猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

2015年10月

a082d070.jpg
 午前中、気温は15~16℃あったのですが、北西の風が4~5m/s吹いてお47102637.jpg
り、堤防の上などは寒いくらいでした。ダウンベストを着ていったのですが、ウィンドブレーカーの方がよかったかも知れません。揖斐川の川面もけっこう波立っていました(右の写真)。

0afbe87e.jpg
 さて、この風のためか、今日はあまり鳥はいませんでした。九華公園のカモ達は、合計47羽。大半は、キンクロハジロでしたが、ヒドリガモのペアが2組、ハシビロガモのメスが1羽、ホシハジロのメスが1羽でした。2箇所に別れて集まっていました。

1b405f3f.jpg
 朝日丸跡で、久しぶりにヤマガラの姿をとらえられました。シジュウカラとの0beda81c.jpg
混群で出て来ました。ヤマガラは2羽ほど混じっていました。あまりよいところには出て来てくれませんし、まだ、葉っぱが落ちきっていないので、証拠写真レベルです。このあと、鎮国さんにお参りしたのですが、拝殿の脇でもシジュウカラや、ヤマガラの鳴き声が聞こえていました。

cbc8e211.jpg
 上記のようにめぼしい鳥はほとんどいませんでした。左は、諸戸氏庭園の煉瓦蔵の上にいた“モロト・ドバト”。勝手に命名しました。諸戸氏庭園の建物には、この写真にあるように、カタカナで「モロト」と刻まれた鬼瓦が付いています。

018da634.jpg
 吉之丸コミュニティパークには、ハクセキレイが2羽。残念ながら、近くには来てくれず、でした。それにしても、吉之丸コミュニティパークは、木があまりなく、だだっ広いので寒かったです。

a66879f1.jpg
 カワウさんは、本丸跡の松の木の樹上や、野球場の照明灯の上に、合0f031b79.jpg
わせて10羽弱がいたくらいで、今日は静かでした。堀にも誰も降りていませんでした。

9155d125.jpg
 あとは、カワラヒワと、ヒヨドリくらい。ヒヨドリは、諸戸氏庭園でも、九華公園でも、貝塚公園でも賑やかでした。


55b75415.jpg
 ところで、九華公園のカメの甲羅干しスポット。毎日チェックはしているのですが、載せるのは久しぶり。昨日の午前中は、甲羅干しはゼロでしたが、今日はこれくらい。徐々に甲羅干しするカメは減っています。堀で見るカメも少ない印象があります。活動性が下がり、冬眠に向けた準備でもしているのでしょうか。

10211513.jpg
 諸戸水路越しに撮った諸戸氏庭園です。諸戸氏庭園は、今日から秋の特別公開が始まっていました。11月29日までです。休園は月曜日(月曜が祭日の場合は翌日)。大人500円の入園料が必要です。よいお庭ですが、建物は、まだ修復工事が進行中ですので、御殿や、車廻しには入れません。詳細は、リンク先でご確認下さい。

6bd60bfb.jpg
 今日は、モズに恵まれました(笑)。自宅を出て諸戸氏庭園前を歩いているときからモズの鳴き声が聞こえていたのです。諸戸氏庭園前では見つけられませんでしたが、住吉神社を過ぎて、揖斐川の堤防、船津屋の裏手を歩いているときも聞こえ、戻って探したのが、冒頭の写真のモズ。木のすぐ下までいっても逃げませんでした。オスです。

c574432e.jpg
 九華公園では、朝日丸跡の東端でメスに遭遇。ただ、このモズさん、木の高い梢ではなく、中途半端なところにいたので、写真を撮るのに一苦労。さらには、このとき、散歩でよく会うワンちゃんに「相手をしてくれ」とばかりに寄ってこられていたのです(苦笑)。

