猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

カテゴリ: 日記・コラム・つぶやき

b511f942.jpg




 熱帯夜で、真夏日が戻ってきました。が、めげずに遠征。長島町、弥富市方面であります。8時10分スタート、11時半帰宅。まずは、長良川河口堰ですが、ご覧のように台風のあとということで水量はかなり多く、しかもまだまだ濁っています。写真は、河口堰東(長良川左岸)の魚道、上流側です。






722c09f6.jpg 最近いつも見ますが、魚道観察室の真ん前にコサギが1羽。同じコサギのように思いますが、確かめようはありません。帰り際にもここに居るのを確かめて、魚道観察室内に回ったものの、そのときには姿はなし。残念ながら今日も、観察室からのコサギ撮影は失敗。






4796e170.jpg さらに上流側、吹き流しの向こうにはアオサギ。いつものところにいつもの野鳥ということです。






c75177f1.jpg 下流側にも、コサギ3羽、アオサギ1羽がいたものの、覗くか127e018c.jpg


覗かないかのうちに逃げられました。2枚の写真は、逃げた先。下流側の堤防や、浮きのロープの上。








a0ade0d3.jpg 管理橋を西側に渡る途中、下流側の揖斐長良川の中洲の上空にミサゴのようです。獲物を物色しているように見えましたが、次第に降下してきて、中洲上空で見失ってしまいました。








a12901ba.jpg 河口堰西端下流側の中洲の切れ目には、ダイサギやアオサギ、そしてカルガモの姿があります。アオサギはこのほか少し離れたところにもう1羽。カルガモも他に10羽以上。








28d8a812.jpg 親水広場に降りたところで、揖斐川、伊勢大橋の上空あたりに猛禽類らcf532e54.jpg


しき姿。向かって左はトビのように見えますが、右は不明。トビの子どもか、カラスか? 親水広場、今日は静か。ハクセキレイが3羽ほど。イソシギは不在で、スズメ、カワラヒワが少しだけ。






1c84c0d9.jpg 長島町内の県道7号線を南下。途中でアマサギの集団を発見。この時bb841d7a.jpg


期、稲刈りのコンバインの後ろに集まっていることがよくありますが、このとき、稲刈りは行われておらず。いずれにしても水田にいる昆虫やカエルなどを捕って食べていると思われます。ちなみに、コンバインで稲刈りが行われていると、これらの小動物が飛び出てくるので、容易に捕食できるということだそうです。




5936a943.jpg 次へ行く途中、某排水機場に立ち寄ってみました。アオサギが1羽いたほ5d22cfb4.jpg


か、遠くに白いサギの姿。よく見ると、カワウや、ケリが混じっています。サギは大きさがカワウと変わりませんので、コサギでしょうか。






33f6d76e.jpg 弥富野鳥園近くのサギ山を確認。ところが、写真のような状況。たぶんダe81b7c2b.jpg


イサギと思いますが、あちこちに散在してはいるものの、飛び立って飛び回ったりすることが多く、「繁殖期」という感じはありません。もうほぼ終わったのでしょう。






9742413e.jpg 巣にじっとしている様子はなく、ご覧のように飛び回っていました。ヒナと一見して分かる個体もいませんでした。ちょっとガッカリしましたが、もう8月も下旬ですから、また来年ということです。この時点で10時半。時間的にも大丈夫でしたし、新天地を開拓したいという気持ちもあって、鍋田干拓の方へ回ることにしました。




5c7c2269.jpg IKEAの物流センターや、海部地区のクリーンセンター、弥富市の火葬場や霊園がある方面へ(伊勢湾岸道の南)。左の写真は、海部地区のクリーンセンターと、NHKのラジオ送信所のアンテナ。背後の雲は、まだまだ夏であることを誇示しています(苦笑)。




90456290.jpg ほとんどが水田で、いくつか畑が混じっているというふう。左の写真は、fca33907.jpg


西の方角、ナガシマスパーランドが遠くに見えるところ。ここで、猛禽類が飛んでいるのが見えたのですが、あいにくのピンぼけ写真(苦笑)。トビやミサゴではないようです。






4fa70522.jpg 水路では、ダイサギやコサギの姿が見られました。ここに写っているの0af6b959.jpg


は、コサギ。歩き回ってエサ探し中。橋の上から見下ろすと、小魚がけっこうたくさん泳いでいるのが見えます。








56061643.jpg 北の伊勢湾岸道方面では、コンバインが稲刈りをしていたのですが、そ3bc4be11.jpg


の回りにたくさんの白いサギの姿。コンバインの後ろに群がるのは、チュウサギとアマサギといいますから(唐沢孝一著、目からウロコの自然観察、中公新書)、チュウサギやアマサギかと思いますが、遠くて判別不能。




