寝溜め食い溜め

オヤジの戯言走り書き

Category:中央区 > 築地周辺

この日は土曜日なんだけど仕事が入ってる
でも昼の12時半からなのでその前が空いてるんだよね、普段は大体午前中から埋まっちゃうのでこういうパターンはあまりないかも
ん?!でもこれなら行けちゃうかな?正月明けは二度寝して更にふて寝して(^_^;)行くの止めちゃったから
ってな訳で前の晩少し早めに寝て、朝も頑張って4時に起きて風呂入って向かったのが築地
モニちゃんとタニリン♪ヽ(´▽`)/様に築地行かなかったの?とか責められるしぃ(>_<)、ここいらで行ったよって記事にしとかないと狼少年みたいに思われるのも辛いものがあるんで
大江戸線で築地市場前に着いたのが7時過ぎ、土曜なのでやっぱり混んでるな、外人さんも多いよ
場外の方へは向かわず、市場の正門から入ってそのまま向かったのが城内の飲食店が並んでいる「魚がし横町」
※築地の地図は昨年の「マツコの知らない世界・築地編」でマツコ・デラックスと互角以上に渡り合って全国にその名前を知らしめた(^-^)つきじろう様の作られた築地市場の地図(旧ブログに掲載)で確認を
これ、場所だけじゃなくてクリックするとお店の詳細情報も判るのでとっても便利、築地歩きの際のバイブル的な存在だよ
私は今回は「八千代」でチャーシューエッグ」を食べようと思ってたんだよね、まぁ当然つきじろう様がテレビで大絶賛してたアジフライも外せないけどね
または以前訪問した「米花」のどちらかにしようって思ったんだけど
この7号館と6号館の脇に並んでる行列はあの超待ち時間が長いってことで有名な「寿司大」
KHMfoodpic6739556_compressed
こちらが今回の第一目標の「八千代」、写真は食事後に撮った物で私が並んだ時はラッキーにも前客が4人ほどだったんだけどね、でもすぐに後ろに並ぶ人が増えて10人くらいにはなってたけど
とんかつ 八千代
KHMfoodpic6739552_compressed
15分くらい待って店内へ、今回は一番入口に近い席だったよ、ちょっと戸が開くと寒いw!
店内はこんな感じ、奥にこちらに背を向けて写ってるのがあの美人の店員さんだね、サイン貰おうかな(^-^)
店内は狭くて背中合わせにカウンター席が作られててその間を通るのにも一苦労しそう、そう考えると一番手前で良かったのかな?
KHMfoodpic6739547_compressed
さっそくメニューを確認
KHMfoodpic6739511_compressed
「チャーシューエッグ定食」は1.300円(火・木・土限定メニュー)、これにアジフライをつけて貰い、ライスを大盛で注文
それ以外のメニューはこんな感じ、これは一部だけどね
KHMfoodpic6739513_compressed
KHMfoodpic6739516_compressed
注文を終えるとお茶と漬物が登場
KHMfoodpic6739514_compressed
KHMfoodpic6739515_compressed
そして10分少々で登場したのがこちら
KHMfoodpic6739519_compressed
アップで
KHMfoodpic6739520_compressed
KHMfoodpic6739521_compressed
KHMfoodpic6739522_compressed
KHMfoodpic6739523_compressed
KHMfoodpic6739524_compressed
これがテレビでつきじろう様が絶賛していたアジフライだよ
テレビでは「かとう」のアジフライも名前が出てたと思うけど、あちらは以前訪問した時に朝早くはフライは出来ないって言われて焼き魚を食べたんだよね、ブログやる前だったので記事にはなってないけど
アジフライの上にはタルタルがたっぷり
KHMfoodpic6739525_compressed
KHMfoodpic6739529_compressed
アジフライに隠れているけどマカロニサラダもついてる
KHMfoodpic6739530_compressed
KHMfoodpic6739531_compressed
KHMfoodpic6739533_compressed
さっそく食べるとチャーシューはトロットロ!
お箸で持ち上げて写真をって思ったんだけど、持ち上げようとすると崩れちゃうんだよね
KHMfoodpic6739537_compressed
KHMfoodpic6739539_compressed
チャーシューは濃いめに味がつけられててご飯のおかずとしても最高だね
目玉焼きは二つついてて、崩して黄身を絡めて食べても美味しいwww!
KHMfoodpic6739541_compressed
アジフライは肉厚でふっくら
変な臭みとかもなくて油臭さも皆無、確かにこりゃ旨いや(^_^)v
KHMfoodpic6739542_compressed
バクバクッと食べて完食、ご馳走様でした(^_^)v

とんかつ 八千代
中央区築地5-2-1 (6号館) ※地図表示
05:00~13:15
定休 日曜祝日・休市日
※情報はお店に確認をとったものではありません

食事を終えた後はもう一軒の候補の「米花」を覗きに
KHMfoodpic6739559_compressed
こちらも待ち客・・・右端の人は整理員かな?

場内から場外へと出て、場外の雑踏を避けて東側を回って晴海通りへ
コーヒーでも飲もうと思ってね
トコトコと歩いている途中で見かけたのがこちら
KHMfoodpic6739561_compressed
ははぁ、「河岸頭」ってここにあったんだ・・・・・
そして辿り着いたのが「米本珈琲本店」
KHMfoodpic6739563_compressed
こちらでアメリカンコーヒーを注文して店頭の席で
KHMfoodpic6739565_compressed
日も登って来て
コーヒーを飲んだらお店を後にしてもんぜき通りを通ってまた城内の方へ
KHMfoodpic6739573_compressed
[正式決定]場外市場は築地に残ります!
豊洲の城内市場とこちら築地場外市場に別れちゃうんだね、すぐにとは行かないだろうけど豊洲の方もこういう感じの場外市場、或いは商店街が出来るのかな?
フジテレビの「有吉君の正直散歩」で勝俣さんが「場外さえ残れば後はどうでもいい」みたいなことを言ってたけど、ちょっと違う気がするんだけどな・・・・・「隣の市場で仕入れてきたばっかりの新鮮な魚だよ」って売り文句は使えなくなる訳だし、この「隣の」という言葉がつかないけれど築地で仕入れてるお店なんて都内にゃ山ほどあるもんね、やっぱり市場の隣に店を出すってのはメリットが大きい気がする
途中で「井上」の前を通るのであまり混んでなければラーメン食べようかと思ったんだけど半端じゃなくメッチャ混んでる( ゚д゚)、これは無理だわ
「長崎漁連」のところを曲がって休憩所へ、はぁ~疲れたぁ(-_-;)
煙草を吸いながら後ろを見たらこんなのが
KHMfoodpic6739579_compressed
KHMfoodpic6739582_compressed
何だ?これ・・・一個買ってみたよ(^_^)
家に帰って見てみると
KHMfoodpic6739631_compressed
KHMfoodpic6739641_compressed
なんだこれ?
KHMfoodpic6739656_compressed
KHMfoodpic6739667_compressed
共計所の斜め向かいはあのテリー伊藤のお兄さん?がやってる玉子焼きの丸武がある通り
KHMfoodpic6739592_compressed
KHMfoodpic6739597_compressed
人が凄いや、丸武って玉子焼き丸ごと売るだけじゃなくて今は割箸に刺した食べ歩き用の玉子焼きも打てるんだね、結構食べてる人を見かけたよ
いや~でも12時半まで時間を潰すのって大変だわ、もう歩くの疲れちゃったから目的地に向かうかな
そっちで喫茶店にでも入って時間潰そうか
ってことで両国へGO!
両国に着き、JR両国駅の前にある私の好きなベローチェへ
KHMfoodpic6739601_compressed
「アメリカンコーヒー L」230円を購入してちびちびと飲みながら本を読んで
暫くここで時間を潰したんだけど、飽きちゃったので隅田川でも眺めに行くかな
KHMP1161100_compressed
KHMP1161101_compressed
KHMP1161108_compressed
働く船シリーズ
これは河川の清掃のための船
KHMP1161110_compressed
KHMP1161111_compressed
屋形船
KHMP1161115_compressed
観光用、これも中で食事出来たりするのかな?
KHMP1161119_compressed
KHMP1161119_compressed
この日は荷物が少なかったのでデジカメを2台持って行ってたんだけど
こちらはオリンパスの「XZ-10」で撮った物
KHMP1161113_compressed
そしてこちらはリコーの「WG-5」で撮影
KHMRIMG0288_compressed
どちらもコンデジではレンズはかなり明るい方なんだけど、それでもやっぱり差はあるね
特に
「XZ-10」はf1.8~2.7なので以前使ってたLUMIXのFT1ではフラッシュ使わないと暗くて映らないような場面でもフラッシュ無しで撮影出来るのが嬉しい
あ~もうちょっとで12時だよ、早めに相手が来てくれれば嬉しいけどね

