猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

2015年11月

c1d2a38d.jpg
 九華公園の上空を舞っていた猛禽類です。初めは、カラスか、ハトかと思ったくらいの大きさでした。トビでも、ノスリでもないようです。帰宅してから、図鑑や、BIRDER(バードウォッチング雑誌)のバックナンバーをひっくり返して調べたのですが、今ひとつ「これだ」と確信は持てないでいます。大きさ、羽、胸から腹にかけての色、模様などから、ツミのメスかなという気がしています。どなたか、お判りの方がいらっしゃれば、ぜひご教示ください。

598d1c70.jpg
 さて、昨シーズンから、住吉入江にキンクロさんなどかも達がやってくるよう36b9c5d1.jpg
になっていました。今日、今シーズン初めて、キンクロハジロのオス、メス1羽ずつがやってきているのを見つけました。左の写真の円内です。橋は玉重橋、その奥は諸戸氏庭園の本邸です。

b0065d81.jpg
 カワラヒワは、散歩コースのあちこちで見られるようになっています。10羽~20羽くらいの群れでいることもあります。今日は、九華公園で結構面白いショットが撮れました。以下をご覧ください。

c212a7ed.jpg
 こちらは、身繕いをしているところを撮った中の1枚です。色、模様はカワラヒワなのですが、顔、表情は、普段のカワラヒワのそれとはかなりかけ離れたものになっていました。こういうところが見られると、鳥見&鳥撮りはやめられません。

8e56dbb9.jpg
 もう一つ。カワラヒワは、松の実を啄んでいることがよくあります。細い松ca4553d5.jpg
の葉を何本も、足で鷲づかみにして止まり、松の実に嘴を突っ込んでいたところが撮れました(左の写真)。右はその直後であります。

2bc77963.jpg
 アオサギさん達は、揖斐・長良川の中洲にある例の場所に集まっていまcd66680e.jpg
した。2箇所で、合計11羽です。左の写真の、向かって右のところだけをトリミングしたものが、右の写真。ここにたくさんいるときは、揖斐川の水門や、九華公園には来ないというのが、今のところの小生の仮説です。今日も、その仮説通りになっていました。しかし、住吉神社のところからは、350mほどもありますので、これではアオサギを見た気にはなれません(苦笑)。

5ffcc972.jpg
 九華公園のカモさん達、今日は、合計で80羽弱。動き回ったり、潜ったりf45cfa08.jpg
で、正確には数えられませんでした。ホシハジロのオスが7羽もいたのが目立ちました。ハシビロガモのオスは1羽、メス1羽、ヒドリガモのオス1羽、メス1羽、ホシハジロのメスは確認できたのは、3羽。他はキンクロさん達でした(スズガモも含みます)。左の写真は、キンクロさんのオス。寝癖が目立っていたので1枚。右は、冠羽がありませんでしたので、スズガモのメスと思われます。何枚か撮ったうちの1枚に、こんな剽軽なところが写っていました。

1de5ffe9.jpg
 カワウ達は、神戸櫓跡の松の木のてっぺんや、野球場の照明灯の上にImg_1571 合わせて20数羽。照明灯の下の遊歩道は、カワウの糞で真っ白になって来ています。気をつけて歩かないと、酷い目に遭いそうです。それはともかく、今日は、あの水かき付の足で、よくこんなところに止まっているなと思って、写真を撮りました。足下をよくよくご覧ください。

89f53bdf.jpg
 話があちこちしますし、証拠写真ではありますが、揖斐川にキンクロハジロらしきカモが、3羽浮いていました。中洲近くです。そのあたりの上空に白いカモメのような鳥が4羽飛んでいました。ユリカモメかと思いますが、はっきりとは確認できませんでした。

a1785d80.jpg
 体調はだいぶ戻ってきました。今日は、9時頃から11時過ぎまでゆっくり28fc945e.jpg
と、いつものように、住吉神社、九華公園、寺町と歩いて来ました。4.6�qほどです。「なんちゃって紅葉」は、九華公園で撮ったものです。

