寝溜め食い溜め

オヤジの戯言走り書き

2011年09月

最近気温が下がって涼しくなり、結構過ごし易い
でも中途半端といえば中途半端、夕方などは長袖だと暑いしかとって半袖だと寒かったりする 
一年通してこれ一着でOK!みたいな服は出来ないもんかね?、SF映画なんかだと未来の人間はそんな感じの全身タイツみたいな服着てるじゃん

三連休明けのこの日、夕方にSさんから電話が入る
実はもっと早い時間にも電話を貰っていたようなのだが、電話をマナーモードにしたままぶん投げてあったので気がつかなかった(^_^;)
Sさんの電話の用件は「ご飯食べに行こう!」ただそれだけ
それじゃ行きますか、ということになりSさんの到着を待つ
暫くして到着したSさんと、何処に行くのかの検討会開催~
前日、Sさんとランチにステーキを食べに行く予定だった私は、気分は完全に肉モード全開だった
それなのに直前でキャンセル食らった私は頭の中が肉モードから離れられずにいた
そんな訳で、私は強行に「肉!」を主張、「肉、にく、ニク~!」
昼間にハンバーグか何かをSさんは食べたらしいが、そんなの知るか!
私が押し切った形で今回向かったのはご近所(?)のこちら

BigBoy 練馬高野台店

foodpic1623977_R

そうかぁ、最後に肉ガッツリの為に訪問したのもこのお店だったんだ・・・
二週間ぶりのご無沙汰でしたぁwwwww

店内に入り、席に案内されてまず最初にメニューを見て悩む

うーん前回食べた「厚切リブステーキ」、なかなか美味しかったけど一枚150gなんだよね、二枚三枚の注文のセットもあるけどそうするとかなり金額いっちゃうしな・・・・・
大俵ハンバーグのWもボリュームあるけど、あれはあまり肉肉しい感じがしないしな

そんなことを考えて悩んでいると、Sさんは「オッ、これが良いな!」と早々と決めている
散々悩んでいると、Sさんが「もう決まった?、店員さん呼ぶよ」というのでまだ決めかねていたけどOKを出す
私はまだこちらでは注文したことがないと思われる「サーロインステーキ」から注文することにする

店員さんが来て、まずSさんが注文
S「このふんわり卵のオムライスシチューをください、えーとドリンクは要らないので・・・、それからサラダバーセット!」


foodpic1623971_R

店員「はい、かしこまりました~」
私(ふーん、オムライスか、当然サラダはお約束だからサラダバーセットね、エッ!サラダバーセット、セット?・・・?!?)

ちょうど私もどれにしようかとこのセットの部分を見ていたのだ

サラダバーセットというのはこれ


foodpic1623975_R

Sさんも堂々と注文してるし、店員さんも平然としてこの注文受けちゃってるしwww

私「Sさん、オムライスとサラダバーセット注文してるよね、サラダバーセットってサラダバーとライスのセットだよ、良いんかい?炭水化物ダブルで注文して?」
S「あ~!、間違った!何時ものつもりでついサラダバーセットって注文しちゃったよ」

ここで注文を取りに来ていた男性店員さんも含めて三人で大爆笑wwwww
店員さんに「サラダバーセットって注文されてあれ?って思わなかった?」と聞くと「いえ、たまにそういう注文をなさる方がいらっしゃいますので」という返事
そうか~、たまにいるんだ、炭水化物ダブルで食べたい人
本人がそのつもりなのにそこで確認すると中には逆ギレする人もいるだろうし、そうすると注文は言われたとおりに受けるしかないわな、店員さんも大変だね(^_^;)

私は「サーロインステーキ」の250gを注文、選べるソースはオニオンソースでお願いする


foodpic1623969_R

それと「ドリンクサラダバーセット」も注文

foodpic1623973_R

注文も終わり、まずはサラダバーとドリンクバーからサラダとドリンクを持って来る

サラダはこれ

foodpic1623926_R
foodpic1623927_R

相変わらずの山盛り(^o^;

ドリンクは今日はティーパックのホットにしよう

foodpic1623954_R

この中から脂っこい料理に合うプーアール茶を選択
以前カップがスープのカップだって突っ込みを戴いたが、今回もカップはスープのカップで
だってこのカップの方が容量が多いんだもん


foodpic1623953_R

このサラダを食べているとまずSさんの注文が到着
私が写真を撮らせて貰う前に早くもがっついてスプーンつけてるしwwwww

foodpic1623928_R
foodpic1623929_R

Sさん一口食べて「旨~い!、これスゲエ旨い!、シチューのソースが美味しい、これでライスと食べても絶対旨いと思う、やっぱライス頼んでおくんだった!」

オイ!どんだけ負け惜しみ言ってるんだよ?、それならこれからライス頼んであげようか?
するとSさん「いや、それは止めてくれ!」、まったくもう、偏屈オヤジ~!(^o^)

その後少し待って私の注文も届く


foodpic1623930_R

アップで

foodpic1623931_R
foodpic1623937_R
foodpic1623935_R
foodpic1623951_R

キャ~!なかなか見た目も綺麗、絵に描いたようなこれぞステーキって感じ
お肉の厚みもしっかりあって、これなら焼き方さえちゃんとしていれば美味しい筈

それじゃまずは真ん中から二つに切ってみようか

foodpic1623943_R

ミディアムに近いミディアムレアって感じかな、旨そうだな
届いた後に先程のサラダを食べて暫くステーキはそのままにしておいた為に鉄板の熱で焼きが進んでいると思うから、届いた時点ではもっとミディアムレアに近かったかも
まあ、焼き石がついているのでもっと焼いた方が好きな方は御自分でということなのだろう

