Tafelmusik 第2集

私が演奏するフルートとバロック・フルートについて またオーケストラや吹奏楽について さらにはクルマやパソコンのことなども 思いつくままに 書いていこうと思います。

ナクソス・ミュージック・ライブラリー

クラシックの特にマイナーな楽曲を安価で提供してくれるレーベルであるナクソス。
フルートのコアなレパートリーなどではこれまで何度となくお世話になりました。
そのナクソスが展開しているストリーミングで100,000万枚のCDを聴けるサービスがあります。初めてこのことを知った時はNAXOSレーベルのみかと思ってましたが、グラモフォンなど他のレーベルも参加しています。以前、月に何枚かのCDを買っていたことを考えると毎月の会費は随分安く感じられ、半ば衝動的に会員登録しました。
聴こうと思いながらなかなか聴けずにいた曲というのはまだまだ膨大にあるものです。これらをじっくり聴いていきたいなと思っています。
音楽の聴き方がまた新しいスタイルになってきています。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

ラジ録

クルマの中でエフエム放送をよく聴くという話は何度かしてきたと思います。
でも聴き逃すこともしばしば。
「きらクラ!」などは日曜日は大抵聴き逃してしまい、月曜日の朝の再放送は50分くらいのところで残念ながら職場に着いてしまいます。
そこで「らじるらじる」などのインターネットで聴けるラジオ放送が重宝します。さらに録音できる「ラジ録」というアプリがとても便利です。
これまで「ラジ録3」を使っていました。忘れましたが多分フリーソフトだぅたように思います。これが不具合が多くてうまく録音できていないことが多くあったので、調べたところ有料版で「ラジ録10」が最新版ということで、それを入手しました。
とはいってもWi-Fiの電波の状況やパソコンの調子で確実に録音できるわけではないのですが、これでもうしばらく楽しめそうです。
ちなみに録音したデータ(mp3)をSDカードにコピーしてクルマのSDスロットにさせば運転中に聴けます。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

Finale ver.25

今の職場に転勤になったのが6年前でしたが、永年使ってきた楽譜制作ソフトのFinaleを久々に2011に更新したのもこの頃です。
Finale2011

さらに一年後くらいには2012がリリースされたのでそのことは記事にしましたが、ここでもバージョンアップしました。
Finale2012

その後はなんとなくバージョンアップは見送ってきましたが、特に問題なく使い続けられました。

しかし、ある程度の年数が経ち、いつ不具合が出るかもわからないので久々に更新することにしました。

2012以降は2014が出てから止まっていたようですが、新しいバージョンはVer.25です。Ver.1が出たのが1989年でわたしが初めて使ったのが1997年でVer.3.2.1だったのを覚えてます。その時のパソコンはPowerBook1400で漢字Talk7.5.3でした。
Finaleも25年が経過し、私が使い始めてから20年になります。

Ver.3.2.1の時はフロッピーディスク2枚だったのが98の時はCD‐ROMに、2011の時はDVD-ROMに、そして今回はダウンロードかUSBメモリー版を選択できるようになりました。

周りではシベリウスに乗り換えた人が増えていますが私はまだまだFinaleを使い続けます!

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

ブーレーズのプルチネルラ

プルチネルラの記事は昨年の4月にも書いていましたが、すっかり忘れていました。
その時FMで聴いたのはブーレーズ指揮のフランス国立管弦楽団だったようですが、そのCDを持っていると思って探してみると、同じブーレーズのアンサンブル・アンテルコンタンポランのものでした。3人の独唱を含むバレエ版で、カップリングが交響詩「うぐいすの歌」こちらのオケはフランス国立管弦楽団です。プルチネルラは1980年、うぐいすの歌は1981年の録音、このCDを買ったのは20年くらい前に上京した時に山野楽器でだったと記憶しています。
組曲版のCDをもう一枚くらい探してみろうかなと思っています。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

プルチネルラ

NHK-FMの「クラシックカフェ」を車中でよく聴きますが、ストラヴィンスキーの「プルチネルラ」が流れていて、ペルゴレージやガロなど、その原曲とともに紹介されていました。
もう一度じっくり聴いてみようかなと思いました。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
いよいよ更新が少なくなってきましたが、頑張って続けていきますので、今年もよろしくお願いいたします。

