猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

2014年02月

e8776e68.jpg
 晴れて、暖かい日になっています。正午の気温は、17.3℃にもなっています。天気予報の通りで、4月上旬の陽気でしょう。今日の散歩について、詳しくはまたあとで追加、修正しますが、「これなら寺町の河津桜が、咲き始めているかも知れない」と思って、見てきました。開花はまだしていませんでしたが、ご覧のように、あと一息で咲きそうなつぼみを見つけて来ました。小生にとっては、この河津桜が咲き始めると、「いよいよ本当に春だな」と思えます。

86cce77e.jpg
 例年通り、寺町商店街の北の端、荷捌き場になっている広場にある3本のa8741244.jpg
河津桜のつぼみがもっとも良く膨らんでいます。左の写真をよくご覧いただくと、あちこちにほのかにピンク色をしたつぼみがあるのがお分かりいただけるかと思います。場所は、右の地図の通り、八間通沿いのところです。赤い○をつけたところにある3本の河津桜です。ここから南に、寺町堀沿いに河津桜の並木がありますが、そちらはまだまだでした。

40a289b6.jpg
 他にも、「もうじき咲きそうだ」と思わせるつぼみがたくさんありました。楽しe031746f.jpg
みですねぇ。残念ながら、この週末は、曇りや雨という予報が出ていますが、来週になると、本格的に咲きそうです。

 ちなみに、去年(2013年、平成25年)は、3月4日に、「もうすぐ開花」というエントリを書いていました(寺町の河津桜、もうすぐ開花……久しぶりにマジメに歩く(笑))。そして実際に咲き始めたのは、3月7日でした (寺町の河津桜、一輪咲く、梅にメジロ、そして、降圧剤をミカルディスに変更)。

da53e928.jpg
 さて、散歩は、この寺町を経て、貝塚公園、九華公園と回ってきました。出かけたのは、10時20分とかなり遅かったのですが、4.5�qを歩いてきました。風はあったものの晴れて、暖かでした。久しぶりに汗ばんだくらいでした。ただ、残念ながら、小型の野鳥はほとんどいませんでした。

2d8e20b6.jpg

 貝塚公園は、時々しか行きませんが、樹上からキジバトさんが見下ろしていました。上から睨まれているようで、ちょっと怖いです。今日出会ったのは、このキジバトさんだけでした(笑)。

3f372d14.jpg
 貝塚公園の梅もかなり咲いていました。確か紅梅もあったはずですが、1defd3a5.jpg
まだ白梅だけです。梅も、青空をバックに見た方がいいですね。

7c2f7088.jpg
 貝塚公園の北東の隅には、管理事務所があります。その前あたりにスイ0f4ff6e9.jpg
センが咲いています。今更スイセンの花も珍しくはありませんが、小さな虫が付いているのに気づきました(まだ何かは、調べておりません)。

61873345.jpg
 貝塚公園には、花壇もあり、パンジーなども植えられていました。右の黄色い花も、陽射しに光ってきれいだったので写したのです3edf9154.jpg
が、名前は、不精をして調べておりません(笑)。実は、昨日は、I さんから届いたデータであれこれ、遊んでいた、イヤもとい、検討していたので、虫も、花も、特定するための時間が足らなくなったのです(笑)。

218272ba.jpg
  貝塚公園から北へ。二ノ丸橋の手前から、九華公園の外周の遊歩道be89470b.jpg
に入り、東側を回っていきました。ちょうど堀の真東くらいのお宅で、紅梅がよく咲いていました。これで、今日は、紅白揃った次第です(微笑)。

7c1592c7.jpg
 今日は、4月上旬並みの暖かさということもあってか、堀にはカメたちが969b7826.jpg
何匹も出て来ていました。浮かんでいるのもいましたし、ご覧のようにすでに甲羅干しをしているカメたちも。冬眠していたはずですから、久しぶりの甲羅干しでしょうが、何となく、「虫干し」でもしているようにも見えてしまいました。これらは、公園内の野球場脇のところです。

05db5e57.jpg
 こちらは、九華公園管理事務所近くの、甲羅干し名所です。本来は、アヒルの住まいに上がっていく木のスロープのはずです。アヒルは、現在1羽のみ。しかし、事実上、少なくとも、ここ数年来、カメの甲羅干し専用の場所になっています。ここにも昇ろうとしているカメが数匹。カメの出現に季節を感じるというのもどうかという気もするのですが、仕方ありません(笑)。ここにはそれだけ、カメが多いということです。