以前に都内でちょっと評判のステーキハウスでランチにステーキを食べたことがある
ランチで150gのステーキにライスを大盛にし、サラダとスープと食後のドリンクにデザートという組み合わせで四千円ちょっと
評判が良いお店だったので肉の焼き方はレアでお願いした
届いたお肉を切ると中が真っ赤、血が大量に混じった肉汁が流れ出してきた
お肉を口に入れたら冷たい!
エーッ?!、ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?
ステーキの焼き方のレアって生肉で出すことじゃないんだけど・・・・・
評判のお店って聞いていたけど、これってバイトが焼いたんじゃねえの?って思うほどのレベルの低さ、唖然とした
よく美味しいステーキの焼き方で煙が出るほど熱したフライパンで強火でという風に描かれている場合が多い
これは合っているところもあれば間違っている部分もある
煙が出るほど熱したフライパンで焼くのは良いけれど、その後の火加減の部分に触れられていない為、初めから最後まで強火で調理しちゃうことが多い
初めは表面に焼き色をつけ焼いた肉の膜で肉汁を閉じ込めるのは良いけれど、そのまま強火で焼いちゃえば中に火が通る前に表面は焼け過ぎちゃうのは当然のこと
特にレアだったら肉の中に火が通るまで(表面と同じようにという意味ではない)待てない訳で、そういう焼き方するから中が生肉になっちゃう
美味しく焼けたレアのステーキ、お肉の中はでっかい塊で作った蕩けるような柔らかいローストビーフの真ん中の部分に似ている感じ、説明が難しいけど(^_^;)
ステーキのレアって難しいんですよ、美味しく焼くのって

話が脱線、このステーキはなかなか美味しい
肉の焼き方は程よく美味しい肉汁が溢れ出てくる、硬くてパサパサとした感じは全然ない
ただ、こういう肉料理ってその日の肉や調理する人の腕によって大きく変わるから、今日は当たりだったのかもしれないけど
何時もこういうレベルのお肉だったら良いな
選んだオニオンソース、このお肉だったら醤油バターの方が合いそう
焼き石にバターを載せて、バターが焦げてきたところに醤油を垂らして・・・
よーし、今度行った時に試してみよう、お店に醤油ってあったっけ?

ステーキとライスを美味しく食べ終えた後、またサラダを取りに行く
二皿目のサラダがこれ

foodpic1623925_R

今回はポテトサラダなどをメインに

これも食べ終え、最初に持って来たドリンクも飲んでしまったのでドリンクのお代わりとデザートを取りに行く

持って来たドリンク、今度は「レッドジンガー」
説明にはハイビスカスとレモングラスをブレンドしたと書かれている


foodpic1623959_R

パックの封を開けると独特の匂いがする
Sさんが「それ何?」と聞くので袋を渡すと匂いを嗅いで「ジンジャー?」というので違うジンガーと教える

結構ハイビスカスの色が強いのだが、飲むと甘みは全然なく、強めの酸味と共に何か漢方薬のような味がする
ご免、ギブです、半分飲んだけどそれ以上は無理

持って来たデザートがこれ

foodpic1623955_R

杏仁豆腐とマンゴープリン?、それからメロン

これも美味しく戴いてお代わり!
ところがこのお代わりを取りに行った際に事件が起きちゃった・・・
先程と同じように杏仁豆腐とマンゴープリンをお皿に盛り、後はメロン
このトングで挟むのだけれど、トングがプラ製の為に掴み難い
二つほど取り、もう一つ掴んだ時にそれは起きた
つるっと滑ったメロンが落下!
そしてその落下したメロンが落ちた先はサラダのドレッシングの容器の中・・・
シーザードレッシングに浮かぶメロン、参ったなぁ
このままにしてはおけないので、ドレッシングを掬うサーバーで苦労してメロンをサルベージ
別のお皿を持ってきてそれに載せる
ホッとしてまたメロンを挟んで取ろうとしたところまた落下!
今度はドレッシングの入れ物の脇で止まってセーフ、アッブネェwwwww、冷や汗(^o^;

お皿を二つ持って席に戻るとちょうど店員さんが空いた器を下げに来ていたので、事情を説明してドレッシングまみれのメロンを持っていって貰う、御免なさいね、普段は食べ物を粗末にしたりはしませんから

二皿目のデザートも食べ終え完全にお腹一杯、ご馳走様でした
Sさん、最後まであのシチューのソースでライス食べたかったって言い張るし
それは確かに美味しそうだけどね、そうかぁまだ言うか!それじゃ次に来た時にそれやって貰うからね!


BigBoy 練馬高野台店
練馬区高野台2-5-15
11:00~26:00
定休 無休


三連休の最終日となる日曜、予定ではSさんと荻窪にある「まるり」の中落ちステーキを食べに行く予定だった
ところがSさんの息子さんの携帯電話が故障して買い替えに行かなきゃならなくなり、急遽キャンセルになっちゃった・・・
参ったな、お昼ご飯どうしよう?
面倒だから今日も家食だな(^_^)

家食でお昼ご飯を済ませ、時間が経っての夕方
Sさんどうなったかなと思って電話してみると、ちょうど家族と外食の途中だったようだ
これは誘えないのが確定したので、自分も何処か食べに行くことにしよう
前日Sさんと練馬へチャリンコで遠征した際に目に入ったお店があった
あのお店、暫く行ってないな
この前新宿御苑で行ったあのお店も同じ二郎インスパイア系で、久し振りにこのタイプ食べて自分の中ではちょっと火が着きかけてるんだよね、このタイプ嵌るとクセになっちゃうんだよね
そう決めてまたもやチャリンコを飛ばすことに

らーめん大 練馬店

foodpic1614521_R

お店に着いて店内を覗くとラッキーなことに幾つか席が空いている
まずは入り口を入ったところにある券売機で食券を購入

foodpic1614519_R


まずはラーメンのサイズを・・・・
あれ?、昔来た時は普通と大の二種類だったような・・・?
それに少し値段も上がってるような気がする
以前はラーメンが600円、大の追加が100円だったと思う
中が100円、大が200円?
以前の大がもしかして中になったのかな?
ちょっとサイズ選びで迷ったけど、大いっちゃえ~
650円+200円、それにこま切れ豚70円も追加
ここはそんなにボリュームがないって聞いたから、大でも大丈夫でしょう
席に着き、食券代わりのプラ板をカウンターの上に置く

foodpic1614505_R

トッピングは何にしようかな?、ニンニクは当然、後はアブラかな
野菜は全体の盛が判んないから、下手こくと地獄見そうだし自重しよう

暫く待って、店員さんからトッピングを聞かれ「ニンニク、アブラ」コール
そして登場したのがこれ!

