猫の欠伸研究室(アーカイブ)

~淡々と飽きもせず……~ チベット・ラサの僧侶曰く、「人の生涯は猫の欠伸のようなものだ」

カテゴリ: メダカ

cf33bea2.jpg




 台風20号、我が家あたりでは風が強く、雨はさほどでもありませんでした。e4f24a52.jpg


夜中2時頃の最大風速は9m/sほど。朝、新聞を取りに行ったら、マンション1階の通路には、枯れ葉やら、木の折れた枝やらが散乱していたくらい。九華公園などでも、待つや、桜の古木の枝が折れたり、葉っぱが散乱したりしていました。冒頭の写真は諸戸家の玄関前。松の葉などが散らかっていました。揖斐川、長良川も水量が増え、折からの強風で波立っていました。




8c1ce82f.jpg 鎮国守国神社では、イチョウの木からギンナンが大量に落下。先日の台風ca25aede.jpg


12号の時に落ちたものとあわせて、ご覧のようなようす。もったいない気がします。まだ雲は多かったものの、雨は降っていませんでしたので、8時10分から10時45分頃まで散歩。住吉神社、九華公園、歴史を語る公園、京町から新築町を回って、寺町、清水町と5.8�q。蒸し暑くて、汗だくでした。




528f3eb6.jpg 柿安コミュニティパーク西の堀には、今日もカワセミがいました。これで3日daf5dc43.jpg


目。藤棚のすぐ西あたり。石垣の上に降りて接近しようとしたら、逃げられました(苦笑)。右の写真は、超望遠コンデジで1,365mm、ノートリミング。ここまで近づくのが精一杯。






3b45bc1e.jpg 九華公園では、定位置にアオサギさん。毎日居てくれますので、安心材料58b506c6.jpg


の一つ(笑)。いつもと同じアオサギさんのように見えます。一眼レフの55mmレンズで取ると、右のようになります。後ろは、鎮国守国神社の宮司さんのお宅。






f5ad32c7.jpg このほか、ムクドリの群れがやって来たり、コサギらしきサギがいたりしたくらい。ムクドリがこんなに群れるのは、この時期にしては珍しい気がします。このあと、歴史を語る公園でも、上空に数100羽かと思うくらいのムクドリが飛んでいました。






Dscn0041c


 帰宅したら、「たまにはお昼も外食しよう」ということになり、桑名市長島75a404d2.jpg


町にある又木茶屋へ。ここは、長島町出身の佐藤昌胤画伯の生前の屋敷であり、情報交流施設として使われてきたのですが、平成30(2018)年5月から「和風レストラン又木茶屋」としてリニューアルオープンしたところ。




c7e1160d.jpg 以前、情報交流施設であったときに一度来ていますが、リニューアルしてe4f306fb.jpg


からは初めて。ここで食事をしてみたかったのです。今日は、唐揚げ定食と、トンカツ定食をチョイスして、家内とシェア。






626a06bd.jpg ランチメニューは、この2品の他に、さしみ定食、魚定食(ブリの照り焼き)で、合計4品から選べます。ランチには、デミタスカップの珈琲も付きます。さて、これでいくらだと思われるでしょうか? 正解は、記事の末尾にて。






3c4d00d8.jpg この又木茶屋、佐藤昌胤画伯の生前の屋敷であることは上述の通りでeed7cbd0.jpg


すが、多種のツバキや、旧長島城の庭園の石で組んだ枯山水の庭園も楽しめるようになっています。佐藤画伯は、生前ツバキをお好きだったとか。桑名市博物館の展覧会で絵を拝観したことがありますが(2011年03月15日:やはり、晴歩雨読がよろしいようで)、伊勢湾台風を題材にした絵などがあります。








10ef8b19.jpg 庭には、左の写真のように、「長島一向一揆」の絵図や、旧・長島城絵


d283328e.jpg



図、松尾芭蕉と長島の関わりを示したパネルなども展示されています。また、睡蓮鉢があり、メダカが泳いでいました。








dd8f0349.jpg この睡蓮鉢に刺激されたということではありませんが、このあと、なばなの里の花市場に立ち寄って、プラスティック製の睡蓮鉢と、睡蓮の肥料を購入。先日飼ってきた熱帯スイレンを入れてみました。さらには、メダカをここに入れようという算段をしています(微笑)。






f5a4e8c4.jpg さて、ランチのお値段。この写真のとおり、¥500、ワンコインでありまし7ac51d14.jpg


た。これでデミタスカップの珈琲付きですから、驚き。量も十分、味も満足です。ここは福祉関係の会社が桑名市の施設を借りて運営しており、障害のある方も働いておられます。モーニング、ランチ、ディナーと超お値打ち。お庭も楽しめます。お近くの方では、毎日、モーニング、ランチ、ディナーのいずれかにいらっしゃる方もあると聞きます。お近くの方、お勧めです。



 朝の大阪での地震、テレビ、ケータイの緊急地震速報が出るか出ないかのうちに揺れがきて驚きました。3名の方がお亡くなりになり、他にも被害に遭われた方はたくさんいらっしゃると思います。お見舞い申し上げます。

 わが家あたりは、震度4ということでしたが、マンション9階ですと体感的には発表された震度にプラス1くらいの印象。揺れている時間も長く感じますし、揺れ方も気持ち悪い。被害はとくにありませんでしたが、ベランダで飼っているメダカの水槽などの水が揺れてこぼれたのと、スイレンが鉢の中で傾いたくらい。
b1c9d37f.jpg 揺れが収まって落ち着いた後、ベランダを眺めたらご覧のような光景で気e4820fdf.jpg づきました。大人のメダカは、現在8匹になっています。右の写真で、上の棚の陶器の鉢に3匹、下のプラケースに5匹。特に下のプラケースは、水が半分くらいになっていました。メダカは、3年ほど前にブロ友のこころんさんにいただいてから飼い始めましたが、こういう状況は初めて。
48ff3419.jpg 下のケースのメダカたちは、朝やった餌をほとんど食べていません。よほどショックだったのでしょうか? 上の鉢のメダカは完食していたのに。
98f5d23b.jpg ところでわが家では、実は、地震の前に、台所の水回りのブレーカが落ちてしまって騒いでおりました(苦笑)。電気器具を同時にいくつか使ったせいなのですが、復旧するには、ちょっと面倒があります。コンセントの1つが、冷蔵庫の背後にあって、冷蔵庫を動かさないとテーブルタップが抜けないのです。こちらの騒動が片付いた途端に、ユッサユッサときて参りました。ブレーカ騒動で、この際、テーブルタップも古いから更新しようということになり、午前中、家電量販店へ。午後からは、なぜかご覧のように上天気になって来たのですが、何となく調子が狂い、チャンスを失って、散歩には出ず仕舞い(苦笑)。講義の準備をしておりました。

