猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

2015年02月

973f7cff.jpg
 住吉ポンプ場からの抜け道が、しばらく通行止めでしたので見ていなかったのですが、諸戸氏庭園東に整ed04d071.jpg
備されている公園(七里の渡し地区文化のエリアの国営公園)、また、工事が始まり、樹木なども植えられていました。左右の写真とも、左側の煉瓦塀や森が、諸戸氏庭園です中央から右の奥の方が六華苑になります。この公園、以前のニュースでは2015年度中に完成の予定と伝えられています。

745e6fdf.jpg
 さて、風は冷たいのですが、天気はよく、風が当たらないところでは暖かく感じます。9時から2時間ほど、九華公園、貝塚公園などを歩いて来ました。5.6�qほどです。

0be75a95.jpg
 ジョウビタキのメス。蟠龍櫓近くにいましたので、揖斐川を通ってくる北風に吹かれていました。それで多少“御髪”が乱れています。


f35f0c0d.jpg
 吉之丸コミュニティパークでは、オスのジョウビタキが出3bad4c0f.jpg
て来ました。トイレと駐車場の境目あたりから、次第に移動して、九華公園の方へ案内してくれました。勝手知ったる道筋ですから、もちろん案内は不要なのですが、ご親切に甘えて、付いていきながら、写真を撮らせてもらいました。

80992bfb.jpg
 たまにはスズメさんを。この時期、あちこちでスズメだけの集団や、場合17ba7ed4.jpg
によってはドバトや、ムクドリなどと組んで、地面で餌探しをしています。左のスズメは、九華公園の北門のあたりで餌というか、草というか、食べていました。嘴に草がたくさんくっついています。

b4d33844.jpg
 鎮国守国神社の社務所近くの梅の木にヤマガラが数羽、一度に出て来e656379d.jpg
ました。私がいたところから数m先でした。こんな近い距離でヤマガラを見られることは少ないのですが、枝が邪魔になります。左は、餌の木の実か、種を食べようとしています。右は「良い写真だ」と思ったのですが、嘴の先に枝が被ってしまいました。

56fdffdd.jpg
 こちら、案外剽軽な性格をしているのかも知れません(笑)。こういうアングルで、明るいところにいる写真ですと、「いったい誰だ?」と思われてしまうかも知れません。シロハラです。鎮国守国神社の参道鳥居の脇の樹上に飛んできて、降りたところです。

e6d385e9.jpg
 一方、このシロハラは、貝塚公園にいたもの。木陰を移動していたのですが、たまたま明るいところに出たところを撮ったものです。


c6015262.jpg
 今日は、“ウメジロウ”はありませんが、代わりに“椿にメジロ”です。花bb4873a3.jpg
は、サザンカではなく、椿だと思います。 メジロの嘴や、その根元は、黄色に染まっています。


f509b447.jpg
 諸戸水路には、今日も、1羽、カンムリカイツブリが来ていました。毎日必af0a9a50.jpg
ずいる訳ではありませんが、2日連続でいないということはありません。キンクロさん達、もっとも多いときは、10羽ほどいましたが、最近は、せいぜい2~3羽。今日は、フレンドリーなキンクロさんがいて、近くに寄ってきました(右の写真)。

 気のせいか、ここ数日、出会う鳥の種類や、数が少ないような気がします。まだ冬鳥が北に戻ってしまう時期には早いと思います。もうしばらく冬の鳥さん達に相手をしてもらい、名残を惜しみたいところです。

35779dc9.jpg
 昨日の雨は、やはり、“冬を呼び戻す雨”だったようです。今日は、気温もやや低い上に(10時50分に8.6℃)、北西の風が8m/s前後吹いています。オマケに散歩の途中では、時雨や霰に降られ、相当寒い思いをしてきました(笑)。左の写真は、陽射しが出て来た9時半過ぎのものですがこのあと、午前中は天候はめまぐるしく変わりました。

fb43d86d.jpg
 さて、今日の最初は、またもや、“梅にメジロ”です。鎮国守国神社の本殿脇の白梅47e80fe9.jpg
のところですが、ちょうど陽射しもあって、きれいに撮れたかなと、自分では満足しています(笑)。右の写真を見ていただいた方が良くお分かりになると思いますが、メジロの口元は、梅の花粉で黄色くなっています。白いアイリングのところにも黄色い花粉がたくさん付いています。

fb91d39e.jpg
 散歩は、住吉神社から七里の渡し跡を通って、九華公園に向かったのですa1f4e169.jpg
が、途中、蟠龍櫓あたりでは、ホオジロが3~4羽、桜の木に出て来ました。いつもは、揖斐川の堤防の葦原にいるものが、こちらへ飛んできたものです。

b989a074.jpg
 北西の風が強かったので、鳥たちはあまりいないだろうと思ったのですが、カワラヒワや、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロなど、e05de4cd.jpg
数は少ないものの出て来ていました。

