2018年七月場所の番付を基に大相撲幕内年齢
番付を作成してみた。年齢は2018年7月31日
現在とした。(年齢を出す必要上西暦を使用)
それが以下である。
年齢番付A
これをみると鶴竜32歳、白鵬33歳、稀勢の里
32歳は幕内下位クラスである。横綱の高齢化
はかなり進んでいるといえる。休場はある
程度見込んでいたほうが、失望は少なくなる
かもしれない。大関はどうか。豪栄道32歳は
下位クラス。栃ノ心30歳、高安28歳は幕内
中位クラスである。若くてすばらしい逸材で
横綱をねらえる大関の誕生は時間がかかり
そうである。
180512土俵祭り 226
<御嶽海と横綱・大関>

大相撲幕内年齢番付で横綱に位置するのは
貴景勝と阿武咲である。この2人実は年齢は
約1ケ月しか違わない。阿武咲は7月初めに
22歳を迎え、貴景勝は8月初めに22歳になる。
ともに突き押しの若さあふれる相撲を取る。
両力士が活躍すれば相撲の未来は明るい。
171001赤い羽 226
<貴景勝>

170617うっちゃりトーク 105
<阿武咲>

続くのが明生と輝である。明生は入幕した
ばかりである。今は地力をつけるためにどん
どん稽古する時期である。輝は横綱・大関
との対戦が少ない。上位に位置することが
あまりないからであるが、幕内の中位クラス
以下で定着していてはもったいない。

玉鷲、松鳳山は下位クラス中の下位である。
だが、相撲は果敢で馬力も衰えていない。
上位で活躍しているのだからりっぱなもので
ある。

なお、誕生日がもっとも近かったのは千代丸
(1991年7月10日生まれ)と千代翔馬(1991
年7月20日生まれ)で10日しか違わない。
続くケースが妙義龍(1986年10月22日生まれ)
と勢(1986年10月11日生まれ)で11日である。

2年後の東京オリンピック、4年後のワール
ドカップのとき、大相撲幕内年齢番付はどの
ような変化をみせているのだろうか。静かに
時を待ちたい。

定説 恐竜の子孫が鳥です。
興味深いテーマをこれからもお届けします。
マーク2カ所をクリックして支援して
ください。
よしなに
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
にほんブログ村 

相撲 ブログランキングへ 
↑↑↑↑↑↑↑↑