9c822c48.jpg
 時間的にはやや戻りますが、野球場のグラウンドには、たぶんつぐみちゃんですが、2羽ほどいました。センターの外から、3塁ベースあたりを見ていますので、かなり距離がありますから、トリミングしてもこれくらいです。

b751590b.jpg
 ということで、急に暖かくなった日、寺町の河津桜は今にも咲き始めそう879851cb.jpg
でした。九華公園も暖かくて気持ちはよかったのですが、やはり野鳥は少なくて、残念でした。今シーズンの冬鳥は、どうも今ひとつのまま終わってしまいそうです。

88950afc.jpg
 今シーズン、九華公園の冬鳥の実質上の主役は、こちら。カモたちです。それも、ユリカモメも少なかったため、カモに餌をやる人達がいつも以上に多かったようで、すっかり、“餌づけ”されたようです。人影を見ると、このように寄ってくるようになりました。時々、カモに向かって、手を叩いて、呼び寄せようとしている方を見かけますが、あれは、手を叩いてから餌をやって、「手を叩くと餌がもらえる」という学習(条件づけ、パブロフの条件づけ)をさせないとダメです。もともとそういう習性があるのではありません。このカモたちに、小生秘かに、“餌くれカモ軍団”というニックネームを差し上げております(爆)。

【付記】 夕方、家内が見てきたところによれば、一輪だけ咲いていたといいます。

 天気予報の通り、未明からずっと雨が降り続いています。気温も、7.5~10.7℃とあまり変化ありません。昼の間は、そのためか、若干寒い感じの1日となっています。

 さて、天気予報を信じて、昨日から、散歩には出ず、勉強と、読書で過ごそうと思っていました。そこへ、朝9時前に、教え子、元アルバイト秘書、最近では、共同研究者のI さんから、ADHDの子どもたちに実施したWISC-�Wのデータをまとめ、統計的分析を試みたので、確認して欲しいというメールが届きました。

 まるで小生の行動を見通したかのように、グッド・タイミングでのメールです(笑)。

 そういえば、1月末にあった、あるアセスメントの研究会の前日にも、似たようなことがありました。彼女の同僚の方が、当日の司会進行をすることになっていたのですが、事例発表をお願いした方のプレゼン作成が遅れ、なかなか内容の整理がうまく行かなかったということがありました。そこで、どうやら、当日、小生がヘルプするよう頼もうということになったらしいのです。それが、もう夜に入ってからの出来事のようでした。

 その時、I さんが、すかさず「早く連絡しないと、mamekichi先生、寝てしまうわよ。早寝早起きで、10時には寝ちゃうみたいよ」といったとか、いわないとか……(爆)。9時半を過ぎて、そろそろ寝る体制に入るか、でもその前にメールを見ておこうと思ったのが、運の尽き。“ヘルプ依頼メール”と、その時点までにできあがっていたプレゼン資料が届いた、ということがあったのです。

 さすが、「教え子、元アルバイト秘書、最近では、共同研究者」であります、小生の行動パターンをよく理解しているのです(爆)。

 しかし、まぁ、冗談はともかく、OKの返事を出したところ、じきに2回に分けてデータ、分析結果などの資料が送られてきました。予定では、KABC-�Uの解釈などをやろうと思っていたのですが、ADHDの子どもたちに実施されたWISC-�Wの結果を検討する機会を与えてもらいました。優秀な教え子がいてくれると、こちらもうかうかしていられません。しっかり勉強させてくれますし、新しいことなども教えてくれます。それに、私の好きなデータ整理、データ分析から、研究的な仕事をする機会も与えてもらえます。マジメな話、ありがたいことです。

 というのも、WISC-�Wについては、臨床群研究が推奨されていますし、これからの発達障害の医療や、特別支援教育などにおいても、これらの方たちの心理アセスメントに関する研究は、必要なことです。

 ということで、今回のデータもいずれは、発表し、論文にしたいと思っています。

a9394a20.jpg
 ところで、散歩には出られませんでしたので、何を書こうかと考えていたのですが、今日は、家内が友人に依頼し73a09d61.jpg
て、この大きなアップルパイを買ってきてもらいました。大きさにビックリし、おいしさにも驚かされましたので、話題に取り上げました。四日市市川島町にある“リヴィエールシーマ”のアップルパイです。本当に大きいです。計ってみたら、1.2�sありました! キッチン・スケールでは、スケール・オーバーしてしまい(1.0�sまでしか計れないものでした)、体重計に載せました(笑)。¥1,575だということです。