この日は土曜日、相変わらずの仕事なんだけどその1件目が築地で何と場外の飲食店が並ぶもんぜき通りの向かいのビル!こんな場所に住めたら毎日築地三昧出来そうだよね(^_^;)
実はこの仕事が決まった時、まだその後の仕事が決まってなかったのでこりゃその後の仕事が入らなきゃ築地三昧だな~とか呑気に考えてたんだけど流石にそれは甘かったよ(^o^;
それでもちょっと早起きして朝御飯を食べに築地に向かった訳だけど
築地に着き、そのまま場内へ
新年早々1月6日に放送されて大評判になった「マツコの知らない世界」の「マツコの知らない築地の世界」、あれがあったので築地も混んでるかな?とか思ったけど想像以上だったよ(((゚Д゚)))
以前訪問して記事にしたこともある「米花()」、まずこれまで店頭に行列が出来てるなんてのは殆ど見たことがなくてあっても外国人のグループくらいだったんだけどこの日はこんな有り様!
KHMfoodpic5938136_compressed
そして番組で登場したもう一軒の「八千代」も
KHMfoodpic5938130_compressed
この二軒は名店だけど築地ではそんなに行列が出来てるって感じでもなかったのに今回は凄いことになっちゃってるね
流石は築地の隠れた名店としてつきじろう様となべひろ様が紹介したお店、きっと残りのフォーシーズンとかも行列になってるんだろうなぁ
これ
を見て、こりゃ正攻法じゃ駄目だろうってことで向かったのがこちらのお店
磯野家
KHMfoodpic5938059_compressed
KHMfoodpic5938067_compressed
KHMfoodpic5938073_compressed
ここは築地の中にある定食屋さん、というか和洋中全部扱ってるお店でどちらかと言うと築地の中で働いている人達が普段使いでご飯を食べに来るお店らしい
一階には磯寿司という寿司屋さんもあって同じ経営みたいなんだけど、こちらは他のお寿司屋さんと一緒で築地を訪問する人達が訪問してるらしい
お店は二階なので階段を登って店内へ、そこは外の喧騒とはかけ離れた世界
KHMfoodpic5938076_compressed
食事をしてる方達は皆築地の関係者みたいだね
ここ、写真の窓際に沿って左側に行くと畳が敷かれた小部屋があって、時間によってはそこで寛ぐ築地関係の方もいるとか
それじゃ私もさっそく注文しようっと
和洋食全部揃ってるよ、そしてここの凄いところはちゃんと和洋中の別々の職人さんが作ってるんだとか
KHMfoodpic5938088_compressed
KHMfoodpic5938090_compressed
KHMfoodpic5938091_compressed
今回私が注文したのは和食から「イカバター焼き定食」970円、それとつきじろう様の記事で観て一度は食べてみたかった「牡蠣飯」、これはメニューには出てないし店内にも張り紙とか見当たらなかったんだけど店員さんに訊いてみたら普通に受けてくれたよ
そして少し待って登場したのがこちら
まずは「イカバター焼き定食」
KHMfoodpic5938098_compressed
アップで
KHMfoodpic5938100_compressed
KHMfoodpic5938102_compressed
これ、白菜?キャベツ?を刻んだ漬物なんだけど水分が多いのが珍しいかも
KHMfoodpic5938106_compressed
KHMfoodpic5938107_compressed
ん~ご飯がないなぁって思ってたら白飯じゃなくて牡蠣飯が登場したよ
私は普通に白飯付きの定食と追加で牡蠣飯を注文したつもりだったんだけど、どうやらそう受け取ってくれなかったみたい(^o^;
KHMfoodpic5938111_compressed
蓋を取ると
KHMfoodpic5938113_compressed
アップで
KHMfoodpic5938114_compressed
ぷっくりと太った牡蠣が旨そうだねぇ、こりゃ大当たりだな
KHMfoodpic5938126_compressed
それじゃさっそくいただき〼!
イカのバター焼きは醤油とバターの風味が絶妙!イカも程良い歯応えでこりゃ旨い!
しかしこれはボリュームあるよ、イカ一杯分使ってんじゃないかという量だもん
牡蠣飯、上に牡蠣が3つ載ってるんだけどパクパクッと食べて行ったら中にも牡蠣が3つ?4つ入ってた、これは嬉しい(^_^)v
ご飯の味付けも程良くて牡蠣の風味が全体に染みこんでてこりゃ絶品だわ
味噌汁の具は浅蜊
KHMfoodpic5938127_compressed
凄く和風の良い食事を朝からしてるような気がして心が豊かになったような気分で日本人に生まれて良かったぁって思いながら完食、ご馳走様でした
牡蠣飯、幾らかなって思ったら確か400円か500円だったような気が
KHMfoodpic5938092_compressed

磯野家
中央区築地5-2-1築地場内10号館 ※地図表示

お店を後にして向かったのは場内にある墨田書房さん、買いたい本があってね
ここは流石築地場内にある本屋さんってことで料理関係の本が一杯
KHMfoodpic5938131_compressed
KHMfoodpic5938133_compressed
KHMfoodpic5938135_compressed
でも今回のお目当ての本が見つかんないなぁ・・・と思ってお店の方に尋ねてみたら「これですよ!」って出してくれたのがこちらの本!さっそくお買い上げ
これ、あのマツコの番組でつきじろう様と一緒に出てらしたなべひろ様の奥様が書かれている漫画で、旦那様でもあるなべひろ様も登場してるという築地を歩く際に参考にするには最高の面白い本、つきじろう様も絶賛されてたし
以前は同じおざわゆき様の手になる「築地あるき」って本も出てたんだけど何と私はその自費出版分を持ってるんだよね(^_^)v、今はその自費出版分はもう売ってないみたいだけど出版社刊行分が出てるみたいなので気になった方は是非!絶対面白いから\(^o^)/
KHMfoodpic5938137_compressed
本屋さんを後にして向かったのは仕事先、そりゃそうだよ今回は仕事しに来てるんだから(^o^;
その仕事の後にコーヒーが飲みたくなったんだけど近くで喫茶店がないかな~って脇道を覗きながら歩いてたら見つけましたよ~\(^o^)/
KHMfoodpic5938138_compressed
Rubin's Coffee
上の写真は飲食後に撮ったものなんだけど、私がお店に入ってさてコーヒー注文しようかな?つてことでレジに行くと誰もいない
゚(∀) ゚ エッ?と思って入り口に戻ってお店から顔を出して周囲をキョロキョロしてたら向こうの方からお姉さんが走って戻って来た(^o^)
さっそくレジで注文したのはアメリカン・コーヒーで230円
KHMfoodpic5938140_compressed
KHMfoodpic5938139_compressed
店内はこんな感じ
KHMfoodpic5938142_compressed
KHMfoodpic5938144_compressed
私がコーヒーを飲み始めると続いて二人ほどお客が来店、客を呼ぶKHMって私の事でっせ(^_^)
場外には何軒か喫茶店があるけど、もんぜき通り側って案外少なそうなのでここは穴場かも
KHMfoodpic5938141_compressed