349fa258.jpg
 昨日は、蟄居していましたが、どうも散歩や、鳥見がしたくてウズウズして来ます。今朝は、5℃を下回るほど冷えたのですが、9時過ぎから出かけてきました。散歩依存症であります。が、やはり、風邪が抜けきっていないようで、本調子ではありません。冒頭の写真は、九華公園の二の丸跡を、立教小学校側から撮ったものです。コースはいつも通り、住吉神社、九華公園、寺町。

d760ec59.jpg
 まずは、九華公園のユリカモメ。カモを見ていたら、飛来しました。最多で11羽来たのですが、大半はすぐに去ってしまい、残っていたのは、2羽。写真は、本丸跡の西を飛んでいるところ。これまた狙った写真ではなく、たまたま写っていたもの。

573562dd.jpg
 モズのメスは、九華公園の外周、東側の遊歩道脇の桜の木にいたもの。2枚くらいしか撮らせてくれませんでした。野球場の方に逃げたので追ったのですが、見失いました。

45b77b6c.jpg
 偶然なのでしょうが、同じ桜の木の別の枝には、ジョウビタキのメスがいましe8927ad4.jpg
た(左の写真)。モズと一緒に逃げて行きました。ジョウビタキは、この写真を撮る前に、朝日丸跡や、本丸跡でも見ました。右は、本丸跡で撮ったもの。同じジョウビタキが移動していたように思います。というのも、ジョウビタキ花輪張り意識が強く、この外周遊歩道の東には、いつもメスのジョウビタキが出て来るからです。

a244a947.jpg
 しばらく前に見つけた、腹の白いカワウです(別に他のカワウ達が、「腹Img_1445 黒だ」といっているわけではありません)。本丸跡の神戸櫓のあったところの松の木の上です。右は普通のカワウというつもりで撮った写真なのですが、右上にいるカワウさん、左足の付け根あたりが白くなっているのに気づきました。色が出ないというのは、あの美白スズメの例もあるように、時々起こることなのですね。このカワウさん、顔が白というか、銀色になっているのは、婚姻色を呈しているからです。

dc14fbc3.jpg
 九華公園のカモさん達は、今日は、65~70羽でした。餌をやっているお子さんとお父さんがいたので、カモ達大騒ぎ。それが終わった後も、移動したり、潜ったりしたりと落ち着かず、数えるたびに数が違ったのです(苦笑)。キンクロさんが大半でしたが、今日は、ヒドリガモもオス・メス各1羽がいました。他は、ハシビロガモのオス1羽、メス1羽、ホシハジロのオス3羽、メス3羽。

d3ffbf85.jpg
 カルガモさん達は、今日も二人連れならぬ、二羽連れ。この二羽を見ると、いつも、武者小路実篤さんの色紙のことばを思い出します。「仲良きことは美しきかな」であります。全くの連想ですが、京町柿安本店の店頭に実篤さんのことばが掲げられていた記憶があります。今度写真に撮ってこなくては。

add73766.jpg
 さて、そのほかの鳥さん達など。アオサギさんは、散歩コースにはいなかったのですが、揖斐長良川の中洲の例の場所に集合していました。10羽ほどが見えます。ここに集まっているときは、鎮国さんの社務所裏には、いません。ミーティングなのでしょうか(笑)。

72b041e9.jpg
 その中洲の先(下流側)で、モーターボートを止めて釣りをしている方たちが居ました。それを撮った積もりでしたが、パソコンでよく見たら、カンムリカイツブリらしき鳥が写り込んでいました。

34963e8c.jpg
 コゲラは、九華公園の二の丸跡で。ほぼ真上を向いて撮りました。このコゲラさん、下の方には降りて来てくれませんでしたので、こんな証拠写真だけです。

8ea2aa32.jpg
 まだトンボがいました。アキアカネのメスでしょうか、ちょっと自信がありません。九華公園の鳥小屋(管理事務所の横、かつてクジャクなどがいたところ)の前のフェンスに止まりました。昆虫エクスプローラによれば、12月まで見られるようです。

 余談であります。10時過ぎ、バールフレンドの Y さんにお目にかかったのですが、「教えて欲しいことがある」といわれ、堀の中の東屋へ。「ここから見える、あのイロハモミジの紅葉を撮りたいけど、どうしたらきれいに撮れますか?」ということでした。

a5b34956.jpg
 Y さんがおっしゃるのは、この木。この時間、東屋から見ると、ちょうど、逆9e95b348.jpg
光になるのです。左の写真は、東屋から見たらどう写るかを見ていただくため撮ったものです。順光で撮るには、と橋を渡って撮ってご覧に入れたのが、右の写真。Yさんのカメラで撮ったら話が早いので、「Yさん、今日、カメラは?」と伺いました。「今日は、眼科に行って来たから、カメラは忘れた」だそうです。チャンチャン。