9a091cbf.jpg
 なかなか美味しそうです。食べる前に何とか写真を撮らねば、という義務45a148c7.jpg
感のようなもので、食欲を抑えつつ、カメラに収めました(爆)。

d8d84d81.jpg
 こちらは、1/5にカットしたもの。1.2�s÷5=240gあるはずです。これを一人で食べるのは、いくら何でも多すぎます。そこで、この1/4をおやつとしていただいたという次第です。

3a05c01d.jpg
 リンゴの部分も、ほどよい甘さと、食感で、なかなか美味でした。右の写759f75e0.jpg
真の部分、何と呼ぶのか知りませんが、こちらも美味しくいただけました。もっともっと食べられたのですが、この年になりますと、おやつを食べ過ぎますと、夕食が入りませんので、さすがにこれだけにしておきました。

 明日は、天候が回復しそうですから、散歩と勉強に励むことにしましょう。それにまた、このアップルパイをおやつにしなくては……。

a8639574.jpg
 暖かくて、風も弱い、良い日でした。最高気温は、13.5℃(13時40分)にまで上がったようです。19時前でも、11℃以上あります。天気、気候はよかったのですが、朝から、ご覧のように、多度山も見えないくらい霞んでいました。昨日、中国大陸からの“PM2.5”がかなり大量に飛来していたそうですから、「春霞」と単純には喜べないようです。左は、9時に散髪に出かけたときの写真です。

847e019b.jpg
 こちらは、散歩から帰った11時過ぎに撮ったものです。ベランダから南東のナガシマスパーランド方面の写真ですが、わが家から直線距離で2�qあまりの国道23号線・揖斐長良大橋もはっきりしないほど霞んでいます(いつもならこの朱い橋が見えるのです)。その向こうのナガシマスパーランドは、まったく見えません(直線距離で、5.4�qほどあります)。これはやはり、PM2.5かと思っていましたら、午後になって、桑名市からのお知らせメールが届きました。やはり、PM2.5の影響のようです。

PM2.5(微小粒子状物質)注意喚起情報

桑名市からのお知らせ kuwana@anshin-bousai.net

14:40

本日は今後、微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が高くなると予測されます。必要な事以外の外出や屋外での長時間の運動は控えてください。呼吸器系等に疾患のある方、お子様や高齢者の方は体調に応じて慎重に行動するようご注意ください。
なお、PM2.5濃度の速報値は三重県のホームページでご覧いただけます。
【問い合わせ】
環境政策課 0594-24-1183

 黄砂が飛んでくるというのは、自然現象ですからやむを得ませんが、PM2.5は大気汚染によるもの5bc0f9c7.jpg
のはず。急速な工業化にともなうもので、日本でも各種の公害が起きましたから、工業化にともなう必要悪かも知れませんが、それにしても、元の中国で何とかしてもらいたいものです。右は、わが家から西の空。鈴鹿の山もまったく見えません。

3d97b5d8.jpg
 さて、本日午前は、予定通り、朝一番にいつものS理容院さんに電話で確認して、9時から散髪をしてもらってきました。いつも通り、座って、「いつもと同じでお願いします」であります。散髪はこれに限ります。女性の方は、美容院に行くとなると、あれこれ、多少とも変わった髪形を試されるようですが、小生は、このように、「いつもと同じ」の一言で済むのが理想です。

 ちなみに、S理容院さん、大将も、奥さんもお元気そうでした。大将とは、例によって、“床屋政談であります。NHK会長の話(ああいう立場の人で、人前で話すのに、個人的見解はあり得ないのに、何を言っているのか)とか、森さんの失言も、真央ちゃんの方がよほど大人の対応だとか(森さんこそ、肝心なときにはいつも失言します)、安部さんのやっていることは危なくて仕方ないとか(小生には、日本国憲法が分かっていない人と思えます)、そういう類いのたわいもない話です。「マスコミも酷いですから」という話も出て来ました。

 10時5分には散髪を終え、九華公園を半周ほどしてきました。12時前には、拙宅に業者さんが来て、風呂場の水栓を交換してくれることになっていましたので、散歩できる時間は、せいぜい1時間あまりということもあり、11時過ぎには戻って来ました。