foodpic1614507_R

ちょ!丼からの盛り上がりは少ないけど、両隣が食べている普通と中の丼に比べて明らかに大きさが違ってるwww

アップで

foodpic1614509_R
foodpic1614510_R

見よう見まねで天地返しやろうとしたけど、重くて返んない・・・
失敗すると箸折れそう~、ヤベー
仕方がないので麺を引きずり出して食べることに

麺はこんな感じ

foodpic1614516_R

これまた二郎インスパイア系の特徴のボキボキぼそぼそした感じの麺
結構太いな、これは食べ応えあるわ
叉焼、二郎インスパイア系や二郎では豚と謂われるもの、普通のサイズと厚さの物も入っているのだが、追加したこま切れ豚は叉焼を角切りにしたような物でそれがたっぷりと入ってる
70円でこれだけ食べれるなら120円の豚と書かれているものはどんだけの量が載ってくるのかな?

頑張って食べ始め、麺と野菜やトッピングを半分ほど食べたところで結構お腹が一杯になってきた
えええ~、そんな馬鹿なwww俺ってこんなに小食?
ちょっと焦り、ニンニクをスープに溶かして味変しながら食べ進む
でも味を変えても満腹感が減る訳じゃないんだよな
これ、アブラは余計だったかも
それと自分が思っていたより結構しょっぱめ、調子に乗って味濃いめなんてしなくて良かった(^o^;

左隣に座った中を食べているお兄ちゃんがちらちらと私の丼の中を覗いている
拙いじゃん、丼で大って判ってて残す訳には行かない、とにかく固形物だけは食べなきゃ
よ~し、固形物は食べ終えたぞ、後は速攻で丼をカウンターの上に上げてしまおう
スープはギブ!、とても飲める気がしない・・・・・
カウンターの上に丼上げて、ご馳走様でしたの挨拶してお店を出る

らーめん大 練馬店
練馬区豊玉北5-32-9 ※住所をクリックで地図表示
11:00~25:00 ※昼休み有り夕方は17:00~
定休 不定休



うひゃ~、参ったよ
これで精一杯なのかな、こんなんじゃ「モトミヤ」の汁なしの大なんて怖くて注文できないじゃん(>_<)
でも行っちゃうけど

家に戻り、Sさんに電話してみる
すると、家族で食事していたお店とは前日に我々が訪問した「喜多方ラーメン練馬中央店」だったらしい
家族から喜多方ラーメン食べたいというリクエストがあり、前日に訪問したとは言えなかったらしい(^o^)

九月二度目の三連休、その二度目の三連休の初日
自宅でお掃除や洗濯などに精をだす
うん、やっぱりこういうのは普段からやっておかなきゃ駄目だな

お昼ご飯は家食だったが、晩御飯まで二食続けるのは嫌だ
気分転換も兼ねて近所に食べに出よう、飽く迄近所ね
そういえばあの屋台のラーメン屋さん、さっきチャルメラの音が聞こえてた
考えてみたら今日は金曜日、あのラーメン屋さんもお店出す日だし
あのラーメンでも良いな、食べてみたいメニューが二つ三つあるし
そんなことを考え、深夜十二時近くになるまで飲み物で持たせて我慢する
十二時の新十分ほど前になって駅前の西友まで行ってみるが、な、何と屋台が出てない・・・
代わりにもう帰る支度をしているクレープの屋台がある
あれ?、金曜日はクレープの屋台は来ないんだと思ってた、この車があるので何処かで待機してるのかな?

仕方がないので西友に入り、場合によっては何か買って帰るというパターンも考えて店内を物色
色々な食材はあるけど、それを組み合わせて何かを、というのが思い浮かばない
あっゴーヤがある、でもここ西友には島豆腐売ってないんだよな・・・・・
そういえば、先日
Sさんと入った同心房にゴーヤのメニューがあったな
あれ食べに行こうかな、作るより簡単だし(^_^;)
そう考えて西友を出て、もう一度ラーメンの屋台が来てないかを確認するけどいない、これはダメポ・・・


同心房 中村橋店

階段を上がってみると店内は相変わらずそんなに忙しくない
最近いつも暇そうだな、どうしちゃったんだろう?
一時期味が落ちたという話を他の方のブログで読んだけど、あれから宜しくないのかな?

席に着き、メニューのチェックもそこそこに注文したのがこれ


foodpic1609568_R

初志貫徹ということで定食メニューの6番、「ゴーヤと玉子野菜炒め」
これをご飯大盛でお願いする

注文を終えて少し待つともう登場、相変わらず早いな~!
さて写真!と思ってデジカメの電源を入れるけど入らない・・・
もしや!と思って裏蓋空けてみると電池が入ってない!
やっちゃった・・・orz
仕方がないから今日は携帯のデジカメで

foodpic1609577_R

アップで

foodpic1609580_R
foodpic1609578_R
foodpic1609584_R
foodpic1609586_R
foodpic1609590_R

アップにしたら皆ピンボケ、そうか携帯のデジカメはマクロがないからしょうがないかな
はぁ~、今日は何かついてねぇなぁ、帰りに交通事故とか遭わないようにしなきゃ

あ、晩御飯の記事書かなきゃ
ここのゴーヤ、歯応えは固め
といってもガリガリ硬いという訳じゃなくてふにゃっとしていないという意味
塩揉みしてない胡瓜と塩揉みしてある胡瓜の違いくらいの感じかも
自分としては苦味の強い塩揉みしていないゴーヤの方が好きなので、こちらのゴーヤの味はど真ん中ドンピシャ
ちゃんと玉子はふんわりと仕上げられていて旨し!
中には「ん?」とおもうメニューもあるけど、大体の物は結構美味しいんだけどな
やっぱり一時期味が落ちたっていう評判になった(らしい)のと、ときたまあの半炒飯みたいなことがあるからかな?、結構日本人はその辺シビアだからな、中国人みたいに面と向かってお店に文句を並べ立てない代わりに二度と行かなくなっちゃう人が多いもんね
お腹一杯になってお店出て、一応あのラーメン屋台はどうなってるか見たけど、まだいない・・・
本当に何処行っちゃったんだろう?