 ということで、河口堰から弥富市内をぐるっと回ってきました。総走行距離は35�qほど。鍋田干拓はほとんど来ていませんので未開拓でしたが、猛禽類もよく見られるという話ですから、これからはもう少し来てみる価値がありそうです。

cd5b1836.jpg


 台風20号、四国に上陸しそうです。大雨警報は午前中に出ましたが、雨は時々降っているだけです。風は今のところ最大5m/s。午前中はいつものように散歩に行ったのですが、帰りがけにちょっと降られました。台風、大きな被害がないことを願っています。とくに先日の西日本の豪雨に遭われた地域の皆様には十分お気をつけください。





cb68e9d7.jpg 朝8時頃の北の空。まだ青空が見えていましたが、このあと、雲が多くなってきました。雨が降る前にと思って、いつものコースを歩き、10時過ぎに帰宅。住吉神社、九華公園、歴史を語る公園、京町、寺町と5.1�q。はじめにも書きましたが、帰り、玉重橋の手前まで来たあたりで降られました。






c9de2ca9.jpg 住吉神社の前の揖斐川のところにカラスが1羽。強風に煽られ、吹き上げられました。川沿いは、川に沿ってけっこう強い風が吹きますので、さすがのカラスもこれには勝てません。ちなみに、このあと、無事に手すりに着地していました。






7be57c17.jpg 柿安コミュニティパーク西の堀でカワセミを発見。といっても、散歩友達の方083865c1.jpg


が教えてくださって見つけられた次第(微笑)。左は、超望遠コンデジ1,365mmで取ったものをさらにトリミングしています。一眼レフの250mmでは、右の画像くらいにしか写りません(ノートリミング)。教えていただけなければ見逃していたでしょう。


f0e0c935.jpg 九華公園では、定位置にアオサギさん。鎮国守国神社の社務所裏で8a261033.jpg


す。鳥見の大先輩Sさんは、「年寄りのアオサギかなぁ?」とおっしゃっていました。若鳥ではありませんが、年寄りかどうかは定かではありません。








eecf7723.jpg 強風で鳥も、散歩友達も一段と少なし、という状況。堀もかなり波立っていました。左の写真、カメの甲羅干しスロープ。この夏、あまりカメが上がってきません。今日は、1匹のカメが必死で上ろうと頑張っていたのですが、波が荒くて、結局、上がれませんでした。カメも大変です(苦笑)。






236987a9.jpg もう終わったかと思っていたのですが、今日も、「くわしん理事長旗争奪da166463.jpg


桑員中学校野球大会」が行われていました。強風でしたし、砂埃が舞い上がって大変そうでした。しかし、中学生たちは元気です。監督など先生方や、ご父兄もご苦労様ですと申し上げたくなります。






e00760af.jpg 帰宅後、イオン桑名モールへ。家内が東急ハンズへ行くというので同行し、小生はBOOKOFFで古本を物色。時代小説と、新書を購入。午後からは、8月分の仕事にキリが付いたということもあり、またもや爆睡シエスタ(笑)。1時間半も惰眠をむさぼっていました。写真は、桑名別院の池の睡蓮。よく見たら手前にアメンボが写っていました。2匹重なっていますから、お忙しい真っ最中かも。お邪魔しました。




c4e084a4.jpg 7月12日に寺町商店街の花屋さんで買ってきたサギソウ。なかなか咲きません。酷暑が続いたせいか、やたらひょろ長くなっています。数日前からそれでも、つぼみらしきものが見えてきました。無事に咲くのでしょうか? サギソウというと、3年前にブロ友のこころんさんにいただいて育てました。いただいた年はよかったのですが、翌年は失敗(エアコンの室外機に近いところにおいてしまったのです)。去年はブランクでした。











f321d718.jpg




 今日は、かねてからの予定通り、地元の教研研究大会に行ってきました。9時半から16時10分まで、助言者を務めてきました。他では、教育研究集会という呼び方をしているところもあるようです。こういう集会は2回目。といっても1回目は、教員になった頃でしたから、今から20数年前のことです。勝手が分からず、若干不安もありましたが、たぶん大過なく役割を果たせたのではないかと思っています。




6c7d2608.jpg 会場は、我が家の子どもたちもお世話になった中学校でした。しかし、子どもたちが通っている頃、小生自身は行ったことがなく、今回初めてお邪魔しました。そもそも中学校の建物や、教室に入るというのは、自分が中学校を卒業して以来ですから、48年振りくらい(笑)。もはや歴史的出来事です。この年になって、新しい経験をできるのはありがたいこと(何と大げさな)。




a081ce09.jpg これで8月の仕事はすべて予定終了であります。といっても9月以降は、さほどたくさん予定があるわけではありませんが……。まぁ、ボチボチとやることにします。明日は、台風20号が接近するとか。8月で20個も台風が発生し、そのうちかなりが日本列島に来るというのは珍しいと思いますが、気をつけなければなりません。

aad57b7f.jpg




 朝一番(5時50分頃)、虹が見え、陽が昇ってくる東の空には、これも「天使7a40d427.jpg


のはしご」といってよいのでしょう、それが見えていました。虹は、わずかな時間で消えて行ってしまいました。








81556b00.jpg 九州に台風19号が接近している影響か、雲も多く、風も強く、湿度も高い1868b57d0.jpg


日でした。午後からは、一時雨。例によって例の如く、8時から10時過ぎにかけて散歩。コースもいつも通り。住吉神社、九華公園、貝塚公園、京町、寺町と5.3�q。とくに代わり映えはしません(苦笑)。こういう天候ですから、雲だけは、いろいろな表情を見せてくれます。




