

iPad Pro 10.5

初めて買ったiPadはiPad 2でした(購入時の記事はこちら
最近では仕事でiPad Air2を使っていました。薄型軽量で歴代の中でもとても使いやすいモデルでまだまだ現役で使えそうでしたが、特に最近では授業で使う中で音符などを手書きで入力するのに支障が出てきました。スタイラスペンを使っても自分が書入れようとする場所と実際に入力する場所に誤差が出るのです。どうも細かい作業には向かないようですね。指を使っての大雑把な作業は問題ないようですが…
そこでiPad Proに目を向けました。このモデルはApple PencilというPro専用のスタイラスペンが使用できるということです。
店頭のデモ機でも確認しましたが、確かに細かい作業にも対応できそうです。
これまでの9.7インチに加えて12.9インチの大型のものもありました。楽譜を見るには良さそうですが普段の持ち歩きには持て余しそうです。そんなことを考えていたら10.5インチが出るという噂があったので待っていましたがやはり出ました。最近のこのような新製品の情報というものはかなり正確ですね。
ということで10.5インチ版のiPad Proに変えることにしました。キャリアはiPhoneの変更に合わせてauにします。
専用のキーボードつきカバーやApple Pencilは割と高価なので、せっかく変えましたがこれから徐々に揃えていくことにします。
さてこれまでのiPad Air2と比べるとさすがに大きくて厚みも重量もありますが、約20パーセント広くなったスクリーンは快適です。またスピーカーが4つになって音質もかなり良くなっています。

image


image


image


image



にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

悪の出世学

この夏はいつもになく読書をしました。
現代の名演奏家50を読んで、カラヤンやフルトヴェングラーをはじめとする音楽家たちがヒトラーやスターリンなどの独裁者に翻弄されながら生き抜いた、また生き抜けなかった音楽家もたくさんいることから、その独裁者たちについて詳しく知りたいと思い、同じく中川右介氏の著書である「悪の出世学」を読むことにしたのです。
読み進めるうちに多少気分が悪くなり、後半は読み飛ばすところもありました。
諸説あるようですが、この3人の独裁者によって今の日本の人口と同じくらいの人が理不尽に虐殺されたとすれば、これ以上恐ろしいことはないです。
中川氏の著書はあと一冊読むつもりでいます。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

FRISK

コンビニで何気なく買ったFRISKです。

image


ライムミントに惹かれたわけですが、実はFRISKを買ったのは初めてです。人からもらって食べたことはありましたが刺激が強過ぎる印象でした。このライムミントはそこまで強く刺激はなく、爽やかでフルートを吹く前に口の中がスッキリしてよかったです。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

ピッコロと万年筆

愛用するパウエル・ピッコロと
同じく愛用中の万年筆LAMY2000

流れるような曲線のデザインが美しい。

銘品と呼ばれるものはまずデザインが美しいものだと思っています。

image

RICOH GXR MOUNT A12
RIKENON 50mm f:2

参加しています↓ にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

コルクグリス

フルートやピッコロにとってジョイントのコンディションが音色にかなり影響を与えると思っています。
ピッコロはコルクグリスを小まめに使うべきなのですが、25年前には持っていた(たぶんセルマーの)コルクグリスも、最近では殆ど使わなくなっていました。
ピッコロをオーバーホールしたのを機にコルクグリスも新しく買おうと思い探してみましたが、やはり定番はヤマハでしょうか。

image


同じ日本のメーカーでサックスのヤナギサワのものもありました。


image


以前使っていた記憶のあるセルマー製です。

image


クラリネットやサックスのリードメーカーであるヴァンドレンやリコのものもありましたが、これは知りませんでした。

image


image


他にもリコーダー用でしょうか、聞いたことのないメーカーのものもありましたが、今回はクランポンのものを選びました。

image


image


なお、価格には多少ばらつきがありますが、流通の関係もあるのでしょう。2本セットで買ったので、当分は困らないと思います。

追記
Amazonで購入しました。届いた実物を写真で撮って気がついたのですが、キャップの色が違い、メーカーのロゴなども変わっていますね。まあ、中身に違いはないと思いますが、伝統のあるロゴの方が味わい深いのになと思ってみたりしています。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

夏の花

ランタナという花です(だそうですと言うべきか)
紫陽花の一種とずっと思っていましたが、別名 七変化というらしいので、全く関係ないわけではないかもです。
RICOH GXR に MOUNT A12を介してRIKENONのオールドレンズをつけて、時代を超えた純正の組み合わせなどとはしゃいでいます(^^;;

image

RICOH GXR MOUNT A12
RIKENON 50mm f:2

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

パウエル・ピッコロ、オーバーホール終了

ドルチェ楽器さんにオーバーホールを依頼していたパウエルのピッコロですが、1ヶ月ちょっとで帰ってきました。

image


新品と遜色のない美しい仕上がりです。

image


パウエルのピッコロは特に曲線が美しいと思いますが、その秀逸なデザインは現在のピッコロと比べてキーが全てインラインに配置されていることにもよると思われます。

image


Gisのキーのデザインも素晴らしいですね。

吹いてみると、さすがに新品のパットがまだ馴染んでいないようで、硬さが感じられますが、これから徐々に慣らしていきましょう。

ちなみにとれてしまっていた枕は綺麗に付け替えてもらい、さらには錆びてしまっていた掃除棒も綺麗に磨いてもらいました。

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード