寝溜め食い溜め

オヤジの戯言走り書き

2010年02月

これは昨日のこと
午後二時に井荻のそばで取引会社の担当者と現地調査の予定
少し早めに自宅を出たが、雨が降っていたのであちこちうろつくのがいやだった為、井荻行きの場合の定番となっているあのお店へ


キッチン南海 井荻店

お店に着いたのが一時半少し前
イカフライとチキンカツで迷ったが、結局はチキンカツと生姜焼きの盛り合わせをご飯大盛で注文


P1000257

テレビを見ると安藤美姫がちょうど演技の最中

P1000259

テレビに気を取られながら、目の前の油の鍋でチキンカツが揚げられている音を聞いていると、メールの着信の振動が携帯から

差出人は私と待ち合わせの担当者で、訪問先の入居者の引越しが早く終わったので時間を前倒しにして現地調査を行いますというもの


エーッ、聞いてないよ~!

ちょうど目の前に置かれたお皿に注文の品が盛り付けられているところ
しょうがないのでお店のオジサンに「大盛キャンセル!、普通盛に変更」と声をかけた

出てきたのがこちら


P1000260
P1000262
チキンカツと生姜焼き 700円


そしてこちらが御飯 普通盛


P1000261P1000263


充分に大盛なのだが、これがこちらのお店では普通盛

それにお味噌汁がついて、定食完成


P1000264

揚げたて熱々のチキンカツで口の中を火傷しそうになりながら10分で完食

重いお腹を抱えながら待ち合わせ場所に向かい、なんとか15分の前倒しに成功


キッチン南海 井荻店
東京都杉並区上井草1-30-11 ※住所をクリックで地図表示
11:00~22:00
定休 木曜日



大盛にしなかったことを免罪符に、仕事を済ませて戻る途中のマックでハワイアンバーガーとダブルクォーターパウンダー・チーズを買ったけど二つは流石に多かったかも
ハワイアンバーガー、以前のテキサスバーガーの方が私は好み
ちょっとソースが甘すぎた(^o^;

御馴染みのSさんの会社へ向かい、Sさんと仕事の打ち合わせ
まあ仕事半分、時間潰し半分みたいな感じだったが、だらだらとこちらで夕方まで

夜の八時過ぎになり、帰る為にSさんと彼の会社を後にする
何か食べて行こうかと言う事になってなり、面白いお店があるからという事でSさんに付き合ってもらう

そのお店は日本蕎麦のお店なのにラーメンテータベースに載っているお店

つけ蕎麦 安土 歌舞伎町店

バッティングセンター傍の駐車場に車を停めね歩いてお店を探すが、なかなか見つからず暫く時間を食ってしまう
実はキョロキョロとお店を探している途中で何度か客引きのお兄さんに声を掛けられたのだが、あるビルの前にそんな感じのお兄さんが二人いた為に声を掛けられないように目を逸らして通り過ぎた
ところが、その二人が立っていたのがお店の入口だったのだ

やっとお店に辿り着き、カウンターに席をとる
お品書きには結構色々とあるらしい


P1000247P1000241


大盛については書かれていなかったので店員さんに確認すると出来るとのこと

Sさんはつけ蕎麦鶏肉 850円を大盛で、私はつけ蕎麦鶏肉こってり
900円を大盛で注文


P1000243

写真中の擂り鉢と擂粉木は胡麻をするための物、木の蓋がしてある器には揚げ玉が入っている

P1000256

生卵も無料、濃厚生卵と書かれている

P1000249

こちらのお店が日本蕎麦なのにラーメンデータベースに載っているのはその汁のせいだと思う
こちらのお店の汁にはラー油が入っており、普通の日本蕎麦のお店のそれとはだいぶ違っているらしい

新橋で大行列となっている港屋のインスパイア系のお店といった感じだと思う
ただ、私は港屋は行列の凄さに断念した為、未食なので比較などは出来ない
港屋に関しては、開店直後のまだあまり行列となっていない時に食べるチャンスがあったのに、自分の思い込みでそのチャンスを逃してしまっているだけに後悔の念が強い

Sさんと二人で会話をしていると、出てきたのがこちら

こちらはSさんのつけ蕎麦鶏肉 大盛

P1000250

せいろとか笊ではなく、丼に盛り付けられた蕎麦
汁はあまり油は浮いていないが、普通の蕎麦のつけ汁とは全く違った色で赤みを帯びている


こちらが私のつけ蕎麦鶏肉こってり 大盛

P1000251

Sさんのつけ汁に比べて明らかに油が多いが、それはラー油の油ではなく動物性の脂、鶏肉の油か?
また、つけ汁の器に唐辛子の粉がついているのが見える

P1000252


蕎麦は器が大きいせいもあるが、大盛でもそれほど量は感じない


P1000253


私が写真を撮っている間に一口啜ったSさん、いきなり咽ている
普通の蕎麦のつもりで啜ったら思いの外にラー油などの辛さで咽てしまったらしい

生卵を入れると辛さがマイルドになって食べ易いそうだとSさんに教えると、すぐに卵を投入していた
生卵を投入して食べたSさん、このほうが美味しいし食べやすいという事で啜る啜る