61898840.jpg
 もう1羽は、九華公園の野球場、左中間の外野フェンスの上で鳴いていました。2枚目のモズが、堀を越えて、遊歩道の東に逃げましたので、同じモズかも知れません。

f9fd9041.jpg
 さらに、散歩から帰って来て、玉重橋から諸戸氏庭園の高い木の上にモズe434020e.jpg
らしき鳥がいるのが見えました。この木、右の写真で赤丸をつけたものですが、諸戸氏庭園の本邸の背後にあります。上の方だけ枯れています。モズ、アオサギ、カワラヒワなどが止まっていることがありますので、チェックポイントの1つです。

e2a074bf.jpg
 また、先だって初めて見て以来、ご無沙汰だったジョウビタキのメスも撮d2ad858a.jpg
影できました。九華公園の外周遊歩道の東です。表具屋さんがある近く。ここは、例年冬に、メスのジョウビタキがいるところです。同じジョウビタキなのか、確認のしようもありませんが、うれしいことです。ジョウビタキといえば、三崎見附から少し北の諸戸水路では、ジョウビタキのオスを見かけました。ただ、カメラを構えた途端、逃げられてしまい、残念。

 残念といえば、九華公園の北門を入ってすぐの堀で、カワセミを確認したのですが、これも写真を撮る間もなく、鎮国さんの裏の鎮守の森の方へ逃げられました。逃げた辺りは、土手になっていますので、巣穴があるかも知れません。公園内を一廻りしてから、もう一度、いないか見に行ったのですが、現れませんでした。これまた残念ですが、九華公園にカワセミがいる可能性は高くなったと思います。

b0ac8176.jpg
 九華公園のカモさん達、今日は、3箇所に別れていました。まずは、カワセミが出2c95488c.jpg
て来た北門近くの堀(左の写真)。ここには、キンクロハジロばかり13羽。二の丸跡の東には、22羽。キンクロハジロが大半でしたが、ヒドリガモのオス・メス各2羽、ハシビロガモのメス1羽、さらには、ホシハジロのメスと思われるカモが3羽です。そのほか、本丸跡の南には、16羽。ここも、キンクロハジロが大半でした。カモは、合計51羽と、少し増えていました。

0061f858.jpg
 二の丸跡の東にいたグループの写真です。斜めに2列並んでいますが、1a169485.jpg
手前側の2羽がホシハジロのメスではないかと思います。遠目には、キンクロと思っていたのですが、よくよく見たら違いました。右は、このホシハジロのメスと思われるカモさんのお休み中の様子。

b75e5f8e.jpg
 カモ達、日が陰ると大人しく浮かんでいるのですが、陽が当たってくると、泳ぎ始めたり、身繕いを始めたりしていました。ずっと見ていると、結構面白い様子が見られます。左は、キンクロさんのメスと思いますが、目つきがコワいです(笑)。

8bc99fef.jpg
 ヒドリガモのオスも、負けてはいません。半身の構えになっていますし、足の水かきもよく見えています。けっこうアクロバティックな体勢です。


afe791e3.jpg
 身繕いをした後、このように、バサバサッと羽ばたくシーンがよく見られま58fe3e4a.jpg
す。こちらは、キンクロハジロのメス。右は、この羽ばたきが終わったあと、羽を畳むところ。他のカモも同様ですが、翅を広げるとイメージが一新します。

70022e60.jpg
 今日は、九華公園のお堀(本丸跡の南)にカワウが集まっていました。去年11月、2回ほ35fb2d98.jpg
ど、「カーニバル」が開かれていましたが、その時に似た様子になりかかっていました。今日も期待したのですが、そうそううまい話は転がっていませんでした。しばし、騒いでいたのですが、その後解散してしまいました。しかし、カーニバル、これから期待できるかも知れません。右は、それとは別に、カワウが飛び立つシーンが撮れましたので。顔の辺りが白というか、シルバーになっています。これは、婚姻色。

f56b6830.jpg
 そのほかの鳥さん達。九華公園北門の上にある電線&電柱には、ドバト8fd60a9a.jpg
の集団。昨日はキジバトさんに見下ろされましたが、今日は、ドバトさんに見下ろされました(笑)。右は、管理事務所から二の丸跡へ行く辺りに出て来たシジュウカラ。同じ辺りでモズも見たのですが、見失いました。

