寝溜め食い溜め

オヤジの戯言走り書き

2010年03月

雨が降って寒い日が続いていたが、やっと少し暖かくなった
今日仕事で向かったのは綾瀬
取引先のKさんとの待ち合わせが午後一時だった為、私もKさんも御昼ごはんを食べていない状態
まずは仕事をサクサクと済ませ、連れ立って遅めのランチへと向かう
時間は二時を廻っており、綾瀬の駅の周囲を一回りするがこれといったお店が見つからない

探すのにも疲れ、どうでもよくなって向かったのはいつものビル地下のレストラン街
こちらを一周するも、今回Kさんが選んだのはやっぱりというか、そんな予感がしていたお馴染みのこちらのお店


虎髭 綾瀬店


二人で店前の見本を見ていると、Kさんが興味を示したのが特盛定食
こらこら、あなたにはその量は無理でしょうが!
お店に入ってメニューを再度確認して注文したのは、Kさんは小皿定食、私は酢豚定食、更に追加で虎髭餃子の十個盛を頼む



foodpic258217
foodpic258215
foodpic258218


暫く二人で雑談をしている間にも、次々とお客さんが入ってくる

まず先に虎髭餃子が到着


foodpic258212

女性でも楽に一口で食べられる位の小振りな餃子
食べてみると肉汁がたっぷりで旨い
空腹の二人がパクパクと半分ほど食べたところにメインが登場

こちらはKさんが注文した小皿定食 900円
海老のチリソースとナスの味噌炒めの二つのおかずが楽しめる


foodpic258213


こちらは私の注文した酢豚定食 850円

foodpic258206

最近流行の黒っぽいものではなく、極オーソドックスな酢豚
お味は普通に美味しいです

ジャンボ三兄弟に比べれば量は可愛いものだが、ランチとして食べるセットメニューとしては充分

食べている途中で虎髭餃子を十個盛で追加、それ位この餃子は旨かった

仕事の話などをしながらゆっくりと食べ進め、二人とも完食、御馳走様でした


虎髭 綾瀬店
足立区綾瀬3-4-9サンポップB1F
11:00~23:00

今日も寒い
中村橋の千川通りの桜を写真に、なんて思っていたがこの寒さで敢え無く中止

御昼御飯にいつものSさんを誘おうかと思い電話してみると、なんと胃腸の調子を崩して寝込んでいるらしい
まあ、日曜日だしゆっくり体を休めて貰う事にして、今日はお一人様ランチの旅へ

なにかネタはないかとあちこち覗いていると、隣の富士見台にある武蔵野饂飩のお店が引っ掛かった
お店のある辺りは何度も通った事がある筈なのに全く気がつかなかった
外食で饂飩を食べるなんて何年ぶりだろう、というか外食で饂飩を食べた事があったかどうか不明
ただ、Sさんとも武蔵野饂飩を食べに行きたいという会話をした事があるのでこれは良い機会かも

食べログで詳しい場所を確認してチャリンコでお店へ
家を出る際は、初めに冷やしうどん、追加で鶏南蛮を食べようと思っていた
家を出てから十分ほどでお店に到着

吉見うどん

P1010642


お店の前のウィンドーには、日本蕎麦屋さんで見る光景
ただ、うどんだけで蕎麦や丼物の飯類がない・・・・うどんだけだ!

P1010643


お店の中はレトロチックな雰囲気、昭和の頃のお店のよう
でも綺麗に掃除がされていて落ち着ける雰囲気

品の良い老夫婦二人で切り盛りされているらしい
入口脇に作られた麺打ち場で御主人が饂飩を打っていた

P1010633


お品書きはこちら

P1010640
P1010639
P1010638

お店に来る前は、まず冷吉見うどん、それから追加で鶏南蛮を食べる心算だったのだが、寒さに負けて鶏南ばんうどんを注文
量を見て、そんなに多くないようなら冷吉見うどんを追加して交互に食べようと考える
この時点では、大盛にしたほうが良かったかななどと考えていた


注文してからそんなに待たず、御主人が器に盛り付けているのが見えた
エッ、なんかラーメン丼みたいな大きさなんですけど・・・・・

そしてテーブルの上に置かれたのがこちら

P1010634

角度を変えて

P1010635

柄こそ日本食の器だけれど、これラーメン丼そのものの大きさ

上に載った具の種類の多さ、鶏肉の大きさに驚いた
武蔵野うどんって食べるの初めてだと思うのだが、具がこんなに多いのは普通なんですか?

饂飩はこんな感じ

P1010637

手打ちの為、饂飩の太さが微妙に違う

まずお出汁を一口

う、ウマーイ!

特に何がどうしたというのではないが、すっと飲めるお出汁

次に饂飩をいただきます

・・
・・・
・・・・
・・・・・・・・・エーッ、饂飩てこんなに旨かったっけ?
讃岐饂飩とは違ったモチモチ感、そして良く聞く武蔵野饂飩のゴワゴワ感とも違う食感
何なんだろう?、とにかく今まで食べた饂飩とは違う感じ

とにかく
滅茶苦茶旨いです

鶏肉はプリプリしていて臭み無し、でかいのがごろごろしてます
そして饂飩が丼の底まで一杯!

いやー、食べ応えあるな~
初めは無我夢中で食べていたけれど、途中で一息ついて落ち着いて食べ続けます
色々入っている野菜も旨いわ

具も饂飩も総て食べ尽くし、最後は丼を持ち上げてお出汁まで完飲
御馳走様でした

とても追加を頼めるような量ではありませんでした
冷吉見うどんから注文していたら地獄を見ていたかも・・・危なかった!

いや、これは久し振りの大ヒットでした
饂飩がこんなに旨く感じたのは初めて
今まで蕎麦食いに行こうとは思っても、饂飩食いに行こうとは思わなかった自分ですが、これからは饂飩食いに行こうも有り!も有りです
これからちょくちょく寄りたいお店がもう一軒増えました

そうだ!、まずSさんを連れて来なくては


吉見うどん(食べログ)
練馬区富士見台2-17-19 ※住所をクリックで地図表示
11:30~20:00
定休 木曜



昨日までの雨も上がって、洗濯物を干すのには良い日和
と言う訳で、自宅で仕事をしながらその合間に洗濯しては干すという事の繰り返し

昨夜はいつものSさんと彼の会社の期待の新人のK君の三人で、中村橋にあるインドカレーのサグーンに繰り出した
三人でカレーを四品、サラダを二品、タンドールチキン、ナンを四枚とチーズナンを二枚、各々でドリンクを注文
ガッツリ食べた(食べ過ぎて夜中に調子を崩した)のだが、なんせ私が写真を撮る前に食べ始めてしまうのでこの写真は無し(T_T)

今日は夕方まで食事抜きで仕事をしたので、何処かへ夕御飯を食べに行く事に
今回は隣の駅の富士見台へ向かう事にする
自宅のある中村橋より富士見台の方が商店街は大きい
沢山ある飲食店の中から、今日は久し振りにこちらのお店へ



P1010632


餃子の王将 富士見台駅前店 


こちらのお店、残念ながら昼間は営業していない(はず?)
お店に入ると、開店してから時間がたっていない為かお客さんもまばら

P1010625
P1010627
P1010626


メニューから王将定食を御飯大盛で注文
出来るまで店内を観察すると従業員の人達はほとんど変わらないみたいで、私が最初に訪れた時に店長と勘違いした綺麗なお姉さんや鍋を振っている店長だったオジサン、若いヤサメンのお兄さんもいる
ただ、もう一人お姉さんが増えていた
まあ、私も最近はたまにしか訪れないのであまり偉そうな事は書けないけど
そんなことをしている間にあっという間にお店は満席、家族連れも多い

暫く待って登場したのがこちら


P1010628
P1010630
御飯大盛 +52円

P1010629

そして少し遅れて到着したのが焼きたて熱々の餃子

P1010631

カニ玉、鶏の唐揚げ、肉団子、海老揚煎餅、沢庵、餃子の王将セット
餃子の王将の他店舗にもこれがあるのかどうかは不明だが、こちらのお店での私の定番

カニ玉は卵がトロトロ、ウンマイです
鶏の唐揚げはいつもながら固めの肉、歯応えあり過ぎ!
肉団子、いつものようにカニ玉の甘酢餡を絡めていただきます
よく判んないのが海老揚煎餅、デザート?、な訳はないのでこちらも甘酢餡を絡めておかずに

そして餃子、店名にも入っているほどで当然旨い!
暇な時間(ほとんどないけど)に綺麗なお姉さんが一つずつ手作りで餡を包んでいるのを見た事があるので当然手作りです
単品で単純に比べればもっと美味しい餃子は沢山あるのだろうが、この味のこの餃子をこのお店で食べるのが良いんだわ

こちらのお店からそんなに遠くないところに、同じく店名に餃子が入っているチェーン店があるのだけれど、私が行くのはこちら
店員さんの応対が良いんだよね

御飯を大盛にしたせいで、ちょっとヤバいかなと思ったけど、無事完食
御馳走様でした

今日食べたのは、王将定食御飯大盛 965円



餃子の王将 富士見台駅前店
練馬区貫井3-7-8
16:00~22:50
定休 火曜


今日の予定に急遽組み込まれた浅草行き
駅のそばで同行者のKさんと待ち合わせ
一時半の待ち合わせで、お互い少し早めに着いたけど、どちらもまだ御昼御飯を食べていない状態
だが次の予定地に向かうまでには三十分弱しか時間がない!
早そうなのは浅草むぎとろのむぎとろバイキングだが、あそこまで行って待ち時間があるようだと致命的
どうしようかと周りを見渡したところ目に入ったのがこちらの看板


さくら水産 浅草吾妻橋店


こちらはチェーン展開している居酒屋さんで、昼は激安のランチをやっており、安い、早いで有名なお店
新宿御苑にもあり、御昼時は目茶混みしている
日替わりランチは五百円他の物でも六百五十円ほどで、袋海苔、生卵、漬物、ふりかけ、更に御飯とお味噌汁もお代わり自由という嬉しいお店

劇混みしていたらどうしようかと思ったが、こちらの浅草吾妻橋店は裏通りにあって目立たない為かすぐに座る事が出来た

私は鯖の味噌煮定食、Kさんはお刺身定食を注文
食券を買い、カウンターで食券を渡すと注文の品を渡してくれるシステム
私の鯖の味噌煮はすぐに供されたが、Kさんのお刺身はこれから盛り付けて席へ届けてくれるとのこと

各自で御飯を盛り、味噌汁をよそってお盆に載せて席へ戻る

P1010473
P1010474
P1010475

鯖の味噌煮は思ったより大き目、そして何よりも熱々なのが嬉しい
安くて早く供されるお店の中には、煮魚などが冷えているお店もあるがこちらは違った
煮付け方も丁度良く、御飯が進む進む
これと袋入りの海苔でばくばくと食べ進める

御飯を半分お代わりして、御馳走様でした

Kさんのお刺身定食、思ったよりネタの品数量もあり、あれも美味しそう
私も初めはこれにしようかと思ったのだが、雨降りで寒かったので鯖の味噌煮にしたので、次があればお刺身定食だな


さくら水産 浅草吾妻橋店HP
台東区雷門2-1-15 ※住所をクリックで地図表示
ランチ 11:00~14:00
ランチ定休 土日祝


今日は結構本降り状態の雨
桜の開花がどうのこうのと言う時期にしては非常に寒い

今日は昼過ぎから神楽坂へ
同行者に御昼御飯は何を食べようか聞くと、寒いから温かいラーメンを食べたいとの希望
そういえば以前坂の途中にあった辛いラーメンを出すお店を思い出し、向かってみるがお店がなくなっている!
しょうがないのでそのまま坂を上っていると、同行者が大久保通りとの交差点の辺りにラーメン屋さんがあったと思うと言い出した
そのあやふやな記憶を頼りに行ってみると、ありました