私は揚げ玉を投入して食べてみると、このつけ汁は辛味があるのと共に結構甘みが強い
この辛味があるのでこの甘みの強さもくどくは感じない
つけ汁のベースはやはり日本蕎麦の汁だと思うが、そのあたりもよく判らない位辛味と甘みのインパクトは強い
麺を見なければ、日本蕎麦を食べていることを忘れてしまうほど
このつけ汁、有りか無しかと聞かれれば、有りだろう

自分が通っていた高校、高校としては珍しく学食があり、色々な定食と共に蕎麦とうどん、そしてラーメンがあった
このラーメン、スープは蕎麦の汁なのだが不思議なほど違和感が無かった
まあ、その麺コーナーの担当が二十歳前のグラマーな年上のお姉さんだったという、その事が他はどうでも良いと思わせるぐらい大事なことだったわけだけど・・・・・

蕎麦はそんなに特徴があるとはいえず、もう少し腰が強い、或いはもっと太い硬めの方がこのつけ汁には合うような気がする
ただ、蕎麦の場合はラーメンと違って腰が強いとか硬めにするというのは難しいことだろうと思う

つけ汁の中には、焼き痕がついていたので炙ったものだと思われる大振りの鶏肉が二つ、それからメンマ!、こうなるとやはりラーメン?

P1000255

私も途中から生卵を投入、味が劇的にマイルドになる
麺を総て食べ終え、ポットに入った蕎麦湯でつけ汁を割る
多めに入れた蕎麦湯で辛さも薄まり、総て飲み干して御馳走様でした
ちなみに大盛の値段がお品書きに書かれていなかったが、50円だった

こちらのお店で食べてみて、あらためて新橋の港屋を訪れてみたくなった


つけ蕎麦 安土 歌舞伎町店
新宿区歌舞伎町2-22-8 ※住所をクリックで地図表示
18:00~14:00
定休 不明


今日は多磨へ向かう予定が入っていた
中村橋の駅から荻窪行きのバス、荻窪でランチにまるりのステーキを食べてそれから多磨へという予定でバス停へ
ところが荻窪行きのバスがなかなか来なかった為、阿佐ヶ谷行きのバスに乗ることに
荻窪は通過という事になってまるりのステーキランチは夢と消えたのでした
多磨での用事を済ませ、次に向かうのは喜多見
武蔵境から狛江までのバスが出ているのでこのバスで狛江に、約一時間弱のバスの旅

狛江駅でお腹が空いて我慢が出来なくなった為、駅前にある箱根そばで時間外れの昼御飯

今記事を書く為に調べてみると、こちらは箱根そばではなくて「生そば箱根」というらしい

注文したのは「天丼セット」、お蕎麦で生卵追加
お値段は失念、たしか620円+生卵50円だったような


P1000238
P1000240
P1000239

お蕎麦は至って普通、天丼のネタはカボチャと海老が二匹

私は基本的に路麺系のお店でお蕎麦を食べる時は生卵を入れる
別に卵が好きな訳ではなく、お蕎麦の汁がしょっぱく感じるから

サクサクと食べ終え、歩いて喜多見の用事を済ませに現地へ
どころがここでどんでん返しを喰らい、気落ちしながら新宿へ戻る羽目になった(-_-;)

昨夜は夜中の十二時過ぎにラーメン大盛を食べて帰宅
そのまま寝たのかというとそういうことにはならず、なんだかんだで寝たのは朝の六時過ぎ

昼前に目覚ましで起きたが頭がボーっとして動くのがだるい
最初の予定では今日は東府中に行かなくてはならないのだが、気分はナマケモノモード
一瞬、今日の予定を明日に先延ばししてこのまま寝てしまおうかと思ったが、それをするときっと起きるのが夕方でまた夜更かししてというパターンにハマってしまいそうだったので無理矢理起きることにする
風呂に入って自宅を出たのが午後二時過ぎ

東府中での用事を済ませ、新宿に戻って東口を出たのが午後四時過ぎ
遅めのランチを何処でするか考えたがすぐには思いつかない
あわててスマートフォンに入れてあるデータの「行きたいお店」一覧で新宿のお店を検索
新宿東口で「行きたいお店」に入れてあったのが、カレーバイキングのお店


