寝溜め食い溜め

オヤジの戯言走り書き

2010年01月

今行きたい、今行って食べたいお店
これはTVで放映していたとか話題になってるお店ということではなく、以前食べたことがあるお店でもう一度行って食べたいお店、メニューという意味

今自分の中でその筆頭となっているのが昆というお店
看板には「へぎそば昆」と書かれており、新宿御苑にあるお店
もう一度食べたい物は、看板にも謳われているへぎそば

こちらのお店、昼間に度々お店の前を通るが何時も閉まっており、何時営業しているのか初めは判らなかった
そのうち、夕方から営業しているらしいことは判ったが訪れる事もなく日は過ぎていたのだが、ある時食べ友のSさんとお店の前を通りどちらからともなく「へぎそば、食べたいね」ということになってふらっと入ったのが最初

扉を開け、お店の方の「いらっしゃいませ」の言葉を聴いた瞬間、二人とも凍りついた
何故に凍りついたかと言うと、目の前に広がる光景はこれぞ小粋な飲み屋さんというものだったから
まあ、夕方からしか営業していないという時点で気付けよという話なのだが
なんせ私は完全な下戸、Sさんもこれから車を運転して帰らなくてはならずアルコールを飲む訳にはいかない
恐る恐るお店の方に「お蕎麦だけでも良いですか?」と伺うと「どうぞどうぞ」という返事、その言葉に甘えてお蕎麦を戴くことにした
初めてのお店で何も判らない為、ヘぎそばを一枚ずつ注文した
しばらく待って出てきたのが、確か笊に盛られたおそば、残念ながらへぎには盛られていなかったが一人前ずつなのでこれは致し方ない
へぎそばの為、見た目茶そばのような色、そして艶が凄い
手繰って一口食べてみると冷水できりりとしめられておりつるつると喉越しが良く、滅茶苦茶美味しい
二人とも無我夢中で食べ、間髪を入れずもう一枚ずつ追加
今度は味わいながら戴いた
お店の方にこちらで打っているのかを尋ねると、蕎麦に混ぜるふのりを捏ねた物を見せていただき、手打ちだということだった
食べながらお店の中を見るともなしに見てみると、常連さんがほとんどの様で、皆さん思い思いの肴でお酒を召し上がり、〆にへぎそばという感じ
食べ終わってお店を出、二人とも「いやー、旨かった!」というのが偽らざ
る感想

へぎそば一枚が八百円少々と安くはないが高いとも言えない御値段
でも満足感は凄かった
こちらのお店が自分的に今行きたいお店のナンバー1というのは、飲み屋さんということが自分にとって敷居がとても高いから
凄く値段が高いとか遠くにあるとか、或いは営業時間とかで敷居が高いと感じるお店は人それぞれだと思うが、自分にとっては自分のような酒を飲めない人間が飲み屋さんに入るという行為は飲み屋さんにとって場違いな人間という気がしてしまい敷居が高いのだ

時々営業している時間にお店の前を通りかかり、「ア~、へぎそば食べたい!」と思うことはしょっちゅう、時には夢の中でへぎそば食べている事もあるくらい行きたいお店「へぎそば昆」

新宿御苑辺りで飲むことがあり、旨い蕎麦で〆るのも好きという方、一度どうですか?、お勧めです


へぎそば昆HP

ここ最近、PCのトラブルが多発している
先日は液晶モニターが駄目になって買い換えたばかりだが、今回はプリンター
今朝、仕事で取引先に資料として渡す写真を印刷したところ途中で印刷が止まってしまった
プリンターのディスプレイには<Kカンコウタイコウカン>というメッセージが

このカラーレーザープリンター、実は食べ歩き友のSさんが以前使用していたもので、Sさんの会社が大型の機種を買う際に、メーカーでフルメンテナンスをすることを条件にし、そのメンテナンスをした後で私が貰ったものだ

それまで私はインクジェットプリンターを使用していたのだが、多い時には一日にA4で100枚程の写真付き書類を印刷しており、印刷の途中でインクが無くなると交換するという手間を掛けていた
印刷速度とインク交換の手間を考えるとここはレーザープリンターだよな、と思っている時にSさんからのの「あげる!」という一言に一も二もなく飛びついた訳だ

貰ってから一年半ほど使用したのだが、使用して半年ほど経った頃から紙に斜めの細かい皺が出来るようになった
Sさんのところに出入りしているメーカーメンテの人に聞いてみると直すのに三万円近くかかるとのこと
フルメンテした筈の物が半年でこれかよ、と思ったがなんせ貰い物なので文句も言えない
騙し騙し使っていたけれどとうとう寿命を迎えられたのかということで、インターネットでポチッとしました
先程メールが来て、発送したので明日配達されるらしい

昨年の暮れの携帯電話から始まって先日のモニターに続き今回はプリンター、なんか祟られているような気がしてきた
そういえば今年は年始のお参りに行ってなかったし
これから行っても御利益はあるのだろうか

今日の昼間は用事で新宿へ
用事を済ませ、どこでお昼ご飯を食べようかと考えながら食べ友のSさんに電話するも本日は用事で離れた場所にいるらしい
お一人様だと簡単にラーメンというパターンがいつもの流れなのだが、今日はちょっと違うお店へ行くことに


ダイニングバー膳丸 新宿店

こちらのお店は、夜はこじゃれた飲み屋さんなのだが昼は「京のおばんざい」と銘打ったランチブッフェをやっているのだ

ビルの入り口で、看板をしげしげと見ていた若いお兄さん二人と一緒にお店へ
こちらのお店はランチはブッフェオンリーの為に入り口受付で前金で千円を払う
私の後をついて来た若いお兄さん達は、私が前金で払うのを見て「ヘーッ!、前金なんだ」とかカウンターに並んでいる料理を見て「ウワー!旨そうジャン!」などと会話をしていた

席に案内されて荷物を置くと、すぐに料理を取りにブッフェ台へ

P1000001(8)

今日のメニューはナムル、揚げ出し豆腐、鶏の照り焼き、穴子の天麩羅葱ソースかけ、卵焼き、高野豆腐の煮物、カレー、野菜サラダ、マカロニサラダ、漬物、納豆、豆腐等々、ご飯も白飯の他に今日は鮭ご飯があり味噌汁は今日は油揚げと生海苔だった
※メニューの名前はうろ覚えの為に適当です
またデザートとホットとアイスのコーヒーなども供されている
お代わりを取りに行った際にはナムルの他にオクラと書かれた物も出ていた

P1000003(8)P1000004(6)
P1000002(8)P1000005(6)

こちらのランチブッフェは品数は多くはないが、どれも安心して食べれる感じ
冷凍物のコロッケなどの揚げ物で品数を増やすといった、品数はあるが食べたい物が少ないというようなものではないので私のお気に入りなのだ
各々の料理のサーブもしっかりしており、料理が切れることがない
カレーの上に写っている豆腐、確か何とかいうお店からの取り寄せというある種ブランド豆腐らしい、私には味の違いが判んないけど

今日もご飯とおかずを何種かお代わりして満腹、ご馳走様でした

こちらのお店、関東に何店か展開しており、お店によってランチの形態が違うらしいし、銀座などにある響もチェーン店らしい


畑の厨 膳丸 新宿店ぐるなび
新宿区新宿3-4-8 ※地図表示
11:30~15:00※ランチタイム 17:00~23:00



ランチを食べた後、新宿三丁目から副都心線に乗って平和台のPCデポへ
1.5TのHDDを二台購入
Cドライブ用のSSDを含めて、現在6台の記録用ドライブが私のPCには搭載されている
データ別に分け、更に各ドライブでバックアップを取ったりしているのでこんな事になっているのだがそろそろそのHDDが手狭になってきている
もっとHDDを多く搭載できれば良いのだが、今使用しているPCケースには3.5インチシャドーベイが6台しかない為、これ以上搭載台数を増やすことも出来ない
どのHDDを外して1.5Tと交換するか、良く考えないと失敗しそう
まあ、1.5TのHDDが一万円少々で購入できる良い時代になったと言うべきか

久々に外食の記事
別に今まで外食していなかった訳ではなく、ただ写真を撮り忘れてただけ
その久々の写真が既出のお店というのも何だかな~という雰囲気
今日は予定が二転三転し、微妙な空き時間でのランチ
パッと入ってすぐ食べられるお店ということで、ランチバイキングをやっているインドレストランのこちらのお店に


パペラ 新宿御苑店

時間は2時15分を廻ったところ
お店も混んでいないだろうと思っていたのだが、なんと八割の入り
ちょっとビックリ
店員の外人さんの「ランチバイキングで良いですか~?」との問いに大きく頷いて席へ
荷物を置いてすぐに料理のある場所へ
サラダとマハラジャ焼きそばとカチョマーサラダを一皿に、更に別のお皿にカレーを三種とナンを取って席へ戻る

P1000029(3)P1000030(3)


