レッスンバッグの作り方です。新入園・新入学の皆さんのためにちょこっとでもヒントをお出しできたら…と思い、レッスンバッグの作り方を無料レシピとして挙げますね。
作り方は、これがすべてというわけではありません。
同じような作り方のレシピが多数インターネット上にありますので、検索してより良い作り方を見つけてみてくださるとうれしいです。



*用意するもの*
0ac2b4f1.JPG

30×40センチの一般的なレッスンバッグです。
寸法にはすべて縫い代1センチを含んでいます。
表布A 22×42センチ 2枚(スイーツ柄)
表布B 22×42センチ 1枚(ギンガムチェック)
裏布  62×42センチ 1枚(花柄)

持ち手布A 6×42センチ 2枚
持ち手布B 6×42センチ 2枚

ミシン・ミシン糸・裁縫道具

切り替えなしのデザインであれば、62×42センチの布を2枚用意しましょう。
持ち手も縫合が面倒であれば、市販の綾テープ(しっかりしたもの)を選ぶと楽です。



*持ち手を作ります*   
e5fd872a.JPG

持ち手布AとBを中表(表側どうしを合わせる)に合わせて、1センチの縫い代で縦方向42センチ側の両側を縫います。



*持ち手をひっくり返します*
29ae370a.JPG

この作業がちょっとめんどくさいのですが、縫合した持ち手をひっくり返します。
ゆっくりのんびり行いましょう(笑)



*抑えミシンを掛けます*
1b7ac881.JPG

アイロンなどでひっくり返した部分を落ち着かせて、端2ミリくらいのところにステッチを入れて縫い代を落ち着かせます。


1137536f.JPG




*裏布を縫合しましょう*
321953a1.JPG

裏布を中表に半分に折り、両側脇を縫い代1センチで縫います。
この時に、右側脇の10センチほどを返し口をして残しておきましょう。

縫い代は割っておきますよ。
底部分の縫い代を1センチ程度斜めにカットしておくといいでしょう。



*表布を縫合しましょう*

1b8838ec.JPG

表布Aと表布Bを図のように縫合します。
切り替えなしの場合は、この工程を割愛しますよ〜。
お母ちゃんは、かわいさ重視だったために、切り替え部分にレースを縫いつけました。

*表布を縫合しましょう・2*

5fa8c6c5.JPG

これも中表に合わせて、両側脇を縫い代1センチで縫合します。
こちら側は返し口不必要なので、直線に縫ってくださいね。
縫い終わったら、表に返しておきます。

縫い代は割っておきますよ。
底部分の縫い代を1センチ程度斜めにカットしておくといいでしょう。

*持ち手を仮縫いします*
ff6f2628.JPG

持ち手をバランスよく配置します。40センチの真ん中10センチほどに配置するとバランスがいいですね。
図のように、裏側になる部分を上向きに置いて(この場合は花柄を裏にします)まち針で止めてミシンで仮止めします。


*まとめましょう*

2e7c2e0c.JPG


ここからがキモですよ〜。
表側に返した表布と、裏側に返したままの裏布をひとつに合わせます。
裏地の袋の中に入れ込みます。
入れ口の部分は細かにまち針を打っておきましょう。


*縫合します!*

4046fa6a.JPG

袋の入れ口部分を縫い代1センチでぐるりと縫合します。
持ち手の部分は、硬くて縫いにくいかも知れませんが、返し縫いなどをして強度を持たせるといいですよ。



*ひっくり返しま〜す*

c3c394fd.JPG


ぐるりを縫い終えたら、糸始末をして、返し口から、表布を引っ張り出します。
お母ちゃんは、この作業が大好きです。


9dec2603.JPG

そうすると、こういう形になりますので、裏布を内側へ入れ込んでバッグの形を整えます。
こうすると、ほぼ完成ですよ!



*抑えミシンを掛けます*
8fad0bde.JPG

袋の縫い代を部分を落ち着かせるためと、持ち手の強度を強めるために、入れ口の端2ミリくらいに抑えミシンを掛けます。
まち針で動かないようにしっかりとめておくとずれなくていいですよ。



*完成っ!*
c0c13549.JPG



ということで完成です。
なれると結構短時間で作業ができますので、お勧めです。






にほんブログ村 ソーイング(縫い物)←クリックでお母ちゃんを応援してくださいっ!