印度屋 新宿駅前店


スマートフォン、仕事で活用するという最初の目的とは違うところで活用の場を広げているような・・・・・

新宿駅東口からは歩いてすぐ、一回に百均のシルクが入っているビルの四階
エレベーターを降りて、一瞬何処が入口なのか迷ったが覚悟を決めて目の前の扉を空けてみると正解で、お店の中へ

建物の入口の狭さ、判り難さに比べお店の中は結構広く席の数もかなりある


これはエレベーターの中のPOP


P1000153
P1000155


今は午後四時過ぎなのでディナーバイキングの時間
お店の人に「お好きな席にどうぞ」と言われ、奥の端の席に決める
席に座り、暫く待っているとお店の人がお水とお絞りを置き、メニューを見せてくれる
そこにはディナーバイキングの料金とドリンクセットとドリンク飲み放題の料金が書いてあり、これで良いかと聞かれたのでディナーバイキングをお願いする
特にシステムの説明もなくお店の人は戻っていってしまった為、バイキングの料理の置いてあるコーナーへと料理を取りに行った

カレーが五種類、グリーンサラダ、各種野菜スティック、パスタ、タンドリーチキン、スープ、ポテトフライ、インド風テンプラの何か、デザート、コーヒー、チャイなどが並んでいる
今回は取らなかったが、スパイスライスと書いてあるのはサフランライスかな
注意書きがあり、お皿は一人二枚までとなっており、問題はカレーを取る器が用意されていないこと
その為、サラダなどのサイドメニューを一皿、カレーを一皿に盛り付けることに
食べる前にカレーが混じりかけてるんですけど・・・・


P1000149
P1000148
P1000147


スパイスライスはバイキングコーナーに置いてあるのだがナンが見当たらない
お店の人に尋ねると焼き立てを席に届けてくれると言う
少し待つとお店の人が六つ切りにしたナンを四枚持って来て、二枚をお皿の上に置き「もっといる?」と聞くので「それ全部欲しい、ほかにももっといる、」というと合計四枚置いて、後で又持ってくると言う
実は二人組みの外人の男性が丸ごとのナンを千切りながら食べているので、丸ごとのナンを持ってくるのかなと思っていたのでちょっとがっかり
別に枚数食べれば同じことだけど、気分がね・・・


追加で持ってきてくれたナン

P1000150


カレーは全部で五種類と書いてあったが、今回食べたのは四種類
お皿の手前がほうれん草とマッシュルーム、左上がチキン、右上が卵と豆
、この他に写真はないが旬の野菜というのがあって大根などが入っていた
今回食べたカレーは激辛というようなものはなく、どれもそこそこ美味しい
特にほうれん草とマッシュルームのカレーは好み、殆ど辛さはないけれどコクとほうれん草の風味がいける
チキンのカレーもしっかり味が出ていてコクがあった
タンドリーチキン、しっかり下味がしみこんでおり辛味もしっかりでウマウマ、もしかしてカレーより辛いか?

カレーを一回お代わりし、合計十枚のナンを食べて今回は御馳走様でした

今回はディナーバイキングの時間帯だったが、ランチバイキングとの違いは料金だけで内容には大きな違いはなさそう
とすると900円でこの内容なら充分に有りかなと思う

今回はお一人様だったので、サクサクと食べて滞在時間三十分、コーヒーやチャイのドリンクやデザートもあったが今回は手を出さなかった
次はSさんでも誘って来るかな、その時は下のシルクでカレー用の小皿でも買って持ち込む?


印度屋 新宿駅前店 ぐるなび
新宿区新宿3-26-5
11:00~16:00 ランチバイキング 
16:00~23:00 ディナーバイキング
無休

先程帰宅して、夕食もまだだった為にいつものSさんに電話
私「例の物、持ってきてくれる?、ついでにラーメン食べに行こうよ」
Sさん「いいよ、これから行く」
別に例の物といっても危ない物ではなく、明日仕事で訪問する予定の物件の部屋の鍵
暫くするとSさん到着
私「何処に行く?、いつものお店?」
Sさん「暫く行ってないから行ってみようよ」
簡単に決定!