Rubin's Coffee
中央区築地4-7-5 ※地図表示
営業時間は上記写真で

最初の方に書いた「マツコの知らない築地の世界」、私も録画を少し日が経ってから観たんだけどあれは凄く面白かったね
まず築地のナビゲーター役のつきじろう様となべひろ様の二人が登場したシーン、つきじろう様の顔が写った時点で私は大爆笑しちゃったもんね
勘違いのないように書くと、別に顔がどうとかいうことじゃなくて私はつきじろう様のお顔を拝見するのは初めてなんだけど想像してたとおり、というか以前別の方のブログに似顔絵で登場されていたつきじろう様そのまんまだったから
詳しく書くと私がつきじろう様を知ったのは今はもう更新を止められた「食い道をゆく」というブログを愛読していた時
その頃はまだつきじろう様はHNをTsukijigo様と名乗られてた頃だったと思うんだけど、そのブログの中でも寝袋に入ったままピョンピョンと飛び回るというスタイルで登場してたんだよね
そのブログをかかれてたヒロキエ様は元法廷漫画家だったという方でブログの世界ではこれまた超有名人だった方だけど、その方のブログに登場していたつきじろう様があの放送のつきじろう様とそっくりというかデフォルメされてるのにちゃんと特徴を捉えて書かれてたものだから一目見てあ~つきじろう様!ってなっちゃった訳で
しかしあの放送を観ててあ~なるほどね!このお人柄が沢山の有名ブロガーを惹きつけるんだろうなって思った次第、こりゃ何処のお店に顔を出しても好かれるだろうな、何処に行っても知り合いから声をかけられるだろうなって納得した次第
しかし築地通い十年であれだけ詳しくなれるものなんだなぁって思ったのって私だけじゃないと思うけどね、よっぽど通い詰めたんだろうと思う
しかしあのお二人を引っ張りだした時点でテレビってΣ(゚Д゚)スゲェ!!って思ったよ、マジで
どちらも築地では超有名人のお二人だし、その交友の広さはつきじろう様の
ブログでのリンク先を観れば一目瞭然だもんね
あ、つきじろう様の現在のブログはこちらです、現在は築地以外の記事もありますが築地関係の情報の蓄積は半端じゃ無いものがありますので、築地へのご訪問を考えられている方は是非訪問されてみてください、築地を満喫するために役に立つ情報が満載ですから!
それから最後に、つきじろう様www今回もつきじろう様の情報をありがたく使わせていただきました、ありがとうございます!
つきじろう様が45歳ってのを知って゚(∀) ゚ エッ?マジで?!
でも考えてみると今でも二郎三田本店での注文は大豚だって言うし、あれを完食しちゃうんだから50過ぎってことはないか
そしてまだ築地に通われてから10年ってのにも驚いちゃったよ、よほど濃い10年を過ごされたんだろうな・・・・・

年末企画として昨日の三十日に訪問した築地の記事を急遽アップ!
だってさとある方から早く記事アップせんかい!って脅し、脅迫コメント催促が入ったんだもん(-_-;)


数日前にMONICA様と電話で喋っていて(メールだったかな?)、築地に行こうという話になった
急な話で、私は年末休みに入る二十九日の土曜日はどうか?とMONICA様に提案したところMONICA様はその日は仕事を入れちゃってて無理
そしてMONICA様から今年は三十日の日曜も場内がやってるからこの日にしようという逆提案
私はてっきり二十九日の土曜で場内は終わりだと思ってたけど、調べてみると確かにやってるんだね、全然知らなかったよ
そこで三十日に行くことにして、MONICA様には他の方達(むねこ様やMONICA様のお友達)に声をかけて貰うことにした
だって私とMONICA様の二人だけだったら完全に女王様とその下僕かパシリ1号みたいになっちゃうじゃん、それって怖すぎるだろう(^o^;
しかし残念ながらむねこ様は体調不良でお友達は二十九日に帰省しなきゃならないとのことで不参加、この時点で私の役どころはパシリに確定、飛べと言われりゃ飛びますぜぃ(^^ゞ

前日は十時過ぎに早々と就寝、だって深夜三時過ぎには起きなきゃならないしね
当日は起きてすぐに風呂に入って身を清める、もう気分的には完全に俎板の上の鯉状態、優しくしてね(^_^)

大江戸線で築地市場駅に到着したのが朝の七時少し前、MONICA様は自宅からではなく横浜から来るらしいがメールだとどうやら数分違いで私の方が早く駅に着いたみたいだ

地上に出て、新大橋通の佃權のところまで来るとその先は大渋滞(゚д゚)!
エ~!雨降ってるのにこんなに人出があるんかよ・・・・・
今日は築地は休みだと思ってる人が多いから空いてるだろうなんて私の予想は完全に的外れもいいところだ(-_-;)

R foodpic3030752_compressed

MONICA様とは新大橋通りと晴海通りの角にあるローソンの前(MONICA様の指定)での待ち合わせだったんだけど、きっとMONICA様も築地市場駅から来るものと思い込んでいた私はこの渋滞を避ける為に佃權の脇に待ち合わせ場所を変更
ところがMONICA様は日比谷線で来たらしく、降りた駅は築地駅、完全に反対側じゃん
少し待ってMONICA様登場、何と今日のMONICA様のファッションは豹柄のフェイクファー、完全に大阪のオバチャンスタイルwww
一瞬赤の他人のふりをしようかと思ったけど(^o^;、MONICA様の方が先に私を見つけていたようでアウチ~!捕獲されちゃいました
それでなくても肉食猛獣といたいけな子ウサギみたいな関係なのに・・・・・(^_^;)

MONICA様にすぐ朝御飯を食べに行くかを訊くとそうするということなので、場外の混雑を避けて市場橋門から場内へ一直線

R foodpic3030755_compressed

途中見かけたお店は何処も人数の違いはあるけど店頭に行列
MONICA様が「米花~」と言ってるので真っ直ぐに米花へと向かう

R foodpic3030756_compressed

おっラッキー!、店頭には何故か行列もないし、店内には空席もあるじゃん
意気揚々と入ろうとすると・・・・・
ジローさんから「御免~、全部売り切れ」という御言葉・・・・・
えぇ~!?まだ七時ちょい過ぎなのにもう売り切れですか?!(>_<)

近くにある何軒かのお寿司屋さんの前を見てみると何処もかなりの行列、そこでもしかしたら空いてるかな?と思って向かったのがこちらのお店

岩佐寿し

R foodpic3030786_compressed
※写真は食事後に撮影したもの

店頭には三人の待ち客、まぁ少ない方かな?
でも実際には店内にも数人の待ち客がいるんだけどね(^_^;)

ここは評判も悪くはないみたいだし、貝づくしというここだけの変わった名物もあるのでここにしよう

店頭で待ち始めてから間もなく店内へと移動
待つ間にMONICA様と何を注文するかを相談


R foodpic3030757_compressed

そこで二人とも「おまかせ」にすることに、これは3.600円
貝づくしにも惹かれたけど、ボリュームのある方ということで私はこれにした訳で


R foodpic3030759_compressed

ただこれだけだとちょっとボリュームが・・・・・
ということで私はいくら丼(1.500円)も一緒に注文することにした
ここのうに丼(確か2.500円)も美味しいらしいのだが、朝ご飯で六千円オーバーはやり過ぎかなって思ったのでワンランク値段の安いものを(^_^;)

注文後少し待ってまずはいくら丼が登場


R foodpic3030761_compressed

アップで
思ったよりも丼小さっ!