1fa6ef96.jpg
 カワラヒワは、九華公園だけでなく、あちこちで見かけます。左は九華公77e5dd39.jpg
園で、右は諸戸氏庭園前でそれぞれ撮ったもの。たいていどこでも、数羽~10羽くらいの群れで見るようになりました。

147d6572.jpg
 ヒヨドリも、あちこちにいます。九華公園など、どこへ行ってもヒヨドリの鳴き声が聞こえます。ときに、10羽くらいの群れで飛んでいるのも見られます。

7021bcce.jpg
 セグロセキレイ。以前は、九華公園辺りではあまり見なかったと思うのですが、この頃時々見かけるようになりました。この写真は、立教幼稚園の近くで撮ったもの。

Img_5386  本日の散歩、住吉神社から揖斐川堤防、九華公園を一廻り以上(笑)、寺町から三崎見附を通って、諸戸水路を経て、5.1�q。行きがけに、11月3日開園予定の「桑名七里の渡し公園」を通ったら、ご覧のようにネームプレートが取り付けられていました。工事は、ほぼ終了しています。

ec3f9336.jpg
 今日のトピックスは、ジョウビタキのメス。九華公園でバールフレンドのYさんとお話ししているとき、すぐ近くに出て来ました。ただ、残念ながら、顔はこちらには向けてくれませんでした。

ebe9f2f3.jpg
 散歩に出てすぐ、我が家と諸戸氏庭園の前の桜並木で、メジロ、シジュウカ509a5b7d.jpg
ラ、コゲラの混群に出会いました。枝かぶりとなってしまうなど、条件はよくなかったのですが、数m先にこれらの鳥さん達が見られる機会は、なかなかありません。メジロはひょっとしたら、久しぶりに撮ったかも知れません。

00a7fe84.jpg
 メジロは4~5羽、シジュウカラは2羽、コゲラも2羽いたと思います。しばらく25fdf866.jpg
遊んだあと、諸戸氏庭園内に飛んでいきました。カワラヒワも、同じ辺りに数羽が居ました。いつもの図鑑のような写真ではなく、羽繕いをする姿をとらえることができました。

aabbbf31.jpg
 メジロは相変わらず、ちょこまかよく動きますし、こういったアクロバティックな姿勢をよく見せてくれます。


f73e14c3.jpg
 九華公園の堀のカモ達、今日は、合計39羽。このところ40羽弱で安定しています。大半は、キンクロハジロです(スズガモもいます)。ヒドリガモのペアが2組計4羽、ハシビロガモのメスが1羽含まれています。

40e1de6e.jpg
 キンクロさん達は、のんびり過ごしているようで、時には、このように身繕e035a2ad.jpg
いをする姿も見られました。右のキンクロさん、左足で首のあたりを掻いているのですが、目つきが何とも笑えます。嘴もかわいらしく見えます。

a87f1f8d.jpg
 身繕いをした後など、こうして水面上で、羽ばたく様子も見せます。今日058c1291.jpg
は、撮影のアングルがあまりよくなく、背後に別のキンクロさんが写り込んでしまっていますが……。


33468611.jpg
 外周遊歩道の南側に、ヒドリガモ、ハシビロガモ、キンクロがいましたの72a103de.jpg
で、持っていたお菓子でちょっと遊んでみました。キンクロさん(オス1羽だけが、ここにいました)、早速近寄ってきて、お召し上がり!