らーめん一兆 鷺ノ宮店

駅の近くのコインパーキングに駐車し、駅からすぐのお店に向かう
お店に入ると先客一人、空いている
カウンターだけのお店なので写真を撮り易いように端に席をとる

注文は我々二人とも同じもので香醤らーめん、私は大盛、Sさんは普通盛(Sさんは帰宅してから奥さんの手料理を食べる為)

P1000091

こちらのお店の一押しは特上坦々麺
我々二人は一通り総てのメニューを試したのだが、どういう訳か同じものがその中で一番のお気に入りとなった
それが香醤らーめんで、色の薄めの醤油ラーメンに背油が浮いているというもの、いわゆる醤油豚骨ラーメンで背油チャッチャ系のライト版という感じ
そんなにくどい味、油ではない

暫くして登場したのがこちら、香醤らーめん大盛

P1000093
P1000094
香醤らーめん650円+大盛100円


トッピングの極軽く湯通ししたもやしが良い仕事している一杯

これに胡麻擂り器で擂った胡麻をたっぷりかけて啜るのが好き

P1000095

麺は自分的に一番好きな札幌の低温多加水麺ほどのプリプリ感ではないが、程よい腰とプリプリ感でこちらのスープには合っていると思えるもの

激腹減りの時にはらーめん大盛に満腹セットで割引価格の290円でチャーシュー丼をつけたりするのだが今日は自粛
考えてみたら、以前は間違えて和風醤油らーめんの大盛を頼んでしまい、一応完食した後にどうしても香醤らーめんが食べたくて大盛の香醤らーめんを追加したこともあったので、食べる量に節度を持つ事を覚えた自分は偉い!・・・・済みません、物を投げないで!

このお店、阿佐ヶ谷にも支店があるらしいがそちらは未訪
ラーメンデータベースでの評価もバラバラで、知名度も高いお店でもないようなのだが我々二人にとっては贔屓にしているお店のトップかもしれない

今日も美味しくスープまで飲み干して完食、ご馳走様でした。
因みにSさんは病院で塩分を控えるように言われているのでスープは残してました


らーめん一兆 鷺ノ宮店HP
中野区鷺宮4-2-3 ※住所をクリックで地図表示
平日11:15~15:30 18:00~25:00
土日祝日 11:15~25:00
無休



お詫び
先日の洋包丁の記事の最後に、偉そうにコメントをいただければという内容のことを書いておきながら、記事によってコメントをお送りいただくボタンが表示されたりされなかったりという状態になっております。
原因が不明の為、現在livedoorに問い合わせをしております。
コメントを下さろうと思われた方がいらっしゃいましたら、誠に申し訳ございませんでした。近日中に改善できるものと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

今日も寒い朝だったが、仕事で入谷へ
取引先の担当のKさんと待ち合わせ、用事が済んだのが十二時過ぎ
現場から近くにあるお店で昼食にしようということで二人で気になっていたお店
入り口に張ってあった本日のお品書きを二人で眺める
AとBの日替わりがあり、それに五品から三品選べる小鉢がつく
結構ヨサゲかもと思っていると、お品書きをしげしげと見ていたKさんの一言
「済みません、私カキフライ食べられないんです」
本日の日替わり、AもBもカキフライが入っている(^_^;)

お店を変えようということになり、次の目的地の北千住でランチにすることに

北千住駅から目的地に向かう道の近くにあるお店ということで二軒のお店をピックアップ
どちらもマルル一等兵様がレポなさっていて評判の高いお店
一軒は洋食の三幸、もう一軒は和食の味久
この二軒、お店同士も近くにあり、北千住駅からだと三幸、その先に味久という順番
まず三幸のメニューを確認してから味久へ
両店のメニューを堪忍してからKさんに何を食べたいのか聞くと、味久の盛り合わせフライという返事
大衆割烹 味久
P1000073(8)


この時点でお店の前には行列こそなかったけど、店内は満席
ということで、お店の前で待つことにしました

暫く待つとお店の人が呼びに来てくれて、お店の中へ
お店の中は近所のサラリーマングループから一人のお爺ちゃんお婆ちゃんのの常連さんで大賑わい
奥の小上がりに案内され、席に着くと同時にKさんの盛り合わせフライ定食と私の刺身定食を御飯大盛で注文

P1000062(9)

注文後、Kさんに「今日の盛り合わせフライ定食はカキフライとオイスターフライと牡蠣のテンプラだそうですよ」などというと「エーッ、勘弁して下さいよ」などとずっこけていたのだが・・・・・
その後も仕事の話などをしながら暫く待つと二人の料理が到着

まずはKさん注文の盛り合わせフライ定食、御飯大盛


P1000070(7)
盛り合わせフライ定食950円+御飯大盛100円


P1000071(7)

これも見事なフライの山!
揚げ立てでジュジューいっている

そしてこれが私の注文の刺身定食、御飯大盛


foodpic1869456_compressed
刺身定食1.000円+御飯大盛100

アップで

P1000065(9)
P1000068(7)
P1000069(7)

写真、お盆の向きが逆になっているのに気がつかず撮影してしまった・・・orz

こちらのお刺身も凄いことになっている
鮪赤身、大とろ、ぶり、北寄貝、甘エビ、帆立貝、青柳、蛸、等々が山盛り
どれも鮮度が良く、ピカピカと輝いている
刺身の角が立っており、口に入れるとプリプリ、大とろはとろける
青柳も臭みなどなく美味しい
更に小鉢でほうれん草の胡麻和えと切り干し大根等の煮物、漬物などがついている
御飯も丼ではなくお茶碗だが、日本昔話盛といった様相