2ecacf0f.jpg
 一つおもしろい発見をしました。九華公園にいるときに、時雨や、霰に降られたのですが、こういうと軌道も、山雀やシジュウカラ、メジロなど小型の野鳥は、左の写真のようにツツジの植え込みなどの中にいる(避難している?)ようでした。左の写真では、中央にヤマガラの姿が見えています。

efc881ea.jpg
 ツグミは、今日も九華公園のあちこちにいたのですが、左のツグミさん、11b69e35.jpg
両翼が地面に着くくらいの姿勢で立ち止まっていました。また、右のツグミさんは、なぜか、頭のすぐ上の方を見ているようでした。

94d871f8.jpg
 例のスロープには、ミドリガメが出てきて、甲羅干しをしていました。この時点では、3匹でしたが、もう少し後で見たときは、5~6匹に増えていました。ちなみに、今日もユリカモメは来ていませんでした。キンクロハジロなど、カモ達は、いつもと同じように80羽前後いました。

afe85fb2.jpg
 こちらは、本日の寺町商店街の河津桜の様子です。左右の写真の桜の47c429b7.jpg
花は、25日までに開花し始めたものです。それ以降、綻んできた花はなさそうでした。

959039bc.jpg
 いつも早くから咲き始める、北の端にある河津桜の木は、つぼみもたくさん膨らんで、木全体がピンク色がかってきています。去年もこの看板があったように記憶していますが、「河津桜」とb25142e4.jpg
いう大きな立て看が出ていました。

 散歩の方は、9時半過ぎに出たのですが、九華公園を歩いている途中に、時雨や霰に降られ、鎮国さんの社務所の軒先や、公園内の東屋で雨宿り。結局、11時も過ぎてしまい、他へは回らず、寺町を通って帰ってきました。4.6�q、2時間ほどでしたが、そのうち、雨宿りは20~30分くらいでした。

743ff6f6.jpg
 雨模様の1日です。気温も朝から、ほとんどといってよいほど上がりません29319364.jpg
(6.0℃→8.4℃)。寒いです。天気予報でも、“冬を呼び戻す雨“といっていた記憶があります。

  さて、今日は、元々昨年12月18日に予定されていた、地元の桑名市の通級指導教室を担当していらっしゃる先生方の研修会で講師を務めてきました。12月18日は、北勢地方には珍しく大雪が降り、延期となっていたものです。テーマは、“KABC-�Uの概要と解釈について”で、午前中、9時から2時間半ほどの時間を頂きました。内容は、次のようなものとしました。

  1. K-ABC・・・基本理念と特徴
  2. K-ABCからKABC-�Uへ
  3. KABC-�Uの概要

 KABC-�Uについてお話しするには、やはり、最初のバージョンのK-ABCの基本理念がどういうものであり、どういう特徴を持った検査であったかを押さえておく必要があります。K-ABCは、21世紀の知能検査や、認知検査の方向性を先取りした、優れた検査です。心理学の理論や、研究成果に基づいて検査がつくられたという点が、その最たることです。また、知能と、知能を用いて獲得した知識やスキルとを区別して測定できるようにしたというのも、検査結果を支援に活かしやすくすることにつながりました。

 今日の講義では、そのあたりから、改訂の必要性、改訂のポイントをご紹介し、KABC-�Uの概要について、下位検査も紹介しながら、お話ししてきました。

 KABC-�Uは、特別支援教育においては、WISC-�Wと並んで、強力なアセスメント・ツールになるものなのですが、実は、ちょっと値段が張るのです(基本セットが、税別で¥170,000です。ということは、税込みでは、¥183,600)。今年度は、まだ、我が地元には導入されていないようですが、何とか予算化していただき、支援の必要な子どもたちのために役立ててもらいたいと思います。

0aa635d2.jpg
 まったく個人的な、備忘録というか、記憶のための記事です。こちら、今年1月21日の記事に載せた写真です(“手乗りジョウビタキ”、ヒヨドリの食餌、ホオジロ)。ヒヨドリが、黄色い花を食べているところです。場所は、九華公園の外周遊歩道の東側の、あるお宅。キッチン寿さんのやや北くらいのところです。