さて、自宅のリビングで使っていたCDプレーヤーですが、トレイが開いたり閉じたりを何度も繰り返し、やっと収まったら読み込みもたまにしかできなくなっていたのでついに引退させることにしました。
DENONのCD-R-W1500といって、トレイが2つあって左で読み込んで右で書き込むというタイプのものでレッスン中にコピーして生徒さんに渡すなどなかなか重宝していました。近年はパソコンでCDをコピーするので専ら再生専用になっていましたが、気がつくと買ってから16年も経っていたんですね。アンプやスピーカーはまだまだいけそうですが、モーターのものはダメみたいですね。でもよく頑張ってくれました。ありがとう。
次に買ったのは同じくDENON(昔は確かデンオンと言ってましたよね?いつの日からかデノンと言うようになってました。なんか違和感)DCD-755REです。CDは焼けませんがiPodやUSBメモリーのデータを読み込めるそうです。その辺はあまり使わないと思いますが…音質も比べてみましたがハッキリと新しい方がクリアでよい音でした。なのに価格は3万円でお釣りがきました。W1500の半額以下です。これにはちょっとびっくりでした。

image

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

日本フルート協会創立50周年記念誌

日本フルート協会の会報に創立50周年記念誌が同梱されていました。
とても立派な内容で、協会の功労者初めてオーボエなど各木管楽器の協会会長による祝辞を読むと、この協会のフルートのみならず音楽界における影響力の大きさを感じずにはいません。
来年は川崎市でコンヴェンションが開かられるようで、前回の浜松に続いて多分参加できないのは残念だが、奇しくも私と同い年の協会がこれからも発展を続けることを祈念したいと思います。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

【フルートのメンテナンス】トリルキーには気をつけて

季節の変わり目、生徒さんの楽器でトリルキーの不具合が続けて2件ありました。
トリルキーの一方を動かすと他方も僅かに動いてしまう。そのどちらかがトーンホールを完全に塞げていないと響きに大きく影響します。
酷い場合は固まってしまって完全に連動してしまいます。上がったまま塞がらないともう演奏不能です。
特に夏の間は長いパイプに汗が入り込んでしまい固まりやすくなりますし、進行すると錆を起こします。
とりあえず左右手のキーを慎重に取り外してからトリルキーも取り外します。接合部にオイルをさしてクルクル回していると動きが滑らかになってきます。錆がある場合は茶褐色の錆が浮いて出てきます。
大概はこのような処置でよくなります。バネが弱い場合は少し強目にしておいてもよいかもしれません。改善しない場合はピンを抜いて分解して錆やオイルのカスなどを綺麗に除去しなければならないので、メーカーに送らなければならなくなります。
季節の変わり目になんとなく鳴りがおかしいなと思ったらトリルキーの不具合を疑ってみてよいと思います。

image

iPhone 7 plus

にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

ダッタン人の踊り

言わずと知れたボロディンの名曲。
NHKの「きらクラ!」の先週の出題でしたが、さっぱりわかりませんでした。
昨年演奏したばかりの曲だったのに不覚を取りました。
正確には「ポロヴェッツ人の踊り」というのは知ってました。ダッタン人がタタール人であることも知ってはいましたが、なぜ日本ではダッタン人と言われてきているのかも大変勉強になりました。
冒頭のハープの音、ふかわさんが「これはギターですか?」と言ったのに対して遠藤さんが「何でしょうね?」と言ったのはきっと知ったかぶりしないように遠慮されてるのだなと思ったりしました。
いつも楽しい番組です。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。

疾風怒濤

実技試験の2週間前ですが、ベンダの協奏曲ホ短調の第一楽章をやる生徒さんがいます。
前回のレッスンで疾風怒濤(Strum und Drang)という話をしたら、昨日のレッスンでその4文字の隣に「多感様式」と書かれていてかなり嬉しくなりました。
と同時に、これは勉強し直さんといかんぞ!という気になりました。

image


にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 トラコミュ RICOH GR Digitalへ
RICOH GR Digital

人気ブログランキングへ
↑1日1回のClickお願いします。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード