180121八日目幕内 514
<鶴竜、正代を倒し全勝>

場所前、優勝候補にあげられるのは、白鵬
一人であった。その白鵬は歯車がくるって
早々と休場してしまった。変わって浮上した
のが、4場所連続休場明けの鶴竜である。
この日も正代を問題なく一蹴して全勝街道を
驀進中である。

同じく全勝だった関脇御嶽海は逸ノ城に右四
つに組みとめられなすすべがなく、1敗を
きっした。御嶽海が逸ノ城に負けるとしたら
このカタチしかないという体勢にもちこまれ
たことが敗因である。
180121八日目幕内 419
<御嶽海、逸ノ城に完敗>

1敗の栃ノ心は突きでうるさい嘉風を寄せ
つけなかった。横綱、大関戦を終えている
だけに、残りの対戦相手は関脇以下である。
9日目の御嶽海戦はサバイバル戦になる。

好調鶴竜を倒すのは誰か。稀勢の里がいれば
危険な相手として浮上してくる。事実、平成
28年十一月場所、14勝1敗で優勝した鶴竜の
唯一の黒星は稀勢の里だった。今の稀勢の里
には望むべくもないが。

鶴竜を倒すのは、豪栄道25%、高安30%、
御嶽海35%、阿武咲20%とみた。可能性が
一番高い御嶽海戦はどうなるか。13日目に
実現しそうである。

ステーキとビールで疲れをとりました。
興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