猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

2014年01月

ee3e0b00.jpg
 この間年が明けたばかりだと思ったのに、もう1月も終わりです。最近、よくe2971918.jpg
思うのが、「歳月人を待たず」とか、「光陰矢のごとし」ということわざです。年を取るわけです(笑)。今日は、よく晴れて、気温も上がりましたが(12.1℃、11時40分)、風も強い日でした(最大風速は、7m/s、11時)。左は、揖斐川から多度山を望んだものですが、揖斐川はかなり波立っています。右の九華公園の堀も、同じでした。

e84d6989.jpg
 さて、今日の散歩は、自分で自分に突っ込みを入れていても仕方ありませんので、パターンを少し変えて、寺町、内堀南公園、貝塚公園から九華公園を経て、七里の渡し跡から揖斐川、諸戸氏庭園と回ってきました。5.2�q、おにぎりにして、3.3個分のエネルギーを消費してきました。10時半から12時半のほぼ2時間コースです。左は、貝塚公園の梅の木のつぼみです。まだご覧のようで、開花には時間がかかりそうでした。

5f0265d1.jpg
 今日の鳥さん、まずは、七里の渡し跡のカモ達。今日はコガモに混じって、c2945f90.jpg
ヒドリガモもおりました。しかし、最初の2枚の写真のように、あいにくの強風。七里の渡し跡は直接揖斐川につながっておらず、右の写真のように、間に水門があります。この水門で、波が増幅して入ってきていました。

4c59221e.jpg
99cb1aca.jpg
 その波のお陰で、カモ達も大変な様子でした。左の2枚は、連続して撮ったものですが、そうなのです、波乗りをしているように見えたのです。

21139389.jpg
 時に、この写真のように、カモ同士が激突したりもしていました。このあと49c2bf5f.jpg
どうなるか、心配になったのですが、何事もなかったように、過ぎておりました。

156bfd58.jpg
 この前にも、こんなシーンもありました(左の写真)。後ろ8c333bf8.jpg
から、別のカモの上に乗りかけているように見えます。さらには、波のせい で完全に上に乗ってしまった場面もありました。こちらも、何事もなかったかのように、カモ達は振る舞っておりました。まぁ、おそらく遠くシベリアから渡ってきているカモ達ですから、これよりももっと厳しい経験をしてきているのでしょう。だとすれば、これくらいは大したことはないのかも知れません。

3622da74.jpg
 九華公園も、折からの強風で、小型の野鳥はほとんどいませんでした。6b805adc.jpg
いつもたくさんいるカワラヒワも、声も聞けず。唯一きちんと見られたのは、ツグミだけ。外周の遊歩道から、朝日丸跡にいるのを見つけ、回っていったところ、まだ朝日丸跡にいてくれました。ツグミちゃん、今シーズンは、確かこれで2度目です。

0580dd84.jpg
 南側の堀には、カモ達に混じって、カイツブリが2羽。そのうち、1羽が、e989c2c3.jpg
潜って出て来たところを遠目に見ていましたら、どうも餌を咥えているようでした。30数m先でしたので、肉眼ではよく見えませんでした。250mmズームで撮り、かなりトリミングしてもこれくらいの画像です。どうも、魚のように見えます。

33c3dedc.jpg
 画像が粗くなるのを覚悟で、さらに大トリミングしたのが、こちら。上の2枚では、エビかという気もしたのですが、やはり魚のようです。ただし、その種類までは、判別できません。Wikipediaによれば、「食性は主に動物食で、魚類、昆虫、甲殻類、貝類などを食べる。巧みに潜水して獲物を捕食する。1回に平均15秒前後(状態により数秒から30秒)潜水し、およそ秒速2mで泳ぐ」とありました。カイツブリは、小型に見えますが、全長は25-29cm。翼開長40-45cmあります。小生は、勝手に植物食というイメージが強かったのですが、かなり大きな魚まで捕まえるようです。

f7d75284.jpg
 そして、アオサギさん。このところまた、二の丸跡のコンクリート製の舞台のd870f968.jpg
裏にいるところをよく見かけます。右の写真のところで、小生が勝手に“お立ち台”と名付けたところです。この左手(南側)が、立教小学校です。アオサギの接近写真を撮ろうと、公園内を回って、舞台の方へ。

e3ab852c.jpg
 こうして取れたのが、この左の写真です。7~8m/sまで接近できました。8153c2e7.jpg
そこから、250mmズームで撮り、わずかにトリミングしたものが左の写真です。同じところから、55mmで撮ると、右のような写真になります。ただ、アオサギさんは、やはり神経質で、警戒心は強く、このあと、すぐに逃げられました(笑)。