同心房 中村橋店
練馬区中村北3-23-6
11:30~14:30 17:30~01:00 土日11:30~01:00

喜多方ラーメンの小法師でラーメンを食べた後、また練馬の辺りをチャリンコで徘徊
Sさんが練馬駅の向かいの二階にある喫茶店(確か喫茶アンデス)が本が沢山あって面白いという話をしていたのだが、時間が時間な為に今入ってもすぐに閉店時間になりそうな予感
それでこのお店でお茶をするのは止め、本拠地の中村橋に戻ってお茶をしようとSさんが提案してきた
そこでチャリンコで中村橋に移動
駅前の交差点の角にあるこちらのお店に突入

ガスト 中村橋店

店内は思ったより混んでいる
当然注文はドリンクバーなのだが、それだけ寂しいのでデザートも注文することにする

メニューを見ると、以前とメニューが変わっており表紙に「Autumn」の文字、秋メニューに変更だ

foodpic1611814_R
foodpic1611817_R
foodpic1611818_R
foodpic1611819_R
foodpic1611820_R
foodpic1611821_R
foodpic1611822_R
foodpic1611823_R
foodpic1611825_R
foodpic1611826_R
foodpic1611828_R
foodpic1611829_R
foodpic1611830_R
foodpic1611832_R
foodpic1611833_R

この中のデザートメニューから私が選んだのは「渋皮栗のマロンパンケーキ」 481円
Sさんは「クリームあんみつ」を選択 313円

注文を終えたらまずはドリンクバーからドリンクを
私が最初に持ってきたのがカプチーノ
ところがこのカプチーノ、なんかおかしい

foodpic1611813_R

凄く量が少ないし、全然泡立ってないんですけど(^o^;
飲んでみるとストレートのイタリアンコーヒーそのもの
でも確かにコーヒーメーカーからは凄い音がしてスチームの湯気が出てたんだけどな、でも音だけでミルクは出てなかったような気がする・・・

少し待って登場したのが注文のこちら

Sさんの「クリームあんみつ」

foodpic1611843_R

私の「渋皮栗のマロンパンケーキ」

foodpic1611835_R

アップで

foodpic1611836_R
foodpic1611838_R
foodpic1611841_R

メニューには「渋皮栗&渋皮栗のマロンアイスクリーム」となっており、パンケーキも「もちもち米粉入り」と書かれている

この他に、使い切りのパックに入ったメープルシロップもついてきた

まずは食べてみよう
上に載ってるのは渋皮栗、完食はマロングラッセに似てるな
パンケーキは確かにかなりもちもちした食感、米粉が入るとこうなるんだ
渋皮栗のマロンアイスクリーム、うーんあんまりマロンが何処に入ってるか判んないな

ただとにかくかなり激甘、私としてはこれにメープルシロップを掛けたら甘過ぎて食べれなくなっちゃいそうなので掛けずに戴く

米粉が入っているせいか、結構ボリューミー、別腹を持っていない私には思いの他お腹に溜まる感じがする

これを持って来た店員さんに、カプチーノの泡が立たないことを告げたらどうやらミルク切れらしい
苦めのコーヒーを飲み、お代わりで持って来たカプチーノはこちら

foodpic1611845_R

そうだよね、こうでなくちゃあ!

これを飲みながらちびりちびりとパンケーキを食べて無事完食、ご馳走様でした

この後は暫く馬鹿話をして解散、さて明日はまだ三連休中、Sさんとはランチに荻窪のステーキを食べに行く約束しているけどどうなるかな?


ガスト 中村橋店
練馬区中村北3-23-3
07:00~03:00
定休 無休

夕方Sさんから食事に行こうというお誘いの電話
私も食事前だったので構わないのだが、何処に行くのかを聞いてみる
別に考えていないという返事だったので、それじゃチャリンコで練馬辺りで新店開拓と行こうかということで合意、いつもの通りに中村橋の西友の前で待ち合わせることにする

中村橋の西友の前で落ち合い、向かうは練馬駅方面
目白通りの区役所を過ぎた辺りから飲食店の多い一角に入ることにする
あちこちにお店はあるのだが、どうもこれといった面白そうなお店が見当たらない
そんなことをしているうちに、二人とも面倒になってきて「さっき通ったあのお店にしようか?」ということになった
あのお店とは今まで何度か記事にしている喜多方ラーメンのお店

喜多方ラーメン
 小法師 練馬中央店

foodpic1611804_R


このお店、これまでにも何度か訪問しており夏向きのメニューなども食べているのだが、何故か季節限定メニューはという感じのことも多かった
そういうことから、今回は定番メニューで行こうと決める

foodpic1611803_R

私が注文したのは叉焼ラーメンの大盛 1.000円

foodpic1611806_R

Sさんは喜多方ラーメンと餃子 580円+360円

暫く待って注文の品が到着
これはSさんの喜多方ラーメン

foodpic1611807_R

叉焼が五枚入っている
あっ、餃子の写真を撮り忘れた・・・

そしてこちらが私が注文の叉焼ラーメン大盛
Sさんの喜多方ラーメンは普通盛、私のは大盛なので丼が違う
レンゲと比べてみると判るかも

foodpic1611808_R

叉焼で麺が見えない!