Kさんのフライも色々なネタが盛り合わせてあるようでニコニコしながら食べている
ここで衝撃の事実が判明!
Kさん「カキフライがあります」
私「大丈夫ですか?」
Kさん「チャレンジしてみます」
私「???」
Kさん「大丈夫でした。美味しいです」
私「!!・・・・・」
何のことはない、単なる食わず嫌いでした(-_-;)

御飯の盛を見て、私に騙されたとか嵌められたとか喚いていたKさん(どちらかというと男性としてはかなり食が細い)も何とか完食

二人してご馳走様でした

我々がお店を出る時には、他のお客さんは殆ど居らず、最後の客に近い状態だった
お店を出ると、表は日が射し始めており、Kさんはお腹がきつくて眠いなどと言い出す始末、もう一軒仕事があるのに

実はこちらのお店、マルル一等兵様の後追いで訪れたお店だが、今まで五回訪問して二回満席の為に断念しており、常時混んでいる
一度は開店時間前に訪問したのに駄目だった
駅近のお店というわけでもないので、近隣の住人のリピーターが多いのだろう

次回は今回候補の一つだった三幸に行ってみたい



大衆割烹 味久HP
足立区千住旭町19-7 ※住所をクリックで地図表示
ランチ 11:30~14:00
無休※ランチも無休


今日は仕事で早稲田に
仕事はサクサクと終わったので、相変わらずの遅めのランチをとることに
高田馬場から帰る為、早稲田から高田馬場まで歩きながら途中にあるお店で食べることにする
色々なお店の入り口をキョロキョロしながら歩く、これもまた楽しい
でも本当にラーメン屋さんが多い
都内で一番のラーメン店激戦区なのじゃないだろうか

お店ウォッチングに気を取られ、気がつくともうすぐ明治通りという辺りまで来てしまった
まずい、このままだと「べんてん」に行ってしまいそう
そう思った時右手に見えて来たのがこちらのお店



P1000139(1)

P1000134(1)


ということで、今日のランチは


カリーライス専門店エチオピア高田馬場店


こちらのお店、TVなどにも度々登場する有名なカレーライスの専門店の支店の一つでラーメンデータベースの系列のカレーデータベースでは新宿区内のランキング1位!

今まで気にはなっていたのだが、自分の場合ライスと合わせるカレーはドロッとした欧風カレーが好みで、こちらのお店は違うような気がした為に訪れなかったのだ

P1000130(1)
P1000129(1)
P1000128(1)
P1000127(1)
P1000127(1)
P1000131(1)

メニューは結構あるが、情報が少ない私は店員さんに相談
すると、チキンカレーと野菜カレーが人気だという

メニューの左上に書いてあったのがビーフカレーで、メニューの法則から言えばこれがお奨めかと思って、尚且つビーフレーが好みだったのだが、
店員さんの言葉に大人しく従ってチキンカレーを大盛で注文
付け合せはフライドポテトと茹でたポテトを選べるということなので茹でたポテトをお願い
辛さはどうしますかというので、当然ここは
70倍!






嘘です、そんなの食べれません、死んじゃいます!
ということでヘタレの私は恐る恐るの3倍で注文

私が訪問する直前に入店したと思われるカップルがいたのだが、注文は私の方が先
だが見ていると三人分同時に別々の小鍋を使用して調理を始めた
カップルの一人は野菜カレーを注文したようで、小鍋に沢山の野菜が入っている、あれも美味しそうかも

ってメニューを良く見るとチキン+野菜カレーなんていうメニューもあるじゃないっすか!、これにすれば良かったか?

暫く待つと、付け合せの茹でたポテトが登場

P1000135(1)
実は写真を撮るのを忘れて半分に割ってしまったのは内緒
上手く誤魔化してあると思うけど・・・・・

ゆでたポテトにマーガリンをつけて食べているとメインが登場!