 このときも、何の花かとは思ったのですが、あまり深くは調べませんでした。今日、いつも散d693ceff.jpg
歩の途中でお目にかかる男性から、「あの黄色い花がたくさん集まった木、何というかご存じありませんか?」と聞かれてしまい、それで、きちんと調べる気になったのです(苦笑)。「センセイなら、ご存じかと思って」といわれてしまいましたので、ついついその気になってしまいました。

 「黄色い花、冬」というキーワードでググってみました。出て来た花から、似た感じのものをテキトーに選んで調べてみたら、どうも“マホニア・チャリティー (Mahonia Charity)”がよく似ていました。さらにこのマホニア・チャリティーで検索すると、こちらが出て来ました。

 中国原産の柊南天(ヒイラギナンテン:Mahonia japonica)とマホニア・ロマリフォリア(Mahonia lomariifolia)との人工交雑種だそうです。“チャリティー(Charity)”というのは、そうした園芸品種に付ける名前のようです。

 やれやれ、これで、今度お目にかかったときに説明できます(笑)。しかし、園芸品種というのはやたらたくさんありますので、とても小生のような植物音痴には、フォローできません。

11950ef3.jpg
 陽射しもあって、気温も上がり、暖かいのですが、何となく風は冷たいように感じます。13時現在、12.4℃になっているようです。空も霞んでいるように見えるのですが、昨日あたりから黄砂が飛んできているということですから、そのせいかも知れません。

48be2658.jpg
 さて、今日は、カルガモさんの体操から(笑)。カルガモも、水鳥ですから、ご6c9e5f8b.jpg
覧のように、体操もします。ただし、このカルガモ2羽は、九華公園に棲んでいますので、どこかへ移動する準備ではありません。公園内にある野球場の脇の堀で、このように体操したり、水に潜ったりしていました。身体をきれいにしていたのでしょう。

34e3717a.jpg
360dedb7.jpg



e4d49115.jpg
 九華公園、ユリカモメたちはぱったりと来なくなりました。しかし、キンクロハジロや、ホシハジロ、ハシビロガモは、合計で80羽ほどいます。キンクロも元気です。左の写真、オスがたくさん写っていますが、“寝癖”も健在ですし、それぞれに個性があります。

16c7989b.jpg
 今日は、ツグミについて、珍しいシーンを目撃しました。今年はツグミが4f61b373.jpg
多いと何度も書いています。九華公園でも、互いにすぐ側にツグミがいることがけっこうあります。今日はツグミ同士の“バトルシーン”を見たのです。九華公園の二の丸跡での出来事でした。ほんの一瞬で終わってしまい、決着が付いたのかなど、よく分かりませんでした。

eb9bae53.jpg
 ツグミがバトルを展開していたすぐ側には、シメさんが1羽。「我関せず」という風で、餌を啄んでいるようでした。笑えて来ます。


7cb6e5f0.jpg
 うっかり、見過ごすところでしたが、今日は、久しぶりに、鎮国守国神社の社務所裏の木に、アオサギさんが佇んでいました。去年のブログを見ても、冬はあまり九華公園には来ないようです。

d62aabe5.jpg
 今日は、いつものS理容院さんで散髪をしてもらってから散歩に行ったのですが、九華公園に行く途中、多聞橋のところで、オオバンが2羽。うち1羽を正面から撮ることができたのですが、案外優しげな顔をしているように見えました。

115a2536.jpg
 シロハラは、貝塚公園で撮ったものです。いつもは、公園の南東側にいることが多いのですが、北側の遊具がある方にいました。


f54b66e2.jpg
 寺町の河津桜、今日はまた、別の花が綻び始めていました。気象庁などの桜の開花宣言の基準は、“標本木で5~6輪以上の花が咲いた状態となった最初の日”を開花日とするようです。まだ、寺町の河津桜については、「開花宣言」は、時期尚早のようです。

972761a3.jpg
 土筆がでていないかとあちこちで見てはいたのですが、どうにも見つけられないでいました。そうしたら、“灯台もと暗し”ではありませんが、諸戸氏庭園前の桜並木のある土手に、けっこう出ているのをやっと見つけました(というより、見つけることができました、です……笑)。かなり以前から出ていたようで、ちょっと傷んできていました。

 本日は、朝9時に散髪をしてもらい、10時から九華公園、貝塚公園、常信寺、寺町と5.3キロを回って来ました。帰宅は、昼前。明日は、天気が下り坂のようですが、午前中、研修会の講師を務めてくる予定です。

↑このページのトップヘ