1f0bb555.jpg
 今日の成果は、こちら。成果といっても、個人的な評価ですが、トビに遭遇したことです。帰り際、住吉神社を過ぎて、住吉の休憩所のあたりの上空を飛んでいました。この写真を撮ったときは、小生のいたところより南の空を飛んでおり、逆光になっていたため、このようなシルエット画像になっています(250mmズームの画像、トリミングなし)。

d7944c3c.jpg
 しばらく見ているうちに、小生よりも北側の空に移動してきました。色、模様86f6f2ab.jpg
などがややはっきり見られるようになりました。久しぶりの猛禽類です。悠然と旋回する姿は、いいですねぇ。

4b2b5996.jpg
 九華公園の方です。珍しいところに珍しい方が止まっていました。こちらd6114909.jpg
の鎮国守国神社の社務所の屋根の上です。ちょっと見分けが付きにくいのですが、アオサギが1羽、片足立ちですました顔をしています。

7cc8ae74.jpg
 二の丸橋では、今日もユリカモメたちが欄干に整列していました。ユリカモメは、今日も、60羽あまりがいたと思います。

6f74a2df.jpg

 それにしても、ユリカモメたち、去年のシーズンは、向いている方向も揃っ4f6926b4.jpg
て、もっときれいに並んでいたように思います。今年は、並び始めたのが遅い時期になった上、並び方がバラバラなのです。もうちょっときれいに並んでくれませんかねぇ? 少々たるんでいるのでしょうか。 東側の欄干に並んだ連中も同様です。

23bf37dc.jpg
 今日も野鳥はあまりいませんでした。何度ぼやいたことでしょう。ぼやい36b8c3b1.jpg
ているうちに、いつの間にか、冬も終わりに近づいてしまいました(笑)。今日は急いでいたこともあって、あまりゆっくりと鳥を待っていなかったことも関係あるかも知れません。出て来てくれたのは、ジョウビタキのメスだけでした。しかし、やや遠くで、条件はあまり良くありませんでしたが……。まぁ、出て来てくれただけで感謝しなくてはなりません。

32f9c823.jpg
 ところで、今日も九華公園のネコたちは、自由でした(笑)。こちら様は、09ee2964.jpg
管理事務所の南、ずいぶん以前、孔雀が飼われていた鳥小屋の上にいて、欠伸をしたり、辺りを見回したりしていました。

50ca2869.jpg
 このネコは、小生が朝日丸跡のベンチで一休みし、散歩バッグからペットボトルを取り出そうとしたら、何を勘違いしたか、寄って来たところです。何か食べ物をもらえると勘違いしたようでした。残念ながら、旅ネコさんを見るのは好きですし、元気でいて欲しいとは思いますが、餌は差し上げてはおりません。

 2ヶ月ぶりに散髪して、サッパリしました。午後からは、三重K-ABCアセスメント研究会のG先生からお借りしてきた、KABC-�Uの事例のデータを使って、換算処理について確認していました。「確認していた」というと格好良いのですが、実は、換算処理をするのは初めてでした。それにしても、大変面倒で、労力のいる作業でした。途中、何カ所かでミスを犯しそうでした。というか、ひょっとしたら、気づかないでミスをしたままのところがあるかも知れませんが、もともと検査をしていただいたG先生の結果と一致していますので、問題はないと思います(笑)。

 KABC-�Uについても、「畳の上の水練」のように、理論的なところだけではなく、換算処理についても実際のデータをお借りして、しっかり勉強し、他人様に説明できるようになっておかないといけません。

 明日は雨のようですから、この続きをマジメに学修することに致しましょう。

 今日からは、暖かくなるという予報でした。気温は昨日よりもやや高かったようですが、(12時半に12.2℃)、昼前くらいからは、かなり強い風が吹いていました(6~8m/s)。

 さて、ヘンなタイトルを付けました(笑)。何となく勢いがでず、睡くて、いささかだるいという風で、散歩にはでませんでした。代わりに室内でこれといったことをしていた訳でもありません。身支度や、食事など、最低限のことはしました。積み重ねてあった書類や、近着の学会誌から、興味のある論文をスキャンして、pdfにして保存したりもしましたが、まぁ、その程度です。昼食を摂ってからは、眠気が一段と強くなり、ついには耐えられずに、爆睡しておりました。

 こういう我が身の有様を見て、「こりゃぁ、ネコと同じだなぁ」などと、ボンヤリ考えていたため、意味不明のタイトルを付けてしまったのです。NHKのBSプレミアムで放送している「岩合光昭の世界ネコ歩き」を見ていますと、どうやらネコたちは、食事など最低限のことをする以外には、かなりの時間は、日向ぼっこをしたり、寝ていたりして生活しているようです。九華公園でみる旅ネコたちも、同じような風に見えます。今日の小生のように、勢いがでないとか、だるいということはないのでしょうが、寝て過ごすという点では、「同じだ」ということです。

