猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

2010年09月

 どうやら、終日、小雨が降ったり止んだりのようです。気温も、20℃には達しないと思われます。何度も書きますが、あの猛暑の日々は一体何だったのでしょう?

 さて、今日は、2週間に1度の精神科の診察日です。家内が午後から所用があるということで、少し早めに10時前に出かけました。外来で受付を済ませたのが、10時15分でした。久しぶりにこの時間に病院に来たため、どのくらい待ち時間がありそうか、ちょっと見当がつきませんでしたが、結局、名前を呼ばれたのは、11時過ぎでした。どうも、だいたいは1時間待ちと思えば良さそうです。前回もそうでしたが、今日も女性の研修医の方が、陪席していました。

 この2週間、身体面の体調については、ほぼ安定していましたし、また、少し元気も出て来たように感じでした。というのも、9月19日に、半日、私の実家に所用で出かけましたが、とくに疲れることもありませんでしたし、先週初めから、ほぼ毎日散歩に出かけられるようになりました。散歩の距離も、当初は、1.5�qほどの距離でしたが、今週に入ってからは、3�q半くらいは十分に歩いてこられるようになっています。睡眠も、熟睡とまでは行きませんが、夢を見たり、夜間に目覚めたりすることも少なく、眠ることができています。

 前回の診察で、セロクエルが2錠に増量されましたが、これは、却って、頭重感、眠気、ふらつきを大きくしてしまいましたので、3日ほど服用して、自分の判断で中止していました。いや、フォーマルには、“飲み忘れていました”。主治医には、苦笑いされただけで、終わりました(ふ~っ)。そして、もとの1錠に戻してからは、頭重感などは、かなり軽減し、頭もクリアになって来ましたので、アカデミックな本や論文も読めるようになってきています。

 比較的順調な経過でしたので、今日の受診の結果、正式にセロクエルは、もとの1錠(25mg)/1日に戻りました。また、一昨日から“飲み忘れている”サインバルタも、2カプセルから、1カプセル(20mg)/1日に減らしてもらいました。サインバルタの“飲み忘れ”も、とくに問題にはされませんでした(苦笑)。

 ということで、セロクエルとサインバルタが減量となり、就寝前には、ジェイゾロフト50mg錠×2錠、パキシル20mg錠×1錠、セロクエル25mg錠×1錠、サインバルタ20mg錠×1錠となりました。

 ところで、現在の休職期間は10月末までとなっています。産業医のチェックと、教授会での審議がありますので、1ヶ月前のこの時期に、11月以降のことについての診断書を書いてもらう必要があります。主治医と相談した結果、「今回は、復職に向けては、じっくりと取り組んだ方が良いでしょう」ということになり、さらに3ヶ月間の休職を要するという診断書を書いてもらいました。そのため、治療の目標に“復職”という言葉は書いてもらいましたが、“休職期間を利用してのリハビリ出勤”についても、今回の診断書では触れられていません。

 

正式には、産業医の先生の確認と、教授会での了承が必要ですが、2011年1月末まで、休職期間が延長になると思います。関係の皆様には、さらにご迷惑をおかけする期間が長くなりますが、これまでは、多少焦りすぎて復職に失敗したという側面も否定できませんので、事情をご賢察の上、ご諒解いただければ幸いです。

 自分としては、少し元気も出て来ましたし、気候も良くなってきましたので、散歩の他にも、電車での外出リハビリなども取り入れてみようと考えています。アタマの働きや、集中力はかなり戻っていますし、1日中休養しているわけではありませんので、関係の皆様には、何かありましたら、メールでご連絡ください。

8541590e.jpg
 今日も、気持ちのよい天気です。昨晩は、サインバルタも1カプセル、抜いてみました。セロクエル1錠とともに、2つも“飲み忘れる”のもたいへんです(爆)。お陰で、眠気、ふらつき、ボンヤリ感の3点セットは、かなり軽減しています(苦笑)。