 ちなみに、「昼から来たら、逆光じゃなくなるか?」と、さらに尋ねられました。午後なら、全くの逆光ではなくなりますから、その旨説明すると、「それじゃ、午後からまた来て撮ってみます」とおっしゃいました。Yさん、御年80歳近いはず。九華公園までクルマを運転して来られます。けっこうなパワーであります。

 風邪がもう少し良くなるまでは、大人しくしていようかと反省しております(苦笑)。

170127fe.jpg
 今日、16時43分に撮った夕焼けの写真です。名古屋の暦では、この時間が日の入りだったようです。ただし、狙ったわけではなく、偶然の一致です。我が家から南西の空です。山並みは、鈴鹿山脈。右端の方の高いところが、御在所岳です。

 風邪はもう大丈夫と思っていたのですが、どうもまだ抜けきっていないようです(苦bc1ec8be.jpg
笑)。昨日、赤須賀まで歩いたのは、結果的にはあまりよくなかったと思われます。今日は、一気に寒くなったこともあり、これ以上悪化しないよう大人しくしていました。しかし、普段、散歩に出るのが恒例となっていますので、室内で過ごすのは大変でした。皆様もどうぞ、体調管理にはお気をつけ下さい。右の写真は、同じ時刻の南の空です。

f91d154c.jpg
 朝8時台に、雨が少し降って、その後、晴れたり、曇ったり。午後には、いかにも冬という空になってきました。ソーラーパワーが得られないので、今ひとつ気勢が上がりませんが、風邪も抜けきっていないかも知れません。冒頭の写真は、散歩から帰った、ちょうど昼頃の北の空。陽は当たっているものの、山からこちらは、雲がかかっています。

a7141a45.jpg
 散歩に出てすぐ、諸戸氏庭園前でコゲラや、ヤマガラを見て、船津9aca7cc5.jpg
屋の裏ではモズに遭遇したのですが、どれも写真は失敗(苦笑)。ただし、写真のスキルが問題ではなく、枝かぶりであったり、カメラを向けて、すぐに逃げられたためです。七里の渡し跡まで来て、このジョウビタキ(メス)に出遭えました。ここは、一昨年のシーズンまでは、ジョウビタキの出現スポットでした。昨シーズンはまったく見ませんでした。

443bc496.jpg
 九華公園まで来て、北門の堀には、カイツブリ。このところよくいます。この辺り、カワセミが時々出て来ますが、それ以外には、カルガモさんや、少数のキンクロさんしか来ませんので、静かで落ち着くのかも知れません(笑)。しかし、このカイツブリさん、お休みの体勢なのに、眼光は鋭く、こちらを睨み付けていました。「お邪魔しました」と断っておきました。

22811e35.jpg
 九華公園のカモさん達、今日は、合計61羽でした。天候が今ひとつでしたので、私が行った頃は、皆さんほとんど「休め!」の体勢。いつものように、キンクロさんが大半で、他は、ホシハジロのオス3羽、メス3羽、ハシビロガモのオス1羽。昨日も、今日もヒドリガモの姿はありませんでした。

9dd01253.jpg
 今日は、ユリカモメは、私がいた間は、2羽しか来ませんでした。二の丸22d90a45.jpg
跡の東にかかる朱い橋にとまったところです。左右の写真は、別々の個体。

41c707c4.jpg
 カモ、ユリカモメに餌を与える人もいます。見ていると、どちらもすごい勢いで集まって来ますが、どうもユリカモメの方が強いというか、俊敏のようです。ユリカモメが餌をさらって行ってしまうことがほとんどです。泳ぐスピードは大差ないように見えるのですが、飛び立ち方や、飛翔能力は、ユリカモメが断然優っています。カモは、助走をつけるようにしないと飛び上がれませんが、ユリカモメは、その場からフワッと飛び上がることができるのです。飛ぶスピード、旋回能力なども、ユリカモメが遙かに上回っています。

