去る2月4日、朝赤龍の引退相撲がおこなわ
れた。朝赤龍は帰化していたため、協会に
残り、親方業を務めていた。鶴竜も親方に
なるため帰化申請中というニュースが流れた
ことがあった。日馬富士も事件さえなければ、
協会に残る意志があったともいわれている。
白鵬は、国籍を変更することなく、親方を
目指したが、どうも難しいので、帰化申請に
動くのでは。という見方がでてきている。
180204朝赤龍引退相撲 409
<元朝赤龍の断髪>

こう見てくると、今後帰化して協会に残る
外国出身者が増えていくかもしれない。なぜ、
外国出身力士は親方になるのに日本国籍が
必要なのか。日本人による既得権益を守らん
としている、という見方がある。だが、当初
はそうではなかった。柔道の二の舞になるの
を恐れたのである。

今や日本の柔道はJUDOというほど別な種目に
なってしまった。これは国際化し、役員に
外国人が増えた結果である。一本をとりに
いく柔道が、判定で決まる柔道に変化して
しまった。そして投げ逃げ、待てを繰り返す。
細かい体重制で柔よく剛を制すの精神は失わ
れてしまった。

大相撲は単なるスポーツではなく伝統を重ん
じ、文化的側面をもつ競技である。大相撲が
大相撲でなくなることは耐え難いというか、
あってはならないことなのである。いわば
こうした事情による排除の論理なのである。
白鵬
<日刊ゲンダイの記事>

現在外国人出身親方はわずか4人である。
武蔵丸(武蔵川)
旭天鵬(友綱)
琴欧洲(鳴戸)
朝赤龍(錦島)
そのうち3人は部屋持ちである。帰化した
からといって人間は変わらないのでは、と
いう方がいる。確かにそうなのである。

また、ほかの競技では外国人監督・コーチは
珍しくはない。日本人がメジャーリーグに
行っても、特に制限は受けていない。そう
いう意味では大相撲の年寄制度にも何らかの
例外はあってもいいのかもしれない。

羽生が素晴らしい演技をした。
興味深いテーマをこれからもお届けます。
マーク2カ所をクリックして支援してください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