今年も確定申告の季節がやってきましたな。
もう10年くらいe-taxで申告してるのですが、
当然ながら年に一回のことなので、毎年手間取ります。
手間取ったところは、メモにしてPCに保存してるので、
それを見ながら進めれば問題ないはずなのですが、
毎年、新たな手間取りが発生してる気がします。
今年新たに現れた敵は、住宅ローン控除。
控除の手続き自体は去年やったのですが、
2年目からは楽になるよ、って聞いてたはずなのに、
それは給与所得者だけの話であって、
自分で申告する分には、去年と同じように、
延べ床面積やら入居日やら頭金の負担割合やら、
目いっぱい入力する項目がありまして。
初年度とおんなじだけ手間取りました。

やれやれ。
ともあれ、無事に終わったので良しとしましょう。
(無事かどうかは、税務署が判断することですが。)

さて。神戸のお話の続き。
前回神戸に来たのは、去年の神戸マラソンの時。
相方はその前日のエントリでも来てたのですが、
マラソン前も、その後も、それほど食べられるものではありません。
今回はお昼前には走り終わるし、ゆっくりランチしよう、と。
神戸に何度も来てるのに、コレを食べてないなんて!
ということで、相方が色々調べて見つけたのが、
神戸ステーキ プロペラさん。
食べるのはもちろん、神戸牛!コービービーフ!!
各地に旅行しては、その土地の牛を食す夫婦。
最近、旅行にも行ってないし、牛肉も食べてなかったからね。
たまに、です。たまの贅沢です。
いつもは鶏の胸肉ばっかり食べてます。嘘です。ごめんなさい。

予約を試みたのですが、ランチは開店時にしか予約できない、
ってことで、多少並ぶかもしれませんが、と言われ、
お店に着いてみると、案の定、店の外に数組、中にもいた様子。
それでも、20分ほどで席に着くことができたのは、ラッキーでした。
我々の後にも、みるみるうちに人が並び始めたので。
周りの会話を聞いていると、結構遠方から来てる人も多いようで、
有名店なんでしょうな。
最近、神戸牛も偽装問題が出たりして、せっかく食べるなら、
ある程度信頼できるお店で食べたいというのも人情。
相方がチョイスするくらいですから、お値段的にもいい感じなんでしょうし。
(あくまで、神戸牛を食べるには、ですが。)

前菜
前菜も、なかなかボリューミー。美味。
ただ、僕がのんびり、ビールのあてにチビチビやってたら、
空いてる相方のお皿を下げるついでに、下げられてしまった…
まだ残ってた僕の魚介のマリネ…最後の楽しみ…

スープを挟んで、メイン。
神戸牛ステーキ
神戸牛二種食べ比べ、ってことで。
手前のがイチボ、奥がラムシンという部位だそうで、
もちろん両方神戸牛、量的には共に80gと控えめですが、
もうね、40代も半ば過ぎてますから。これくらいで十分。
イチボの方が、脂ののった部位なのですが、全然しつこくなく、
脂の甘味だけを強く感じられて、大変美味。
ラムシンは赤身で、しっかりとした歯ごたえと肉の旨み、
肉食ってるな〜という実感。こちらも、美味美味。

それぞれの料理が出されるときに、
料理のお名前やら材料やらを説明してくれるのですが、
二人ともうまく聞き取れず、ん?ってなったのがデザート。
グラスバニーユとベリーのマリアージュ
見たところ、バニラアイスよね?いちごソース?
ベリーってのは聞こえたけど…とか言いつつ食べたら、
確かにバニラアイスのベリーソースがけ。
で、お隣に同じのを持ってきたときに耳をそばだてると、
「グラスバニーユとベリーのマリアージュでございます」
ぐ、ぐらすばにーゆ…?
早速グーグル先生に聞いてみると、フランス語だそうで、
グラスはアイス、バニーユはバニラなんだそうな。
わざわざフランス語かい。
てか、改めて聞くと、マリアージュて。
料理名にこういう言い回しがあるのは知ってますが、
なんか、わろてしまいます。
結婚せんでも。仲良うしとったらよろしいやん。