8376306b.jpg
 九華公園の本丸跡では、モズのメスがやって来ました。このモズ、電線に止まる直前、ハクセ7daae23d.jpg
キレイを追いかけて来たように見えました(実際に追いかけていたのか、たまたまそうなったのかは、定かではありません)。

f5c19cb5.jpg
 ところで、今日は、思いついて、赤須賀漁港まで足を伸ばしてきました。a2fb78d2.jpg
赤須賀へ行くと、ユリカモメがもっとたくさんいるかも知れないと閃いたのです。まずは、はまぐりプラザの辺りで偵察。


672b0bbe.jpg
 南にある、揖斐長良川と漁港を分ける堤防を見てみたのですが、どうもcb0eaba0.jpg
期待したほど、ユリカモメはいないようでした。左の写真では4羽ほど(黒いのは、カワウです)、右の写真では、堤防の高いところに5羽見えます(堤防の低いところにも3羽いますが、これはドバトのようです)。たくさんいたら、漁港のもっと南まで行こうと思っていたのですが、これではパス。

feb130f5.jpg
 帰ろうと思ったのですが、気になる影が見えました(笑)。アオサギさんです。はまぐりプラザの先からやや下流側の堤防に、一羽だけで、何気なく佇んでいたのです。まったくアオサギさんには負けるというか、侮れないというか。恐るべし、アオサギ、であります。

2cbc71b1.jpg
 赤須賀漁港からやや上流側で、揖斐川と長良川が合流します。そのあた1314a4bc.jpg
りに境となる細い堤(正式な名前は知りません)があります(2つに別れています)。ここは、汽水域で、潮が満ちてくるとこの堤は水面下になってしまいます。下流側(右側)には、カワウ数羽と、カモメらしい、やや大きな鳥が見えました。ウミネコか何かだと思います。この場所、一度でいいので、近くまで行って見て、撮影したいと思いますが、船がないと無理ですねぇ。

920d2c5a.jpg
 久しぶりに「桑名七里の渡し公園」に立ち寄って来ました。ここで始めて、鳥を確認。ご覧のように、ハクセキレイでした。木は植えられていますが、まだ低いものばかりですから、ここに来るなら、セキレイか、スズメなどだろうと思っていました。

1ff68b05.jpg
 以上、今日の散歩は、10時から12時。赤須賀漁港まで足を伸ばしましたので、5.8�qも歩いていました(苦笑)。さすがに少々お疲れ。「風邪が抜けていないか」と思ったのは、帰って来て、疲れた感じがしたからです。やるべきことがいくつかあるのですが、我ながら困ったものです。明日からは、寒くなると言いますから、気をつけないといけません。カワラヒワ、ハクセキレイとも、九華公園で撮ったものです。

3a27cdcf.jpg
 昨日に比べ、急に寒くなりました。最高気温も12℃を超えたくらいのようです。午前中は、もう少しよい天気かと思ったのですが、曇っていました。11月も下旬ですから、贅沢はいえませんが、それにしても寒暖差が激しすぎます。

1751700b.jpg
 しばらく九華公園では、カワセミを見ませんでしたが、久しぶりに登場してくれました。この頃よく見かける、北門を入ってすぐの堀のところです。下の嘴が赤いようですから、メスのカワセミ嬢です。ここでカワセミを見たのは、11月9日 (カワセミ&ゴイサギ@九華公園、ジョウビタキのオス・メス、腹白のカワウ……曇天の割りに充実した鳥さん達)以来です。11月9日も、メスのカワセミでしたから、同じ個体かと思っています。色の様子も、似ている感じがします。

b14a0e8a.jpg
 昨日も、九華公園の堀に来ていましたが、今日もユリカモメがいました。じっ2d991371.jpg
としていてくれませんので、実数で何羽来たのかよく分かりませんが、同時に見たのは、最大4羽でした。直前にお目にかかったSさんは、「6羽いたよ」とおっしゃっていました。