6178ec6e.jpg
 さて、快適な気候に誘われて、午前中、10時過ぎから11時半くらいにかけて散歩に出かけてきました。先日の街歩きMAPに、今日の散歩コースを描いてみました。3.6�qあまりです。スタート時点では、風もあって涼しいくらいでした。帰宅間際には、風も止んできて、気温も25℃を越えていたようで、少し汗ばむくらいでした。春日神社に立ち寄ったあとで、貝塚公園(右下の学校マークの下の円のところ)と、常信寺(寺町商店街で西に入った、円のところ)と回って来ました。春日神社に立ち寄ったのは、先日の合格祈願の際に、小銭がなかったためお賽銭を省略してしまったためです。あとで後悔するといけないと思い、再度お詣りしてきたという次第です。

ee05e4fa.jpg
 平日でしたので、どこも人が少なく、閑散としていました。貝塚公園にも、通d31e1505.jpg
り抜ける人はいましたが、散歩をしている方はありませんでした。静かです。思索に耽るのにちょうどよいかも知れません。花は少なかったのですが、木々はまだまだ生い茂ったままでした。

4e82aaf2.jpg
 こちらは、公園内の東屋です。以前は、ホームレスの方が一人、住み着12e3d06d.jpg
いていたのですが、最近は見かけません。木陰になっていますので、夏でも涼しげです。右は、南側の門を入ったところの広場です。空襲にあった人々を慰霊する碑が建っています。あたりに聞こえるのは、ヒヨドリの声ばかり出、残念ながら、他の鳥たちはいないようでした。もう少し早い時間に来ないといけません。

6f78df4e.jpg
 桑名港の交差点から少し西に行ったところに、こういう建物があります。22145c76.jpg
ずっと以前、たぶん引っ越してきたときにはすでにあったと記憶していますが、妙に気になっていました。というのも、右の写真のような看板も出ているからです。“拳骨和尚の念仏拳法”だそうです。その教室というか、同上もやっているようですし。それに、左の写真をクリックしていただいて、拡大して見ていただくとお分かりになりますが、“水子供養の寺”という看板も掲げられています。それに、お寺だと自称しています。人が出入りしているところは、見かけたことがありません。正体を確かめたい気もするのですが、何やらあやしげな雰囲気で、その勇気はありません。

d6541697.jpg
 次いで、寺町商店街西の常信寺です。浄土真宗高田派のお寺です。散fdfce8de.jpg
歩の途中でときどき立ち寄ることがあります。小さなお寺ですが、四季それぞれに花が咲いていて、気に入った場所です。

47c59e1e.jpg
249e740c.jpg
 いずれも、参道脇に植えられているものです。こちらも、17278f2d.jpg
平日のためか、人影はありませんでした。久しぶりに本堂前まで進んで、お詣りしてきました。参道の脇には、右のような壁画(といっていいでしょうか?)もありました。おそらく、お釈迦様の故事に因んだものだと思います。

c25d3166.jpg
 ところで、こちらは、寺町商店街に貼られていたポスターです。“桑名の殿様 御台所祭”のポスターです。今年は、10月16日(土)・17日(日)に寺町商店街、桑名別院、八間通あたりで開催されます。子ども達が小さかった頃は、連れて行ったものですが、最近はとんとご無沙汰してしまっています。


 午後からは、読書か、論文読みでもしようと思っています。

 出勤や登校の時間には、ほぼ雨は上がり、その後は晴れて来ました。青空もきれいで、気持ちの良い1日となりました。しかし、体調の方は、昨日と同じく、頭のボンヤリ感とともに、眠気&ふらつきが見られています。どうやら、この“ボンヤリ感・眠気・ふらつき”は、3点セットのようです。午後から、1時間ほど午睡を取ったあとは、しばらくはいくらかスッキリしていたのですが、その後はまた、眠気とふらつきが戻ってきてしまいました。う~ん、今度は、サインバルタを1カプセル減らしてみようか、と思案中です。

 話は戻りますが、午前中には読書、午後からは、午睡のあと、三洋堂へ雑誌と新書を買いに行って来ました。その後、散歩に出ようとは考えたのですが、3点セットが復活してしまい、今日はパスしました。その代わり、“うつ病では、前頭葉機能が低下しており、その前頭葉機能訓練をすることで、うつ状態が改善する”という論文を読み始めました。日本の“感情心理学研究”に掲載されていたものですが、Siegel, G.というアメリカの精神医学者による英文のものです。まだ、1/3ほどしか目を通していませんが、読了したら、またここでご紹介します。

 このように、“3点セット”は出現しているものの、活動意欲は以前に比べれば、向上してきています。また、その活動内容も、雑誌や新書レベルのものを読むと言うことから、学術的な論文、英文を読むというように、さらに改善している気がします。