P1010429


札幌味噌ラーメン専門店 しつらえ家


表には、札幌ラーメンとしては定番の西山製麺の文字が見える
お店に入って席に座り、メニューを眺める

foodpic248936


札幌味噌ラーメンの専門店らしいのだが、こちらのお店は初めて
そこで敢て味噌ラーメンではなく醤油ラーメンを大盛で注文
同行者は合わせを大盛、それから二人とも半熟味噌漬けたまごともやしをトッピング

foodpic248939

お店の中は非常に暗め、フラッシュなしで写真を撮るのには厳しそう

以前にも書いたような気がするのだが、札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンみたいな雰囲気が一般的だと思う

それじゃあ、札幌のラーメン専門店で「ラーメン」と注文したらどうなるか?
この場合は基本的に醤油ラーメンが出てくる
これは札幌だけでなく旭川、函館でもそう
これは実際に自分が北海道に住んでいた時に試してみた結果
また札幌での老舗のお店の店主に聞いた話も次のようなものだった
「昔はみんな醤油ラーメンだったよ、札幌ラーメンは味噌みたいに言われるようになったのは観光客が増え、またインスタントラーメンのメーカーの宣伝もあったからじゃないの?」

私も味噌ラーメンは大好きで良く食べるのだが、最近はまずテフォを試してからみたいな気持ちで醤油を頼むようにしている

暫く待って出てきたのがこちら

foodpic248933
foodpic248934

元の写真は暗すぎて何がなんだか判らないものだったので、例のサイトで修正、それでも素材が悪過ぎたようでかなり荒れた写真となってしまった

P1010427



※元の写真


半分に切られたたまごのうち左側がデフォで付いてくるたまご、右の色の濃いのが
半熟 味噌漬けたまご
もやしをトッピングしているのでこんもりと山になっている

スープを一口飲んでみると、思ったより薄味で表面の油も少なめ
麺は西山製麺の低温多加水麺なので黄色く透き通ったような色、歯応えも硬め、プリプリして美味しい
もやしは挽肉と炒めたもののようで、スープの中に挽肉が沈んでいる

自分の好みからすると少しあっさりし過ぎているような気がする
この辺は合わせを食べた同行者も同じだった
札幌味噌ラーメンと謳っているが、こちらの嗜好に合わせようとしているのか

こちらのお店では、あまり他のお店では見かけない味噌カレーラーメンなるメニューもある
これは私としてはパスだけど、お店のデフォが白味噌のラーメンらしいのでもう一度これを食べて判断してみようと思っている

札幌味噌ラー メン専門店 しつらえ家
新宿区神楽坂5-26 ※住所をクリックで地図表示
11:30~1:00
日祝 11:30~23:00


今日も仕事であちこちと
それでもその合間をぬって御昼御飯を食べに
今日は新宿の小田急線駅のそばにある立ち食いのカレーショップへ
こちらでポークカツカレーを注文
ただし、あまりの劇混み具合に写真を撮るどころではない
私などよりもっと仕事に追われている感じのサラーリーマン諸氏を目の前にしてはとても無理

その後は西部線の多磨へ
こちらでの予定も無事終了し帰宅の途へ
JR線からバスへ乗り換えるために阿佐ヶ谷で下車
阿佐ヶ谷で少し早い夕御飯を取ろうかと考え、南口を出る

さてどちらへ
何処へ行くか考えると、以前から訪問したかったがなかなかその機会がなかったお店を思い出す

支那そば たなか

久し振りのラーメン、どんなお店なのか期待にテンション上がりまくり


P1010423
P1010417


時間は五時になったばかり、私が夕方の部分クリーニングのトップらしくお店の中には他にお客さんがいない


P1010416
P1010415


私の記憶ではこちらのお店はワンタンで有名なお店だったと思ったので海老と肉ワンタンメンを注文しようとしたところ、海老ワンタンが昼の部で売り切れとのこと
残念だったが肉ワンタンメンで注文

