tageo

そのとき、おもった、感じたこと

ふと止まって、考えたことを書いていこう(・Ω・)ノ チワー!!

3 7月

マイケル・ジョーダン 超絶スーパープレイ集2 −You tube




ついつい見てしまう。。
いつまでも僕の憧れ( ´∀`)つ
3 7月

改めて『グーグル 10の黄金律』でグーグルを知る

グーグル 10の黄金律 (PHP新書)
グーグル 10の黄金律 (PHP新書)
クチコミを見る


いまさらながらグーグルって何だろうとふと思ったので
グーグル 10の黄金律』 っていう本を読んだ。



1  採用は全委員で
2  あらゆる必要を満たせ
3  一ヵ所に詰め込め
4  調整が容易な環境を 
5  自社製品を使わせろ
6  創造性を奨励せよ
7  合意の形成に努めろ
8  邪悪になるな
9  データが判断をもたらす
10 効果的なコミュニケーションを   
 


これが10の黄金律と書かれてある。 エリックシュミット氏が人材教育の要諦として示したものだそうです。
下記は気になる黄金律の内容です。


採用は全委員で

IT業界で働く人ならグーグルで一度は働いてみたいと思うはず。
なぜなら、エンジニアとして最高の環境がそこにあるからだ。
最高な福利厚生で世界中の優秀なエンジニアと切磋琢磨できる。
(いまは大企業化してしまったなどと言われているみたいだが)

グーグルで採用面接を受ける人は、最低でも6人以上の 経営陣が将来の同僚と話す。より公平にするために、 また採用基準を高めるためにも、すべての面接者の 意見が考慮される。時間はかかるが、それだけの 価値はある。素晴らしい人材を雇い、その人を 次の採用活動に参加させれば、さらに素晴らしい人材を 雇えるからだ。グーグルは設立当初から、こうした 「ポジティブ・フィードバック」を作り大きな成果を 上げてきた。

グーグルの採用へのこだわりが、わかる。そもそも人なのだ。
素晴らしいサービスを考えるのも、それを創るのも、結局は人。

ということで人材へのこだわりはハンパない。そのせいなのか
グーグルの採用合格率(1%)は、ハーバード大学の合格率(7%)
よりも低くなっている。99%ムリ!!Σ(゚∀´(


 
あらゆる必要を満たせ

ドラッガーは「知的労働者の邪魔をすべて取り除くべきだ」と言った。
だから私たちは、有給休暇や健康保険などの標準的な福利厚生に加え
さまざまなものを供給している。 ファーストクラスの食事設備、ジム、洗濯室、
マッサージ室、理容室、洗車設備、クリーニング、通勤用バスなどだ。
猛烈に働くエンジニアが必要とするだろうすべてを用意して「邪魔を取り除く」
ようにしているのである。プログラマーはプログラムを書きたいのであって、洗濯の
始末などしたくないのだ。 
僕たちの会社はシェフが必要なんだ      − サーゲイ・ブリン

グーグルの福利厚生は魅力的だ。エンジニアが最大限のパフォーマンスを
尽くせるように考えられうる全てが揃っているのではないか。
グーグル社員は家に帰らなくても不自由しないと思われ。
グーグル創業者が会社にシェフが必要なんだと言っているあたり、
共感できます。おいしいものを食べれば、がんばれる(人・㉨・)♡  


一ヵ所に詰め込め

グーグルのほとんどのプロジェクトはチームで行われる。
チームにはコミュニケーションが必要だ。コミュニケーションをよくする最適な
方法は、じかに話せる距離にメンバーを置くことである。実際グーグルの社員は
「大部屋」で働く。だから相談したい時はすぐに声をかけられるし、
電話待ちやメールの遅れはない。議論がうるさがられないように会議室も
多数用意されている。グーグルはCEOさえ着任数ヶ月は大部屋だった。
知的な同僚の隣に座ることは、信じられないほど効果的な就業トレーニングになる。 
秩序がありすぎると、イノベーションは起こりにくい      − ラム・シュリラム

