猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

2008年01月

8d72508b.jpg
 温度は、久しぶりに10度を超えたようですが、北風が強く、寒く感じられた一日でした。

 受験シーズンのわが家では、今日は、愚息の、私立高校の2校目の入学試験日であり、先日の日曜日に受験した私立高校の合否発表日でした。

 親は、2人とも朝、5時前から目が覚めて行動開始でした。愚息は、5時15分頃起こし、朝食を食べさ83d8f15b.jpg
せ、友人との待ち合わせの6時頃送り出した、という次第です。朝6時半に学校に集合して、貸し切りバスで高校まで行くということです。家内は、3時近くまで眠れなかったと言っていました。小生も、1、2度目が覚め、結局、4時45分には起きていました。自分の受験の時も、親の方が気を遣っていたと、就職してからさんざん聞かされましたから、いつの時代も同じなのでしょう。

fd3b8d5e.jpg
 そういう中で、娘だけは、ぐっすりといつものように、7時過ぎまで寝ていました。う~ん、どう理解したらよいのやら、将来は大物になるのか、はたまたただのおタンチンなのか、楽しみなところです(苦笑)。

 娘をいつものように、8時前に送り出してからは、親の方は、もう一日分しっかり活動したかのようにぐったりでした。小生は、眠くて、朝からソファで居眠りしそうでした。

adbea008.jpg
 そうこうするうちに、10時過ぎに玄関のチャイムが鳴りました。日曜日に受験した私立高校の合否通知が、速達でやってきました。親が開けても良かったのですが、まぁ高校生になるわけですから、息子に、帰ってきてから自分で確認させようということで、取りあえずは仏壇にあげておきました。合格発表となるか、それとも不合格発表となるか、と何となく落ち着かない時間を過ごしていました。息子は、割に早く、3時頃には帰宅してきましたので、早速、「開封してみろ」と開けさせてました。

 結果的には、見事合格で、一安心することができました。受験予定の高校の中では、もっとも合格可能性判定の高いところでしたから、まさか不合格ということはないだろうとは思っていたのですが、やれやれです。これで、中学浪人はしなくて済む、ということで、最低条件はクリアできたことになります。

ec7e3bd4.jpg
 明日も、引き続いて、3校目の入試で、今日と同様に、学校に6時半集合で、バス2台に分乗して、行くということです。さすがに今日は、本人も疲れたようで、塾は休み、昼寝をした後、夕食を済ませ、サッサと入浴して、もう寝てしまっています。私立については、今日・昨日の受験校の方が、本命ですので、健闘してもらいたいものです。

 写真は、1月27日(日)に、九華公園や、貝塚公園で撮影したものです。

 ついこの間、新年を迎えたところですが、もう1月もほぼ終わりです。早いものです。病気休養も、今のところの予定では、あと1ヶ月です。休み始めて、ほぼ5ヶ月経過した現在から振り返ってみますと、体調が悪い最中は、心理的にも辛いことが多く、ろくなことを考えませんでしたが、それにしてもずいぶん元気になってきたものだ、と我がことながら、感慨深いものがあります。調子の悪いときには、何かしようという意欲もありませんでしたし、そもそも「もう治らないのではないか」とか、「どのようにして、いつ辞めようか」といったことをよく考えていたものです。

 さて、今日は、きわめてレギュラーな一日でした。起床は、6時前とさほど早くはありませんでしたが、朝一番には、査読依頼の原稿に一通り目を通し、8月に依頼されている三重大学教育学研究科の授業のシラバスを作成して送付しました。その後は、午後からは曇るという予報でしたので、11時前から散歩に出掛けました。冬の鳥は、水鳥は別にすれば、田んぼなどに現れることが多いものですから、バロー桑名東店の裏手に当たる、福島というところに出掛けていきました。