お店の中はこんな感じ

P1010418


テーブルや内装など、ラーメン屋さんというより喫茶店のような感じ

入店時は私一人だったのだが、その後続々とお客さんが入店
皆さん海老ワンタンメンを目当てにしていたみたいで、店員さんが謝る声が何度も聞こえてきた

暫く待って供されたのがこちらの一杯

foodpic247529

テーブルに置かれるまえからふんわりと香る魚介系
どこかで嗅いだことのある香り・・・・、と思って考えてみたら中野が本店の青葉のラーメンを思い出した
ただし、青葉はダブルスープだがこちらは
メインは魚介系、トリガラやトンコツなども使われていると思うが魚介の影に隠れている
スープを一口飲んでみると、しっかりとした鰹節などの旨みが口の中に広がる
丁寧に出汁をとっているのが良く判るスープ


foodpic247533

麺は中細麺、あまり腰は強い方ではないと思う
それと麺の茹で方も少し柔らかめ

具のチャーシュー、
脂身のないモモ肉で茹で豚ではなくチャーシュー、または茹で豚を炙ったものか


foodpic247539

噂のワンタン、今回は肉ワンタンとなったのだが流石にでかい
中は具の肉がたっぷり、混ぜられた香辛料と胡麻油がアクセント

スープを丼を持ち上げて完飲、御馳走様でした

全体として、たしかに看板にある支那そば系のラーメンだと思う
ただし、昔ながらのという感じではなく、進化系の支那そば

以前にも書いたと思うが、他との差をスープの濃さでつけようとし、それでも飽き足らずに魚粉を振り掛けるようなラーメンは私としては好みではない

歳をとったせいかもしれないが(それでもステーキを500g以上食べる元気はあるけれど)、最近はこういったラーメンの方が食べて美味しいと感じるようになった自分がいる

麺には少し物足りなさを感じたが、スープは美味しいと感じたのでまた訪問してみたい

支那そば たなか
杉並区阿佐谷南3-32-14 ※住所をクリックで地図表示
11:30~15:00 17:00~22:00
定休 月曜

いやー、昨夜(21日未明)の風は凄かった
自宅の寝室のベッドの枕元にある窓に風があたる音が凄く、熟睡出来ず
おかげで起きたのは昼過ぎ、何もやる気が起きず食事も取らないでだらだらと過ごす

しかし流石に夕方になるとお腹が空いて来た
何時ものSさんに電話すると、緊急の仕事で外出中で、一度帰宅してシャワーを浴びてから迎えに来るとの事
何を食べに行こうかと聞くと「肉!、KENNEDYに行こう」との返事
そこで割引券があった筈と探すとありました、割引券!


P1010350
P1010349

期限も大丈夫、ということで本日訪問はこちら


KENNEDY としまえん店

近くの駐車場に車を停めお店に向かう
日によってお店の前に入店待ちの行列が出来ている時があるが、今日は大丈夫

席に着き、メニューを眺めながら注文を決める

P1010353

P1010354
P1010355
P1010356
P1010351

Sさんは特選テンダーロインステーキのダブル(130g×2枚)とCセット
私は本日始めての食事ということで腹ペコだった為、
特選テンダーロインステーキのダブル(130g×2枚)と特選リブロースステーキの350gとBセットに自家製ドレッシングのシーザーサラダ
焼き方は
二人ともミディアム、ステーキにトッピングでまるごとガーリックローストをつけてもらう

暫く待って、セットのサラダと別注文のサラダが到着

こちらはセットのサラダ

P1010362



そしてこちらが自家製ドレッシングのシーザーサラダ

P1010361


サラダを食べていると、メインが登場
こちらは
特選リブロースステーキの350g

P1010363

ステーキを運んできた若い女性の店員さん、私のように一人で二品注文する客は珍しいのか「凄いですね~、一杯召し上がるんですね~」などとのたまう始末、完全に珍種の動物を見るような目付き(笑
でも最後に「沢山召し上がっていただいて、ありがとうございます」の一言は忘れなかった、教育が出来ている!