P01  さて、昨日、家内が珍しく、名古屋へ映画(13人の刺客)を見に行き、土産にすやの栗きんとんを買ってきてくれました。最近は、栗きんとんと言えば、このすやのものが、わが家のチョイスとなっています。きっかけは、研究員をしているAさんから頂いたことがあったからです。それで、昨日の土産は、早速、今朝10時のお茶の時間に味わいました。すやの栗きんとんは、PRによれば、「天然自然そのままの栗の味」と謳われていますが、まさにその通りと思えます。満足!です。

 ところで、昨日(9/27)の中日新聞夕刊の科学欄、“人には聞けない”という質問コーナーに、“セミはなぜ仰向けに死ぬのか?”という疑問が載っていました。言われてみれば、確かに、セミは仰向けに死んでいます。岐阜市の名和昆虫博物館の名和哲夫館長の説明は、次の通りでした:

寿命がきてツメで体を支えられなくなったセミは木から落下、6本の足がけいれんするようにつっぱって不規則に伸びる。すると、安定を失ってひっくり返り、力が残っていないとその状態から起き上がれず、羽を背にして死んでしまう。

ということです。つまり、あおむけの方が安定しているということだそうです。クワガタやカミキリムシなどでも同様だそうです。

 「なるほどねぇ、ちゃんと理由があるというか、説明がつくものなんだ」と妙に感心、納得してしまいました。

ef0fcc89.jpg
 9月も月末になりつつあります。あの猛暑の日々からは、信じられないほど秋らしくなり、過ごしやすくなっています。本務先では、確か今日から、後期の授業が始まっていると思います。大学によっては、すでに先週から、授業を行っているところもあるようです。

8e99944f.jpg
 さて、涼しくなってきたためか、今朝は一度、4時頃に目が覚めただけで、69a500f8d.jpg
時の目覚ましが鳴るまでぐっすりと寝込んでいました。起きてからも、1時間ほどすれば、多少ともスッキリしてくることが多かったのですが、今日はずっと眠気が残ったままでした。先週あたりはさほどでもなかったのに、眠気はちょっと強い感じです。頭の芯のあたりのボンヤリ感も、先週に比べるとやや強い気がします。それにともなって(と思いますが)、ふらつきも若干強くなっています。う~ん、どうやら、タイトルの通り、頭のボンヤリ感があって、眠気や、ふらつきが生じてきているように思われます。

b3bf8abf.jpg
 そして、この、ボンヤリ感は、やはり現在服用している薬から来ているよa1fd9cc1.jpg
うに思われてなりません。そう思いたいというところも否定できない気もしますが……。体調、とくに首から下の体調は悪くありません。というよりも、安定していますし、むしろ少し良くなっているようにさえ感じます。今週木曜日は、受診日ですので、自分の体調についてさらにしっかりと経過観察をしたいと思います。

b58f2b78.jpg
 ところで、今日も午後から、散歩に出て来ました。昨日はいきなり3.5キロ7d850b98.jpg
とちょっと頑張りすぎましたので、今日は、1.5キロほどと、軽く流してきたというところです。わが家をでて、国道1号線の参宮通近くから、北桑名神社を廻り、寺町商店街近くから惣構堀沿いを歩くというコースです。北桑名神社(左の写真)は、聖武天皇が参詣されたという言い伝えが残っている、古い神社です。ちなみに、ここへ来た目的は、息子の合格祈願です。ちょっとあちこち、神社仏閣に頼りすぎかも知れません(親バカです)。

095ff918.jpg
 今日もさほど暑くはないのですが、やや湿度が高いようで、歩いた距離6c8330cf.jpg
の割には汗をかきました。今日の散歩コース沿いには、割と花が咲いていました。また例によって、名前を調べるのをサボっています(苦笑)。それと、今日は、キバネセセリチョウと、アゲハチョウとに出逢いました。だんだんと出逢う蝶々の数も少なくなってきています。

9b8cdb01.jpg
 最後に、オマケです。昨日、訪れた桑名市博物館で頂いてきました“桑名ふれあい街歩きMAP”です。もとのサイズは、A4ですが、とりあえず、スキャナで取り込んだ画像を貼っておきます。pdfファイルも作りましたので、もしご希望がありましたら、ブログの“メール送信”からご連絡ください。ちなみに、わが家は、�Aの諸戸氏庭園の南に位置しています。

c6bed3cf.jpg
 今朝は、何と、最低気温13.7℃でした。いやぁ、本当に寒い!くらいでした。昨日の夜20時から、桑名のアメダスも復活したようです。陽が昇るのにつれて、気温は上がり、12時現在24.2℃になっていますが、陽当たりを散歩してくると、十分汗をかくぐらいでした。ということで、今日も今日とて、小生にとっては、散歩日和です。