d1786ebe.jpg

 出かけた日から1週間近く経過してしまい、さらには、昨日(4/28)にも近鉄ハイキング「多度観音堂から美濃街道を歩き雨尾山飛鳥寺へ」に行ってしまいました(20180428近鉄ハイキング「多度観音堂から美濃街道を歩き雨尾山飛鳥寺へ」(予告編))。我ながら何をしているのかと思いますが、ボツボツと記事を書いていくことにします。ご用とお急ぎでない方にはお付き合いをお願い申し上げます。
3a093af6.jpg この日歩いたルートはこの地図の通り。ときどき寄り道をしたり、戻って見直しをしたりしましたが、左にある津新町駅をスタートし、反時計回りに一周して戻ってきています。9時50分にスタートし、津新町駅に戻ってきたのは、14時10分。4時間あまりかけて、8.8�qを歩きました。
b2aa2d31.jpg タイトル通り、この日のスタートは、近鉄名古屋線・津新町駅。01011955.jpg 桑名を9時1分に発車する五十鈴川行き急行に乗って、9時48分に到着。¥750。一駅手前の津までは、¥690なのに¥60もアップ。津新町駅、昔々(最初の勤務先の時代ですから、30数年前から20数年前くらい)、何度か来ましたが、ずいぶんご無沙汰。
862f0c57.jpg 駅前にあるビルも、建て変わっています。左は、改札を出て左手のビル。昔a8cf3432.jpg は、確か近鉄東海ストアがあったところ(こちら)。現在は、高層マンション。他にもボウリング場や、映画館(津東映)があったはず。右の写真は、駅正面。向かって左に建つビルは、産婦人科病院。いささかゆかりがありますが、病院名は変わっていました。「今は昔」という印象(笑)。
72a03f55.jpg この日、行きたかったところは、津松菱百貨店。ここもずいぶん前に1~2度来た覚えはあります。「夢のメダカの祭典と山野草・盆栽展」が前週の金曜から、この日まで開かれていたのです。メダカを見ようというのと、スイレン栽培セットを見て、気に入ったら買おうと思ったのです。前日の研究会も終わり、依頼された仕事もほぼ一段落つきましたので出かけたのですが、ついでに近くを歴史散歩しようという算段。とはいえ、準備をまったくしておらず、「三重県歴史散歩(山川出版社)」の該当ページを出かける直前にコピーし、電車の中で読むという、泥縄。先行きが思いやられます。
ab391b16.jpg 津新町駅の改札を出て東へ。すぐ側に交番がありますが、交番脇で右604e9971.jpg のような石柱を発見。このあたりの現在の町名は、「南丸之内」ですが、旧町名の「古河町」を表示しています。向かって右側には、由来が簡単に書かれています。古くは1�qほど南にあった衆楽のあたりを安濃川の旧河道が通っていたそうで、その旧河道に因んだ地名といいます。今日、このあと歩いた先々でこの旧町名を表す石柱がありました。石柱の反対側には新町名が刻まれています。なかなかよいアイデアと思います。
83170ba7.jpg 駅そばの踏切を渡って、岩田橋に続く道に出ます。Googleマップや、距離測βでは、「伊賀街道」となっていますが(予告編では、これにしたがって、旧・伊賀街道と書きました)、「みえの歴史街道」によれば、伊賀街道は現在の三重会館からお城公園などの北を通って、安濃川に沿う道になっています(ここからさらに北)。昔は、アーケードのある商店街だった記憶があるのですが、確信はありません。すっかり景色が変わった印象。
6aac1133.jpg 岩田橋の手前で、ちょっと気になって、右折(南へ)。昭和橋という橋が岩田川にかかっています。よく考えてみたら、この先にあるのは三重刑務所。我ながら不思議だったのですが、最初の勤務先時代、このあたりを何度か通っていて、記憶の片隅にあったのだと思います。もちろん刑務所には縁はありません。
ed519a9a.jpg 橋の手前には、地蔵堂がありました。たいそう立派な建物で、きちんと世abbbd3ce.jpg 話がなされている様子です。どういうお地蔵様が祀られているのか気になるのですが、示されていないことがよくあります。ここには「光徳地蔵」と刻まれていました。ネットで検索すると、「光明功徳仏(ピンピンコロリ地蔵)」というものが出て来ましたが(こちら)、関連があるのかはまったく不明。あちこちにあるお地蔵様は、よほど有名なものでないとその情報は出て来ませんねぇ。
0f5431ff.jpg もとの道に戻って岩田橋を目指します。中部電力の支店d1eef25a.jpg 近くには、小生のイメージ通り、アーケードのある商店街がありました。しかし、いわゆる「シャッター通り」という感じ。昔、どこかで、先輩ノ高校時代行きつけのお好み焼き屋さんに入ったと思うのですが、すっかり忘却の彼方。
f98734aa.jpg 1�q半ほどで、岩田橋。江戸時代初期には木橋が架けられ、欄干が擬宝ed974a4c.jpg 珠で装飾されていたといいます。「参宮道中の橋に擬宝珠をつけたのは、瀬田の唐橋とこの岩田橋以外には天下にない」といわれたそうです。この岩田橋の北東にあるのが、松菱百貨店。本日の目的地。
50f9a843.jpg 県内には、百貨店(歴史的用語!)は、この松菱百貨店と四日市近鉄百e5633986.jpg 貨店のみと思います。しばらく前までは、四日市に松坂屋があり、松阪には三交百貨店がありましたが、いれも撤退、廃業(と思います)。月曜日のためか、空いていました(笑)。大都会のデパートとは異なり、店内の売り場もゆったりとしていますし、お客さんも少ないのでゆっくり回れます。
47f34ff5.jpg 「夢のメダカの祭典と山野草・盆栽展」は6階催事場で開9078cc76.jpg 催。ただし、実際には、展示・即売会でした。この日が最終日で、お客さんはそれなりに。メダカは、高級品種がほとんど。たとえば、黒ラメ幹之 松井ヒレ長 1匹(税込)5,000円とか、三色ラメ 1匹(税込)6,000円とか。とても手が出ませんし、買ったとしても小生では、夜もおちおち眠れませんので、メダカは見ただけ(苦笑)。