 なお、揖斐川には、今日は、ミサゴはおろか、かんむりかいつぶりのすがたは、めずらしくありあmでんでさみさごほ

 ところで、午後からは、タイトルにも記しましたが、明日の特別支援教育支援員の方を対象にした、子ども支援室カシオペア・ディスレクシア名古屋主催の愛3回スキルアップセミナーの資料を再確認し、話のストーリーを組み立てていました。資料には、わずかに加筆修正を施しました。話したいことは多々あるのですが、一応30分で区切られていますので、真理内容が多くなりすぎないようにしております(爆)。

 2時間の予定で、最初の30分の話題提供ですから、スライドも8枚に制限してあります。そのあとは、出席者から事前にいただいたご質問や、明日のセミナーでできた質問などについて、お答えしたり、議論したりする予定です。すでにいただいた質問に関しては、関連することがらを調べてありますので、それをメモに書き込んでいました。これで準備も万端です(たぶん)。

 これまで2回、支援員の方の養成講座の講師をしております。参加予定の方のうち、半数は、まだ私の話をお聞きになっていらっしゃらないそうです。どのような方とお目にかかれるか、楽しみに出かけてこようと思っています。

4894262e.jpg
 オマケ。大学院での小生の教え子であるM山からいただいた、寒中見舞いの葉書の裏面にあったイラストです。手書きでメッセージがつけてもらってありますが、「小生のおもかげが……」だそうです。℃のあたりがなのでしょう?今度聞いておきます(笑)。勝手に使いましたので、跡でメールをしておかなくては……。

 


 天気予報の通り、雨が降りました。いささかホッとしている、というのが正直なところです(微笑)。というのも、先週は、市役所の会議、日曜には研究会と、小生にしては珍しく出かけることが続きましたし、その後も天気がよく、散歩を続ける日々でした。そのため、スローライフ&半隠居生活がすっかり板に付いたせいか、はたまた、さぼり癖が付いたのか、「公休日」が欲しくなったのであります。雨でも降れば、大いばりで散歩はサボれますから(爆)。

 まぁ、息抜きが欲しくなったというくらいのことなのですが、自分からサボるというのも格好悪いというのもあるかも知れません。

 屁理屈、ご託を並べ始めますと、また小生の悪い癖で長くなりますから、止めておきます。

 結局、朝から、郵便物や、新聞の切り抜きの整理(この頃は、切り抜いたものをpdfにしてしまうか、中日プラスで閲覧して、必要な記事をpdfで印刷するかして、パソコンに保存しています)、葉書書き(寒中見舞いのお返事など)などに、ユルユルと取り組んでおりました。

 お陰様で、何か風邪を引きそうなというか、いささか疲れたような感じがしていましたが、どうやらそれからは回復してこられたようです。それに宿題として残っていた、1月26日のアカデミック・バージョンのエントリも、遅まきながら書き上げて、アップしましたので、ご関心がおありの方々には、ご覧ください。

 ところで、本日のタイトルで使いました“公休日”ということば。昔は、よく使われていた気がしますが、この頃はあまり見かけなくなりました。昔は、パチンコ屋さんなどの店頭にも掲げられていたと思います。何となく使ってみたくて、使ってみました(笑)。

 コトバンクによれば、次のような意味です。

  1. 休日・祝日以外に、勤労者が権利として認められている休み。
  2. 同業者などが申し合わせて、一定の日に休むこと。また、その日。公休日。

 どうやら、小生のような立場にあるものには、ふさわしくないコトバなのかも知れません。勤労しておりませんし、同業者で申し合わせたわけでもありませんから。それに、毎日が休みというのが、実態ですし……。オッと、お断りしておきますが、自営業には間違いありません。