さてさて。大変満足。満腹です。
まだまだお昼過ぎですし、せっかくなので、
神戸観光でもしましょか、と。
相方のご希望は北野異人館。もちろん、婦唱夫随。
バスを使うか、徒歩かで迷いましたが、僕も一応ランナー、
(ここんとこ、月間走行距離が10kmに満たないとは言え。)
相方は健脚自慢です。歩きます。
ところがこれ、三宮からだと結構距離あるんですな。
不案内な土地で、案の定、軽く道に迷うし。
で、最後は結構な上り坂。
異人館って、こんなとこにあるのね。
高校2年生の遠足の時に来たはずなのですが、
ひとかけらも記憶がありません。

まずは、うろこの家
うろこの家_看板
ここも相方のチョイスなのですが、北野異人館街自体に、
僕は全然知識がなくて、それぞれの館の名前を聞いても、
全くピンとこない中、うろこて、何??
しかし、一目見て、なるほどね、と。
うろこの家_外観
壁のスレートが、うろこの様に見えるってことね。
このスレート、一枚一枚、天然石なんですって。瓦じゃないんだ。
うろこの家_イノシシ
庭にはイノシシさん。
説明を読むと、フィレンツェにあるブロンズ像のレプリカだそうですが、
なぜここにイノシシが…神戸から少し北に行くと牡丹鍋が名物だから…?
鼻をなでると幸せになるんですと。どおりでぴっかぴか。
うろこの家_内部
中は、重厚な雰囲気で、これぞ洋館って感じ。
暗くなったらゾンビが歩き回りそうです。
ショットガンがかかってる額とか、小部屋にタイプライターとかありそう。
“ヘイ! ジル! バリー! ウェスカーーー!!”
(分かる人だけ分かりゃいい。)

有名な(僕はよう知らんねんけど)風見鶏の館は、
風見鶏の館
営業中ではあるものの、改装中でこんな感じだったし、
次に向かったのは、萌黄の館
萌黄の館_外観
実は今回の神戸観光を考えるにあたって、神戸マラソンのときに、
僕が買った電車の一日券に諸々の観光チケット、割引券がついてて、
有効期限が3月までだし、どうせなら使ってしまおう、
というのもありまして。
で、さっきのうろこの家では使えなかったのですが、
萌黄の館で二人分のチケットと引き換えると、
ちょうど観光チケットを使い切れる、というのもあって。

自分の知識の浅薄さを露呈するようですが、萌黄って聞くと毎回、
もえぎ?どんな色だったっけ〜??ってなるんですよね。
あと、浅葱(あさぎ)。いつも、ごっちゃになります。
多分、今回これで覚えられた。緑色っぽいのが萌黄、
新撰組が着てるのが浅葱。水色っぽいのん。

中は、うろこの家に比べると、明るい感じがします。
ちょっと軽め、というか。
床の色は渋くてかっちょいいんですけど。
萌黄の館_床
ウチの床も、これくらい光沢が出てくれればなぁ、なんて。
素材が違うから無理なのかな?
まぁ、どれほど年季がかかるんだ、っちゅー話ですが。
萌黄の館_ライト
あとね、こういうのいいなぁ、と思ったのが、このブラケットライト。
これって、ここにソファを置いて初めて意味があるヤツでしょ?
ってことは、ここからソファを動かせないじゃん、って思うけど、
逆に家を建てる段階から、家具の位置とか高さとか、
ばっちり決めてあるってことで、なんか、そういうの、いいなぁ、って。
ウチの家を建てるときに、あれこれ、あーでもないこーでもない、
って考えてたのを思い出します。

それから、神戸と言えば、忘れてはいけないのが震災。
この異人館街でも、もしかしたら、被災したまま放置?
みたいな感じの廃墟があったりします。
で、この萌黄の館では、これ。
萌黄の館_落ちた煙突
三本ある煙突のうちのひとつが庭に落ちたんですって。
それをその当時のまま、なんだそうで。
他の煙突も、家の中に陥落してた写真が展示してありました。
こういう古い建築物で、大きな被害を受けたにもかかわらず、
元の姿を取り戻すというのは、並々ならぬ困難があったと思います。
修復、維持、管理の努力には、頭が下がるばかり。敬服。

北野異人館街を後にして、えっちらおっちら坂を下って、
三宮に戻る途中、イスズベーカリーさんに立ち寄って、美味しいパンを購入。
イスズベーカリー
ここも僕は知らないのですが、なんでも有名なパン屋さんだそうで。
相方はパン大好き。僕は違いの分からない男。
とりあえず、いつでもどこでもカレーパン。

