omoteura





「月光浴 満月の旅」
石川賢治 月光写真展 
〜海の底から山の上まで。そして京都〜
2010年8月25日(水)〜29日(日) 
福岡三越9階三越ギャラリー
入館料無料
開館時間午前10:00〜午後8:00

福岡県出身の石川さんは、世界でただ一人の月光写真家です。
世界初の満月だけの撮影作品は、1990年に月光浴と題して発表され、
以後、出版された写真集は8冊を数えます。
また、小学校の美術の教科書にも作品が採用され、
2003年には、福岡県から福岡県文化賞特別賞を受賞するなど、
社会的にもその価値が高く評価されています。
本展では、福岡初公開の作品を中心に、これまで20年撮り続けた、
「海の底から山の上まで」の総集編に加えて、
京都のシリーズを展覧。
月の光のみで撮影されたチョモランマ、ハワイ、ケニアのサバンナ、そして京都。
石川賢治の幻想的な世界をご堪能下さい。

※石川賢治プロフィール
1945年福岡県大濠生まれ。
1967年からフリーランス・フォットグラファーとして活動を始め、
CF、スチールを数多く手掛ける。
1984年秋より月光写真に取り組み、
初の写真集「月光浴」(1990年小学館)が一大センセーショナルを巻き起こす。
現在まで、展覧会も多数開催。
オフシャルサイト
http://gekkouyoku.com

※イベントやキャンプでお会いしました時に、
京都の金閣寺で撮影した写真の原板を見せてもらいました。
月の明かりだけで撮影?!
それは美しい作品でした。
月はとっても青いからって唄もありますが、
月の明かりは青く映るんですね・・・
今では満月の夜になると、
今日は何処かで撮影してるのかなぁと、
思い浮かべ、夜空を眺めます。