d57176a2.jpg 結局、「このままスイレン栽培セット(ロイヤルパープル)」を1つお買い上げ(笑)。しかし、これで2447c566.jpg 予定通りなのです(写真は、ネットから借りました)。ネットでは¥1,300ほどで売っていますが、この日は¥980。現在は、右の写真のように、球根を水につけて、葉っぱが出てくるのを待っています。赤い小さな芽が出てきたところ。
f8eb3b2a.jpg 余談が続きますが、松菱百貨店の6階催事場脇には、茶室があります。3b18e9ce.jpg 「松南軒」。江戸末期、京都に建てられ、西郷隆盛や、富岡鉄斎なども来たといわれます。百貨店創業者の方が移築なさったそうです。ネットで見ると、ここで実際にお茶会も開かれるようです(2年前の情報ですが、こちら)。
022bcdf9.jpg このあと、1回の食品名店街を覗くだけ覗いて(お買い上げはなし)、外e0771adf.jpg へ。松菱滞在は、10時20分から30分ほど。外へ出て、次の目的地へ向かおうと思ったら、百貨店前に松尾芭蕉の銅像。側に箱がありますから、ここに俳句を投稿できるようです。芭蕉は、ご承知の通り、伊賀上野の生まれ。奥の細道の旅の後、大垣から桑名を経て伊勢に向かいました。その途中、津に立ち寄り、岩田川河畔から阿漕裏を眺め、「月の夜を 何を阿古木(あこぎ)に なく千鳥」と詠んだそうです。ちなみに、この芭蕉像は、丸の内商店街が平成10年(1998)年に行われた全国高虎サミットにあわせて設置したもの。偉人像として、他に藤堂高虎、谷川士清、西嶋八兵衛の像があります(こちら)。
c164ed76.jpg  津に来る車中での泥縄予習にしたがって、松菱の後は、寒松院(藤堂家墓所)、浄明院、観音寺とまわり、千寿で天むすをゲットしお城公園でお昼にするつもりでした。寒松院は、松菱から東へ1�q足らず。寒松院は、「津藩主 久居藩主 歴代墓苑」として津の史跡になっています。
981a2367.jpg 本堂ですが、これは、戦後、他所から古い堂を持ってきたものだそうで、f57d6eaf.jpg 昔の寒松院をしのぶことはできません。実際、この御堂には、右の写真のように、「瀬日山 顛(?)王寺」と読める額がかかっていました。江戸初期には昌泉院といい、2代藩主藤堂高次(たかつぐ)公が、藩祖高虎公の霊をまつるようになってから、高虎公の院号をとって寒松院 というようになっています。それ以後、この寺は藩主の菩提寺とされました。
b819d0b8.jpg 左は、初代高虎公の五輪塔。右は、高虎夫人のもの。いずれも壮大なもdb73e2a2.jpg ので圧倒されます。桑名で松平家や、本多家のお墓を見ましたが、これほど大きなものではありません。昭和20(1945)年6月26日の爆撃によって、7代高朗(たかあき)公の墓碑が欠けたそうです。北側には、津の支藩久居藩歴代藩主の墓塔が並んでいます。
8c7ad758.jpg こちらは墓所案内図。津藩主、久居藩主あわせて26基あります。久居藩主の墓は、津藩主のものに比べやや小ぶりになっています。墓石の形は、五輪塔のものと、板石のものと2種類。
45ec9e3d.jpg いつものように、境内を探索。するとまずは、「明治天皇行在所跡」の石d8cccb96.jpg 碑を見つけました。明治13(1880)年、山梨県ご巡幸のあと、7月4日に津にいらっしゃり、3日間に渡って、県庁、裁判所、師範学校、中学校などをご覧になり、7日に伊勢神宮に御親謁され、その後、名古屋、大阪に向かわれたといいます。この日は、「昭和4年紀元節日建之」とあります。このご巡幸の前には四日市・富田でお休みになっています(2017年12月23日:近鉄ハイキング「巨大かぼちゃ『中風封じの田村寺』と垂坂公園を訪ねて!!」(12/22)へ(その2))し、伊勢神宮にいらした後は、一身田の高田本山にお泊まりになられました(2018年1月19日:勝手に「JR・近鉄さわやかハイキング(笑)」……高田本山専修寺と一身田寺内町散歩(その2)専修寺の境内を歩く(前半))。
a5cc0d44.jpg こちらは「伊予松」。藤堂高虎公は伊予松山から移封されています。そのとき持参された松を伊賀上野服部河畔に移植しています。この松は、昭和52(1977)年に枯死。その後、2代目として今治から取り寄せ植えたものと同じ伊予末として、昭和57(1982)年にここにも植えたと、石柱の説明にあります。石柱には、伊勢柏翠の「こののちの幾秋風の松ならん」という句が刻まれていました(こちらを参照)。石柱は昭和59(1984)年10月に建之。
7eb25405.jpg 御堂の東には、神社がありましたが、社名標などはありません。神社検35d7bbfc.jpg 索(三重)にも載っていません。詳しい方にご覧いただくと、どの系統の神様が祀られているかお分かりになるのではないかと思いますが、小生の知識では判別不能。
83445fbd.jpg このあと、寒松院の北東にある乙部公園脇を通って、フェニックス通りへ。乙部公園では、こんな木を発見。これ、実は藤の木。藤棚にしつらえないと、こういう風なんだとちょっと感心。
9c8f6b9c.jpg フェニックス通り。同じ名前の通りは各地にあるようですが、ここは、津市dcafa9b9.jpg 中央から津市なぎさまちを結んでいます。もとは、近鉄道路より西が、昭和42(1967)年に開通し、その後、高速船ターミナル開業に伴い、近鉄道路から東へ延長されました。シンボルのフェニックスはかなり大きくなっています。
 本日は、ここまで。次は、江戸川乱歩の墓もある浄明院から。