どこでもチームでのコミュニケーションは仕事の基本ですね。
できるだけフラットな環境を作ることで、いろいろな考えを集めて
より洗練されたアイディアを生み出す。ものづくりの理想なカタチな気がします。
就業時間の20%を自分の好きなことに使えるルールも有名です。
仕事を離れて、頭を切り替えることで刺激にもなるし、新しいアイディアも
生まれやすくなる。好きなことをしているときって一番幸せだもの
 

調整が容易な環境を

すべてのチームメンバーがじかに話せる距離にいるため、プロジェクトの調整はたやすい。
そういう物理的な近さに加え、グーグルではメールでも社員同士を近づけている。
社員は週に一度、先週にしたことを書いた短いメモを自分のチームメンバーにメールすることに
なっているのだ。誰が何に取り組んでいるか簡単につかめるので、仕事の進捗管理もでき、
仕事の流れを同調させるのもやさしくなる。 
信頼はネットワークの世界で最も重要な通貨だ      − エリック・シュミット
アイデアのある人に必要なのはフィードバックだ      − アラン・ユスタス
とてつもなく野心的な夢のほうが前進させやすい      − ラリー・ペイジ
ほとんどの人は「世界を変える」など不可能だと考える。だが、信念や情熱に立てこもるのではなく、信念や情熱を持って周囲と協調すれば、周囲は求心力を持って動き出し、本当に世界を変えられることがある。

世界を変えるのはアイディアではなく、実際に行動に移すことで。
take action。論より証拠ってことです(。・ω・)ノ゙


自社製品を使わせろ

グーグルでは、社員のみんなが自社のツールを徹底的に使う。
すべてのプロジェクトや業務がアップされて索引も付けられた社内ウェブページがあって
必要なときはいつでも利用できるようになっている。また、ほかのツールも広範囲に利用されて
おり、いくつかは製品として世に出た。たとえばGメールが成功したのは、このように社内で何ヶ月
もテストされたからだと言える。グーグルの知的労働者は最高に要求の高いユーザーでもある。
Gメールは、彼らを満足させられるようにチューンされていったのだ。 
事業の成否はシンプルなものをつくり出せるかどうかで決まる      − サーゲイ・ブリン

自社の製品をみんなで使って仕事っていいですね。
自分もGメール使ってますが、便利に使ってます。

どんなサービスも事業も説明書不要なくらいわかりやすいのが秘訣みたいです。
シンプル is ベスト(・∀・) 

創造性を奨励せよ

グーグルのエンジニアは就業時間の20%までなら自分の選んだプロジェクトに使うことができる。
もちろん承認といくらかの監督はあるが、基本的には創造的な人材が創造的になることを奨励
している。また、ちょっとした秘密兵器として社内のアイディア・メーリングリストがあげられる。
全社規模の提案箱で、駐車ルールから次のキラーアプリのアイディアまで何でも提案でき、誰でも
コメントできる。そして、ベストのアイディアはトップまで上がっていく。 
社員に、自分は科学者であり芸術家であると意識させる      − クリシュナ・バラット
20%ルールはグーグルの知的自由の象徴でもある。グーグル社員はただのエンジニアやビジネスマンになってほしくない。自由にものを考え、常に健全な疑いを持って、世界を変える科学者や芸術家のようになってほしい。そういうラリーとサーゲイの強い願いが込められている。

こういう考え方好き。もちろんエンジニアとして自分の専門分野をもちつつも、
その分野の枠にとらわれず、いろいろなことを考えたり、勉強したりしてもいい。
岡本太郎も絵を描いたり、文章を書いたり、スキーだってやった。
それが人間的に生きることなんだぁ→ܫ←)ゥンゥン

合意の形成
に努めろ

独自の判断を下せる者を英雄視する企業神話がある。だが、私たちは「多数は少数よりも賢い」というスタンスに立ち、どんな判断においても広く意見を募る。グーグルでは、マネージャの役割は決定の独裁者ではなく、さまざまな意見を求めて取りまとめることだ。合意を得るには時間がかかることもある。だが、決めたことには本気で取り組むようになる。
私たちの誰一人として、私たち全員より賢いということはない      − エリック・シュミット
ユーザーは常に正しいと考え、彼らに違和感のないシステムをつくろう      − ラリー・ペイジ
短期的な目的に気を散らすのは、ダイエット中に人が三十分ごとに体重計に乗るのと同じくらい的外れなことだ      − ラリー・ペイジ
アイデアがあったらまずやってみることであり、まずつくってみることだ。最初から完璧は難しいが、意見を求め、合意へと努力を続けることで、限りなく完璧に近づいていける。