 以上、公休日の妄想でした(笑)。明日からは、また、通常通りに戻ることにします。

ab43ee2c.jpg
 性懲りもなく、今日も散歩は、九華公園であります(爆)。本当に、他に行くところはないのかよぉ?!と、自分で突っ込みを入れたくなります。しかしまぁ、科学においても、“定点観測”なる手法もありますから、まったく意味がないことをしている訳ではない、と本人は固く、固く信じております。「それだから、逆に始末が悪いんだ!」と、さらなる突っ込みがあるかもっしれません。

 さて、今日は12℃くらいになるという予報でした朝は、最低気温も4.7℃でしたから、かなりd3bce0f6.jpg
暖かい日だったことになります。日中は、11.9℃(14時20分)まで上がりました。散歩は、10時過ぎから、12時半前まで。いつものコースで、歩いて来たのも、4.5�qでした。本当に同じことを繰り返しております(爆)。

 今日も、ミサゴ、カンムリカイツブリ(伊勢大橋ちかくから、蟠龍櫓近くまで広く分布していました)、コガモ(七里の渡し跡)など、最近お馴染みの鳥たちは、いつものところに、いつものように、いましたので、割愛致します。

bafff1ad.jpg
 久しぶりに今日の主役の一人は、こちら、アオサギとしましょう。というのも、b44c3ab0.jpg
いつもの“新お立ち台(鎮国さんの社務所裏)”ではないところ、まずは、二の丸跡に立っていたからです。といっても、二の丸跡を一回りしているときには、まったく気づきませんでした。右の写真、背後は、立教小学校です。

71a96050.jpg
 あちこち一回りしている間に移動したという可能性が高いと思いますが、次には、朝日丸のあとに立っていました(左の写真)。奥は、二ノ丸橋(ユリカモメが、欄干に並ぶところです。二ノ丸橋を左、すなわち、南に渡ると、立教小学校です)。

2cd59a35.jpg
 あまり撮ったことのない向き、斜め後ろからのショットです。もし、オスでしたら、「男の悲哀が現れたような」とでも、形容したいところですが、生憎と、アオサギの性別は分かりません。二の丸跡でみた個体と同じという気がするのですが、性別はもちろん、顔の区別もできません。それに、こちらで見た個体は、一本足で立っているのに対して、先ほど、二の丸跡では、二本の足で立っていましたから、余計にそう思います。

b3eee49e.jpg
 どちらの場所に立っていても、角地ですから、餌となる魚を探すのには好都合なのでしょう。素知らぬ顔をしていつつ、堀の水面を見ていました(笑)。ちなみに、揖斐川、長良川の中洲の十万山にも、10羽近くがたむろしていました。

efdec914.jpg
 ところで、今日はこのほか、本丸跡と公園内の野球場の境目あたりに、モズのオス3d3b0e5e.jpg
が出てきました。結構粘って、追いかけました(笑)。モズは、止まっていながら、尾を振る仕草をしますので、よく分かります。右の写真のように、途中で気づかれた気がするのですが、嫌がらずしばらく、写真を撮らせてくれたような気がします。

00656047.jpg
 メジロも数羽が、あちこち移動しながら、戯れていましb5a7e3cf.jpg
た。わずかにふっくらしているように見えます。いつ見ても、何度見ても可愛らしい仕草が微笑ましい感じがします。

ac63105c.jpg
 あまり明るいところで撮れなかったのが残念ですが、2羽が本当に戯れるというか、絡み合うようなシーンもありました。もっとくっついている時もありました。「目白押し」の語源ともなったような、数羽が並んでいるところを撮ってみたいと思っていますが、未だかつて見たことはありません。

91b824e8.jpg
 他に綺麗に撮れたのは、カワラヒワ。今日も公園内のあちこちで見かけd2fb494a.jpg
ましたし、高い松の木の上などからも、あの鈴を転がすような鳴き声が降ってきていました。