アップで

foodpic1611809_R
foodpic1611810_R

この叉焼がトロトロで旨いんだよね
たまに「あ~あの叉焼が食べたい!」って思い出すことがあるほど

麺はこれ、縮れのある平打ち麺
麺の硬さはちょっと柔らかめとも感じるけど、でも腰は結構しっかりしてる


foodpic1611812_R

スープはあまり色が濃くなく、醤油の味も強くないのだけど塩分は結構強めかな
塩分控えめをお医者さんから言い渡されているSさんには向かないスープかも

するするっと食べ終え、スープも全部飲み干してご馳走様でした
やっぱりちょっとスープがしょっぱいかな?、食べ終えた後でお冷のお代わりをお願いしちゃった

喜多方ラーメン 小法師 練馬中央店
練馬区豊玉北5-23-3 ※住所をクリックで地図表示
11:00~23:00
定休 無休

食事に誘おうかと思って夕方Sさんに電話してみると、お腹の調子が良くないという
聞くと胃の調子が良くないらしい
それじゃ晩御飯に誘うのは悪いかなと思っていると、ちょっとだけなら付き合うという
ちょっとだけ?ってどういう風にとったら良いのか判らなかったが、とにかく帰宅途中だったSさんがこちらに来ることになった

Sさんが到着して、何処へ行くのかの相談が始まる
ちょっとだけということは私が食べている間、お茶でも飲んで付き合うということかな?
そう思って確認すると、ファミレスは飽きたなんて言い出す
うぁ~、どうすりゃ良いんだ?
とにかく何処にすりゃ良いのか判らぬままに中村橋駅前に向かい、近くの駐車場に車を停める
駅前まで出てきて、さて何処へ行く?
ファミレスが却下されたので、駄目元で「同心房に行こうか」と提案してみると「えー、俺も食べるのかよ」と言いつつも却下しないSさん
「まあ全部食べなくても残せば良いじゃん」というと「それもそうだな」
という訳で、本日訪問するのは

同心房 中村橋店

店内に入り、まずはメニューチェック
先月訪問してから暫く間が開いているし、ランチメニューは日替わりなので前回とは変わっている筈

foodpic1607317_R
foodpic1607319_R

定食メニューは色々と変わっているけど麺メニューは基本的に同じかな
定食メニューの4、6、8番辺りが気になるな
特に6番のゴーヤーと玉子野菜炒め、これってゴーヤーチャンプルーの中華版ってところかな、これが良いかも
ところが私がこれが良いかなと言ったらSさんもそれにするという
ブログ的に同じメニューというのもなんなので、私は別の物にしよう
そういえば、麺メニューでまだ気になるメニューがあったんだ、今日はそれにしよう!
その気になる麺メニューは5番の「サンラー麺」
これって酸辣麺のことだよね、酸っぱ辛いスープの麺
今まで食べたことないけどここで一発試してみようかな
ということでSさんは「ゴーヤーと玉子野菜炒め」、私は「サンラー麺」を半炒飯から白飯にして貰って注文

注文終えてそんなに待たずにまずはSさんの「ゴーヤーと玉子野菜炒め」が到着


foodpic1607321_R
foodpic1607322_R
foodpic1607340_R

そして追いかけるように私の「サンラー麺」も出て来た

foodpic1607341_R
foodpic1607342_R
foodpic1607343_R
foodpic1607344_R
foodpic1607345_R

まずスープを一口飲んでみる
おー、酸っぱ辛いwwwww
酸味があって辛くて、甘みは入っていないスープ
坦々麺のスープから胡麻ペーストを抜いて、そこに酢を加えてとろみをつけたような感じ
うーむ、変わった味だな、これは初体験の味だ

さてと麺は・・・・
あれ~、何時もの刀削麺にして貰うのを忘れちゃった・・・

foodpic1607346_R

酸味があるスープにとろみがついているので激熱のところに持ってきて無理に啜ると酢の刺激で咽そう、凄く食べ難い
麺が一般的な中華料理店で使われるようなタイプのあまり腰の強くないタイプの物、時間を掛けるといきなり延びそうな感じなので急いで食べなきゃ
水を飲みながら急いで麺を食べ進む
途中でSさんの「ゴーヤーと玉子野菜炒め」も味見させて貰う
このゴーヤー、塩揉みしたりして苦味を抜いていない
私としてはゴーヤー本来の苦味を充分に味わうことが出来て良い
たっぷりの玉子もふわふわの仕上がりで旨いし
これはなかなか美味しいな、次に来た時は絶対にこれ食べよう

酸味と辛みで飽きそうになるけど、白飯が良い口直しになる
初めはとろみがついているスープと思って食べていたのだが、麺をあらかた食べ終えた段階で残ったスープにはほとんどとろみがない
これ、もしかしてスープ自体にとろみがついているんじゃなくて餡を上に掛けてあった?ねどうもそんな感じ

スープも綺麗に飲み干し、ご馳走様でした
胃の調子が良くないと言っていたSさん、見れば綺麗に完食してるし・・・

食べ終えて、お店の窓から外を見ると駅前に停まっているクレープ屋さんの屋台車が見えた
何気なく見ていると入れ替わり立ち代りお客さんが来る

foodpic1607348_R
foodpic1607349_R

Sさんと二人でこのクレープの販売についての討論が始まる
Sさんはこのお客さんの数を見て凄い売り上げがありそうだと言うのだが、私は時間とか場所に制限されるので今は売れているけど他の時間帯は難しいだろうという判断
実際駅の入り口という好条件に見える場所だけど、逆に真昼間から堂々とここで営業できる訳もなく、また仕事帰りの人たちが買いたいと思う時間帯もある筈なので売れ行き好調な時間というのは結構限られると思う
まあ実際どうなのかはお店の人に聞くしかない訳だけど、
聞いても教えてくれる訳はないそれこそ余計なお世話(^_^;)
そんなことを窓から見ながら二十分近くもあーだこーだ言ってる我々もアホな暇人だ(^o^)