P1000137(1)
P1000138(1)

見た目はインドカレーのよう
でもライスはインディア種ではなくてジャポニカ米、当然ナンも置いてないし・・・・・
ルーをスプーンで掬ってみると凄くさらさら、とろみは野菜だけみたい
食べたことがないので判らないがスープカレーってこんな感じ?
上の写真でライスとルーの接地部分でライスにルーが染み込んでいっているのが判るだろうか

ライスとルーを混ぜて一口・・・・・・
鮮烈なスパイスの刺激、スパイスの尖った香りがスパッと駆け抜けます
やはりこれはインドカレーとはやっぱり全くの別物です
インドカレーのような重厚なコク、じわじわ来る辛味というのはありません
説明は難しいのだけれど、インドカレーは香辛料を加えて長く煮込んだものとすれば、こちらのカレーは煮込んで柔らかくなったチキンに野菜を溶けるまで煮込んだスープをを入れ、仕上げにスパイスを振ったとでも言うような感じ
3倍にしているので辛さはそれほどでもないが(でもしっかり辛さは感じます)スパイスの香りの鋭さはインドカレーの比ではありません

食べ始めた時は大盛でも問題なくいけると思ったし、ルーの量も結構ありそうに見えた
しかし、このルーの中に柔らかく煮込まれた一口大のチキンがゴロゴロと入っており見た目以上にルーが少なめ、それとルーに濃厚さがない為に飽きがきて苦戦、結構時間を掛けて何とか完食した

元々自分の好みからは外れたタイプのカレーではあったけど、カレーはスパイスの香りと刺激が一番と考える人には合っているのかも



カリーライス専門店エチオピア高田馬場店 (HP)
新宿区西早稲田3-28-1
11:00~23:30
無休


今日は仕事で板橋区東坂下へ
サックリと仕事を終えて、さて遅めのランチを何処で食べようか
私の記憶では、確か環八と中山道の交差点のところにラーメン系の変わった名前のお店があった筈・・・・
ところが行ってみると見当たらず!、私の記憶違い?

ちょっとテンション下がりつつ新板橋で下車して埼京線への乗り換え
行きと出口が違った為、少し遠回りとなる道を歩いている間にこの店の前に
そうだ、新板橋にはこの店があったじゃないか!!
ということで、本日の遅いランチはこちらのお店で


洋庖丁 板橋店


P1000110(2)
P1000109(2)

このお店、ランチと謳っているが夜もこのお値段
ちょうど夕方ちょっと前ということで他にお客さんはなし
でもランチタイムともなるとちょっとした行列が出来たりする
ここ以外にも高田馬場や江古田にも同じ名前のお店があるが、きっと同系列のお店だろう
また同じようなメニューを出すお店が幾つかあるが、こちらが元祖らしい


P1000100(5)

P1000099(5)
P1000101(4)
P1000103(3)

ここの料理は炒め物と揚げ物がメイン
今回はスタミナ焼をライス大盛で注文

総てがカウンター席となっているが、今回はキッチンを向いての席に座った為に調理の総てが見える
凄い強火で野菜を炒めており、尚且つ焦げちゃうんじゃないのというくらいじっくりと火を通している
このあたりは中華料理店での強火で短時間というのとは対照的

焼き(炒め)上がった料理をお皿に盛って、真ん中に卵を落として完成

出てきた料理はこちら

P1000104(3)
P1000105(3)

大盛でお願いした御飯、山盛りの姿が素敵!

P1000106(3)
P1000107(2)

豚汁と書かれているお味噌汁

P1000108(2)


スタミナ焼、このお店独特のタレで味付けされており濃い味が御飯が進む
生卵を崩して混ぜ合わせるとマイルドに
野菜はじっくり火を通してある為に甘みが引き出されておりとても旨い
このメニューは肉より野菜のほうが圧倒的に多いが、そんなことは気にもならない
もし肉がメインの方が良ければ、からし焼肉ランチなどがお奨め
因みにからしといっても唐辛子やからしは使われておらず、多めに使われた粗挽き胡椒のピリ辛と香りが食の進む一品

豚汁と書かれているお味噌汁、キャベツなどの具が沢山
油が浮いていたが豚肉は見当たらず、味は普通

ちょっと多いかもと思った御飯だが、スタミナ焼の濃い目の味に誘われて気がつけば完食、御馳走様でした

今回は、スタミナ焼750円、ライス大盛+100円の合計850円


洋庖丁 板橋店(
食べログ.com)
板橋区板橋1-48-1 ※住所をクリックで地図表示
11:00~22:30
無休


このブログを始めた時、日記代わりになれば位の気持ちで始めた
日記代わりというのは本当だし、自分が他の方のブログを読んで面白そうだから自分でもやってみようと思ったというのもある
世の中にはとても面白い、或いは役に立つブログが沢山有り、自分が毎日巡回してチェックしているブログも沢山ある

ただそういう状況だから私のブログを訪問して下さる方などいないだろうと思い、今までアクセス解析など見ていなかった
先日初めてアクセス解析を見て、毎日数十人の方が訪問して下さっているのを知った
自分は基本的にヘタレなので、人柱的な穴場のお店に突撃するわけでもないし、在り来たりのお店でランチして在り来たりな感想を書き連ねているので、訪問して下さった方が何の記事が理由で訪問して下さったのかも全くの不明