5970a7e0.jpg
 カモ達も、いつも通り、90羽あまりが、分散して羽を休めていましたし、ユリカモメも10数羽がやって来ていました。しかし、残念ながら、ユリカモメが二ノ丸橋の欄干に並ぶ姿は、今日も見られませんでした。

 今日は、久しぶりにバールフレンド1号のYさんにお目にかかりました。相変わらずお元気そうです。もうお一人のバールフレンドのTさんは、昨日・今日と、伊勢参りにお出かけだそうです。家内の知人のバスガイドさんからのお話では、今年に入って、去年の遷宮の時以上に、お伊勢さんは混んでいるようです。バスが、駐車場から溢れていることもあるようですし、宿泊先が県内に取れず、あるときには、お伊勢参りのお客さん達を有馬温泉までお連れしたとこともあったということです。驚きですねぇ。ちなみに、そのガイドさん、お客さん達を有馬温泉まで案内し終えて、桑名の自宅に戻ることができたのは、真夜中杉だったといいます(驚)。

6db57827.jpg
 オマケ。 コンデジ(Richoのcx-3)を手持ちで撮りましたので、このような写真になりました。今朝、6時11分の撮影です。日の出前(日の出は、名古屋の暦で6時52分)の東の空には、金星でしょうか、月と並んで明るく見えていました。写真としてはダメですが、せっかく寒い中撮ってみましたので(笑)。

 土曜日(2/1)に依頼されている特別支援教育支援員の方を対象として、スキルアップセミナーの資料は、ほぼできあがりました。人間の心理・行動の見方、心理的問題の理解の視点、対処の基本などについて、30分ほどお話ししてから、参加者の方からいただいたご質問、事例について話し合う予定でいます。

7aa2fbb3.jpg
 いつもと違う写真から始めておりますが、別に他意はありません。ただ、ワンパターンから抜けようと思ってみたりしただけです(笑)。ここは、元・すし道場、その前は、桑名リバーサイドボウルというボウリング場があったところです。散歩のおきまりコースにしているのですが、このところ、ガス管工事が行われているのです。さすがにガス管の工事、「火気厳禁」という赤い旗とともに、消火器まで置いてあります。

 それに、この頃こういう工事現場で感心することが一つあります。工事関係の方や、交通整理を担当している警備の方の愛想がよいというか、フレンドリーさが増しているのです。親切、丁寧になっています。悪いことではありません。こちらも気分がよくなり、お互いの関係もよくなります。対人関係をうまく行くようにするには、相手を変えようとするよりも、まずは自らが変わる方が早い、ということの好例のように思えます。

 さて、朝一番に皮膚科に行き、さらにメールを書いておりましたので、散歩に出たのは、また10時過ぎでした。皮膚科には、湿疹の薬をもらいに行ったのです。朝イチにと思って9時診察開始のところ、8時半に家を出たのですが、残念ながら2番目でした(駅前にあります)。私より高齢の男性に負けました(勝ち負けではありませんが……)。余談ですが、5番目まではすべて、私以上の高齢男性ばかりでした。早起きで、することがなくて、ヒマなのでしょう(笑)。

 高齢者といえば、毎週金曜日、三の丸公園では、グラウンドゴルフが行われています。先週の金曜などは、暖かい日でしたので、冬にしてはたくさんの“老若男女”ならぬ、“老々男女”(たった今、思いついたコトバです)が集まっておられ、さらには、隣にある吉之丸コミュニティパーク駐車場には、紅葉マークの付いたクルマで満車でした(笑)。皆様お元気で何よりです。

8d1de476.jpg
 余談が長くなりました。九華公園には、特に異常はなく、平穏でした。また、今日も比較的暖かかったためか、散歩の方もいつもより多く来ておられました。以上で、本日の“九華公園パトロール報告”は終了であります(爆)。となると、今日の話も終わってしまいますので、もう少し続けましょう。

fa75bdfc.jpg
 とはいうものの、珍しい方はいらっしゃらず、いつものメンバーが、いつもd5798299.jpg
のところにという感じでした。揖斐川の、例の3本の竹竿の上には、ミサゴ、川面にはあちこちにカンムリカイツブリの姿が、行き帰りともに見られました。ちなみに、ミサゴは今日も、長島町の正午の音楽が流れても、竹の上に留まっていました。