実は本日初めての食事だったためテンションが上がり過ぎて写真を撮り忘れてがっついてしまった
Sさんに写真は撮らなくて良いのかと聞かれて我に返って写真を撮る始末

そういう訳で食べ掛けの写真となってしまった・・・・・orz

こちらはステーキソース二種類と醤油が用意されている

P1010360

特選リブロースステーキはフルーティソースでいただくことに

こちらはセットのライス、大盛にして+80円

P1010366

特選リブロースステーキは適度な歯応えと油がある
特選リブロースステーキはオーストラリアかメキシコ産の肉なのだが、輸入肉によくある臭みなどは感じられず美味しく食べる事が出来る

特選リブロースステーキを食べ終え、
特選テンダーロインステーキのダブル(130g×2枚)に取り掛かる

P1010364

こちらは非常に柔らかい
ナイフを使わなくても箸で千切れそうなほど
しっとりとした肉質でこれも美味しい
ただ、自分としてはやはりもう少し歯応えのある肉が好き
これはもう少し歳をとってからでもいいかも

二種類のステーキを注文した理由は、肉質の違うステーキを交互に食べる事で食感に変化をつけながら食べようと思ったから
でも料理を目の前にして、そんな事は完全に忘れてがっついてしまった

久し振りに肉をたっぷり食べたと言う余韻を残して完食、御馳走様でした

本日食べたのは
特選テンダーロインステーキのダブル(130g×2枚) 1.100円
特選リブロースステーキの350g 900円
上記は50%オフの価格
Bセット 550円 ライス大盛+80円
自家製ドレッシングのシーザーサラダ 399円
※価格は総て外税


KENNEDY  としまえん店(HP)
練馬区練馬3-24-18
平日18:00~4:00
土日祝17:00~4:00


食事が終わって店を出た後、Sさんがどこかでコーヒーでも飲もうと言うのでいつものガストへ

二人ともドリンクバー、それに甘いものを注文

ドリンクバーのエスプレッソ


P1010367



こちらは私が注文した濃厚クリーミーカスタードプリン


foodpic245134


このプリン、キャラメルソースが甘いのが私にとっては不満、もう少し苦味があればと思う

ドリンクをお代わりし、馬鹿話に花を咲かせて解散
Sさん、毎度お付き合いいただいてありがとう御座います

今日は午前中に浜松町へ
さっくりと用事を済ませJRで向かったのは有楽町
ビックカメラに寄り、有楽町線で帰宅しようという魂胆
もっと大きな理由が、一軒気になっていたお店が有り、そのお店が土曜日もランチをやっているから
今回のお店は初訪問


綴(つづり)



P1010345


場所はJRの有楽町駅をお堀側に歩いて二分程、ニッポン放送本社ビルの地下

土曜日とあって人気のないビルの階段を降りて店内へ
受付で喫煙の有無を聞かれたので一応喫煙と答えると、店内左側のスペースへ
こちらのスペースには他にお客さんの姿はなく、完全隔離状態(笑
店員さんが持って来てくれたメニューを見ていると、「本日のお魚の日替わりはカジキです」との説明があり、それに決める


P1010325


注文した品が来るまで、店内をキョロキョロ見回すが、非常にオサレ!
自分には似合わない事甚だしい、お酒を飲まない私としてはこういう雰囲気のお店は完全にアウェー状態(泣


P1010341
P1010340
P1010339

広いスペースに一人ぼっちだったので暇なのかと思ったが、自分の後からも次々に来店客の姿が
それらの人は皆奥のスペースに案内されている様子
そうだよね、あの人達皆禁煙席希望だよね、私を隔離する為に奥に案内しているんじゃないよね?
ノリピーの歌の碧いうさぎになった気分、一人ぼっちで寂しくて死んじゃうかも・・・



半分死に掛けていたところに注文の品が登場!

foodpic242884

本日の魚ランチ カジキの柚庵焼き 1.100円

アップがこちら

foodpic242886
foodpic242890
foodpic242888

どうですか、なかなか御洒落でしょ
カジキの
柚庵焼き、マカジキだと思うがさっぱりとした白身に柚の効いた濃い目の柚餡を掛けたもので、飾り付けがあっさりしているのでボリュームに欠ける様に見えるが、量もちゃんとある

エッ?、後ろの方から、おかずが寂しいとか盛が少ないとかいう声が聞こえてますが・・・・・


私がわざわざ行くお店がこれで終わる訳ないじゃないですか!!