15c2f137.jpg
 ハシビロガモのメスは、近寄ってきて、嘴をちょんと当ててはくれたのですが、お口に合わなかったようで、食べず仕舞い。ハシビロガモさん、植物食傾向の強い雑食だそうですがねぇ。余談ですが、左の写真、嘴の先が広がっているのがよくお分かりいただけると思います。名前は、ここに由来します。

b80d127a.jpg
 カモに餌をやるつもりでしたが、こんな方も現れました。この頃、堀のあちこちで見かける黄金色のコイです。主か、と思っています。体長は、優に50~60cmはありそうです。この大きな口で、パクリと食べて去って行きました。ちなみに、堀には、このほか、黒い、大きなコイも複数いますし、ボラもたくさんいます。

6e07a27e.jpg
 ヒドリガモは、上記のように、2組のペアになっていました。それにしても、a287ae01.jpg
ヒドリガモのオス、左の写真がよく分かりますが、てっぺんの黄色というか、オレンジの部分、どうしても「禿頭」に見えてしまいます。

7508d620.jpg
 ヒドリガモのメス。オスに比べると、ずいぶん控えめな外見です。もっとも、オスはオスで、派手な外見でメスの気を引かないといけませんので、大変なのでしょう。

b510b694.jpg
 九華公園から貝塚公園に回ってみましたが、ヒヨドリやカワラヒワが目立ったくらい。樹上にキジバトさんがいたので、見上げて撮ったのですが、こう見下ろされると、相手は鳥さんなのに、何となく威圧感を感じてしまいます(笑)。

9a82d452.jpg
 内堀南公園脇を通ったら、シジュウカラとメジロの声が聞こえて来まし7d599e7a.jpg
た。シジュウカラ2羽、メジロ3~4羽の混群でした。鳥の声が聞こえてくるといえば、バールフレンドのYさんに、「この頃、センセイの影響で、鳥の声がするとついつい上を見上げるようになりました」と言われました。悪影響をあちこちでもたらしているようで、反省しなければなりません(笑)。

25c5b9eb.jpg
 ハクセキレイは、一廻りして、諸戸氏庭園前に戻って来たときに2羽が出て来ました。今日の散歩、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀南公園から寺町を通って、5.6�q。まあまあの距離ですし、それなりに充実していました。

c89cdfd6.jpg
 今日は、鈴鹿の山並みが割とよく見えていました。左の写真は、揖斐川堤防から撮った御在所岳です。頂上の雨量観測ドームや、ロープウェイの白い鉄塔も確認できます。

3a510e58.jpg
 伊勢大橋の工事現場。白い、仮の橋は順調に延長してきているようです。


a4174c0a.jpg
 ところで、今日は、先日もお目にかかったビデオ撮影がご趣味の男性に再会しました。Lumixを使って、4K画像を撮っていらっしゃるそうです。ご自身でサーバを立ち上げ、ネットで動画を公開しておられます。ロケハンをして撮影に臨むなど、かなり熱心に取り組んでいらっしゃるようで、刺激を受けました。公開されている動画も1、2編拝見しましたが、きれいでしたし、編集もしっかりしていらっしゃいました。いろいろと参考になります。

0d6424ec.jpg
 昨晩から未明にかけて、久しぶりに雨が降りましたが、朝は、路面が濡れて7fd799ae.jpg
いるくらいでした。明日から、朝が冷えるようになるという予報もあります。いよいよ秋も深まって来ました。諸戸氏庭園前の桜並木もずいぶん色づき、葉もけっこう落ちています。冬は、右の写真にあるベンチで、散歩帰りの小休止場所になります。日当たりがよい上に、背後の諸戸氏庭園の森で北風がさえぎられるのです。

80fc3fd9.jpg
 さて、今日は、恒例の散髪日。朝一番にいつものS理容院さんへ。散髪を終えて、10時から11時半にかけて九華公園、寺町と歩いて来ました。時間が遅いので、どなたにも会えないかと思ったのですが、ナナちゃんの飼い主の I さんご夫婦、伊賀町のご隠居、バールフレンドのYさん(体操教室を終えてこられたそうです)、鳥好きのSさんと、けっこうたくさんお目にかかれました。