時間は夕方で、まだ早いかとも思いましたが、
お昼のステーキはすっかり消化されるほど歩いたし、
帰ってから晩御飯では少し遅くなるかも、ってことで、
食べて帰ろう!神戸と言えば、中華だ!中華街だ!!
また三宮からひと駅分歩いて元町、南京町へ。
しかし、よく歩くな。
南京町
この日はプレ春節(プレて何よ??)だったからか、いつもそうなのか、
結構な人出です。我々のような観光客も多そう。
で、どこで食べようか、と考えても、何の情報もない。
適当にその辺で、とも思うけど、滅多に来ない場所だし、
せっかくなら美味しいところで食べたい、という欲もあり。
こういうときは、食べログ先生。
そのまま信用できるかどうかは微妙ですが、参考にはなります。
で、決めたのがこちら。
民生_看板
たみお!奥田民生になりたいボーイの店!ではなく、
(にしてもひどいタイトルの映画だな。内容は知らんけど。)
神戸南京町 民生(みんせい)さん。
一度通り過ぎたときにも、何人か並んでて、
美味しいのかもねぇ、有名店なのかねぇ、なんて言ってたのですが、
戻ってみると、もう大行列。でも、ほかの店探すのも面倒。
日も暮れてきて、どんどん寒くなってますが、並びます。30〜40分ほど。
なんでも、開店してすぐの第一弾が入って満席になったばかりで、
一巡しないと空かないだろう、と。

中に通されて、ご合席。混んでますからね。
並んでる間に渡されてたメニューを見て、だいたい注文は決まってます。
民生_空芯菜炒め
まず、空芯菜炒め。ただの青菜、野菜炒めなのですが、
ちゃんとしたお店で食べると、これ、絶品なんです。
僕は、ちょっといい中華料理屋に行くと、頼みたくなる一品。
こちらのも、大変美味しゅうございました。
家では絶対に出せないお味。火力も違うんでしょうけどね。
民生_イカの天ぷら
名物だという、イカの天ぷら。店名入の皿(?)もシブい。
写真で見た限りでは、練り物かな?と思ってたのですが、
イカに味付けして揚げたのを輪切りにしてたものです。
これがね、うんまいの。天ぷらっていうか、唐揚げっぽい味ですが。
衣がカリっと、イカの身も歯ごたえもよく、固すぎず。
ええアテになるわ〜。
民生_酢豚
シンプル酢豚。野菜少な目、豚ゴロゴロ。
上に乗った紅ショウガが独特ですが、合います。
民生_五目揚げそば
そして、あんかけ揚げそば。
最初のうちのカリっ、あんを吸ってしなっ、の食感を楽しみます。
こちらでも、ほかの空いてる皿を下げるときに、
まだ少し残ってる揚げそばをついでに下げられてしまった…
相方は、神戸では料理を少し残すという文化があるのか!?
という考察をしていましたが、混んでるお店は回転させたいだろうしね。
あとは、五郎さんばりに「まだ食ってる途中でしょうが!!」
と声を上げられない僕の問題。

子供が、じゃなくて、自分が、ってのも、ねぇ。

全体的に、味付けはシンプルな感じがするのですが、
どれもこれも美味しい。
二人分にしては、頼みすぎの量を、ペロっと平らげました。
王将やΔ膿べる中華も美味しいのですが、
後でやたら喉が渇いたり、ちょっと胃にもたれたりしがち。
こちらでは、全然そんなことはありませんでした。
店の前には、お野菜など食材の仕入れ産地の表示があったりして、
きっとちゃんとしたお店なんだろうなぁ。
いやぁ、美味しかった。
王将とかに比べると、それなりのお値段しますけど。

もうね、5km走ったカロリーでは、全然追いつかない。
満腹や〜食った食った〜
この後ももちろん、三宮までひと駅歩いて。
この日は、食べましたが、歩きました。
僕のスマホには、万歩計のアプリが最初から入ってて、
頼んでもいないのに、常に僕の歩数とか距離を計測してくれています。
その結果が、こちら。
活動量
ハーフマラソン並の距離。
5km走った分も入ってるとは言え、よう歩いた。

という感じで、一日神戸を満喫しました。
久々に丸一日、相方と一緒に過ごしました。
最近、休日も別行動が多いしね。
(相方走る、僕ドラクエ。)
たまにはいいんじゃないですか。
そもそもこの日のメインは、バレンタイン・ラブランだし。

ラブランて。

プー クスクス www