そこで、訪問して下さった方にお願いがあります
もし宜しければ、一言コメントを入れてくだされば嬉しいです
こちらに登場したお店に行ってみた感想、異論反論、お叱りでもなんでも結構です
宜しくお願い致します


最近は以前ほどパソコンに深刻なエラーが出なくなった為、OSの再インストールを行なうこともなくなった
昔のAthlon1.2Ghzを搭載したPCの時は殆ど毎日のようにOSのインストールを行なっていたときがあった
エラーが出るのだが原因が不明で色々とパーツを換えても直らず、最終的に原因はM/Bだったのだが途中で交換したM/Bも不良品だったという悪夢のような状態で訳判らん状態に突入した結果だった

今現在はXPの32bit版とVistaの32bit版をデュアルで動かしているがメインはXP、Vistaはゲームで使用するのみという状態になっている

新OSの7もProfessionalのアップグレード版を、それもちょっとした手違いから2パック買ってしまうという笑えないへまを仕出かしたのだがまだインストールしていない
理由はメインで使っているアプリの幾つかがVista以降で動作しないから
ソフトによっては新しいバージョンに買い換えれば済む事なのだが、これが結構費用が掛かるのだ
ただいずれOSを切り替えねばならず、その際にはアプリも買い換える必要が出てくる
一気はきついので、今から一つずつ買い揃えようかと思っている

以上のように製品版を買って使用している他に、フリーソフトを幾つか使用している

OSをインストールし直すと当然アプリも入れなおさなければならないのだが、製品版は目の前にインストールCDを積み重ねて片っ端から入れていくので入れ忘れることはないのだが、フリーソフトの場合は何を使用していたのか忘れてしまうことが多く、後で探し出すのが結構大変

ここで、メモを兼ねて現在使用しているフリーソフトを書き残しておこうと思う

シェル拡張ライブラリ 右クリックの機能を拡張
ファイルの日付変更など多機能 (HP

EditMTU インターネットの速度改善
HP) ※バグがあるようで、使用にはレジストリの再設定が必要

Attributer エクスプローラーのシェル拡張プログラム、シェル拡張ライブラリと併用 (HP

CopyExt - 拡張コピー 色々な条件を設定してコピー、移動が出来る
タイムスタンプをオリジナルと同じにしたままでのコピーや移動が出来るのが大変便利 非常に多機能でコピーや移動の際にこんな機能があったならと思われる機能が全部ある お奨め! (HP

Shock Bookmark よく使うフォルダを2アクションで開く (HP
エクスプローラーで階層が深いフォルダでも一度登録すれば2アクションで開くことが可能

Thumbnail Size Changer エクスプローラーで表示を縮小版にしたときのサムネイルサイズを簡単調整 通常96ピクセル四方のサムネイルを最大256ピクセル四方まで変更できるソフト (HP

Taskbar shuffle タスクバーのタスクボタンをドラッグで入れ替えできる
(HP

SIW System Information for Windowsの略でPC内のハード・ソフトウェア等の詳細な情報を表示 表示は英語 (HP

Schedule Watcher 卓上カレンダーに書き込む感覚で使えるスケジューラーの定番ソフト (HP

Magical Jelly Bean Keyfinder OSなどのシリアルが判らなくなった時に表示してくれるソフト 再インストールが必要な時に便利 私の環境ではOS、office、AdobeAcrobatのシリアルが表示された (HP

Active@ Hard Disk Monitor PC内のHDDのS.M.A.R.T値や温度を表示するソフト ある程度の目安に、過信は禁物 
GIGAZINE紹介記事

PDF-Xchange Viewer タブ切り替え型で幾つかのPDFを開いてタブで切り替えて見比べることが出来る 動作も軽快 (HP



これらの他には いじくるつくーる、窓の手、窓使いの友などの定番ソフト、GoogleChromeやFirefox3.5、WindowsSearch4.0、Winshot辺りが使用しているソフトとなる
これ以外にも幾つかあるのだが、結構マニアックなものだったり使用に注意が必要なものだったりするので今回は割愛
当然上記で挙げたソフトも使用に関しては自己責任ということで

こうやって書き出してみると結構あるなというのが正直なところ
出来れば再インストールしなければならない状況にならなければ良いのだが


これらのソフトを無料で提供して下さっている方に感謝!