751619cc.jpg
 九華公園のカモ達、今日は、3箇所に別れていましたが、合計37羽と、昨日と同じくらいの数がいました。大半は、いつものようにキンクロハジロ。一部にスズガモのメスが混じっています。これらが計34羽。カモ達、渡ってきた当初は、パンくずなどを与えても見向きもしないようですが、しばらくすると寄ってくるようになるそうです。

165b6703.jpg
 真ん中は、キンクロさんのメスで間違いないありません。しかし、手前と奥のカモさん、嘴の周りが白いので、スズガモかと思ったりするのですが、冠羽があるのが見えます。スズガモには冠羽がありませんから、これらもキンクロさんのメスでしょう。カモ、とくにメスのカモの区別は難しいです(苦笑)。この冬のシーズン、しっかり勉強することにします。

7b8d3bc6.jpg
 二の丸跡の東には、これまた昨日と同じく、ヒドリガモのオス、メスと、ハ6994d867.jpg
シビロガモのメスがいました。ヒドリガモは、この2羽がつがいなのかと思います。

8db49d02.jpg
 ハシビロガモ、去年は、オスも、メスも複数来ていましたが、今年はまだメスの1羽だけです。つがいでも一緒に行動しないのでしょうか? あれこれ疑問が生じてきますが、さすがにそういうことまでは分かりません。ネットで検索すると分かるのでしょうか、それとも、鳥さんについての専門書を読まないといけないのでしょうか? 何事も、奥は深いです。

7d6317ff.jpg
 今日は、朝から5m/s以上の北西の風が吹いています。この風のせいでしょうか、小型の野鳥はスズメや、カワラヒワ以外はほとんど見られませんでした。代わって、今日も鎮国守国神社の新参集殿建設現場を見てきました。縄張りがしてありましたので、やはり昨日、地鎮祭が行われたのでしょう。今日は、土壌改良材がたくさん運び込まれていました。

97257734.jpg
 居合わせた関係者の方(工事関係なのか、氏子関係なのかまではお聞きしませんでした)から、いろいろと伺い、ちょっと勘違いしていたこともありますので、覚え書きしておきます。新参集殿と、御車修祓殿が建つところは、左の地図に赤で書き込んだとおりです。御車修祓殿は、もう少し東に建つと思っていたのですが、現在の社務所の南にある、古い参集殿を取り壊してそこにつくるそうです。この古い参集殿は、プレハブ造りで、30年以上になるそうです。昔は、鎮国さんで結婚式を挙げたあと、この旧参集殿で披露宴も催されたそうです。いわゆる「トリビア」ですが、いろいろと話は聞いてみるものです。

ff531bdb.jpg
 社務所を東から撮った写真ですが、向かって左側にわずかに見えているd4f072c3.jpg
のが、これまでの参集殿。これがプレハブ造りだそうです。右の写真は、さらに南(左の写真では、左側の奥)からとったもので、白い壁が旧参集殿。これを取り壊して、御車修祓殿がつくられます。

d2dcd638.jpg
 旧参集殿の南の写真ですが、盛り土が見えます。ここには、旧・桑名藩時代に、櫓があったそうです。江戸時代の城の絵図を見ると、確かにこの辺りに櫓の絵が描かれていました。この写真の奥が、社務所・旧参集殿になります。上の地図には、現在、看板が立って、明示されている櫓のあとを入れてあります。

d198ebe0.jpg
 九華公園の西からの入り口に掲げられている「桑名城絵図」に今日のお話の関連情報を書き込んだものです。鎮国守国神社は、天守閣のあたりから西(下)の方にかけてあります。黄色い○で囲んだのが、上に書いた櫓ではないかと思います。辰巳櫓、神戸櫓も書き入れました(場所は、多分、間違いはないと思います)。