システムをまずつくってみる、サービスをリリースして、あとはユーザから
フィードバックをうまくもらって改良をしていければより完璧に近づいていく。
システムつくりの基本のように思います。そして、いくら優秀であっても
みんなに意見を求めて、カイゼンしていこうとする姿勢はやっぱりすごいぁヾ(´ω`=´ω`)ノ


邪悪になるな

このグーグルの社是については、いろいろ書かれてきたが、私たちは本気でこれを実践しようとしている。特にマネージメントではそうである。どの社会でも人は自分の見方ばかり入れ込みがちだ。しかし、グーグルでは誰もイスを投げつけたりしない。私たちは、イエスマンがたくさんいる会社ではなく、寛容と尊敬の社風を育てたいのである。
進歩は必要だけど、それが常に万人を幸せにするとは限らない      − ラリー・ペイジ
経済的に成功しているというなら、本来の目標とは離れたところで生まれた、素晴らしい副産物にすぎない      − ラリー・ペイジ

人間は権力を持って、余裕が出てくると、本来の目的を失ってしまう。
政治家がある程度の地位までのぼりつめると、保身や金のことしか考えれなくなってしまうのと
同じような感じ。もちろん政治家全員がそんなことにはならないと思うけど、人間はそういう傾向に
あるということで。グーグルがある程度大きくなっても、創業期のことを忘れないでやっていこうという
思いが込められてるんだと思う。たぶん。創業期とはだいぶ環境も変わっているから、難しいだろうけど
こういう願いを一つ持って、共有しないともっと難しい問題なんだろうなヾ(´ω`=´ω`)ノ


データが判断をもたらす

グーグルでは、ほとんどの判断は計量的な経営分析に基づいている。私たちはインターネットだけでなく、社内的にも情報管理システムをつくり上げている。最新情報にコツコツ目を通し、データやトレンドを読み解くアナリストをたくさん抱えている。彼らが業績を解析し、トレンドを描くことで、会社を可能な限り、最先端に位置させ続けているのだ。
今解決策が見当たらないからといって、それが存在しないわけじゃない      − エリック・シュミット
ちゃんとした情報を持っていれば、人はもっといい選択ができる      − サーゲイ・ブリン

情報は武器なんだよとv( ̄∇ ̄)v


効果的なコミュニケーションを

毎週金曜日、全社員参加の集会を設けている。飲食物が提供され、発表、紹介、質疑応答などが行われる。経営陣が知的労働者の考えを知り、知的労働者が経営陣の考えを知る場である。グーグルでは社内で情報公開が非常に広い範囲で行われているが、深刻なリークはほとんどない。私たちは、情報公開がリークの少なさの原因だと考えている。信頼できる労働力こそ忠実な労働力である。
イノベーションとは、突然ひらめくものではない。普段のコミュニケーションの中から生まれるものだ      − エリック・シュミット

コミュニケーションって大事なこととわかっているけど、仕事に忙殺されていると
煩わしいものとして、どっかに忘れ去られてるときあります。。人とコミュニケーションを
とることで、得られるものも大きいのに。。気をつけよ( ´_ゝ`)ノ



最近話題のgoogle+など、まだまだこれからいろいろなサービスが
グーグルからつくられていくんでしょう。当分はソーシャルすか(*・ω・)ノ







28 3月

地震

3月11日、日本は地震の観測が始まって以来の最大の地震があった。
マグニチュード9.0の大地震。

岩手・福島・宮城を中心に東北地方は大きな被害を受けた。
地震があったとき、自分は福島県福島市におり、すごい揺れだった。
地震は長く、感じたこともないくらい大きな地震で、
必死で、買ったばかりのテレビが倒れないように抑えていた。