R foodpic3030762_compressed
R foodpic3030764_compressed

これはいくらの醤油漬けだね
私は食べた記憶がないんだけど、昔はお寿司屋さんのいくらは今みたいな醤油漬けではなくて「塩いくら」というのが多く使われていたらしい、塩漬けだと筋子の親戚みたいだよね
追っかけで二人のお味噌汁が到着


R foodpic3030765_compressed

そしていよいよ握りが何度かに分けて出て来た

R foodpic3030766_compressed
R foodpic3030767_compressed
R foodpic3030768_compressed
R foodpic3030769_compressed
R foodpic3030770_compressed
R foodpic3030771_compressed

左端は赤貝、その隣はあおやぎ

R foodpic3030772_compressed
R foodpic3030776_compressed
R foodpic3030775_compressed
R foodpic3030774_compressed
R foodpic3030778_compressed
R foodpic3030780_compressed
R foodpic3030781_compressed

巻物は写真撮り忘れて一個食べちゃった(^_^;)

R foodpic3030783_compressed

〆て十二貫に巻物が一本

ネタはどれも新鮮で臭みなどは全然なくて美味しい
特に煮穴子や中トロ、貝などが美味しかったな

いくら丼は普通かなぁ、ボリュームもそれほどじゃなかったしね
これならもう一つうに丼も食べれそうな感じだったけど、懐と相談して(しなくても)今回はストップ

食べるの遅いだろうと高を括っていたMONICA様が結構食べるのが早いのに驚く
私とほとんど変わらないペースで握りを食べられていたので、私は焦っていくら丼を食べたのであんまり味が判らなかったよ(-_-;)

食べ終えて上がりを飲んでいると店外にも待ち客がいる気配なので早々に退散
お店を出るとそこにはごちゃっと待ち客の列!、それが最初の店頭の写真

お店を後にして向かったのは場外、もうこの頃には雨も上がっていたので少しは歩き易い
MONICA様の買い物のお供(パシリの荷物持ちともいう)で付き合うことに
しかし人が本当に多いよ、大晦日の上野御徒町かってくらい(^o^)

結局MONICA様は場外の佃權や紀文、それに乾物屋さんや食器店などを回りこまごまとしたものを数点購入されてたみたい
私は今回は買い物は一切なし、だって食べにきたんだも~ん
鮮魚類を買うなら場内の水産部仲卸に足を運ぶのも楽しいけどね

R foodpic3030790_compressed

新大橋通りの混雑の大きな原因はこれ
写真に小さく看板が写ってる「らーめん井上」、ここが車道の方にまでループして行列が出来ておりその数およそ数十人、確かに場外では有名なお店だし私も嫌いな味じゃないけど、私としては年末最後に訪問して並んでまで食べなきゃと思う類のお店じゃないような気はするんだけどね
でも人によっては凄く思い出のある場所かもしれないしなぁ、例えば偶然隣り合ってラーメン啜った女性が今の奥さんだとか、まぁそれはまずないだろうけど(^o^;


R foodpic3030792_compressed

何処かでお茶にしましょうかということで、築地本願寺近くにあるドトールに向かったけど激混み!
そこで更に先にあるデニーズに行こうとしたら途中で私の好きなベローチェ発見、ここで暫し二人でマッタリ
結局その後は日比谷線築地駅入り口でMONICA様とはお別れし、この日の築地巡りは幕となったのでした
いや~、朝早かったので眠いぜ、帰って一眠りしなきゃ

九時半過ぎに副都心線の築地市場駅に着いたけど、駅からはどんどん人が出てくる

R foodpic3030795_compressed

まさかこの時間から築地の場内で朝御飯って人達じゃあないとは思うけど、でも場外のチェーン店のお寿司屋さんとかは二十四時間営業!だったりするから判んないな
場外のお店は今日は何時までやってるんだろう、最後の搔き入れ時だからね

ザ・築地市場(場内の公式HP)
築地場外市場(場外の公式HP)

場外・場内共に新年は5日の土曜日からやってるそうです

岩佐寿し
中央区築地5-2-1築地卸売市場1号館 ※地図表示
6:00~14:30 土曜6:00~15:00
定休 日曜祝日・第2・第4水曜(休市日)

四月の二十日頃、ぴよこ様とメールのやり取りをしている中で築地に御飯を食べに行きませんかと駄目元でお誘いしてみたところ予想外の快諾をいただいた
そこで今度はぴよこ様からいつもコメントをいただいている
MONICA様へお誘いを掛けていただくと、こちらもOKだという

という訳で、四月三十日に築地訪問決定wwwww!
美女二人と野獣というより、女王様と女神様とそのお供が一人
あ、どちらが女王様でどちらが女神様かは内緒(^_^;)
、このお二人はその時その時でキャラがコロッと変わるので

ぴよこ様は何度か築地の訪問はあるけどそれもほとんどは場外止まり、MONICA様は築地は初訪問だという
そこで、ぴよこ様に食べてみたいお店を幾つか選んで貰うことにした
その際に参考にして貰うものと言えば、つきじろう様がお書きになっているこれ
しかないでしょう!
とにかく築地の食べ歩きで一番参考になるブログだと私は思っているし、実際に毎日のように築地を訪問してあちこちのお店で食べた事を記事にされている
そのお店の良いところ悪いところ、悪いところもオブラートに包まれてはいても気になるところはちゃんと指摘されている
単なる提灯記事ではなく、我々のような初心者が一番知りたいところをしっかりと押さえた内容、これを信じなくて何を信じる?

でも、考えてみたら下駄を預けられたぴよこ様もいい迷惑な話
だって実は私もどのお店にしたら良いのか判らなかった、だって行ってみたい、食べてみたいお店が多すぎる訳で・・・・・

ぴよこ様が挙げたのは、寿司大、米花、かとう、八千代など
どれも場内にあるお店でどれも有名なお店
つきじろう様の記事を拝見すると、築地への人出が大震災後にめっきり少なくなっているらしい
ただ、平日は人出が少なくなったと言っても、GWの土曜となると全く読めない

MONICA様は場外の紀文本店に寄ってみたいというのが唯一の希望、叶えましょうぞその望み!、お任せあれ!!

当日は朝の六時に築地で待ち合わせ
待ち合わせ場所に着いてみると、もうぴよこ様が待っていらっしゃった
そこへMONICA様も到着

挨拶もそこそこに場内へと三人で向かう
あれ~?、思ったよりも人の数が多い!
まだ六時ちょっと過ぎだけど場内もかなりの混み様
でもいつもは飛び交っている中国語と韓国語はほとんど聞こえない、やっぱり噂は本当だった様で・・・

まずは朝御飯を食べようという流れ、向かうのは「寿司大」
ところが、寿司大のある6号館の脇には既に二十人ほどの集団
これは寿司大の店頭での行列の人数が多くなるとその後の人はこちらで待つというルールがある為
一応店頭前も確認すると、こちらにも二十人位の行列!

ということで、寿司大でお寿司というプランは遭えなく潰れました

そこで次に向かったのは「うなぎ 米花」、以前一度記事にしたお店

ところがお店に着いてみると今日の開店は六時半からだという
それじゃ、それまで場内のお店を見て廻りましょうか

女王様と女神様のお供として色々なお店を見て廻り、六時半を過ぎてからもう一度「うなぎ 米花」へ


うなぎ 米花

お店に着くともう三人ほどの先客が食事中
一番奥に三人一緒に席をとる

ここで何を注文するか?
私は焼き鳥丼と決めていたのだが、後の
女王様と女神様の注文をどうするか
最初の予定としていた寿司大を断念したのでそれに変わる物にするのが良さそう
二人ともこちらは初めてなのでお店の売りの海鮮丼をご飯少な目でお願いする

ジローさんが焼き鳥丼を注文した際に「レバー入れる?、レバー美味しいよ!」と言ってくれたのでそれもお願いする

それからぴよこ様がこちらの煮魚も食べたいような事をメールに書かれていたので、煮魚は何がお勧めかをジローさんに尋ねると今日は「ムツ」との事なのでそれも注文

そしてまず最初に登場したのが煮魚のムツ

foodpic1145380

ちょっ!、これ何人前?
いきなり凄いのが来ちゃったんですけど・・・・・
普通のランチだったら四人前以上はあるような煮魚の塊、来ちゃった物はしょうがない、皆で分けていただく事にする

この一切れで六分の一程、でも普通のお店の定食だったらこれが一切れだよね

foodpic1145382


続いて海鮮丼登場!
残念ながら海鮮丼の写真は今回は撮っていない
というより、今回は私はほとんど写真を撮っていないので、焼き鳥丼以外のお料理の写真
ぴよこ様のブログ記事MONICA様のブログ記事で確認をお願いします

しっかしぴよこ様、沢山写真撮られてますね~!感心しますよ

そして続いて・・・・・

なに?、このドレッドヘアーの丼は!

foodpic1145383

別角度でもう一枚!

foodpic1145396

箸をつけたら上の海苔が散らばりそうで、何処から食べようかと一瞬迷う
これ、御飯は丼の縁より下まででその上は焼き鳥がてんこ盛になっている
更に焦ったのは、この焼き鳥の中にレバーの焼き鳥が二三個混じっていると思っていたら全くの別串で登場した事、それも半端じゃない大串!
この写真もぴよこ様のところで確認お願いします
(^_^;)

今回
女王様と女神様の注文の海鮮丼、でかい鮑が丸々一個載ってる
ジローさんによると今月は鮑祭りで何にでも鮑を入れちゃうらしい
これ、鮑だけでも普通他所で食べたら幾らするんだよ?って話だよね

覚悟を決めて焼き鳥丼食べ始めたらそこにお皿に盛られた刺身盛が登場
あれっ?、それ私達の注文品じゃないんじゃないの?