5892ce9a.jpg
 帰りには、長良川河口堰にほど近いところには、オオセグロカモメさんが、ゆったりと浮いていました。


1ad5e9e6.jpg
 七里の渡し跡の入江には、昨日に引き続き、コガモが集まっていました。37862285.jpg
ただし、数は、9羽とやや増えていました。帰りに見ますと、堤防側の護岸の上で、小休止&日向ぼっこの最中のようでした。

67ce2b18.jpg
 九華公園のカモ達は、相変わらず、あちこちの堀に分散はしていましたが、合わせて90羽以上がいましたし、ユリカモメも10羽あまc4ff8f16.jpg
りがやって来ていました。

ddf32e9e.jpg
 カイツブリは、2羽で、東側の堀から南側の堀へ移動の最中のようでした。


e88ad99a.jpg
 公園内を一回りして、11時45分頃、家内に「帰る」というメールを送って、d1e9b130.jpg
帰ろうとしたとき、やっとコゲラや、シジュウカラ、メジロが出てきました。ただし、シジュウカラは1羽のみ、メジロも3~4羽だけでした。管理事務所の北側までいっていたのですが、これらの混群の移動につられ、また、数10m、逆戻りをしてしまいました(笑)。

9181f4e3.jpg
 どの写真も、皆、“証拠写真”レベルですが、ご覧ください。何度も何度も8b8f5ef5.jpg
繰り返し書いていますが、どうもこの冬のシーズンは、野鳥は少ないようですし、ヤマガラのように目撃報告はあるものの、うまくタイミングが合わないのか、小生自身は、この目で確かめられていない鳥もいます。致し方ありません、”淡々と飽きもせず……”というモットーを掲げておりますから、地道に散歩は続けます。

cb040b4d.jpg
9b2b73a1.jpg
 ところで、今日は、最高気温も11.4℃(13時40分)と暖かbc5692bf.jpg
く、日当たりもよかったせいか、旅ネコさんたちがあちこちでのんびり日向ぼっこをしているところによく出くわしました。この2匹、仕草がシンクロしていますが、右の写真のように、辰巳櫓の下で一緒にいたからでしょうか?

db1314d5.jpg
 九華招魂社のお社では、こちらのお三方。思いつきで、ジャンケンの「グー・チョキ・パー」で遊んだら、じっと見つめてくれました。真ん中の方がリーダーのようで、貫禄もありました(笑)。

9a97d30e.jpg
71a1eeda.jpg
65b10891.jpg






7d039950.jpg
 二ノ丸橋の袂では、こちらの方と、にらみ合いになりました(笑)。かように、今日は、“旅ネコさんデー”でありました(笑)。実は、これらの他にも多々おられました。

48f4660a.jpg
 九華公園からの帰り際、コゲラ、シジュウカラ、メジロの追っかけをしてい7789b4d7.jpg
たら、何やらどこかから見られているような気がしてなりませんでした。ぐるっと見回してみますと、ドバトさんから見下ろされていました(笑)。管理事務所北の、ソテツが生えているところの照明灯の上からでした。

6797d246.jpg
 コゲラ、シジュウカラ、メジロに引き廻され、結局、12時15分頃帰宅しました。帰る途中、揖斐川の堤防で、ハクセキレイも見かけたのですが、これまた寒くてふっくらしていました。冬は、“福9347a39c.jpg
来雀”ばかりでなく、“福来ハクセキレイ“もいることが分かりました(笑)。現在は、土曜日に予定されている特別支援教育支援員さんの“スキルアップセミナー”の準備をしております。

 末筆ながら、本日午後、97万アクセスを達成致しました。96万を超えてから、けっこう早かったような気がしています。確かに、95万アクセスが、今年1月3日(散歩始めと、初詣……そして95万アクセス達成(多謝)(付記しました))、96万越は、1月17日(2014年1月18日 (土)、シメさん、初登場)でした。驚くべきハイ・ペースで、我ながらついて行けていない気もしています。