372b2203.jpg
 昨日、「二ノ丸橋に並んでいるのを見たいと書きましたが、早速、それが7fb49e89.jpg
実現しました。といっても、3羽が並んだだけでしたが……(苦笑)。このとき、4羽がいたのですが、どうしても一列には並んでくれませんでした。頼んではみたのですが、聞く耳持たずでした。

c28dca28.jpg
 公園内や、外周を回る前後、2回にわたって二ノ丸橋でユリカモメを撮っていたのですが、途中ふと振り向くと、目の前3mほどのところに降りていて、びっくり。左の写真がそれです。55mmで撮ってこれくらいのサイズに撮れました(トリミングはしていません)。橋を歩いて渡る人もいますが、割と近くに行くまで飛び立とうとはしません。

23c7ec1c.jpg
 しばらく見ていたのですが、二ノ丸橋の北詰にある木に止まろうとするユ4053a0ec.jpg
リカモメがいました。しかも、2羽も。



b1e228cd.jpg
 ユリカモメの足というか、水かき部分はこのようになっていますから、これで木の枝に止まるのはちょっと無理な気がします。


13d2b833.jpg
 アオサギや、カモでよく見かけますが、ユリカモメも痒くなることがあるようです(苦笑)。ご覧のように掻いていました。これまで見たことがない仕草です。

4433f880.jpg
121c5819.jpg
 水面から飛び立つシーンを狙ってみました。連写したのbdca74d3.jpg
ですが、なかなかピントが合っているショットはありません。しかし、この3枚は連続シーンです。

3c3c5757.jpg
 さて、ここからは見てきた順に。その前に、写真は撮りませんでしたが、昨日アオサギが集合していた中洲、今日は、2羽しかいませんでした。気まぐれのようです。ハクセキレイは、蟠龍櫓近くの堤防の上。いつも同じような写真ではと反省し、ローアングルから狙ったものです。

a13b0f2b.jpg
 カワセミがいた、九華公園の北門近くの堀には、カイツブリもいました。カイツブリ、九華公園ではほとんど1羽ずつしか見ません。それに、神出鬼没というイメージで、思わぬところにいます。

8b581bbb.jpg
 アオサギさんは、久しぶりに、鎮国守国神社の社務所裏にある「お立ち9bf7feb6.jpg
台」にいました。休んでいるように見えましたが、そうでもなさそうです。時々、顔を上げます。こちらの気配を感じるのでしょうか? ただ者ではないのかも(苦笑)。

db92be11.jpg
 カモは、合計68羽。今日は、ヒドリガモは見あたりませんでしたが、それ以外はいつものメンバー(ホシハジロのオス3羽、メス3羽、ハシビロガモオス1羽、メス1羽、他はほとんどキンクロさん)。カモ達がやって来てだいぶ日にちも過ぎました。餌を与える人があるようで、寄ってくるようになりました。

01189750.jpg
 歴史を語る公園で見かけました。キジバトと思いますが、ヘンな恰好をしているなと思ったのです。左の翼を大きく広げているようでした。すぐに閉じてしまいましたので、何をしていたのかは、よく分かりません。

c74653ab.jpg
 こちらのハクセキレイは、一廻りして、諸戸氏庭園前に戻って来たとき、飛んできたものです。桜並木の下のベンチに止まったところを1枚。


a39747bb.jpg
 以下、証拠写真と、自分の覚えのためです。カワラヒワは、諸戸氏庭園前の桜並木や、九華公園内などあちこちで群れているようになりました。昨日と同じように、10羽、20羽の単位で群れています。

73cd2aac.jpg
 ツグミ、今日は、九華公園で4羽見ましたが、いずれも樹上にいました。いつになったら、地面に降りているところが見られるのでしょう。


dae530ec.jpg
 ジョウビタキのメス。曇天でしたから、修正してもこれが精一杯。立教小学校の西、三の丸辺りを歩いているとき、頭上から鳴き声が聞こえてきて、探しました。ジョウビタキの鳴き声も、けっこう遠くまで聞こえます。縄張りを主張しているのでしょうか。

511a134b.jpg
 以上、今日の散歩、コースはいつも通り、住吉神社から九華公園、寺町と、5.4�q。8時45分から11時15分くらいまで。最後の写真は、「モロト・ドバト」(勝手に命名しています)。諸戸氏庭園の煉瓦蔵の鬼瓦にいたものです。鬼瓦には、カタカナで「モロト」と刻まれています。

↑このページのトップヘ