と思ったら、どうやらサービス品のようで
この刺身盛、ムツ、鰹、鮪の中トロと赤身の境の処が盛りあわせられている
その一切れが三センチ近くの厚みのもので大きさはタバコの箱程もあるものが各々四切れ程
つまりタバコの箱がお皿の上に山ほど盛られているようなものを想像して欲しい
笑っちゃうしかないよね
しかし、待て待て!、考えてみれば当然お店も商売でやってるんだからこんなのがサービスになるわきゃないな、当然お代は取られるんだろうな

そんな事を考えながら食べていると、ジローさんがお皿を持って登場
「はい、写真撮って撮って!」という声で見るとその手にはとんでもない代物が!

foodpic1145400

モンスター降臨!!!

これ、私達が食べたムツの頭の丸々の煮付けらしい、どうやら常連さんの何方かが注文した模様
うわ~、凄いの見ちゃったよ・・・

私は焼き鳥丼を食べ切るのに必死、レバーの焼き鳥を二切れ(普通のお店の串なら二本分位)と鰹とムツのお刺身を一切れづつで精一杯
全体の量が多いので、多少お料理は残してもしょうがないかなと思ったのだが、
女王様と女神様は全部食べると言い張り、頑張って完食!!

会計の際、私がまとめて支払いしようとするとジローさんが「六千円!」
ちょ、ちょっと待って!、計算間違ってない?
海鮮丼と焼き鳥丼が各千五百円が三個で四千五百円、煮魚が千五百円として六千円、レバーの焼き鳥と刺身盛の代金ははどうなったwwwww?
そこでジローさんの有り難いお言葉「サービスしといたから」
お有難うございま~す!!、絶対又伺います!
やっぱり最初にむねこ様の「つきじろう様のブログを見て来ましたwww」の一言が効いたのかも

お店の前に順番待ちのお客さんが待っているのを見て「お待たせしました」と声を掛けて交代

うなぎ 米花
中央区築地5-2-1 8号館 ※住所をクリックで地図表示
5:00~13:30
定休 日曜祝日 休市日


お店を出た後は場内を軽く見学、この辺りもぴよこ様のブログで確認を

その後は場外へ
場外への途中のお店で女王様と女神様は凄い柄のTシャツをお買い上げ、どのようなTシャツかはブログで確認を!

場外ではあちこちのお店を覗きながら、MONICA様の希望の「紀文本店」とぴよこ様が豆乳ソフトを食べてみたいと言っていたリヤカーでの引き売りで有名なお豆腐屋さんの「築地野口屋」とたい焼きの「築地さのきや」を訪問

「紀文本店」では
女王様と女神様は蒲鉾とげそ天をお買い上げ、どんな物を買われたのかはそれぞれのブログでヨロピクwww

野口屋ではぴよこ様はここでしか売られていないという豆乳ソフトクリームを召し上がりたかったようだが、今年は豆乳ソフトクリームはお休みしているという

それから
MONICA様は生麩を板にした物を干した食材を以前から探していたそうで、もしかして築地にならあるかもと期待してらしたようだが、残念ながら見つからなかった
普通の麩のように焼いてなく、早い話が澱粉のグルテンをういろうを薄くした様な板状にしてそのまま干した物らしい
新潟では結構良く使う食材らしい
どなたか都内で売っているお店を御存知の方は、私、或いは
MONICA様のブログまで御一報下さると嬉しいです

ぐるっと場外市場を見た後は何処かでお茶しましょうということになり、聖路加病院への途中にあるベローチェへ
何故ここにしたかと言うと
女王様と女神様がコーヒーゼリーを御所望になられたから(^_^)
途中で寄った米本コーヒーでコーヒーゼリー注文したら売り切れだったんです

ベローチェで一息ついた後は浜離宮恩寵庭園へ向かう事に
こちら、
lemat様が最近訪問されていて綺麗な写真をアップされていたのを私とぴよこ様が拝見し、その後追いをする事に
浜離宮恩寵庭園に向かう途中で「築地 さのきや」に寄り、こちらの名物の本まぐろと中とろを一つずつお買い上げ、これがどういう物かはこれまたぴよこ様のブログで宜しく~(^_^;)

foodpic1145457


浜離宮恩寵庭園、入口で入園料が300円
無料で音声ガイドをしてくれる機器を貸してくれる
これを着けていると、その場所に行くとその場所がどのようなところなのかを音声でガイドしてくれるという優れ物
しかし、我々三人は凄いショートカットして牡丹園に向かってしまい、その後は海が見える場所!みたいなところを巡った為にあまりこの機器の出番がなかったかも~

女王様と女神様、お二人とも草花に凄く詳しい
私はただ「うん花だ!」程度の認識、お二人の後を就いて行っても二人の会話に入れない・・・

foodpic1145455


途中にあったベンチで先ほど買った本マグロと中トロの試食会開催
結論としては皮がパリッとした本マグロの方が美味しかったらしい

つつじ園牡丹園(むねこ様より間違っているとの御指摘有り)はこんな感じ

foodpic1145446
foodpic1145444
foodpic1145441
foodpic1145437
foodpic1145435
foodpic1145434
foodpic1145432
foodpic1145426
foodpic1145425
foodpic1145424
foodpic1145410
foodpic1145408
foodpic1145447


つつじ園牡丹園を後にして次は海が見える場所という事で向かったのがこちら

foodpic1145452

奥に見えるのはレインボーブリッジ

三百年松の辺り

foodpic1145463
foodpic1145459

この辺りで
浜離宮恩寵庭園を後にして築地場外へと戻る
最初の予定ではお昼御飯を場外か場内のどちらかで食べようと思っていたのだが、思いの外お二人ともお腹が空いていないという

そこで築地場外にある喫茶店で築地通の間では有名な「フォーシーズン」でお茶をする事にする

foodpic1145467


私の注文したアイスティー

こちらはパスタの盛が良く美味しいらしいのだが、今回は残念ながらパスタは無し

こちらで暫くの間色々な話に盛り上がった後は最初に待ち合わせした場所でお別れ

お二人とも朝早くからお付き合い下さいまして本当にありがとうございました
またお会いしましょうね


場内、場外で買い物をした後は場外をぶらぶら
私はこのまますぐにでもお寿司を食べに行きたいところだが、Sさんはお腹が一杯でお寿司が入る余裕がないので腹減らしをしたいと言い出したのだ
因みに今回同行しているSさんジュニアは初めからお寿司狙い

だ~か~ら~!、最初っからお寿司食べに行っとけば何の問題もなかったのに・・・・・、私も今日は買い物じゃなくて食べることメインで来ており、一発目はお寿司で行こうと考えていたので予定と狙い目がぐちゃぐちゃ

我々が到着した頃はそんなでもなかったが、この頃になると続々と人の数が増えている
確かに到着した時点で場内の「寿司 大」はもう長蛇の列、すぐ傍の「大和寿司」も店頭に人だかりが出来ていたけど、それ以外のお店はそんな事もなかった
しかし場内での買い物を終えた時点で場内のお寿司屋さんはほとんど店頭に人だかりの山が出来ている状態
これは場内のお寿司屋さんでお寿司食べるとなると最低でも一時間以上は(寿司 大なら二時間以上?)の待ちを覚悟しなくちゃいけない
更に場外にあるチェーン展開のお店も待ちの行列が出来ている状態・・・・・、もう泣きそう
そんな状態なのに、Sさんは喫茶店でお腹が空くまで時間潰しをしようなどと宣われる
ハイハイ、貴方が神様、何でも仰る通りに致しますですよ

(次に来る時は絶対にSさんとじゃなくて、今回同行出来なかった方と来ることにしよう、そうしよう!)

