前回から3週間経ちまして、
無事2回目のワクチン接種が終わりました。
もうね、勝手知ったる場所なのでね、
前回は病院の総合受付で案内してもらいましたけどね、
ええ、ええ、今回もひとつ曲がり角を間違えて、
MRIとかの窓口に迷い込みましたよ、っと。
とは言え、受け付けてもらってからは、
前回にも増してスムーズ。
少し早い目に着いたのに、そのまま通されて、
あっちゅー間に終わりました。
なんか、空いてたな。

世間一般に言われる、2回目の方が強く出る副反応。
中でも、高熱が出て寝込むってのをよく報道で目にしますし、
僕の周りでも、実際に寝込んだ話も聞きました。
仕事の調整等は必要ないのが笑ける我が身ですが、
(わろとる場合ではない)
我が家の夕食調理担当はワタクシ。
僕がぶっ倒れて相方を欠食させるわけにはいかない!
ってことで、少し前から日持ちする総菜を、
せっせと作りためて、数日くらいなら、
なんもせんでも籠城できるくらいの準備はしておきました。
(相方は、自分で出来るから気にせんで、
って言ってくれてますよ、念のため。)

ところが、ね。
平気なのよ。これ、全然、なぁあんにも、不調が出ないのよ。
接種直後から、1〜2時間ごとくらいに検温してましたが、
ずーーっと平熱。
接種部位である左肩の痛み、筋肉痛的なのは、
あるにはあるのですが、多分1回目よりも軽い。
接種後数時間は、いつもより喉が渇くな、
という感覚はありましたが、普通に水飲んでただけで、
いつの間にか収まっていたし。

…と思いきや。
翌日になって、何やら体が重い。
そして、接種からちょうど24時間経過する頃から、発熱が。
と言っても、37.5℃にも満たないくらいなのですが、
その割には、とにかくダルい。
結局この日は、半日横になって過ごしました。
体温は、夕食後に37.9℃になったのが最高値。
そして、接種後2日目も、しばらくはかなりダルめ。
熱は、37℃を挟んで上下するくらいの微熱が続きましたが、
接種から48時間経過する頃からは、徐々に下がり始め、
ダルさも少しずつ抜けていきました。

こんな感じで、僕の副反応は、まぁ、
軽めに済んだ方なのではないでしょうか。
あくまで個人的、僕の場合は、というお話です。
これから接種される方の、何かの参考になれば。

とは言えねぇ、やっぱりダルいのは、しんどかったなぁ。
よう考えたら、風邪で寝込むことだって、もう何年も無いし、
熱出してしんどいとか、いつ以来だか思い出せないくらい。
これは副反応だから、ある程度心の準備も出来てるし、
普通は数日で収まることも分かっているので、
のほほんと時間をやり過ごしていれば良いのですが、
これがもし、新型コロナだったら、とか、そうでなくても、
このご時世にその疑いがあるような症状が出ただけでも、
やっぱりかなり不安だろうなぁ、とか考えてました。
副反応とは言え、久々の体調不良を経験して、
やっぱり、どんな種類であっても、病気になるのは嫌やわ、
と思った次第であります。

もちろん、これでかからなくなるわけではないのは、
重々承知してますが、昨年来ずっとやってきた感染対策を、
緩めることなく続けてても、それでも感染してしまう、
という事例が多く見られていますので、
(個人的には、デパ地下でのクラスター発生が衝撃的でした。)
これまで通りの対策をしていれば十分、という時期は過ぎた、
と考えて、僕はワクチン接種を受けることにしました。
繰り返し書いてる通り、僕は人と会う機会は皆無ですし、
リスク的には非常に低いのですが、それでも人に会うのなら、
ひと通り、出来る限りの対策はしてます、ってのが、
相手に対する気遣いだろうと思い、
マスク、手洗い、密回避を心がけてきました。
ワクチン2回接種を終えた今、その上で、これまで通りの対策、
マスク、手洗い、密回避を心がけることが、
ようやく昨年来の、一応出来る限りの対策はしてます、
っていう状態に追いつくことになるのかな、と考えています。

ってことで、祈!疫病退散!!

最後に。
こないだは、記事の内容よりも、
これを書いたことに反応があったのは意外でしたが、
やっぱり、念のため書いときます。
全世界に向けて。
ワクチン接種を受ける、受けへんは、個人の自由。
僕が受けるんも、これを読んだどこぞの誰かが受けへんのんも。
受けへんどこぞのだれかのことを、
僕がどうのこうの言うつもりは無いから、
受けた僕のことも、これから受ける人のことも、
やいやい言わんと、ほっといてね。
人は人、自分は自分。みんなちがって、みんないい。
念のため。