 

体調が良くないということではありません。最近何度か書きましたが、昨年に比べれば、寒暖差がかなりあっても、体調が大崩れすることはなくなりました。調子が悪くなりそうな感じがしても、不調に陥るということもありません。

 ただ、どうも低空飛行のレベルから、あまり上昇しない感じは続いています。アタマのボンヤリ感は、軽いものが続いています。これには、老化の影響もあるかも知れませんし、フルタイムでは働いておりませんから、入ってくる情報も少なく、脳の覚醒水準が上がっていないのかも知れません。たまに会議や、研究会に出たり、人と会って話し込んだりすると、アタマが飽和したような感じを来しますから、後者の推測は、当たらずとも遠からずのように思います。

 漢方薬のお陰で、自律神経系の不調に由来すると思われる諸々の症状は軽くはなっているものの、まだまだというところなのでしょう。

 アタマがぼんやりしていますと、考え事に必ずしも集中できないとか、本を集中して読めないとか、小生がやりたいこと、好きなことに取り組めないことが困ります。これらのことは、アタマの働きだけではなく、体力の有無にも影響されるものですから、そういう影響もあるかも知れません。

 季節が春に移り変わって来つつあるのも、関係があるかな、という気もしています。“春眠暁を覚えず”ともいいますし。

 まぁ、もっと本格的な春がやって来て、暖かくなったとき、体調、アタマの調子がどうなるかが重要です。もちろん、もっと良くなってくれることを期待しています。

 あれこれ、またもや屁理屈、ご託を並べておりますが、詰まるところは、本日は、何もしておりません、ということであります(笑)。ゴロニャンといってはおりませんが、爆睡し、あとはゴロゴロしてばかりいたということです。

 明日は、朝一番に散髪に行ってこようと考えています。このところ、2ヶ月に一度のペースです。昼前には、風呂の水栓の交換に業者さんが来てくれる予定ですから、散髪後、少しだけ散歩してこようという心づもりです。

068cecab.jpg
 夕方、一時風があったものの、日中は穏やかで、暖かい日でした。5�qほどc2fcba2c.jpg
歩いて来ましたが、多少汗をかくくらいでした。あちこちでかなり梅が咲いてきて、散歩をしていても、ようやく、いささか心が弾む季節になってきた感じがしました。

bba46c70.jpg
 ピンクの枝垂れ梅の写真から始めましたが、これらは、九華公園の中にある九華招魂社の本殿のすぐ西にある梅の木です。先週に比54203c22.jpg
べ、かなり咲いてきました。まだ満開ではありませんが、この梅の木、満開になりますと、けっこう見応えがあります。

835a5840.jpg
 さて、その今日の散歩は、例によって、揖斐川堤防、七里の渡し跡から九華公園内を一回り、内堀南公園を通って、寺町堀、諸戸水路と、始めに書きましたように、ちょうど5�qほど。9時40分から12時前まで、ゆっくりと歩いて来た次第です。

8cef3b7e.jpg
 揖斐川では、この写真のように、赤須賀漁港の漁船が、多度山や養老山地、伊勢大橋(国道1号線)をバックに、白魚漁に出ていました。白魚漁だと分かるのは、2隻の漁船が共同して網を引いており、しかも、小さなクリーム色の玉が見えますので、それと分かるのです。確か3月いっぱいくらいまでは白魚漁が行われるはずです。ただし、ブランド品にして、高級品ですので、いくら地元とはいえ、われわれの口には入りません(笑)。地元の時雨屋さんでは、”白魚紅梅煮”が、100gあたり、1,000円くらいもしています。

a8571fef.jpg
 冬の散歩は、たいてい、冬の渡り鳥たちを目当てに出かけるのですが、b640e66e.jpg
今シーズンは、“不作“です。今日も、九華公園では、カモたちは80羽くらい、ユリカモメは50~60羽ほどといつもくらいいたのですが、それ以外は静かでした。ユリカモメたち、今日も本の短時間、二ノ丸橋の欄干に並んだのですが、生憎と遠くから見られただけで、写真には撮れませんでした。

2877edbe.jpg
 温かい日でしたので、九華公園の旅ネコさんたちは、それぞれ好みの場所で、日向ぼっこやら、昼寝やらをしていました。この写真は、鎮国守国神社の南側(本丸跡)ですが、いつも数匹がたむろしたり、散らばったりしています。今日は、5匹ほどが、ほどよい距離を置いて集まっていました。