場外、場内の混み具合はこんな感じ
場外はまだしも、場内ではターレットに撥ねられそうになる人が続出、これじゃあ確かに場内で仕事されている方たちの血圧上がるのも判るわ・・・・・


foodpic802502
foodpic802500
foodpic802498


そこで我々が向かったのはマクドナルド
ここでコーヒーを飲んで暫しの時間潰しを行なう
そのマクドナルドでも、「俺、まだそんなに腹減ってないんだよね」とかほざいて息子に白い目で見られるSさん

付き合い切れないので、私が「寿司食べに行くよ!」と先にお店を出ようとすると渋々ながら席を立つSさんと嬉しそうに席を立つその息子でした・・・

向かったのは場外を抜ける際に目をつけておいたお店
だがお店の前まで行くとこちらも既に数人の行列が出来ている


勝どき寿司大 本館

こちらのお店と場内にある「寿司 大」との関係は判らない
しか
つきじろう様がこちらの別館を評価していた記事は読ませていただいたことがある
しかし別館の場所が判らない為に今回は本館で良しとしよう

年末の為、平日のランチはなく、三種類のお任せがあるだけ
どうせいくならそのうちの「店長まかせ」でしょう
入り口で三十分ほど待っていると、店員さんがやって来て、「まもなく地下のお席の用意が出来ますので、まもなくご案内させていただきます」と伝えに来た

その後数分待って地下の席へと案内される

地下は逆L字型のカウンターのみ、席数は十一だろうか
私が「店長まかせ」を注文すると、Sさん親子も同じものを注文

お品書きはこちら


foodpic802505
foodpic802503
foodpic802506

「店長まかせ」は白身、鰹、牡丹海老、鰆、金目鯛昆布〆
、赤貝、鯵、うにといくらのどちらか、鮪炙りとろ、穴子、巻物、最後に好きなネタで一貫という物

カウンターの中には二人の職人さん
まずは各コースの説明をしてから注文を受ける
最初に下駄が各自の前に置かれもそこにガリがつけられる

その後最初に出てきたのがお店からのサービスという形の玉子焼き
この玉子焼きが美味しかった
暖かく、海苔が混ぜられた卵焼きでふんわりとしていて味付けは自分好みの物
なにより、お寿司屋さんで温かい玉子焼きが出てきたのが嬉しかった


foodpic802517


この玉子焼の次は白身の平目
こちらのお店では供する際にネタの産地を教えてくれるのだが、写真を撮るのに忙しく覚えられない~・・・orz

foodpic802519


こちらのお店は基本的に握りはすべて味をつけて供される
この平目は塩とすだちて味がつけられていて、醤油をつけずにそのまま味わえる
シコシコとした歯応え、塩とすだちのあっさりとした味付けの為に醤油では感じられない白身の旨さが口に広がる

ここでお味噌汁が登場
浅蜊のお味噌汁に青海苔を散らしたもので、このお味噌汁はお代わり自由

次は鰹


foodpic802527

これは普通に美味しいという感じ
さっぱりした物ではなく、秋以降の戻り鰹だろう

お次は牡丹海老


foodpic802530

これも煮切り醤油が塗られていてそのまま食べられる
歯応えはぷりぷりしていながら口の中でねっとりと溶けるような感じ

そして次は炙り鰆

foodpic802532

これは確か塩だったような気が・・・
口に入れると皮の焼き目がザラッとするのだが、噛んでいるうちに溶けてなくなるような食感
鰆がこんなに旨い魚だとは知らなかった

そしてここで鰆の炙りを追っかけて巻物も出て来た

foodpic802534


この巻物は鉄火巻とひもきゅう巻
このひもきゅうが旨かった
ひもに臭みが全く無く、絶対量で少ないはずの胡瓜の千切りの適度な歯応えの良さで食べられてしまう、主役が胡瓜とも思える巻物

ここでべったら漬けが出てきた
最近べったら漬けって食べたことないな、これはちょっと嬉しいかも

ここで改めて握りで赤貝
これも煮切り醤油が塗られている

foodpic802536


シャギシャギという歯ごたえがいいな
何時までも口の中でその歯応えを感じていたいと思える一品
これを食べた後、もう一度場内に戻って剥き身の赤貝を買おうかなと思った程

次は金目鯛の昆布〆

foodpic802538

これも煮切り醤油が塗られており、昆布の旨みが加わった金目鯛の味が何時までも口の中に残っていた
自分は基本的には金目鯛は煮付で食べたい方だけどこの昆布〆も悪くないかも

お次は鯵


foodpic802539

これも煮切り醤油が塗られている
あー、この鯵好き!
光物が基本的に好きなんだけど、この鯵は変な臭みがなくて旨い

次はうにかいくらの何れかの好きな方を選べる
今回私はうにを選択

foodpic802542

これ、写真だとうにの天辺が光っており溶けて崩れて光っているように見えるのだが、実際は煮切り醤油が塗られている為
このうに、明礬を使用していない物のようで、変な苦味や臭みは全くせず、口の中で溶けると甘みが広がる
旨いうにでした


次は鮪炙りとろ

foodpic802544

見た目はかなり筋がはっきりしているとろで、これぐらい筋がはっきりしていると刺身で食べた時にはその筋が引っ掛かる事があるのだが、炙ってある為に筋が蕩けてしまう
炙った鮪特有脂のクセが少しあり、でも鮪が好きな人ならこれは是非食べて貰いたい

次は煮穴子

foodpic802546

非常に柔らかく握ってあり、箸で摘む際も気をつけないと粗相をしてしまいそうなほど柔らかい
これは握ったシャリだけでなく穴子も同様で、口の中でシャリが解けると共に穴子も溶けてしまうほどの柔らかさ
握りの左下に見えるのは柚子の皮をおろした物で、これが柚子の香りを加えてただ甘い蕩けるだけのものではなくしている
自分としては煮穴子に柚子の皮の香りが加えられたものは初めて、蕩けるような柔らかさだけではなくさっぱりといただける

次がこのコースの最後で、お好みのネタで一貫握ってもらえる
関鯖やホウボウ、鬼オコゼなど、壁に張られた物の他に今回出てきたものでもOKとのこと
悩んだが、鬼オコゼを一貫、それに追加で北寄貝を注文

こちらは鬼オコゼ

foodpic802550

これはひらめとは違って塩だけで
やっぱり白身魚のしこしこした気応えが最高

そしてこれが北寄貝

foodpic802547

火を通していない北寄貝を食べるのは久し振り
貝特有の歯応えが嬉しい

こちらのお店はシャリが小さいので女性でも「店長まかせ」程度は問題なく食べ切れると思う
逆に男性だと物足りなく感じるかも

Sさん親子は帰りに中村橋でマクドナルドに寄って行くと言ってたな


勝どき寿司大 本館(HP)
中央区築地6-21-2 ※住所をクリックで地図表示
月~土 10:30~05:00
日祝 11:00~22:00
定休 不明

三人揃ってお店を出て地下鉄の築地市場駅に向かっていると私の知り合いから電話
知「おーい、頼みがあるんだけど・・・」
私「久し振り、何、どうしたの?」
知「築地に行ったら助惣鱈を二匹買って来て欲しいんだけど・・・」
私「!?、(何故私が築地にいる事知っているんだろう?)今築地にいるんだけど・・・・」
知「そんなところじゃないかと思って電話したんだ、頼むよ」
私「築地といっても、飯食べ終わって今から電車で帰ろうと思って駅に向かって歩いているところだよ」
知「そこを何とか・・・・」

