ここへきて貴乃花親方の貴ノ岩への聴取に
協力しないことが判明した。書類送検では
なく、検察の処分後と協会に文書で答えた
という。協会は書類送検後聴取に応じると
認識していた。それが先延ばしになったの
だから、ここまでくると協会と貴乃花親方の
軋轢を超え、一触即発に突入していく危惧
がでてきた。
ゲンダイ13
<日刊ゲンダイの記事>

そもそも協会理事であり、組織の中に身を
おきながら、非協力という図式は通常なら
成り立たない。筋が通らない。そこには警察
に協力できて、協会に協力できない合理的
理由を見出さないと、納得は得られない。
貴ノ岩の巡業休場の診断書は未提出である。
鏡山危機管理部長らの訪問を門前払いして
いる。

貴乃花親方は、本来協会につけいられる要因
をつくるべきではない。といっても今さら
遅いし、手遅れなのだが。権力面では、協会
トップである八角(元北勝海)理事長が有利
である。企業の派閥抗争でも社長派が強いし、
有利である。人数ではどうか。貴乃花親方は
孤独な戦いに陥っている。擁護する声はほと
んど聞こえてこない。
フジ13
<夕刊フジの記事>

従って、このまま協会首脳と貴乃花親方が
全面戦争に突入すれば、貴乃花親方は圧倒的
に不利である。貴乃花親方サイドは被害者
とはいえ、地球は己を中心に回っているが
ごとき言動に終始すると、予想もしない結末
を迎える恐れがでてきてしまう。


ハードディスクを購入しました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