488f4ced.jpg
 鳥は相変わらずの様子で、あまりおりません。ただし、今日は、カワラヒ695a1a8b.jpg
ワが、どうもペアになって戯れているのが、公園内のあちこち出見られました。繁殖のための行動かも知れませんが、よく分かりません。最近購入した“改訂版 鳥のおもしろ私生活”には、カワラヒワのペアリングについて、概略次のように書かれています。「枯れ枝など目立った高い場所に集まり、鳴きながら、オス同士が闘う。弱いオスは追い出され最後まで勝ち残った強いオスがメスに求愛し、番となって集団からでていく。そして集団は、また次のオスを決定するための闘いに入る。」 これは、“集団誇示行動”と呼ばれるものですが、地域によって見られる季節は異なるそうです。京都盆地では秋、長野県千曲川河川敷では春先だそうです。このセレモニーを通してできあがったペアが見られたのかも知れませんが、それにしてはペア同士の距離が近い気がします。う~む、またまた謎は深まりました。

a4767a82.jpg
 管理事務所近くの堀では(カメの甲羅干し名所のところ)、カイツブリを間496037d1.jpg
近で見られました。が、さすがに警戒心が強くすぐ見つかり、このように睨まれました(笑)。睨んだ後は、すぐに潜って、離れた場所まで移動して行きます。右は、ちょうど潜るときの写真です。堀の水面からわずかにでているのは、お尻の先であります。

1ffb4910.jpg
 ツグミは、二の丸跡と、朝日丸跡と二カ所で見られました。多分別の個体88ed0058.jpg
です。この2枚の写真は、二の丸跡いたものです。小生が公園内から、外周の優ほどを回ってからもほぼ同じところで餌を探していました。ツグミは、シベリアからやって来ますが、4月下旬くらいまでは見られると思います。鳥たちは、渡りの時だけ、胸骨の間に脂肪を大量に蓄積するそうです。

3aa06aed.jpg
 こちらは、朝日丸跡にいたツグミです。少し距離がありましたので、写真a0bca24e.jpg
を撮っているときには、シロハラのようにも見えました。ツグミはあまり派手な鳥ではありませんが、色や模様に個体差がかなりあると“改訂版 鳥のおもしろ私生活”に書かれていました。
5e37c0db.jpg
 寺町堀の南端あたりでは、ジョウビタキのオスが出てきました。このフェンスの舌にある植え込みに入っている時間が長く、今日上手く撮れたのは、このような後ろ姿のみ。

11bec878.jpg
 わが家近くの諸戸水路、玉重橋の下では、ハクセキレイが2羽。かなり斜めになった水路の壁に止まって、盛んに辺りを見回しているところです。


 鳥は、以上でした。もちろん、このほか、スズメ、カラス、ハト、ムクドリ、ヒヨドリなど、いつでも、どこでも見られる鳥たちはそれなりに皆さん、お元気でした。しかし、今年は、ヤマガラには、まだで会っていません。

8c789046.jpg
 ところで初めにも書きましたが、梅の開花が進んでいます。これら2枚1dad61e8.jpg
は、鎮国守国神社の本殿の脇の白梅です。


5a15675a.jpg
 上の白梅の隣には、紅梅もあるのですが、こちらは、まだ咲いていません。つぼみはかなり色づいて、膨らんで来てはいますが、例年、白梅にかなり遅れて咲き始めます。

4153fdca.jpg
 今日初めて気づいたのですが、公園ないの野球場の南の堀端には、ごc54d417f.jpg
覧のように、ホトケノザが群生していました。小さい花なのですが、小生にとっては、春を告げてくれる花という感じです。そういえば、今年はまだツクシの姿を見ていません。

d061a517.jpg
 散歩の終わりに、しつこくも、寺町の河津桜の様子を見d2d87b67.jpg
てきました。「まだ早い」と思いつつも、確認しないときが済まないのです(笑)。“強迫神経症”かも知れません。自分のことはさておき、商店街の方たちも気が早いと思うのですが、すでにぼんぼりも、飾られていました。「気が早い」というよりも、皆さん、待ち焦がれているのでしょう、そう考えておくのが、差し障りもないと思われます。

 今週は、日ごとに暖かくなっていくという予報で、散歩も楽しみです。冬鳥たちも、帰っていく前に揃って顔見世興行でもしてくれないでしょうかねぇ。

↑このページのトップヘ