 合計で、2.8�qほどを歩いてきたのですが、ヒヨドリ、カラス、メジロ、ハクセキレイなどには出合うことができましたが、写真はうまく撮れませんでした。田んぼにも、ツグミと思われる鳥たちが群れをなしていたのですが、あいにくと相当の距離があり、また、逆光になってしまう場所が多く、これまた撮影できませんでした。こういうときは、何となく疲れも増してしまうような気がします。

 午後からは、昨日からの続きで、“脳を支配する前頭葉”を読んでいました。かなり読み進めることができ、ほぼ250ページまで来ました。残りはわずかですので、明日には十分読み終えられます。もともと本を読むスピードは速いほうですので、熱中でき、興に乗れば、普通程度の分量の新書であれば、2~3時間で1冊、読み終えることが可能です。

 夕方は、例によってジョーバ3セットにトライしました。今のところ、顕著な効果があったとは言えませんが、何事も継続が大切と思いますので、極力サボらないように続けることにします。

 ところで、明日、明後日は、またまた愚息の私立高校入試が続きます。朝6時半に中学校に集合して、バスで皆と一緒に行くようです。親の方も5時には起きていないといけませんが、さて、いつも比較的遅くまで寝ている息子が起きられるのでしょうか?子どもの前では、表情や言葉には出さないようにしていますが、親も大変です。そして、子どもがこの年齢ですと、親の方が我慢し、耐えていることも多いものだということを実感しています。

 私は、明日も、レギュラーな一日を過ごすほかにありませんから、多少の仕事、散歩、読書、ジョーバと、あえて代わり映えのしない日を送ることにします。

 冷たい小雨が昼過ぎくらいまで降っていました。ずいぶん以前のキャッチ・コピーですが、“晴耕雨読”ならぬ、“晴歩雨読”にしたがって、室内で大人しく、主に本を読んで過ごしました。先週から、木、金、月と出歩きましたので、まぁ、休養日という意味もあります。

 朝から、M1の院生の文献要約をチェック。確定申告の電子申告開始届の用紙に必要事項を記載し、完成。そして、今日、マイ・ブックスにあげましたが、“今夜も落語で眠りたい”を読み終え、ゴールドバーグの“脳を支配する前頭葉”(ブルーバックス)を読み始めました。

 この“脳を支配する前頭葉”は、原著“The Executive Brain: Frontal Lobes and the Civillized Mind”(by Elkhonon Goldberg; Oxford Univ. Press)で少しずつ読んでいたのですが、翻訳が出てしまうと、やはり日本語で読めることの誘惑には勝てませんでした。ゴールドバーグは、有名な神経心理学者・Luriaの弟子で、1974年にロシアからアメリカに亡命しています。要するに、人間らしさをもたらすのは、前頭葉の機能であるということについて書かれた本で、12カ国語に翻訳された脳についてのベスト・セラーです。純粋な科学書というよりは、著者とルリアの出会いや、亡命にいたる決意、さらに脳の機能と構造についての基礎的な話から書かれている、科学啓蒙書というべき本です。素人の方でも、十分読めることと思います。まだ、1/3くらいしか読んでいませんが、大変面白く、ぐいぐいと引き込まれていきます。

 さて、午後からは、いつものように、ミステリー番組を見たり、ジョーバでのエクササイズに取り組んだりして過ごしていました。さすがに、昨日、四日市まで出掛けたのには、身体的には疲れたようでしたが、さほど変な疲れ方もせず、気分的には、特に変調もなく過ごすことができ、ホッとしています。

 今週は、来年度の三重大学大学院の講義のシラバスを作成しなければなりませんし、できれば、先日依頼されたある学会誌の査読も済ませたいと思っています。明日からの3日ほどで、何とかなればありがたい、というところです。また、明日は、天候は回復するようですから、散歩にも出てきたいと考えています。

15993f39.jpg
 今朝も冷え込みましたが、以前と同じように、早朝5時には、目が覚め、起床しました。早起きしたお陰で、特別支援教育のプロジェクト関係のまとめや、報告書作成などの依頼文書、提案を書き上げ、メールで連絡を済ませることができました。これで、1つ区切りがつきましたので、先週から考えていたことですが、電車に乗って出掛けてみるという“リハビリ”を試行することにしました。