49f8a568.jpg こちらは、桑名七里の渡し公園。現在、拡張工事中。当初は、7月末に完成6fe83674.jpg


予定でしたが、管理人さんに伺ったら、10月末まで伸びたそうです。現在は、修景池の工事が進んでいます。大きな石が運び込まれ、クレーンで順次設置されています。池ができ、水場ができると、これまで以上に野鳥がよく来るようになるのではないかと期待しています。




8cb56e5e.jpg 九華公園は、今日も静かでした。野鳥は、スズメ、ムクドリ、カラスくらい。カワラヒワの鳴き声はしていましたが、姿は見えず。アオサギさんは、いつものように鎮国守国神社の社務所裏に。ゴイサギは、今日も姿はありませんでした。






ab81a41a.jpg 変わったことと言えば、久しぶりの「灯籠ネコ」。今年3回目でしょうか? 6e6e6a8d.jpg


熟睡していると思ったら、片眼を開いてこちらをチェックしていました。あとでパソコンで写真を見てビックリ(苦笑)。








76e0de45.jpg 九華公園の外周遊歩道沿いのお宅。柿の実がたくさんなっています。知り合いの方が、「柿の実がたくさんなる年は、台風が来ない」とおっしゃっていました。台風20号はこちらの方に来るかも知れないという予報ですが、どうなるでしょう? 気になるところ。






a33b1502.jpg 午後からは、明日の地元自治体の教研研究大会の準備。明日は終日、この研究大会に参加することになっています。

4afe51cb.jpg 台風19号の影響でしょうか、終日曇天。湿度はやや高くて、ちょっと不快。散歩途中、にわか雨にやられました。散歩は8時から10時半、いつものコースを5.3�q。九華公園でカワセミを見かけ、追いかけたのですが、見失ってしまいました。残念。







2689d7a5.jpg 散歩コースでアオサギをよく見るようになりました。左は、いつもの揖斐長181f130f.jpg


良川の中洲。右端に小さく写っています。その近くの黒いものはカワウ。右はもう少し下流の中洲沿い。アオサギと、カルガモが写っています。








eb4118a7.jpg こちらはさらに下流、揖斐長良川の中洲が終わるところ。ここにもアオサギ94bff193.jpg


がよくいます。上右の写真のところも、ここもたぶん餌がとりやすいのでしょう。九華公園もいつものところにアオサギがいました。定位置にカムバックしたことは確実のようです。






be574a96.jpg 九華公園のアオサギさん、もう一度見に行ったときには、ご覧のように大きく口を開けていました。欠伸をしたように見えたのですが、果たして鳥が欠伸をするのかどうかは、不明。生理的現象ですから、十分あり得るように思いますが……。






14f21522.jpg 九華公園の奥平屋敷跡への入り口にある桜の古木には、シジュウカラ多数とコゲラの混群。コゲラはきちんとした写真は撮れませんでしたが、シジュウカラは若い個体のようでした。目の前まで平気でやって来ます。まだ「怖いもの知らず」かも知れません。






c71f9aa2.jpg 公園内の野球場では、この時期の恒例行事、「くわしん理事長旗争奪桑d2cc8471.jpg


員中学校野球大会」が開催されていました。途中、降雨で中断はありましたが、中学生たちは元気いっぱいにプレー。例年3日間にわたり熱戦を繰り広げます。2年生中心の新チームの活躍を祈ります。




39dcd92b.jpg 寺町商店街には、浄土寺幽霊飴のチラシが貼ってありました。浄土寺は、桑名藩初代藩主の本多忠勝公の菩提寺。浄土寺の門前にある飴屋に夜ごと女の人が来て飴を買っていくようになったのですが、売り上げを勘定すると必ず木の葉が一枚入るようになったのです。その女の人の後をつけていくと、浄土寺の墓地に消えてゆくのでした。住職とアメヤの主人が墓地に行ったところ、ま新しい墓の中から赤ん坊の泣き声が聞こえたといいます。幽霊が飴で赤ん坊を育てていたという話が伝わっています。これにちなんで、地蔵盆には飴に小麦粉をまぶしたものを売り、人々はこれを「幽霊飴」と呼んだといいます。




cd5d0e67.jpg 午後からは、歯科の定期健診。今回は無事パス(しかし、油断は禁物という状況。年には勝てません)。今週は2つの台風の影響で天気はスッキリしません。8/22は、地元自治体の教研研究大会。準備を仕上げなければなりません。

↑このページのトップヘ