こちらのお店、メインを注文するとお惣菜BAR(ま、簡単に言うとブッフェだね)のお惣菜が食べ放題というシステムになっているのです


こちらがそのお惣菜BAR

P1010331
P1010332


そしてこちらが取り分けてきたお料理の数々

foodpic242892


生野菜や温野菜、牛蒡サラダ、ゼンマイの煮付け、切り干し大根、ザーサイの炒め物?などなど
右上にあるのは、
筍で何かを巻いたもの(意味不明で申し訳ない)で非常に手が込んでいる


も一つおまけに

foodpic242896

こちらはなんとおでん!、とシュウマイ
今回は五品のネタを取り分けてきたが、おでんはこれ以外にも何種かネタが入っていた

おでんが食べ放題というのは結構珍しいと思う
このおでん、しっかり煮込まれていて味が染みている

大根 を割ってみたところ

foodpic242906

ちゃんと中まで味が染みていてすっと箸が入るほどに柔らかい
このレベルのおでんを食べ放題で毎日提供しているというのは凄いと思う

お惣菜BAR、品数は多いとは言えないかもしれないがどれも安心して食べられる味、メインと合わせていただくならこれで充分

ただ、御飯の盛が少なかった
このお店のシステムや雰囲気からすると御飯のお代わりは出来そうだったのだが、なんせ完全隔離状態で店員さんに確認する事が出来ない(泣

それでもお惣菜BARのお料理でお腹も満たされたことだし、帰ろうかとレジに向かうと、店員さんが「コーヒーとデザートのサービスがございます。今お持ち致しますので」と言ってくれる

それで席へ戻るとすぐにコーヒーとデザートを持って来てくれた
その際、御飯のお代わりのことを聞くと「大丈夫ですよ」との優しいお言葉

foodpic242907
foodpic242908

ランチブッフェのコーヒーはセルフでカップに注ぐスタイルが多く煮詰まったような変な味がするものが多いのだが、こちらのコーヒーはそんな事もなく街の喫茶店で飲むのと遜色のないもの、ブラックで飲んで美味しかった

デザートはフルーツをヨーグルトソースで和えた物、総てとは言わないが缶詰だけではなくフレッシュフルーツも入ってたように思う

コーヒーを飲みながら一服している間にも次々と来客
どうやらほとんどのお客さんが常連客らしく、店員さんの「今お席にご案内致します」の声を聞く前にどんどん奥へ入っていく人がほとんど、店員さん泣かせの方が多い

コーヒーデザートまで堪能して、御馳走様でした
また機会があれば訪問したいお店です


綴(つづり)
千代田区有楽町1-9-3 ※住所をクリックで地図表示
ランチ月~土 11:30~15:00
ティー
月~土 14:00~17:00
ディ ナー・バー月~金 17:00~23:30
ディ ナー・バー17:00~22:00

今日は昼前に新宿御苑に
用事が終わったのが昼過ぎで、その足で例のお店に


東方一角


メニューに載っている定食の中で気になっていたのが「豚角煮うまみ」
豚角煮と同じような違うような、ちょっと変わった名前のメニュー、どんな料理が出てくるのか気になっていたもの

本日は三人での訪問、私と同行者の一人が
豚角煮うまみ、もう一人がエビと卵のチリソースを注文

暫く待って登場したのがこちら

foodpic242298
foodpic242299
foodpic242302
foodpic242306


小鉢はいつもと同じ麻婆豆腐、ザーサイも同じ
スープはコーンポタージュに溶き卵、御飯は何時もながらの良い炊き加減

メインは自分が思っていたものとは大分違ったビジュアル
よくあるばら肉の塊をスライスしたものを思い浮かべていたのだが、こう来ましたか!
ばら肉は大きめの角切り、調理してからスライスしたものと違って溶けるような食感は少ないが、その分肉を噛んで食べている感じはするし味は旨い
それから特徴は何と言っても付け合せと言えるかどうかは別として野菜の多さ
この野菜だけでも一つの料理として御飯が食べれる感じ