同心房 中村橋店
練馬区中村北3-23-6
11:30~14:30 17:30~01:00 土日11;30~01:00
定休 無休


お店を出て駐車場に向かう時に通ったクレープ屋さん、まだ行列が出来ている
とにかく短時間で作らないと帰っちゃうお客さんもいるだろうし、これも結構大変そうな仕事だな

foodpic1607350_R


駐車場に着いて、お茶飲みに行こうという話しになり向かったのが目白通りにあるガスト

店内は凄く空いている
ここでドリンクバーを注文し、暫し仕事に関する打ち合わせ

foodpic1607351_R

なかなか仕事も大変だ・・・


以前一度記事にしたことがある吉野家の牛鍋丼、これが最近リニューアルしたと聞いたので食べに行ってきた

残念ながら中村橋には吉野家がないので(松屋はある)、練馬駅のそばにある店舗まで遠征

吉野家 練馬店

foodpic1596714_R

おっ!垂幕にも牛鍋丼か出てる、新味かぁ

訪問したのは深夜、実は先日の映画を観に行った帰りに寄ろうかとも思ったのだがその前に食べたうどんが効いていて断念、お店の場所だけ確認しておいたのだ
深夜にしたのは理由があり、お店が混んでいないだろうと思われるから
吉野家などのお店はほとんどがカウンターのみで、周囲のお客さんが何をしているのかが丸見えになる
ヘタレの私としては混んでいるこういうお店で写真を撮るのが苦手、それでわざわざ混んでいないと思う(出来れば他に一人もお客がいなけりゃベスト!)時間帯を選んだ訳で

お店に着き、店内を覗くと先客は一人、まあ大丈夫か・・・

まずは一応メニューをチェック

foodpic1596698_R
foodpic1596701_R
foodpic1596702_R
foodpic1596703_R

メニューの表と裏、同じかと思ったら微妙に違ってた

今回はこの中から「牛鍋丼」の大盛と「追っかけ」から「豆腐しらたき」を注文
「追っかけ」を何にしようか悩んだ
基本的に牛丼の場合は生卵を追加するのだが、この「追っかけ」にあるのは「ねぎ玉子」
以前「すき家」で注文した「ねぎ玉牛丼」のねぎで懲りているので出来ればねぎは今回は勘弁したい
そういう訳で無難なところでボリュームもありそうなものとしてこれを選択

ちょっと待って登場したのがこちら

foodpic1596707_R

アップで

foodpic1596708_R
foodpic1596709_R

別皿で出て来た「追っかけ」の豆腐としらたきも一緒に丼の上に載せちゃう

foodpic1596711_R
foodpic1596713_R

豆腐としらたきに隠れちゃってほとんど肉は見えないけど、実際は肉の量もなかなか

ここで悩んだのが、紅生姜を載せるかどうか
でも牛丼じゃないので今回はこのまま食べることにする

まずは豆腐、この豆腐は焼き豆腐を使っている
豆腐にはある程度味が染みていて、このまま食べても美味しい
続いてしらたき、これはちょっと丼として食べると食べ難いかも
出来ればしらたきじゃなくて春雨だったらもっと味が染みていて美味しいだろうな
お肉とご飯を一緒にほうばってみると。ん?
以前食べた時ってこういう味だったっけ?、前より随分あっさりしているような印象
全体に味付けが薄めかなと思う

牛丼とか牛鍋ってどんな料理だろう
最初に牛丼出したのは吉野家?なので、牛丼ってこういうものですよというのは吉野家が決めた訳でそれに反論することは出来ない
だが私の中で牛丼は牛すき焼きの具をご飯に載せた物という印象がある
だから色々な牛丼屋さんの中でも私が牛丼の理想系として思っているのが新橋の駅の脇にある「牛丼元気」(今でもあるのかな?)の牛丼
そして私の中での牛鍋は昔から横浜とか東京にある牛鍋
角切りの牛肉と葱、それを味噌味のたれで煮込んで食べる料理

今回食べ終えて会計をする際に店員さんにどのように味が変わったのかを聞くと「牛丼により近くなりました」という答えがあった
自分の中ではあっさりした牛丼に豆腐としらたきが載った物という印象
これに敢えて牛鍋丼というネーミングをする必要があるのかどうか
私は気がつかなかったけれど、これまさか味噌で味付けしてありますなんてことはないよね?、でも私の馬鹿舌だから有り得ないと言えないのが辛い(^_^;)
トータルで考えると充分美味しいんだよね、値段も安いし
でも牛丼に比べると何か味に物足りなさを感じちゃう
まあそういう人は牛丼食えって話なんだろうけど・・・・・

会計時に「追っかけ」を50円引きになる割引券をゲット!
こういうの貰っちゃうとまた来なくちゃいけなくなるでしょ、商売上手なんだから、吉野家さん~!

吉野家 練馬店
練馬区練馬1-5-4
24時間営業
定休 無休

久し振りの新宿御苑周辺ネタ
とある記事で新宿三丁目駅の近くに新しくラーメン屋さんが開店していることを知った
早速Sさんに連絡し、どんなお店なのかのリサーチを依頼
ところがSさん、車で通ってみたけどそんなお店はないという
もう、何だよジジイになってちゃんと調べることも出来なくなっちゃったのかよ・・・

仕方がないので私が直々に行くことに
といってもただお店があるのを確認しに行くなんて馬鹿な真似は出来ない
行ったら当然食べてこなくちゃ
ただこちらのお店、開店が夕方の五時というちょっと変則的な営業、まんま飲み屋さんみたいだね
行こうと決めた日、まずはSさんに電話をして今日行くけどSさんは新宿御苑にいるのかを確認する
すると夜八時に千葉の方にいるけど、それからすぐに戻ってきて一緒に行きたいというので私がSさんの会社に着く時間が夜九時で設定

福都心線の新宿三丁目駅で降り、歩いてお店へ
まずは営業していることを確認しないとね(^_^;)

お店の場所と営業していることを確認してSさんに電話する
ちょうど御苑に到着して車を車庫に入れているところだというので、Sさんの会社の前で待つ
すぐにSさんが現れ、連れ立ってお店へ

モトミヤ

foodpic1602100_R
foodpic1602099_R
foodpic1602098_R

店内に入ると先客は一人だけ

店員さんは男性一人と女性一人、この女性の方がお客の対応をメインでしているようだ
場所柄と二郎系ということで、どういうお店でどんな店員さんなのかちょっと気になったけど、実際は凄く対応が丁寧で良い、これは好印象!