御馴染みSさんと映画を観に行こうという予定が今日に変更して決行されることになった
ただ、Sさんが昼に仕事の予定がある為と観ようとしている作品がどういう訳か夕方からしか上映されない為に時間が中途半端
観ようとしている作品はブルース・ウィリス主演の「サロゲート」なのだが、この上映はレイトショーのみ、土曜の今日もレイトショーとスーパーレイトショーの二回のみで最初が八時十五分スタートという上映
夜型人間の私にとってはありがたいことなのだが、一般の方にとってはいかがなものか?
本来ならユナイテッドシネマ・としまえんは私の自宅からも近いのでこちらでSさんと待ち合わせした方が楽なのだが、夕方まで退屈なのとSさんが遅刻する心配があるので新宿御苑まで迎えに行くことに
ついでに新宿御苑か新宿近辺、その辺で腹ごしらえをしようという算段

副都心線で新宿三丁目で降り、何処に行こうかと考えて困ってしまった
候補が思いつかなかったのだ

すぐに思いついたのが「博多天神」、でもわざわざ出てきてそれでは余りにも芸がなさ過ぎる
暫く悩んで思いついたのがこちらのお店
ただ場所柄土曜日に営業しているかどうかが心配
お店の前に到着すると、やってました、一安心


旬麺しろ八


P1000008(6)

こちらのお店、以前は新宿御苑側から靖国通りを渡った富久町にあったのだが去年の九月にこちらの地に移転して来たのだ

以前こちらのお店があった近所に、昔は野沢屋という旭川ラーメンがありそのお店の醤油ラーメンが大好きだったが閉店してしまった
更に青葉新宿御苑店もお気に入りで多い時は週に三回以上食べに行っていたが、こちらも新宿三丁目のマルイに移転してしまい新宿御苑でお気に入りのお店がなくなってしまった

そんな時に以前の場所のこちらのお店を訪問するきっかけになったのはこちらの方のブログを拝見したのがきっかけだったのだが、初めて訪問して食べて感じたことはとても優しい味と感じたこと、そしてとても丁寧に調理していて供された丼の中が美しく見え、実際に食べたら見た目通りにとても美味しかったということ
その時はしろ八麺の大盛を食べて、追加で味噌ラーメンも食べてしまった
その位美味しかった

ただ、靖国通りを渡るというのがネックになってその後もなかなか訪問回数は増えなかった

移転されてからの訪問も今回が二回目で、前回は移転して間もなくだった為に大盛が出来ないなどの制約があったが今はどうだろうか

P1000004(11)

自販機で食券を購入するのだが、今回は冬季限定の味噌らーめんを中盛で購入
時間が四時半と中途半端な為だろうか、他にお客さんはなし

券を渡して待つ間にメニューなどをチェック

P1000002(11)
P1000001(11)
P1000003(11)

こちらのお店は無化調で、季節ごとに付け合せの野菜が変わる、その野菜も無農薬無化学肥料のみを使用するというこだわりをもつお店

暫く待って供されたのがこちら

P1000006(6)
味噌らーめん780円+中盛60円 ※合計240g

非常に美しいと思える姿形、この美しさもこのお店の特徴
香りからはあまり味噌は感じられない
スープを一口飲んでみると、これまた味噌が前面に出たスープではなく、逆にエッこれ味噌?と思うぐらい柔らかい味、まろやかで棘のない味
だが結構とろみのあるスープは濃厚で、私の馬鹿舌だから当てにはならないが何かナッツのペーストが入っているようにも感じた

たまに無化調のお店は味が薄いとか個性がないとか物足りないなどという人もいるが、自分はこちらのお店のスープは充分に個性的なスープだと思う

麺は中太の縮れ麺、少し硬めに茹で上げられており、プリプリ感が凄い
私は個人的に札幌ラーメンで使用される低温多加水麺の独特な強いプリプリ感が好きなのだが、あの低温多加水麺はどうしてもかん水の匂いが強く出てしまう
私は札幌ラーメンの場合はあの匂いもその個性の一つと認めているのだが、こちらの麺はそれに負けないくらいのプリプリ感がありながらあの匂いがない素晴らしい麺だと思う
もしこちらの柔らかい味噌らーめんのスープに札幌系の麺を合わせたらきっと匂いが邪魔になっていまいちの味になってしまうのだろう

夢中になって麺を啜りスープも一滴残さず飲み干して完食、大盛にしなかったのを後悔した

兎に角旨かった
味噌の風味が控えめなので一般に流行っている味噌ラーメンとは別物だがこれは大有りだと思う
ラーメンデータベースで新宿で二位というのも頷ける
お店の店員さん(店主さん)の対応も素晴らしく、これからもちょくちょく寄りたいお店のひとつ


旬麺しろ八
新宿区新宿1-12-1
11:30~20:00※スープ切れ終了
定休 日曜祭日


映画館に着いて、まだ開演まで多少時間があったのでその間に食べたのがこちら

P1000009(5)

フライドポテトとホットドック、Mサイズのドリンク1本、これを平らげ、更にMサイズのポップコーン(バケツに入ってました)とMサイズのドリンクを上映中に一人で食べ尽くしたのは私ですが、何か?

因みに観た「サロゲート」、まあこんなものかなと・・・・


↑このページのトップヘ