5cc120d8.jpg
 朝は、-1.0℃と冷え込んだものの、日中は、風も弱く(ほぼ2m/s前後)、日当たりもよく、気温の割りに(最高は、7.7℃、13時50分)暖かい感じがする1日でした。写真は、散歩から帰った、12時20分頃のものです。

 昨日、アカデミック・バージョンを書くはずでしたが、実は、研究会から戻ったのが18時過ぎ。そのまま夕食。夕食の際に、晩酌1を一合いただいて、良い気分になってそのままブログを書かなかった、という次第であります m(_ _)m 体調が悪いとかそういうことではありません。

 それで、今朝からは、メールのお返事を書かねばならないものがいくつか重なり、身支度などをしているうちに10時を過ぎて、そのまま散歩に出てしまい……という具合で、アカデミック・バージョンは、まだ書けないで放置してあります。それゆえ、昨日のエントリは、「小休止」のまま、という次第です。準備はしてあるのですが、文章化できていません。

8679ca69.jpg
 さて、本日も、散歩日和でありますので、メールの返事を書き終えて、「散歩に行かなくっちゃ……」と何はさておき、散歩に出て来ました(爆)。コースはいつも通り、揖斐川堤防、住吉神社、七里の渡し跡、九華公園の往復で、本日は、4.7�qでした。決まり切ったコースで、散歩というよりも、我ながら、何だか、パトロール、巡視という気がしてきます(笑)。パトロールの結果、本日も、九華公園は平穏でありました(爆)。この写真は、二の丸跡から撮った、カモ達の様子です。今日は、公園内の堀のあちこちに分散していましたが、合計で90~100羽ほどがおりました。

bfa54ff0.jpg
 途中から、それまで揖斐川にいたユリカモメたちが移動してきました。あとで書きますが、今日は白魚漁が行われており、その網のあたりで魚のおこぼれを狙っていたようでした。九華公園では、カモに餌をやりたくて来られたご夫婦がいらっしゃったのですが、ことごとくユリカモメに餌を捕られてしまい、困惑しておられました。

204572f5.jpg
 カモの大半は、キンクロハジロで、大きさはユリカモメとあまり変わりません(体長40cmほど)。ただ、飛翔能力という点では、ユリカモメは、浮かんでいる位置からそのまま飛び立てるのに対して、カモはそうはいきません。助走が必要です。攻撃性や、活動性などの違いもあるかも知れませんが、ユリカモメの方が、勢いがあって、素早いので、カモは餌争いに負けてしまうというのが、小生の見立てです。ご夫婦、ご主人の方が、奥さん向かって、「ユリカモメに餌をやって引きつけておいてくれ、俺はこっちでカモにやるから」と、二面作戦を採られたのですが、うまく行かず、ユリカモメも、二手に分かれて、カモメ同士で餌の奪い合いの大騒ぎとなってしまっていました。

6704d77e.jpg
 今日の鳥さんですが、カモなどの他、お馴染みとしては、揖斐川に、カン0275fdcb.jpg
ムリカイツブリが浮かび、オオセグロカモメが飛んでおりました。それ以外には、例の3本の竹竿に、ミサゴと思われる鳥が止まっていました。ただし、今日は、長島町で正午に流れる音楽が聞こえても、そのまま留まっていました(笑)。写真は、そのミサゴです。カンムリカイツブリと、オオセグロカモメの写真は、本日は割愛致します。

b4c3db9f.jpg
 その揖斐川では、今日は、白魚漁が行われていました。白魚漁は、左の写真のように2隻の漁船がペアになって1つの大きな網を曳いて行われます(赤い矢印の2隻がペアで、黄色い楕円を付したあたりに網があると思われます。最後尾には、大きなウキがついています(緑の四角をつけました))。この写真では、奥が揖斐川の下流、伊勢湾側になりますが、2隻は右旋回して、進行方向を変えたところです。白魚の曳き網漁は、1月に解禁、3月まで行われるようです(赤須賀漁協のサイト)。