まずは券売機で食券を購入するシステム
あっ、券売機の写真撮り忘れたwwwww!!
メニューの詳細はラーメンデータベースで確認希望(^_^;)

私が購入したのが小豚ラーメン
Sさんは小ラーメンと汁なしの食券、この二枚を購入することで小の汁なし麺になる

まずは食券を店員さんに渡してカウンターに着席

今月の七日にオープンしたばかりのお店なので店内は非常に綺麗
L字型のカウンターとボックス席の構成

foodpic1602080_R
foodpic1602083_R

我々の座った席の後ろ、券売機の隣に製麺室がある
ここの麺は自家製麺ってことだ

foodpic1602081_R


こんな張り紙がある

foodpic1602079_R

注文して暫く待ち、まずはSさんの汁なしの小が登場

foodpic1602085_R
foodpic1602086_R

確かトッピングはニンニクだったと思う

続いて私の注文に対してのトッピングの確認がある
私がお願いしたトッピングはヤサイ、ニンニク、カラメ、アブラ
早い話が全部載せ、ヤサイ増しはあるけど、野菜増し増しがあるのかは不明

このトッピングがあるのが二郎及びに二郎系インスパイアの特徴

そして出てきたのがこれ!!

foodpic1602084_R

横から

foodpic1602093_R

アップで

foodpic1602088_R
foodpic1602089_R
foodpic1602091_R

野菜ももやしだけじゃなくてキャベツの比率が高い、これは嬉しいwww

もう一度書くけどこれは小豚ラーメン、この上に大ラーメンがあるのだが今回は初見参なので自重しての小
この小でも麺は270g、大だとその倍の540gにもなる
簡単に270gというが、これは普通のラーメンのおよそ二杯分の麺の量
つけ麺や汁なしなら540gも大丈夫だと思うけど、ラーメンで540gは結構大変
更にトッピングの野菜とかもあるし

二郎系のお店が好きな方をジロリアンと呼ぶけど、そのジロリアンのラーメンの食べ方の作法として天地返し(確かこんな呼び方)がある
つまり丼の中の麺と野菜をひっくり返し、麺を上に持って来るのだ
私もやろうとしたのだが丼の中身がこぼれそうになって中止、仕方がないので野菜の間から麺を引っ張り出して食べることにする

麺はこんな感じ

foodpic1602094_R

麺はツルツルッとした食感ではなく、二郎系の特徴のある麺に近いもの
何といえば良いのか、ボキボキッという表現をする人が多いけど確かにそんな感じかな

今回は野菜増しにしたのでスープが薄くなってしまうのを嫌ってカラメ(味濃い目)でお願いしたけど、野菜の茹で方もちょうど良く湯切りもしっかりされているのでカラメにしなくても良かったかも
アブラ、上にゴロンゴロンと載せられている脂身、これがトロントロンで丼の中で麺を掻き混ぜると崩れて麺に絡んでチメャ旨!
そしてニンニク!!
二郎グループだと「ニンニク入れますか!」がキャッチフレーズになっていてインスパイア系でもこの台詞をお店が二郎系インスパイアであることを表すものになってるけど、こちらの場合は「ニンニク入れましょう!」
なんとなくこの一言にお店のスタイルが現れているようで面白い
そのニンニク、二郎スタイルのお店のお約束で摩り下ろしニンニクではなく刻みニンニク
これが結構たっぷり載せられているようで食べている最中から良いニンニクの匂いが口中に充満
このお店の営業時間が昼間からではなく夕方となっているので、どうしてかな?とちょっと不思議に思っていたのだが、このラーメンはニンニクとセットでその旨さを最大限に発揮するのだとすれば、昼間ランチタイムから営業してもサラリーマンの人は敬遠するよな、なるほどね~そういうことなのかな?
スープは乳化系ではなく、二郎系のお店としてはあっさりタイプかな
でも旨いな~、箸が止まらないよ

小豚の豚、このタイプのラーメンではチャーシューとは言わずに豚
それがこれ、二郎のお店と比べるとそんなに大きくはない

foodpic1602096_R
foodpic1602097_R

普通のラーメンには最初からこれが二枚、豚とつくメニューだとこれが二枚追加されて四枚
その上の豚ダブルという物になるとこれが八枚!になる
トロトロ蕩けるタイプじゃないけど、蕩ける一歩手前という感じの仕上がりでこれがまたスゲー旨い!
豚ダブルにしても良かったなってちょっと後悔しちゃうほど


麺と具を食べ終え、後はスープだけ
ちょっと辛めなのでどうしようか迷ったけど、美味しいので全部飲んじゃった

隣で食べているSさんはそんなに時間も掛からず完食、スープがない分食べ易いんだろうな

アー旨かったよ~、また食べたいな
次は大豚ダブルの汁なし行きたいな、でも体調整えてからじゃないと食べ切れないかも

我々が食べている途中で来店した二人連れの男性、このタイプのお店は経験豊富みたいで二人とも大ラーメンを注文、あの雰囲気だとサックリ食べ切りそうだな
その後に来店したのが若い女性二人を連れた若いオニーチャン
この三人はどう見ても二郎系は初めてっぽい
ところが女性二人は小(小の下に麺の少ないのがあるにも関わらず)、オニーチャンに至っては堂々の大を注文、結局あの三人はどうなったかな?