09e87546.jpg

 台風21号、夜中過ぎに東海地方に近づきそうです。午後1時過ぎには、この1a86c042.jpg
辺りにも暴風警報と大雨警報が発令されました。雨は、朝から強く降ったり、弱まったりを繰り返しています。こんな天気ですから、おとなしく蟄居していると書きたいところですが、2回ほど出かけてきました(微笑)。
a15e7a79.jpg
 1回目は、朝8時過ぎに、選挙の投票に行ってきました。近くの小学校の屋内運動場が投票所になっています。十分歩いて行ける距離なのですが、この雨ですから、クルマで往復。出口調査をしている雰囲気の方が2名いたのですが、残念ながら挨拶したのみで、調査対象にはしてもらえませんでした。
e0b9e3e0.jpg
 10時半過ぎ、2回目の外出。家内が買い物に行くのに同行。チェーン店の某ドacf406c9.jpg
ラッグストアと、イオンモール桑名へ。どちらもけっこう賑わっていました。今日のウォーキングは、イオンモールでとなりました。イオン桑名は、3つの建物に別れています。そのうち、2つを制覇。といっても、UNIQLO、BOOKOFF、未来屋書店の3カ所を回って、最終的には未来屋書店前の休憩スペースにいました(苦笑)。読みたい本はあったものの、見つからずです。
819a5427.jpg
 おまけは、メダカ近況。といっても、激減してしまったというお話です。今年も数10匹生まれたのですが、現在5匹。去年生まれのメダカは、もういなくなりました。今年生まれだけです。最多時、4つのタッパウェアで飼っていたのに、今は、1つだけ、それも広々としてしまっています。このほか、お隣に行っているメダカが4匹。去年より歩留まりが悪いのですが、理由はよく分かりません。生き物を飼うのは、難しいです。
 余談です。昔は、台風情報と、選挙の開票速報が好きだったのですが、最近はどちらもつまらなくなった気がします。台風情報に限りませんが、諸々の情報はインターネットのお陰で、いつでも確認できるようになってしまいました。選挙の開票速報も、出口調査などで、投票終了直後から「当選確実」などと報道されますから、シラケるしかありません。あまりにも便利になるとか、スピードアップするというのはどうかという気もします。