 さて、その電車ですが、昨年10月中旬から、3ヶ月半ほど全く乗っていません。10月中旬に出掛けたときは、疲れ切ってしまい、車のキーをなくしたりと、さんざんな思い出しかありません。そこで、今回は、名古屋よりも、近いところまで行って、1つ、2つ用事をしてくる、という目標を設定し、考えた結果、四日市のアピタに入っている宮脇書店と、その隣のCDショップで買い物をして帰ってくるという課題としました。四日市までは、桑名から近鉄の普通電車でも15分ほどで到着しますし、アピタは、四日市駅前という絶好のロケーション(以前は、松坂屋四日市店が入っていたビル)なのです。

0d1b9184.jpg
 9時半過ぎに出発し、12時半過ぎに帰宅という3時間のリハビリでしたが、どうやら無事、遂行することができました。本屋やCD屋を見て回るには、ちょっと時間が短く、忙しいかなという感じでした。桑名駅への往復は、徒歩です。片道1�qほどですから、往復で2�q、四日市でも多少歩きましたから、散歩としても程々の距離でした。3年ほど前に倒れた時に、リハビリで名古屋駅の近鉄パッセまで行ったときには、星野書店の入り口で気分が悪くなりそうでしたが、今回はそういうこともありませんでした。ただ、やはり電車に乗っていく、というのは、結構エネルギーが必要なことのようで、帰宅後は、身体的にやや疲れたな、という気がしましたが、その程度で収まっており、今回のリハビリは、まあまあ合格でしょう。

6e4fac0c.jpg
 新書を1冊、文庫を2冊、落語のCDセットを購入し、中部近鉄百貨店で、回転焼の“御座候”を土産に買ってきた、という次第です。余談ですが、私の生まれ、育ったあたりでは、回転焼を、“大判焼き”と呼んでいました。

 午後からは、読書とミステリードラマでゆっくりしたのちに、ジョーバを2セットです。ジョーバは、時々サボりますが、調子が悪くなければ、だいたい毎日、2~3セット(1セット=15分)乗っています。駅までの往復の途中で写真を撮ってきましたが、曇り空でしたので、クリアなものは撮れませんでした。梅も、ハクモクレンもまだ、蕾でした。昨日見てきた、寺町の河津桜も、早咲き種とはいえ、こちらもまだ蕾でした。

 この間までは、“体力をつけないといけない”という考え方をしていましたが、どうやら、体力もある程度のところまでは、症状の改善にともなって回復してくるもののようです。程々の運動負荷もかけて、体力も、回復にプラス、つけていくというように心がけたいと思います。

c69cd21e.jpg
 先週は、マジメには散歩しませんでしたので、反省し、心を入れ替えて、今日は、マジメに散歩をしてきました。“マジメに”というのは、いくつかの意味で、です。1つは、愚息41a3a687.jpg
が、私立高校の入試でしたので、本統寺桑名別院と、春日神社にお参りしてきました。もう1つは、散歩そのものにマジメに取り組む、ということです。

 さて、散歩以前に、愚息が7時半には出ていくということでしたので、まずは、マジメに早起きをしました。 々も、やはり本人よりも親の方が、ウロウロしてしまうようです。冬至から1ヶ月余りが経ちましたので、日の出も早まってきています。朝焼けは、今日の6時半ころです。今朝も冷たく、昨日と同様に、マンション裏のどぶ川は、氷っていました。1枚目は、南側のベランダから、2枚目は、北側の玄関から、それぞれ撮影した朝焼けです。凛とした雰囲気、という言葉がよく似合う朝でした。

3613edb4.jpg
 散歩は、寺町~桑名別院~博物館~貝塚公園~立教小学校~九華公園~春日神社8b348e02.jpg
と、3.3�qほどでした。午前中、約2時間かけて廻ってきました。寒かったのですが、陽当たりを歩いていると、結構暖かくなってきます。寺町へ行く前に、昨晩、拙宅近くで小火があり、煙の上がったところからして、惣構堀に係留されている船ではないか、と思っていたのですが、やはりそうでした。小舟が焦げていました。右の写真でお分かりかと思いますが、拙宅マンションとは、目と鼻の先でした。大事に至らず何よりでしたが、タバコの火の不始末か、誰か火遊びでもしたのでしょうか?