 ところで、最後に、九華公園についての新しい情報を一つ。最近、狐が目撃されたそうです。犬の散歩にいらっしゃる方が、夜、犬を連れて歩いておられたら、狐が走り抜けるを目撃されたという話を、昨日聞いてきました。本丸跡だそうです。以前、アライグマはいたそうですが、狐がいたという話は初めてのようです。狐に特徴的な、ふさふさの大きなしっぽがあったので、間違いないという話です。いやぁ、いろいろあります。

6d89b1d9.jpg
 郵便局から振替送金をする用事がありましたので、今日の散歩は、寺町の7a5c5569.jpg
桑名別院から、八間通郵便局に立ちより、九華公園へと回りました。鳥さんは、いつも鎮国守国神社の社務所裏いるアオサギさんから。冒頭に持ってくるからには、訳があります。いつもはクールに樹上に佇んでいるだけなのですが、今日は、芸達者でした(笑)。いつもと同じアオサギさんなのでしょうか? しばらく見ていたら、いろいろとやってくれました。左は、片足立ちで翅を広げ、優雅なダンスでも始まるのかと思えたくらい。次いで、右のように、首を低く伸ばし、あたかも水泳競技のスタート姿勢かと見えました。

65da527f.jpg
 さらには、左の写真のように、まるで高笑いでもしているかのように、嘴を大きく広げました。あまり見ることはないのですが、舌までよく見えています。拡大して頂くとお分かりですが、アオサギさんの舌、根元のところが曲がっているというか、そういう風になっています。

5b97f7fe.jpg
 最後には、上を向いて嘴を開け、のどを膨らませています。雄叫びでもあげるか、遠吠えでもしそうな雰囲気。何なのでしょう? これは見たことがありません。やはりアオサギさんは、ただ者ではありません(苦笑)。エンターテイナーだったようです。

9a202db3.jpg
 以上、一通りの「芸」を見せてくれたあとは,いつものように、いつもの姿e979d037.jpg
勢に戻って、ほぼ不動。ブロ友のgentaさんや、ミスターさんによれば、「木鶏」になってしまいました。その後、公園内を何度か回って、帰り際に見たときには、右の写真のように、身繕いに勤しんでいました。普段のアオサギさんそのものです。

5dacf65b.jpg
 さて、今日の九華公園のお堀のニューフェイスは、こちら、ハシビロガモのメスです。「ハシビロガモ」という名前の如く、嘴の先端が、広がっています。ここを水面煮付けて、嘴を少し開きながら泳いで、藻などをすくって食べるのです。去年も、オス・メスのペアでやって来ていましたから、今年も期待できます。

a9f4d30c.jpg
 キンクロハジロや、スズガモなどは、今日は、本丸跡の南の堀に集まっていました。合計36羽。昨日よりさらに増えています。去年は、10月29日に27羽、30日に35羽を記録していましたから、同じようなペースです。このグループ、ほとんどがキンクロさんで、一部に数羽のスズガモのメスが混じっていました。

505b2110.jpg
 その中に見慣れないカモが、3~4羽混じっていました。この写真で、右下にいる2羽がそれです。中央辺りに写っているカモは、いずれもキンクロさんです。真ん中のカモ、嘴の根元が白いのですが、白い部分は大きくなく、冠羽もありますから、キンクロと思われます。

9de9d135.jpg
 見慣れないカモさん達を1羽ずつ撮ったものです。コガモのように思えたfed5c75c.jpg
のですが、コガモであれば、メタリックグリーンに見える「翼鏡」が見えるはずなのですが、見あたりません。帰宅して、画像をパソコンに取り込み、「Birder 2015年11月号」の「カモ類観察スペシャルガイド」と首っ引きでチェック。大きさは、キンクロさんとほぼ同じですから、40cm前後。コガモは、図鑑には、37.5cmとあります。顔は、ほぼ過眼線のみしか特徴がありません。翼鏡のみ特徴が合いませんが、取り敢えず、コガモの可能性が高いとしました。さらに観察することにしましょう。

