WBA世界ライトフライ級チャンピオンの亀田選手、
やっぱりタイトル返上しましたな。
一戦目は減量によって本調子でなかったし、
二戦目は自分のスタイルを変えなければ対応できなかったわけで、
本来の階級に戻すというのは、いいことでしょう。
ただ、元々ライトフライに階級を落としたのは、
そのクラスの強打のチャンピオンが、減量苦で階級を上げて、
空位になったから、とも言われてました。
その強打者は、現在フライ級の暫定王者ですし、
元々のフライ級でタイトルに挑戦させなかったのは、
現在も正チャンピオンのパーラとの対戦を避けた、とも言われます。
(かつてパーラは弟の大毅とスパーリングをして、そのラフファイトに怒り、
ボコボコにしたことアリ)
さてさて、“成人しても引退まで酒は飲まない”とか、
ボクシングそのものに対しては、真摯に取り組む亀田選手。
今後も期待、なのですが。

で、どうしても彼にスポットが当たりがちですが、
日本プロボクシングで二年連続最優秀選手となっているのは、
WBC世界バンタム級チャンピオンの長谷川穂積選手。
強いっすよ、ハートもパンチも。技術もあるし。
でも、チャンピオンになるまでは、
ダイエーの時計売り場で電池の交換とかのバイトをしてたそうで、
なんとなく親近感持ったり。
先日奥様と一緒にテレビで出てて、そのインタビューを見たのですが、
奥様は、長谷川選手の試合前にだけは、
なんとなく“いいこと”してしまうんだとか。
そうすることで、少しでもダンナ様の試合にツキが回ってくるように、と。
ま、それも道に倒れてる自転車を起こすとか、その程度なので、
そんなんいつでもしてあげたらええやん、とも思いますが、
それくらいダンナ様のことを気遣って、神頼みみたいなことまでしてしまう、
といういい話だなぁ、とも思いました。

翻って。
僕は最近、あんまりいいことしてないような気がする…
落ちてたごみ、拾わなかったな。
電車に乗りづらそうなベビーカー、手伝ってあげなかったな。
そのほかにも、きっと無神経に日常を生きてるな…
そういうことの積み重ねが、僕からツキを逃してる!?
だから、人生史上最多の年賀状を受け取ったのに、
お年玉くじは、切手シートすら当たってない!?
だからおみくじは半吉!?
だから通りすがりの福娘にもコメントで罵られる!?
あ、あれはあおまささんだ。

さすがに、お金にならないからと言って、
問い合わせやメール相談をぞんざいにしたりはしてないですが、
知り合いなどから“これって、どうなん?”って電話があったりしても、
“あ〜、だいたいこんな感じ”って口頭で答えてそれきりにしたり。
以前なら、電話では答えられるところまでは答えて、
あとはもう一度調べなおして、話に出てこなかったケースも考慮に入れつつ、
一度は文章に起こして、再度連絡したりしてたもんなぁ。
“良かったら説明するし、いっぺん会う?
じゃなきゃ、出来た書類送ろうか?”って。

気を取り直して、日々丁寧に生きてみよう。
一日一善。
昔の人は、いいこと言うなぁ。