しょうがねえなあ、仕方がないので左折してもう一度場内へと戻ることにする
しかし本当に今見ていたような凄いタイミングで電話寄越すよな・・・・・

電話を受けたのは正午頃
ところが場内はこの時間でも、もう生鮮魚類を扱うお店はもう店仕舞いしているか店仕舞いの最中
何軒かのお店で尋ねてみたが何処にも無さげ

ということで、助惣鱈は手に入らなかったのでした
後二時間くらい早く電話貰えれば何とかなっただろうけど

築地は30日が最終日です
明日はもっと混むんだろうな・・・・・


※築地市場は場内場外とも5日からとなります
ザ・築地市場(場内の公式HP)
築地場外市場(場外の公式HP)

年末恒例の築地に行ってきた
実は本来は別の方と行く予定を立てていたのだが、その方が体調を崩されたために残念ながら今回は同行戴くのを見送りということになった
一人で行こうかと考えていたのだが、例年一緒に行っているSさんから「今年も築地に行こうよ」という誘いがあったので同行することにした

Sさんからの誘いがあったのが昨日の昼、Sさんは三十日を考えていたようだがこの日は最終日ということと私に午前中に外せない予定が入ってしまった為に二十九日しか訪問する日が無いという状態
そんな訳でSさんも納得して行くことになった
今回はSさんの息子さんも一緒に行くことに

朝の五時半に中村橋の駅で待ち合わせ
練馬で大江戸線に乗り換えて築地市場駅に到着したのが六時半過ぎ

そのまま真っ直ぐに場内へ
場内の魚介類の売り場をざっと見て廻り、その後は朝御飯を食べに行くことにする
私の最初の予定では場内でお寿司か魚介類のフライなどのお店、或いは以前訪問した「米花」で焼鳥丼辺りを食べたかったのだが、Sさんは朝は別の物の方が良いと言い出す
出来ればお寿司屋さんが混む前にお寿司食べときたいんですが・・・・・・
何が良いのかを聞くとカレーとのこと
カレー・・・・、朝一番で食べる物にカレーは予定していなかったのでお店選びに難儀をする
確かあの辺にお店があった筈、と向かう途中にあるのが日本最初の「吉野家」

foodpic802463

この並びに「禄明軒」という洋食屋さん、確かその並びにカレー屋さんがあった気がする
吉野家の隣の禄明軒は残念ながら開店前、その先には・・・・

カレー屋さんがあった!

印度カレー 中栄

看板の栄は読めたが、その前の文字が何と書かれているのか読めなかったのだがつきじろう様の作成された「築地市場マップ」確認させていただくと「中」だということが判明!、読めねえ~

foodpic802489
foodpic802484
foodpic802493


店内は九分の入り、しかし丁度入口近くに三人が一緒に座れる席が空いたのでそこに席を取る

foodpic802465

メニューは辛口のインドカレーと甘口のビーフカレー、それにハヤシライスの三種類で各500円
それにその三種類のうちの二種類を掛けて貰える合いかけ、600円
あとはトッピングともいえる生玉子とお味噌汁に二種類のスープで全部かな?

今回私が注文したのは合いかけ、こちらのインドカレーは結構辛いらしいので避けて、ビーフカレーとハヤシライスの二つでお願いする

foodpic802469


店内にはこんなPOPも

foodpic802481

各ルーはお土産にすることも出来るようだ

こんな写真を撮っている間もなく、注文の品が登場

foodpic802471


左側がビーフカレー

foodpic802473


右側がハヤシライス

foodpic802474

そしてこんもりと山の千切りキャベツ!

foodpic802476

このカレーにキャベツの千切りというのは築地が発祥というのをどなたかのブログで読んだことがあるような・・・、築地の事ならこの方と言われているつきじろう様のブログだったかな?
もし間違っていたら御免なさい

ビーフカレーとハヤシライス、どちらもオーソドックスな味
ハヤシライスはデミグラス系ではなくてトマトの酸味がほのかに感じられるもの

千切りキャベツにルーを絡ませて食べると、これがまた旨いんだな
どちらも普通に美味しく食べれるという感じで、特に何処がどうというのではないけれど何時か何処かで食べた感じのする懐かしい味
後から次々に訪問される方は常連さんが多いようで、カレーに生玉子入れたりお味噌汁に生玉子入りという方が多い
インドカレーを注文したSさん、そのお味噌汁に惹かれたようで追加注文

そしてその注文を受ける店員さんの接客や愛想が凄く良い
これも昔からの常連客が多いということがその理由だろう
なんといっても狭い(?)場内で働いている方達を相手にして、角の立つような接客していたらすぐ悪評立っちゃうでしょうし・・・・・
ところがこの店員さんだと思っていた方、HPを見たらどうやらこちらの四代目店主らしい、大変失礼致しました・・・orz

さっくりと食べ終わった私は店外で待つ事に
そこに暫くして食べ終わったSさん親子が出てきたので感想を聞くと、インドカレーはやはり結構辛かったようでお味噌汁の熱さがその辛さを倍増させてなかなか大変だったようだ


印度カレー 中栄
(HP)
営業時間、休業日等はHPで確認ください


朝御飯を済ませた後はまた場内市場に戻ってSさんの魚介類の買出し、その後は場外市場に向かってそちらでの買出しとなった

この後は「お寿司編」に続きます

回の最後に築地に行こうかどうしようかという事を書いたのだが、結局行ってきました~。

行くか行くまいかと悩んで、結局行く事に決めてシャワーを浴びたのがお昼になろうとする時間
支度をしながら、そういえば知り合いに築地に行きたいといっていた人がいた事を思い出して電話
駄目元で誘ってみると行くとの返事
その人は仕事の上での知り合いで、七十歳を過ぎたお婆さん
でもお婆さんではあっても矍鑠たるもので、私が薦めたパソコンを六十五過ぎに覚え、今では仕事に活用しているという方、気持ち的には私よりも若いかも

彼女が住んでいるのが西武新宿線の沿線なので大江戸線の中井の駅で待ち合わせ、そのまま大江戸線で築地市場駅へ

彼女を便宜上Yさんと呼ぶ事にする
Yさんは東京の生まれだが築地に行くのは初めてだとのこと
今回築地に到着したのが一時半頃、場内のほとんどの飲食店は終わっているか終わる頃
そういう訳で場内のお店でご飯を食べることは諦めるが、一応場内のさわりの部分だけ簡単に案内する
場内の飲食店の中で、寿司大は十四時までと他より少し営業時間が長いのだがそれを鑑みても店前の行列は凄かった

それから場外へ向かって歩いて行き、例の卵焼きの丸武の店頭へ
テリー伊藤のお兄さんのお店という事を説明すると、早速ここで卵焼きを購入

次にそのすぐ隣のお店の店頭にあった筋子を買おうとしているので、まだお店は幾つもあるからと制止して、お昼ご飯を食べに行く事にする

私の最初の予定では、今日は前回食べられなかった姫丼か
つきじろう様がブログで絶賛していたうに丼のどちらかを食べようと思っていたので、Yさんにうにはどうかと尋ねると大好物だという
その言葉を聞いて安心して向かったのがこちらのお店


foodpic513621_R
foodpic513627_R


マックモア


こちらは築地の場外にある喫茶店
実はこのお店の入り口にある浜茂寿司は以前訪問した事があるのだが、その際はその奥に喫茶店があるなどということは全く気がつかなかった
まあ浜茂寿司でも結構ディープな雰囲気のあるお店なので、その更に奥にある喫茶店となればどれだけ怪しい雰囲気なのかは推して知るべし

店内に入ると、中途半端な時間なのに結構な入り
四人掛けのテーブル席の奥にギャル二人が座っており、綺麗なお姉さんからメニューについて色々とレクチャーを受けている最中