ここは水曜日には卵のカレーが曜日変わりの定番でこの卵カレーが私の好きなメニュー
ところがカレーの置いてある場所に行くと卵カレーが無い!
ここで結構テンションが下がる
今日のカレーは定番のチキンチリ※激辛とチキンカレー、ダルカレーとじゃがいもと茄子のカレー
カレーを取り分けている時に顔馴染みの店員さんが来たので卵カレーのことを聞くと「今日は頑張ってちょっと高級なチキンカレー作りました」みたいな意味不明に近いことを言う
なんじゃそりゃ?みたいな感じだったが、席に戻ってチキンカレーをよく見てみると確かに今まで見たこと無いようなカレーだった
カレーの中には一口大のチキンが入っているのだが、ルーの中に何か細かい繊維が浮かんでいる
見た目、鶏の挽肉を擂り鉢で擂って水に溶きそれをルーに流しいれた様に見える
お店のブログでの今日のメニューには、チキンと卵のカレーとなっているのだが、溶き卵が入っているようには思えないのだが・・・・・
まあいずれにしてもチキンのカレーには間違いないのだが、これとても旨いです
取って来た料理を食べ終え、ナンを2枚とこのチキンカレーをお代わりしてご馳走様でした

今日はお店が結構混んでいたと始めの方に書いたが、私が座った席の前にキーボードがセットされコンサートでも行なうかのような雰囲気
もしかしてもっと早い時間にライブでも行なわれ、その流れでお店が混んでいたのかも

パペラ 新宿御苑店[HP]
新宿区新宿 2-8-1 新宿セブンビル2F ※住所をクリックで地図表示

11:00~23:00(ランチ11:00~17:00※ラストオーダー16:30)
※HPの中のブログに当日のランチのカレーのメニュー有り



話は変わって、先週から自宅のPCの調子が悪い
朝にPCの電源を入れた際、モニター画面が真っ暗で何も表示されない
本来はBIOSを表示するように設定されているのだが完全に真っ暗
最初はモニターの電源を切ってしまったのかと思い、電源の入り切りをしてみたが変化無し
ゲッ!、PCが起動しなくなったと焦ったのだが、よく見てみるとキーボードのnumのランプが点灯したりコードレスマウスのランプが点灯したりしている
普段は音を出さないようにスピーカーを切って使っているのだが、スピーカーをオンにして起動してみるとWINDOWSのOS起動時のあと音が流れてくる
試しにCDを再生してみると問題なく再生される
でも画面は真っ暗
何十回かモニターの電源を入り切りしていたら画面が表示されるようになった
一度表示されるようになると再起動したりしても普通に表示され特に問題があるようには見えない
だが、PCの電源を落としてしばらく置くとまたブラックアウトしてしまう
これは液晶モニターの問題と判断し、メーカーに問い合わせてみた
状況を説明すると、「それは液晶モニターに原因があります」ときっぱりと断言された
自分では、液晶モニターの寿命は五万時間程度と思い込んでいた
そして劣化する部分は中に入っている蛍光管でこれが駄目になるものだと思っていた
今使用しているモニターは2006年に購入したものでサイズは19インチのもの、まだまだ壊れる筈がないと思い込んでいた
しかしメーカーに言わせると「2006年製ですから、もうそろそろ・・・・」見たいな感じ
修理は可能だが、二万から三万円位は掛かるとの事
メーカーの人もはっきりと、対費用の面で合わないので買い換えたほうが良いと言う
それで液晶モニターを買い換えることに
今まで19インチだったので、今回はそれより画面サイズが大きい物ということで候補を探す
24インチを探していると、今まで使っていたメーカーの新製品が27インチで出ていることを知った
どうせならこれにしちゃえということでポチッとしてみました
それが一昨日の午後のこと
その夕方にはメールが来て19日には配達されるらしい
さあ大変、受け取るまでは出掛けることも出来ない状況
ばたばたしていると昨日の昼前に配達された
何この速さ?!
最初は一昨日に秋葉原まで買いに行こうかと思ったが、持ち帰る自信が無くて断念したのだがそれは正解だったようだ
箱、でかいです、重いです、電車で持ち帰るの無理です
包装の箱は久々に見るようなでかさ、そりゃ重いでしょう10kgもあれば
机の上に何とか抱え上げて接続完了、PCの電源を入れると呆気なく画面が表示された
最近PCに関してはトホホ状態になることが良くあったので、もしかしてモニターではなくて別の原因だったらどうしようかと内心ドキドキしていたのは内緒