 余談ですが、桑名で、白魚といえば、芭蕉のこの一句です。

あけぼのや しら魚白き こと一寸  芭蕉桃青

 ちなみに、浜の地蔵堂にその句碑があります。

7b716997.jpg
 白魚漁、今日は、3組くらい行われていたようですが、その1組の船が曳くb31d63b8.jpg
網のあたりに、ユリカモメがたくさん飛び交っていました。左の写真は、まさに何か、獲物を見つめているように見えます。右の写真に写ったユリカモメは、これから降下して魚を捕ろうとしているところのように思われます。

 以下は、飛び姿のうち、割と良く撮れたものを載せました。もっとも左のもの、まさに“ガル・ウィング(gull-wing)”です(クルマのドアで、このように開くものがあります)。カモメは、英語で“sea gull”であります。

8714cf44.jpg

6d4d8b9f.jpg

cc6f99ad.jpg

 

 

fd934653.jpg
 話はさらに遡りますが(このところ、時間的順序はまったく無視しております)、七里の渡し跡には、今日は、コガモが、7羽ほど来ていました。今年は、九華公園ではコガモは見ておりません。沢南橋にたくさんおります。七里の渡し跡、先日はオオバンがいましたし、キンクロハジロや、ホシハジロが来ていることもあります。いろいろと入れ替わり立ち替わり来てくれますし、ここでは去年、イソヒヨドリを見ていますから、この七里の渡し跡も、気を抜けません。

fbbcf366.jpg
 全くの個人的好みですが、今日も、九華公園本丸跡では、ジョウビタキの3a6062ca.jpg
メスが出て来ました。ふっくらしていますが、寒いせいなのか、若い個体なのか、分かりません。先日来、ここ九華公園で見ているのと、同じ個体のような気がします。その訳は、ジョウビタキはオス、メスともなわばり意識がかなり強いからです。

e1de1603.jpg
 ハクセキレイも、綺麗に撮れたと思います。本丸跡で撮りました。目の前832e358a.jpg
に降りたって、餌を探していたようです。じきにこちらに気づいて、飛び去ってしまいました。

bc148f96.jpg
 メジロは、公園の外周の遊歩道で、1羽だけがいました。盛んに鳴いて、あちこち見回していましたので、他のメジロたちとはぐれてしまったのかなどと想像してしまいました。

b9b7f9a2.jpg
 ところで、今日は、旅ネコさんたちによく出遭いました。まずは、こちら様。割とよく出会う旅ネコさんです。口の周りの黒い毛が目立つネコなのですが、実は足も面白いのです。何というか、白足袋を履いているように見えて仕方ありません(笑)。それにこのように、前足を揃えて座っていると、「三つ指ついて……」のようにも思えるのです。

6c0621a4.jpg
 このネコは、鳥小屋裏の花菖蒲園前のベンチで、休憩していたら寄って23387737.jpg
来ました。盛んに甘えるように鳴いていましたので、多分餌をもらえると思って来て、小生にねだっていたのだろうと思います。しかし、残念ながら持ち合わせておりませんし、ネコさんに餌は差し上げておりません。

22301477.jpg
 もう一つ。散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園の煉瓦蔵のところに止まっていたスズメたちの写真です。この煉瓦蔵、建てられたのは、本邸と同じく、1887年(明治20年)頃です。当初は、木造で建てられましたが、1894年(明治28年)火災により焼失。その後煉瓦で再建されたものの、 1945年(昭和20年)の戦災で2棟が失われ、現在3棟が残っています。米蔵として使 用され、蔵前の堀(惣構堀のことだと思います。現在は、諸戸水路となっています)に船を着け搬入していました。ちなみに、諸戸氏庭園の鬼瓦には、いずれも「モロト」とカタカナで文字が入っています。

10f6baed.jpg
 オマケ。反射的にシャッターを切ってしまった写真です。カワウでした。繁殖期にあるようで、顔が白いというか、シルバーというか、そういう色になっていました。七里の渡し跡近くで撮りました。頭上を飛び去っていきましたが、迫力はありましたよ。

 ということで、昨日は、半日ほど出かけておりましたが、お陰様で(誰のお陰でしょう? 漢方薬に違いありません)、とくに疲れもありませんし、体調もかわりはありません。今週は、土曜日(2/1)に支援員の方のスキルアップセミナーの講師を依頼されていますから、その準備をしなくてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このページのトップヘ