3d1ef006.jpg
 昨日までの一週間、最近の小生にとっては「怒濤のような日々」でした(笑)。現役時代の比ではありませんが(朝9時過ぎから夜9時頃まで働いていました)、最近の生活ペースからすると、そういう感じです。今日はまた、「熱中症警報」メールが届くなど、蒸し暑い日になっています。散歩もいつも通り出かけたものの、九華公園を一回りしたあたりで、「これは無理をしてはいけない」と思い、来たコースを逆にたどって帰宅。三崎通、田町、九華公園を往復して、4.0�q。

f04490b5.jpg
 田町の商店にあるツバメの巣。もう巣立ってしまったかも知れないと思った3f692f44.jpg
ものの、まだまだでした(苦笑)。先だって見たときは(07/28;九華公園にアオサギ、田町のツバメは巣立ちの促しか?)、親が巣立ちを促しているように見えたのですが、ヒナたち、頑張っています(何を?)。親は、餌を運んできていました。

a0c5005b.jpg
 こちら、給餌シーン。3羽いるうち、向かって左のヒナの嘴の奥に餌を入れます。さて、巣立ちはいつ頃になるのでしょう? 見に行きたいと思うものの、この暑さでは二の足を踏みそう(笑)。

6ae72bcf.jpg
 九華公園ではセミ時雨真っ盛り。鳥はドバト、ムクドリ、スズメの他には、ハ99313d0f.jpg
クセキレイ1羽と、カワウが2~3羽。カワウは、この頃また野球場の照明灯の上などにいます。右のカワウさんは、野球場南の堀にいたもの。暑そうです。のどをブルブル震わせていました。

456c88cb.jpg
 九華公園のヒョウタン。実が付いたものは、けっこう成長が早いようです。このヒョウタンのみ、先日は(07/28;九華公園にアオサギ、田町のツバメは巣立ちの促しか?)、小指の長さよりかなり短かったもの。今日現在、なっている実は5つ。「千成瓢箪」と云いますので、たくさん実が付くのかと勝手に思い込んでいたのですが、この言葉、意味が違っていました(爆)。「千成瓢箪」は、小さく数が多い瓢箪の一種をいうようです。もう一つは、豊臣秀吉の馬印を指します。いやぁ、何事もきちんと調べてみないといけません(苦笑)。

1a18d85a.jpg
 住吉入江脇の木陰。桜の木です。わが家を目の前にして、一休み。この時期、木陰、日陰がないと、ちょっとキツいです。福島や、上之輪、大山田川方面にもいきたいのですが、こちらのルートは木陰も、ベンチもありませんので、ついつい避けてしまいます。

1819d9cb.jpg
 ところで、ベランダの片隅の光景。ホテイアオイを育てているのではありません(微笑)。下手な冗談を言いたくなるほど、ホテイアオイが元気です。メダカを飼っているケースです。百均で買ってきたプラスティックケースを利用しています。金魚鉢を利用したものものありますが、合計5つ。

a8b9c155.jpg
 そのうち3つのケースは、今年孵った子メダカが入っています。何匹いる91b0e24e.jpg
かは、怖くて数えていません(笑)。J Soul Brothersではありませんが、早くも3代目であります。8月に入ると、マンションの第2回の大規模修繕が始まります。そうすると、メダカたちや、わずかなグリーンも室内に取り込まなければならなくなります。ちょっと思案のしどころ。

 ちなみに、昨日は、ある心理アセスメントの研究会で、日進市のS女学園大学まで出かけていました。幹事会もありましたので、11時半出発、18時前帰宅。家内と娘は、長久手のイオンモールで楽しんできたようでした。

↑このページのトップヘ