モトミヤ ※閉店
新宿区新宿2-12-9
火~木11:00~14:00 17:00~23:00※LO22:30
金土17:00~05:00※LO04:30
定休 日月
祝 第1土曜

吉見うどんのお店を出た後は富士見台の商店街をチャリンコで探訪
といってもそんなに沢山お店がある訳でもなく、あっと言う間に探訪も終了
富士見台の駅まで戻り、何処かでお茶でもしようかということになり向かったのは駅前高架下にあるこのお店

foodpic1596531_R
foodpic1596530_R



ミスタードーナツ 富士見台駅前ショップ

その向かいにも喫茶店はあったのだが、何故ここにしたのかというと新製品が出ているという記事をネットの生地で読んだ為

お店に入り、今回注文したのはまずミスドプレミアムホットコーヒー262円
それから新製品として入り口の垂れ幕にも出ていた二品
[焼きド]シューデコレのストロベリーホイップとオレンジ&ホイップ各136円
Sさんも同じミスドプレミアムホットコーヒーとポンデリングを一個

注文して席に持って来た物がこれ


foodpic1596524_R

ミスドはミスドプレミアムホットコーヒーとミスドプレミアムホットカフェオレはお代わり自由
そこで店員さんに高い方のミスドプレミアムホットカフェオレを注文し、お代わりには安い方のミスドプレミアムホットコーヒーというのは駄目なのかを聞くと駄目なんだって!
うーん、何故駄目なのかよく判らないんだけど・・・・・

これは[焼きド]シューデコレのストロベリーホイップ
シュー生地で出来たリングにストロベリー風味のホイップクリームを挟んだ物


foodpic1596525_R
foodpic1596526_R

そしてこちらが[焼きド]シューデコレのオレンジ&ホイップ
同じくシュー生地にホイップクリームとオレンジピールを挟んである


foodpic1596527_R
foodpic1596528_R

うーん、どっちも美味しいんだけど同じタイプの物を二つというのはちょっと選択ミスだったかも
どうせならこれも新製品として出ていたシューフロッケンから選んだほうが良かったか?、でもこれもシュー生地だしな・・・

二人してコーヒーをお代わりしながら暫しこちらでSさんと談笑
こちらの店内に張られていた注意事項の中に飲食物を持ち込まない事というのがあり、それを見たSさん「ラーメン屋さんから出前とろうか?」

このオヤジ、何考えているんだろう?(^o^)
そんなことしたら店長が飛んで来て、警察呼ばれて新聞に載っちゃうでしょうが・・・・・

ミスタードーナツ 富士見台駅前ショップ(HP)
練馬区貫井3-7-5
07:00~23:00
定休 無休

三連休の最後の日、実は前日のランチにSさんと荻窪のステーキハウスの「まるり」に中落ちステーキを食べに行こうという話があったのだがSさんに急用が出来た為に延期
そこで日曜の夜にお店に電話をして確認してみると、月曜は営業しているが時間は夕方からでランチ営業がないとのこと
中落ちステーキはランチの午後一時以降にしか提供されない(夜の時間帯の提供もなし)なので駄目じゃん・・・
そういう訳で三連休最後の月曜は昼間からの出撃はなくなった
夕方に食事に出かけるということになり、Sさんと最近のお約束の自転車で集合
さて、何処に行く?とSさんに聞くと、富士見台のうどん屋さんに行きたいという
それじゃそうしますか、という訳でチャリンコで向かったのはこのお店

吉見うどん

foodpic1596510_R


店内に入ると半分弱の客の入り、何時もより多いかな?
天気も良いし気温も高めなので、こういう日は冷たいうどんにしよう!

foodpic1596511_R

私が選んだのは冷やし吉見うどん630円を大盛で930円
こちらのお店は大盛は300円プラス、大盛が300円プラスと聞くとちょっと高いんじゃないかなと思うけど仕方がないかも

Sさんは何にするのかなと思っていると私と同じものにするという
Sさんも大盛にするのかを聞くとそうだと言う!、大丈夫かな?

注文をして、暫く待っていると二人の注文が同時に到着

foodpic1596512_R

これ、器の色柄は違うがどちらも同じ大盛

アップで

foodpic1596513_R
foodpic1596514_R
foodpic1596515_R
foodpic1596516_R
foodpic1596517_R
foodpic1596518_R

たっぷりと山のように盛られた花鰹をどかすと下から現れるのはこれまたたっぷりの刻んだ油揚げとお野菜

foodpic1596522_R

うどんは太目の物で手打ち手切りの為に太さが色々

foodpic1596520_R

我々が注文して待っている間に何組かのお客さんが来店
そのうちの一組、二人の子供連れのファミリーの御主人、私の丼の物を見て興味をそそられた様で女将さんにあれは何かと聞いている
二つとも冷やし吉見うどんの大盛だと女将さんが説明すると、黒い丼の方はと改めて聞いている
Sさんは到着してすぐに全体を混ぜてしまったが、私は写真を撮る為に混ぜずにおいた為、この花鰹の山を見て別の物と思ったらしい

しかし、これは凄くボリュームがあるぞ・・・
女将さんが持って来る際に吉見うどん二玉って言って持って来たんだけど、ここの大盛は1.5倍じゃなくて2倍なんだ
それなら300円プラスも納得

食べるとうどんの歯応えもしっかりも、そしてそれに絡むお出汁も旨い
具の油揚げ、油抜きしてから空煎りしているのか歯応えがふにゃっとしておらず、でも油臭さもなくて凄く美味しい
以前lemat様が京都のうどんで刻んだお揚げを使ったうどんを教えて下さったが、そのうどんのお揚げともまたちょっと違うんだろうな・・・

軽い気持ちで食べ始めたけど、食べても食べてもなかなか減らない
これは本腰入れて食べないと余しそうだ
そう思ってSさんの方を見ると、三分の一ほど減った丼を前にして肩で息してるしwwwww、大丈夫か?(^_^;)

我々が食べている間にも次々とお客が来店し、夜八時までの営業の筈なのに七時半過ぎにはもう暖簾を仕舞っちゃった
その後から来たお客さんも我々が食べている丼の大きさが気になるようでこちらをちらちら見ている、こっち見んな!(^o^)

やっと残りが三分の一ほどになり、ここからラストスパート
具とうどんを全部食べて後はお出汁、このお出汁もゆっくりと飲み干して完食、ご馳走様でした
Sさん、ふうふう言いながら具とうどんを完食、血圧を理由にお出汁は残してる

ここの大盛は本当にお腹が空いている時じゃないと下手したら返り討ちに遇いそうだな

吉見うどん(食べログ)
練馬区富士見台2-17-19 ※住所をクリックで地図表示
11:30~20:00
定休 木曜

↑このページのトップヘ