一日使用してみての感想

大きいことは良い事だ!の精神でこのサイズのモニターにした訳だが、どうやら良いことばかりでもないみたいで
今までの19インチのモニターの場合、モニターの中心を見ている感じで表示してあるもの全てを認識することが出来た
だが27インチのワイド画面の場合液晶の左右幅は60センチ、左右の端から端を見る場合には首を動かさないと無理、正面を見たままで見ようとすると目が疲れる
それから、今までは画面を見下ろし気味に見ていたが今回は見上げるような感じになることも良くある
なんせ液晶の上端が水平目線より高い位置にある
これ以上モニターの位置を下げようとするなら液晶モニターアームに付け替えなければならないがそれでも下げられる高さは5センチが限度、それでやっと液晶の上端と水平目線が同じくらい
更に今まで使っていたライトの高さが合わない、ライトよりもモニターの方が背が高いという事態に、これは想定外、下手するとライトで画面が隠れてしまうような情けないことになってます
昨日からの一日で首と目が凄い疲れてしまっています
机の上が狭くなったようにも感じています
今使っている机は幅が140センチ、奥行きが70センチの物で、決して小さくはない筈なのだけどそれでも狭く感じてしまうのです
そりゃ横幅が70センチ近い物が机の上に鎮座していれば場所も取られると言うものです
PCの30kgと液晶モニターの10kg、これが乗っかっている机も心配です
そのうち壊れるのではないかと

あ、良い事もあります
EXCELを開きながら写真用のソフトを開いて左右に並べて作業することが可能です
今での19インチに比べて1.8倍に近い面積、この広い作業スペースを使いこなせれば買う価値はあると思うのです

明けましておめでとうございます
年末から今まで何をしていたかというと・・・・

年末29日は朝から築地に行っていました
流石に年末の築地は場外も場内も正月用品で一杯、買出しに来ていたお客さんでごった返していました
P1000003(6)P1000004(5)

※右側は購入した毛蟹、800gのもので3.800円
この他に鮪、生いくら、わさびの花、卵焼き等を購入

この築地行きはいつものSさんと二人だった
本来はSさんの奥さんと子供二人も同行する筈だったが急遽予定が変更となっての二人だけでの買出し

買い物の後は食事
場内では八千代、かとう、米花あたりに行きたかったがどのお店も激混み、半端じゃない行列が出来ていたので断念
場外で美味しいという噂のカレー屋さんに向かう

真寿舎(ますや
P1000006(4)P1000007

右は同行のSさん

こちらでカツカレーを食べる

ということで真寿舎のレポートは終了
エッ、肝心のカレーの写真?
撮るのを忘れてがっついちゃいました!

その後も場外をぶらつき、寿月堂で抹茶入り柚子煎茶を買ったり、マックのコーヒーを飲んだりして築地を堪能した後に帰宅

抹茶入り柚子煎茶、マッタク甘くなくて煎茶の香りの中に仄かに柚子の香りがするというもの、正月にまったりとしながら飲むお茶としてもいいかも
帰宅後直ぐにいくらの仕込をする
大晦日には食べごろとなると思うが、流石に時期が終わりかけている為に皮が少し硬めなのが残念、1.5kgの生いくらを仕込んだ為に半分はSさんにおすそ分け

翌日の30日、本来は28日で仕事は終わりの筈だったが断れない用事が出来て神楽坂へ
用事自体はさくさくと終わった為、こちらのお店に

P1000031(41)


神楽坂の途中にある中華料理店として有名なお店
店頭で販売している中華饅頭で知られている
シューマイといえば崎陽軒がすぐに出てくる名前だけど、山の手育ちの年配の方のなかには、「いや、シューマイは五十番というのが昔は当たり前だった」とおっしゃる方もいる
大学生の時、ここから飯田橋方向へ歩いて二分ほどのマンションに住んでいたことがあり、こちらのお店は週に一度くらいは通っていた

P1000032(40)P1000033(38)


今回注文するのは五目入り汁そば、早い話が五目中華そば
大盛出来るかどうか聞くと出来ませんとのこと、残念ながら普通盛で

P1000035(37)P1000036(36)


五目入り汁そば 1.000円

スープの味はラーメン専門店ではない中華料理専門店のそれ
五目どころではない色々な具が沢山

P1000037(36)


麺はといえば、これまた中華料理専門店で当たり前とも言える少し柔らかめのもの
大盛には出来なかったけれど、スープもきれいに飲み干してご馳走様でした


これ以降の年末年始は何をしていたかというと・・・・・

自宅警備員をしていました (笑

だって出掛けるの億劫だったんだもん
テレビで録画しておいた映画を見たり、PCのOSを入れ直したり(例のスマートフォンとのデータ同期を力技でやっつけようとしたらPCのブートファイルがぶっ飛んで大騒ぎ、いまでもマスストレージモードでケーブル繋ぐとブルースクリーンで落ちる、原因不明)
私の場合、自宅から出ないでいる場合はあまり食べなくなって(冬篭り?)食事も一日に一度位という感じになってしまう為、買い込んでおいた食材が減らない!
生物は悪くなりそうだったのでなるべく食べるようにしていたけど、それでも年明け最初の燃えるゴミの日にはかなりの物をゴミとして出す羽目に
なんかこれ毎年行う恒例行事みたいになっているんですが、やっぱり年末になると買い込んじゃうんだよね、少しは学習しないと

↑このページのトップヘ