Photo  博物館では、“田中林道コレクション 清水公照展”を、今日まで開催していました。清水公照師は、東大寺の管長をお務めになった方で、桑名にも何度も足を運ばれた方のようです。書、画、焼き物などが並んでいました。私が、小生がもっとも気に入ったのは、暖簾に仕立てられていましたが、下に引用したような内容の言葉でした。絵は、東大寺幼稚園の園長を務めておられる52歳の頃、園児の絵に触発されたはじめたという。大仏さんに参拝した園児の、大きさと奥行きが画面一杯にあふれた絵を見て、「写生なんぞといった細かい技術はいらんわ」と、絵を描き始め、「5種類の絵の具しか持っていない.それで、気に入った色を適当に塗っていくだけだ」そうだ。

自分にな、
 一.なまけるな
 一.おこるな
 一.いばるな
 一.あせるな
 一.くさるな
 一.おごるな
右條々、自戒自守。

3102d312.jpg
 博物館での展覧会見物を終え、貝塚公園と、九華公園に向かったのですが、ここか194f1308.jpg
らは、野鳥撮影が目的です。貝塚公園は、先日も来たのですが、そのときは、収穫ゼロでした。今日も、カラス、ヒヨドリの他には、ツグミが2羽いただけでした。仕方なく、水仙や、その他の花をいくつか撮影してきました。今日のところは、取りあえず、水仙だけを載せておきます.その他は、名前を調べて、また改めてアップしようと思います。

e171e807.jpg
 いよいよ九華公園です。先日、ユリカモメを撮り損ねましたが、今日は、思う存分撮5519487f.jpg
影してきました。その中から選りすぐりのものを掲載、といいたいところですが、もっとも撮影したかった、飛ぶ姿は、上手くいきませんでした。ぼけていたり、あらぬものが写っていたりと失敗続きでしたが、そのうち、まぁマシなものは、右の、欄干に止まる直前のものくらいです。

d17cd571.jpg
 ユリカモメたちは、数10羽もおり、それぞれにお濠に浮いていたり、欄干に整列して6d8a30ad.jpg
いたり、電柱の上に、集団で、風の吹いてくる北の方角を向いているものなど、さまざまでした。九華公園には、欄干が朱色をした橋もたくさんあり、そこに白いユリカモメが並んでくれていれば、絵になるのですが、今日は、残念ながらそういう風景には出会えませんでした。

4f246654.jpg
 九華公園の濠には、この時期、カモたちもたくさんいます。写真は、キンクロハジロ353efe47.jpg
の雌雄です。奥が雌、手前が雄です。キンクロハジロも、もう少し動きのある写真を、と思って粘っていたのですが、今日のところは、右のように、お尻だけで失礼しました、というところです。このところ、お濠には、揖斐川の水が導かれているのか、結構水が綺麗で、潜っているところも見えています。もう少し、デジカメの使い方、特に連写機能などに習熟したい、と思います。

 と、今日の散歩は、盛りだくさんでした。午後、早くには、半日で試験を終えて息子も帰ってきました。小生は、リビングで陽に当たりながら、読書&ミステリー番組鑑賞と、贅沢な時間を、ゆっくりと過ごしていました。

 今週は、約束はありませんが、査読や、特別研究奨励費のまとめなどに着手しなければなりません。また、天気の良い日に、一度、電車に乗って出掛ける練習でも、と思っています.四日市でしたら、片道12、3分で行けますし、駅に近鉄百貨店や、アピタ四日市店が隣接していますので手頃かな、と思っています。電車には、昨年10月以来、乗ったことがありません……。

↑このページのトップヘ