今日は11時に中野坂上で仕事先の会社の方と待ち合わせ
サックリとこちらでの仕事を済ませ、さてどこかで食事にでもしましょうかという話になった
「良いですね、どこかよい店ありますか?」との返事に、寒いからカレーでも行きましょうかとの私の問いに快諾
ところが丸の内線で新宿に向かう途中で、この後12時半に浅草橋に行かなければならないなどとのたまう
更に浅草橋に向かう前に一度会社に戻って書類を取ってこなければならないとのこと
新宿着が11時半過ぎ、どう考えても食事をする時間など無い
そういうことで食事を一緒するのは諦めることに
駅で別れ、いつもの知人に電話してみるも彼も戻るのが2時頃との返事に諦めて一人で新規開拓の旅に出ることにした
西武新宿駅のあたりで、さて何処へ行こうかと考えたときに頭に閃いたのがこちらのお店
何でも素ラーメンとかかけラーメンとかいうメニューがあるらしい
激安だけど結構美味しいとの噂をいくつかのブログで拝見したことがある
まあ激安なら外しても腹も立たないし、駄目元でチャレンジするのは有りでしょう


中華食堂 一番館 新宿歌舞伎町店

場所は新宿コマの斜め向かい、一階に松屋が入っているビルの二階
ちょっと判りにくい入り口から階段を上がってお店へ
今日は雨降りで、入り口に傘に袋をつける機械が置かれているが自分のは折り畳み傘で使えない
と思ったらお店の店員さんが巾広の小さい袋を持ってきてくれた
こういうちょっとしたサービスが嬉しい(ただお店の中に水を垂らされるのが嫌だったのかもしれないが)
閉館した新宿コマが見えるカウンターに座り、メニューを見る
お店の方からメニューの撮影は遠慮してくれとの言葉があったので、メニューの写真はないが、結構品数があり定食類もいくつかある
その中で今回注文したのは「かけラーメン」と「豚肉とキクラゲの玉子炒め定食」
そんなに待たずに最初に登場したのがこちら
ちなみに注文した品の写真撮影はOKとのこと

P1000053(1)
豚肉とキクラゲの玉子炒め定食 580円

続いて登場したのが噂のこの一品

P1000051(1)
かけラーメン 280円

あれっ、どこかで見たような?!?
ちょっと考えて思い出したのが、荻窪の丸福のラーメン
もやしや挽肉がトッピングされているところなどはかなり似ている
でもあちらはラーメン一本で名前を知られている店だし、比較するのもあちらのお店に失礼に当たる
そんなことを考えながら、まずはスープを一口・・・・

エッ!、旨いじゃないですか!!

あっさりとしていながら挽肉の旨味が溶け出した醤油味のスープ
先程見た目で名前を出した丸福とは違うが、最近の過剰気味の濃厚豚骨と魚介に魚粉まみれのスープに飽き気味だった自分としては、ほっとするどこか懐かしくも安心感を感じる味だ

P1000055(1)

麺は自分としては少し柔らかめに感じたが、これも昔ながらの中華そばの感じの中細の縮れ麺
麺の量は流石にちょっと少なめだが、なんとってもこれが280円なのだから全く文句は言えない
これ充分に有りです、下手な街の中華屋さんや平均点クラスのラーメン専門店より美味しいかも
これを麺大盛にして、お店の名前を出さずに500円で試食テストしたら、結構納得してお金払う人多いかも、それぐらいの感じです

伸びるのが嫌だったので、まず麺を全て食べ終わってから定食に取り掛かる
定食のおかずの量は平均的、玉子の炒め方は固すぎずちょうど良い感じ
ちょっとしょっぱめに感じたが、ご飯が進む味付けでこれも結構美味しい
漬物とスープがついてきたが、ラーメンのスープをメインのスープにして食べ進み完食
お腹一杯です
これを書く前に中華食堂のHPを読んでみたが、社長挨拶の中で低価格ラーメンの御三家に言及している件があった
私が御三家として思い浮かんだのは日高屋と幸楽苑の二つでもう一つが思いつかなかった
福しんかなとも思ったが、確信がなかったのでググッてみたところのこりの一つはラーメン一番らしい
私はラーメン一番は食べたことがないが、たしか牛丼チェーンが買い取って梃入れしたが失敗したチェーン店のはず
日高屋と幸楽苑のほうは何度か食べたことがあるが、この二店は自分としては残念ながら美味しいとは思わなかった

こちらのお店、自分の行動範囲からは少し外れるが、それでもたまに食べたくなる感じのラーメンなのでこれからはちょくちょく寄ってみようと思う

中華食堂 一番館 新宿歌舞伎町店 〔HP〕
東京都新宿区歌舞伎町1-22-8 小島屋ビル2F
11:00~5:00
年中無休