 すでに午前中、10時半から12時まで、久々に何と、3.5�qあまりの散歩に勤しんで参りました。今日の散歩の目的は、何と言っても、間近に迫った息子のAO入試の合格祈願です。せめて、実力だけは発揮してもらいたいと思い、神社仏閣巡りをして、祈願をすることでした。第2、第3には、久しぶりに、博物館と、九華公園にもいってみようということでした。ルートは、寺町商店街→桑名別院→桑名市博物館→春日神社→九華公園→吉之丸公園→住吉神社→惣構堀と、一周してきました。帰ってから、「しまった、九華公園の鎮国守国神社にお詣りするのを忘れた!」と思いだしたのですが、まぁいいでしょう。

ecc406b7.jpg
 さて、まずは、桑名市博物館です。10月11日(月・祝)までは、“館蔵名品展Cat 『栗田真秀とその周辺』”展が開催されています。栗田真秀は、桑名市のお隣、三重郡朝日町出身の画家で、明治から昭和にかけて活躍しました。桑名の帆山花乃舎の弟子です。大和絵風の、優雅で、温和な画を描いていました。何となく心温まる感じでした。

904af027.jpg
 次いで、春日神社ですが、ここも久しぶりに来ました。今日は、生まれたばかりの赤ちゃんを連れた、お宮参りのグループが何組か来ておられました。健やかな成長をお祈りしたいと思います。小生は、息子の合格祈願をしてきました。写真は、春日神社の中臣神社です。ここは、もう一つの桑名神社との二社からなっています。

410a7e3c.jpg
 春日神社から九華公園に行く途中の中橋から、揖斐川の方向を見た景色です。昨日の、旧桑名城のお堀の写真は、この奥から手前方向を見て撮ったものです。拡大していただくとお分かりになりますが、中央の奥に、わずかに長良川河口堰の一部が見えます。ここまで来ますと、ほのかに潮の香りがしてきます。海沿いで育った小生には、懐かしい香りです。

27bc6936.jpg
9d657f73.jpg
 そして、これまた久しぶりにやってきた九華公園です。運動会シーズンのためか、園内は閑散としていました。堀の水が流れていないようで、そのためか、堀には藻が繁殖してしまっていました。これは、ちょっといただけません。園内で、中国の人と思われる方から、写真を撮ってくれと依頼されました。尖閣諸島の例の問題で揉めてはいますが、ここはひとつ友好的にということで、対応してきました(苦笑)。

7e204843.jpg
 鴨や鵜はまったくいませんでした。カメは、数は少なかったものの、いつd53429dd.jpg
もの場所で甲羅干しをしていました。鳥は、残念ながら、ツグミくらいしかいません。代わりに、ホソミオツネントンボとアメンボの写真を撮ってきました。その他、堀には、ボラの稚魚と思われる魚が群れている程度でした。

 九華公園をあとにして、吉之丸コミュニティ・パーク(冒頭の写真をご覧ください)を通り、昨日も来ましf3be5f02.jpg
たが、蟠龍櫓にやってきました。昨日は時間が遅くて、閉まっていましたが、今日は、久しぶりに中に入ってみることにしました。実は、この建物は水門管理所です。2階には蟠龍の実物大模型など、ちょっとした展示がありますし、揖斐川などの光景を眺めることができるようになっています。

d3f125ce.jpg
0eec4a4e.jpg
 蟠龍櫓の2階から、デジカメだけ窓の外に出して、蟠龍を59b60c98.jpg
入れて撮った揖斐川の光景と、内部に展示されている蟠龍の実物大の模型です。右は、2階の別の窓から眺めた、料理旅館・山月と住吉あたりの風景です。外の風景は、ファインダーを覗かず、カメラだけ差し出して、適当にシャッターを押しました。

 ということで、久しぶりに、3.5�qあまりも一気に歩いてしまい、だいぶ汗をかきましたし、足も疲れました。が、気持ちはとてもよかったです。やはり、散歩に限る、というところです。

↑このページのトップヘ