後ろから、姿見の鏡が倒れてきたがなんとか脇にそれた。。
家が壊れないのが不思議なほどの錯覚だった。

情報収集でNHKの地震速報を見る。
沿岸は津波警報が出ている。

そしてまた、余震が
絶えることなく続く
余震の規模も大きい。。

外に出てみると、さほど変わった様子はなかったが
近隣の人たちも外に大勢出ていた。
「すごい揺れだったねぇ」
と口々に言い合っているようだった。

家の中にポツンと一人でいるよりは
外に出て、話を少しでもしていたほうが落ち着いた。

揺れはひどかったが、目に見える被害は
近隣の家の屋根瓦やブロック塀が崩れているものの
衝撃的と思えるようなものはなく、ひとまず揺れが落ち着くのを待った。このときは、これから東京へ戻る手段が絶たれたこと
そして、沿岸地域が壊滅的な被害を受けたこと、福島原子力発電所が被害を受けて
しまったことなど、予想もできなかった。

2日後水が使えなくなり、給水所へ並ぶことにした。
給水所へ向かったのが夜遅かったこともあり、20分ほどかけて歩いて行った
給水所も閉まっていた。 しかし、明日また朝5:30から給水行います。という
情報をGET。また明日来ようと思って戻ることにする。

給水所が何時までやっているかというのは定かではなかった。
こういうとき情報は重要だ。自分で積極的に情報を取りに行かないと取り残される。
このとき、ひたすらtwitterで情報収集していた。また、Googleのリアルタイム検索は
このとき非常に有効だった。電話やメールはつながりにくくなったり、遅延したりしたが
twitterの情報網は常にアクセス可能だった。

水をGETできないまま、しょんぼり帰宅しようとしていると辺りはもう暗くなっていた。
暗闇の中から、声が聞こえてきた。

「給水しに来てたの?」
「はい。もう終わってました。また明日来ます。」
「うちのでよければ、もらって行きなさい。」
「?」

状況つかめなかったが、給水に歩いて来てた自分の様子を見ていたそうで
たぶんもうこの時間はやってないだろうと思っていたそうだ。 

井戸水と書いてある。

「昔から、出ている水だよ。おいしいよ。好きなだけもらって行きなさい。」

そう言って、おじぃちゃんは、井戸へ案内してくれた。
見てくれてる人がいたんだ。。そう心の中で感謝した。

貴重な水をもちきれないほどに詰めて、帰ることにする(ほんとに水は重い。。)
ありがとうございました。。水をGETできたのはもちろんうれしかったけど、
こういう状況で自分に親切にしてくれる人がいてくれたことが、どれだけうれしく
心強かったことか。。この先の生活も乗り越えれる、そんな思いになって帰宅。

その後、いろいろ大変なことはあったけど、なんとか6日後の17日、東京へ帰るルートを確保し、
戻ることができた。7月お水をくれたおじぃちゃんのところへお礼をしにいくことに決めた。
 
10 2月

Chromeしか使わなくなっちゃった。

最近、Chromeしか使わなくなった。 他のブラウザに比べて
処理速度が速いしブラウジングがスムーズだから、無意識に
そうなっちゃった。。

Firefoxはもう携帯の画面を確認したいときとFirebugくらいしか
使ってない。だって遅いから。


ハッカーコンテストでもChromeが唯一ハックされないブラウザで生き残ったらしい。

IE8、Safari 4、Firefox 3、それにiOS上のSafariも、一日でノックアウトされたが、Chromeには全挑戦者が歯が立たなかった。ハックされない唯一のブラウザだったChromeが, 今年は参加料を払って再びコンペに参加。
http://t.co/ePVygYC via @techcrunchjapan

そして、Chrome使ってて便利だと思ったのが
TabCloud

これは開いてるタブを記憶してくれる。
(Firefoxでもあります)
自分は、タブいっぱい開いて使うのでこれは重宝してます。


あとは人気あるのが
Taberareloo

たべられる?

写真やメモ、ブックマークや引用などを、いろいろなサービスにかんたんにポストできるようにします。
twitter,facebook,tumblrなどに気に入った写真や記事があれば
すぐポスト(投稿)できちゃう。

ツールは知っておくとやっぱりいいので
ちぇっくしなきゃな(;´Д`)



25 11月

Google wave

googlewave






Google waveの招待が来ていた。
previewだけど使える?みたい。

いろいろ見てみよう(・∀・)つ
Archives
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