2c29d06a.jpg
 ヒドリガモのカップルは、今日もいました。ハシビロガモといっしょに、朝日丸跡の南(立教小学校側)の堀にいました。この3羽を加えると、今日、九華公園でみたカモは、総計39羽です。鳥見がお好きなSさんに今日もお目にかかり、「カモが増えましたね」「ヒドリガモや、ハシビロガモも来て楽しみですね」とお話ししてきました。

14e3c2de.jpg
 キンクロファンの方もけっこういらっしゃるようですから、オス(左)、メス(右)の写真92de91ad.jpg
を載せておきます(私も好きです。とくに、あの「寝癖」)。右のように、水面に浮くカモを前から見ると、まんじゅうが浮いているようなイメージがあります。

02a1cdf8.jpg
 このほか、今日の九華公園の鳥。カワウは、昨日よりや安くなかったの736bb8c8.jpg
ですが、野球場の照明灯の上は、混雑。ただし、昨日も書いたように、ほぼ等間隔で並んでいます。本丸跡の神戸櫓のところの松の木には、1羽のみ。

d17ada88.jpg
 九華公園の北門に近い土俵のところには、珍しくセグロセキレイ。もう1羽いて、計2羽。九華公園でセグロセキレイを見るのはあまりありません。

78b712bb.jpg
 吉之丸コミュニティパークでは、ハクセキレイ。私は、ベンチに座って休んb3f48d6a.jpg
でいましたので、あまり動かなかったこともあってか、割と近くにまで寄ってきて、可愛らしい仕草を見せてくれました。

d79fddd6.jpg
 九華公園から吉之丸コミュニティパークを経て、七里の渡し跡、揖斐川堤5f18f39a.jpg
防と、いつもとは逆コースで帰って来たのですが、この時期にしては、珍しくカモが浮いていました。150mほど先ですので、種類は肉眼では分からず。右の写真をパソコンで拡大して見たところ、ヒドリガモかなという気がしますが、確信は持てません。

c58c3991.jpg
 カワラヒワは、拙宅近くまで来て、諸戸氏庭園前の桜に数羽が群れていました。


3f9a1335.jpg
 ところで、九華公園など散歩コースの木々も色づいてきています。左は、管理事務所近くから北の方を撮ったものです。右端は、柿安本社ビル。イチョウの木や桜の木はかなり色づいています。

556fbe5f.jpg
 蟠龍櫓のところでお目にかかった男性が、「七里の渡し跡の桜も色づい9f53dc16.jpg
てきたから、鳥居と、松の木と入れたら良いのが撮れるかも知れない」とおっしゃったので、ちょっと真似をしてきました(笑)。左の写真は、対岸の川口水門の脇から撮ったもの、右は、七里の渡し跡を通り抜けて、旅館山月の脇から撮ったもの。いつもカメラ任せですので、露出補正などきちんとやらないと反省しています(苦笑)。

a78da07b.jpg
 鎮国守国神社の工事現場、今日は、ご覧のように、地鎮祭かと思われる準備がされていました。宮司さんも辺りを整理整頓していらっしゃいました。整地作業が終わり、参集殿の建設が始まるのでしょう。

3e068592.jpg
 ということで、本日の散歩は、9時前から11時半近くまで。九華公園をウロ6d80e6f4.jpg
ウロしていましたので(この数日、以前とは違って、鳥を探して、公園内を二周、三周するようになってしまいました)、5.4�q歩いて来ました。写真は、「桑名七里の渡し公園」の様子(昨日、10/26に撮影)。工事は終わったようです。11月3日のオープンまで、あと1週間。右のように、諸戸家の煉瓦塀の基礎が見つかったという看板が掲げられていました。公園の西の、現在の諸戸氏庭園に煉瓦塀がありますが、それがこの公園の方まで続いていたようです。

↑このページのトップヘ