肉、野菜、野菜、肉、野菜、野菜という感じで食べ進んでもなかなか減らないほどの盛の良さ

エビと卵のチリソースをオーダーした同行者が目の前に置かれたお盆を見て、ため息をついていたのが可笑しかった

今日は御飯のお代わりをせずに完食、御馳走様でした



これは先日浅草に行った際に撮った東京スカイツリーの写真
HPによると3月13日現在で318メートルとなっているとのこと
写真ではあまりその高さを感じないが、ほぼ東京タワーと変わんない高さになっている


P1010183
P1010185
P1010177
P1010182



朝起きた時の本日の予定は、昼過ぎから外出の予定
ところが予定が大幅に狂ってしまい、自宅で仕事に追われて缶詰に

出かけた先でお昼御飯と思っていたのだが、どうやら無理っぽい
我慢して仕事していたのだが、空腹に耐えかねて近所の中華料理屋さんへ


新三陽



こちらのお店は地元で結構古くから営業しているらしい中華料理屋さん
自宅からは一番近くにある飲食店


こちらがメニュー

foodpic239958
P1010212
P1010213
P1010214
P1010215
foodpic239957


今日はこの中から、ワンタン麺と天津丼を注文

こちらのワンタン麺はワンタン一人前が普通盛のラーメンにプラスされたもので当然量も多い
そこに天津丼も頼むとは我ながらチャレンジャー、大丈夫か?

暫く待って同時に供されたのがこちら

foodpic239951
ワンタン麺 680円 天津丼 700円

foodpic239953
foodpic239955

まずは延びないうちにワンタン麺から
スープは薄口、ほとんど油の浮きのないスープでメインの出汁はトリガラ?
麺は中太麺、見た目より腰があるもので結構好き
ワンタンは町の中華料理屋さんでよくある、皮の端っこに具が挟まれたもの
一生懸命食べて、まずはワンタン麺攻略完了

続いて天津丼へ
筍、椎茸、葱などの具が卵の中に沢山、甘酢餡がかけられている
私の場合、基本的に御飯と甘いものを合わせるのは苦手なのだが、天津丼(天津飯)だけは別

わっしわっしと食べ進みこちらも完食、御馳走様でした


新三陽
練馬区貫井2-24-2 ※住所をクリックで地図表示
営業時間?
定休日 基本金曜日


実は今回掲載した写真の何点かは「超!美味しく変換」というWEBサービスを使用して修整を施したもの
自分で撮影した写真をアップロードして変換(補正?)し、それをダウンロードする、或いは一般に公開する事が出来るというサービス
特に面倒な事もなく、手軽に利用できる

元の写真と変換した写真を載せてみる


P1010220foodpic239951

P1010218foodpic239955

左が元画像 右が変換後
確かに右の方が綺麗に(美味しそうに?)見える
ただ、全体に明るくしただけじゃね?という感じもするので、本来の使い方ではないが、食べ物以外の写真も変換してみた

P1010216foodpic239957


こうして見ると、明るくなっただけではないような

もう一丁

P1010210foodpic239958

こうして見るとクッキリ感も上がっている
全体的に細かい部分を良く見るとかなり綺麗に補正されている
PHOTOSHOPなどのソフトを使えば出来る事ではあるが、色々な設定や補正量の設定など結構難しい事でもあるし値段も高価なので、ワンタッチでこれ位補正できるのなら普段使いでは充分だろう

この補正は
AccuSmartという技術を使っているらしく、MOTOYAという会社がそのソフトウェアを販売している
欲しいと思って値段を見たら、248.000円だそうだ
欲しいな、手が出ないけど・・・。

このWEBサービス、料理の写真を簡単に補正できるので、試しに使ってみては?

↑このページのトップヘ