我々はその隣のテーブルに席を取り、綺麗なお姉さん(大事な事なので二度言いました!)にうに丼を注文
するとお姉さんが「うに丼ですか?、済みませんがそれは隣のお店では・・・」と言われてしまった
私が「エッ!」という顔をしていると綺麗なお姉さん(大事なk・・・・しつこい!)はハッとしたような顔をして「あのインターネットの・・・・、今日は良いうにが入荷していないもので・・・今日は品切れなんです」とのお言葉
残念~!、うに丼にありつけませんでした・・・orz
なんかあの雰囲気だと私にとって幻のうに丼という事になりそうな感じ
※上記のつきじろう様よりコメントを戴き、スタッフ総入れ替えとメニューの変更があったようです
スタッフ総入れ替え、もしかしたら運営会社自体が変わった可能性もありそうな気がします
その為、うに丼は今後も提供されない可能性が高いと思います



foodpic513569_R



まあ無い物はしょうがないので、何か別の物を注文と思いYさんに確認すると、Yさんが指差したのはなんと、瓶ビール!
その後はYさん自ら銘柄を確認して瓶ビールを注文
私としてはどんだけビールが好きなのかと小一時間問い詰めたい気分
これが七十過ぎのお婆さんなのだから凄すぎる

それから、二人とも土曜日限定の姫丼を注文、二百円アップでしらすをイクラに変更、1.350円となる
暫くすると奥の席に座っていた二人連れのギャルが店員さんに「済みません、テレビのチャンネルを高校野球にして貰えませんか?」とお願いする声が
うーん、初めて入ったお店で良い度胸してますね~!、感心する私

そんな会話を楽しみながら聞いていてハッと気がついたのは、Yさんにビールを飲ませるとほとんど食べなくなる為に、ここ一軒で次はないだろうということ
ということは、私はここでしっかり食べないと今回も中途半端で終わってしまう可能性が高そうだということ

これは拙い、ということで急遽追加注文
追加で注文したのはカマトロ定食
綺麗な店員さん(なんど言えば気が済むんだ?)が単品での注文も出来るがと確認するが、定食でお願いする、こちらは950円也

暫く待って登場したのがこちら、まずは姫丼から


foodpic513577_R



鮪づけ丼

foodpic513581_R


焼肉丼

foodpic513594_R


しらす丼からプラス200円で変更したイクラ丼

foodpic513588_R


小鉢と漬物 小鉢はもやしのナムル風

foodpic513602_R


お味噌汁

foodpic513599_R


姫丼という名前だけあって、各丼は量が少なくてご飯の盛りは普通の茶碗の半分程度だと思う
でも味はしっかりしており、添えられた本山葵を醤油に溶いて廻し掛けて掻き込むと旨~!
丼一杯の量は少なくても三杯の丼と付け合わせを総て食べると結構お腹が膨れる


姫丼を食べている途中で運ばれてきたのがカマトロ定食

foodpic513607_R
foodpic513610_R
foodpic513616_R
foodpic513620_R


カマトロのお刺身、脂が乗って旨そう!
カマトロは名前の通りカマについている部分で、カマ自体は結構安く手に入るのだがここから刺身として切り出すのが大変、また刺身に出来るようなカマトロを取れるカマとなると結構大きなものに限られる
またカマトロは見た目筋が多そうに見えるが、この筋はほとんど気にならない程度のもの

カマトロに本山葵と醤油をつけて口に放り込むと蕩ける~!
このボリュームで950円は激安としか言いようがない

カマトロと白飯を貪り食べていて、ふと食べ終わった姫丼のお盆を見るといつの間にか焼肉丼の入った丼が・・・・
アレッ?、確か自分は姫丼食べ終わってからこれ食べ始めた筈・・・?!

するとYさんが「私、鮪づけ丼とイクラ丼しか食べ切れないからこれ食べて!」
いつの間にか空の丼が一つYさんの空になった丼に重なってるし・・・・
このままだと私が焼肉丼を残したみたいにお店の方に思われちゃうじゃないですか・・・・・orz

仕方がないので、カマトロ定食を食べ終わった後に焼肉丼を食べる羽目になっちゃった
(;^◇^;)ゝ イヤァ、これはきつかったっす!

ご飯三杯分とカマトロ刺身に各丼の具を四杯分、味噌汁二杯に付け合せ
どうしてこうなるかなー、Yさんがビール飲み始めた時にした嫌な予感はこれだったんだなー、こんな予感が当たっても全然嬉しくないな・・・

でも姫丼とカマトロ定食、美味しかったですね御馳走様でした

食べ終わって支払いを済ませ、お店を後に
Yさんが先程買った丸武のお店で息子夫婦へ卵焼きをもう一つ買いたいと言うのでお店へと急いで戻るが、もう閉まっていた
ただ、その並びの丸武卵焼スイーツとかいうお店がまた営業していたので、私から卵焼スイーツとかいうクレープ状の卵焼でプリンを包んだものをプレゼント、今日付き合っていただいたお礼です

その後は場外のお店を覗いて歩く
この時間になると場外のお店も九割方閉まっている
しかしYさん、開いているお店の店員さんに声を掛けられると律儀にお店に寄って、買う買う!
鮪の刺身、筋子、スルメ、等々あちこちで購入
一緒にいる自分は止めるべきか迷うところ、でも本人は自宅で待つ旦那様などへのお土産が出来たとニコニコ、まあ良いか?

一廻り場外を見て歩き、晴海通りにあるカフェテラス風に店外で飲める喫茶店で一服

その後はもんぜき通りを通って地下鉄の築地市場駅へ
とどめはもんぜき通りの端っこにある
佃權のお店で練物の詰め合わせを購入、どんだけ買うんですか?、Yさん!

今日はお付き合いいただきありがとうございました

マックモア
築地場外
9:00~23:00※ランチ16:00まで
定休 日祝・市休日

昨日金曜日は久し振りに早く就寝
慣れない事するもんだから夜中の四時過ぎに目が醒めた~!

ゲッ!、お腹も空いてる
起きてどうしようか暫くうだうだしながら考えて思いついたのが「そうだ、築地に朝ご飯食べに行こう!」(どういう発想だ?
たしか今日の土曜日は場内もやっている筈

やおらシャワーを浴びて準備を始める
まずはこちらにも何度かコメントを戴いている超有名ブロガーでいらっしゃる
「つきじろう様」のブログ「春は築地で朝ごはん」で予習をする、やっぱり予習復習は大事って学校で習ったし(^_^;)
そして訪問目標として選んだのが米花、こちらでまず海鮮丼を食べた後に喫茶店のマックモアに移動、お茶をしばいて腹ごなしをした後にマックモアの姫丼を食べるというナイスな予定、完璧です!
つきじろう様ありがとうございます、
つきじろう様作成の場内外マップも有り難く活用させていただきます


foodpic500662_R


駅に着いたのが写真の時間、出遅れた~、拙い!
今まで築地を訪問したのはGWとか年末等の世間一般がお休みの日、場内外は当然激混みという感じで今日もお盆期間中なので当然混んでいる筈
出来れば六時くらいまでに築地に着きたいところなわけで、この出遅れは命取りにならなければいいけれど

地下鉄の大江戸線で築地市場駅に向かう

駅に着いて電車を降りると廻りは外人さんの集団
いや~本当に築地はインターナショナルになりましたね

駅を出て真っ直ぐ向かうは築地市場の場内
場内は思ったよりも人の数が少ない、どちらかというと嬉しい誤算
私の見た限りでは日本人より外人さんの方が多いような
この日本人の中には見た目で日本人と認識している中国や韓国の方もいるだろうから、今日は外人さんの方が多いのではないか

その場内にある飲食店の一軒が今回の訪問の目的のお店


うなぎ 米花

foodpic500683_R
foodpic500687_R
foodpic500686_R


こちらのお店、築地に外人さんが沢山訪問する理由の一つともなっているお店

お店に着いて店内を覗くと満席、暫くお店の前で待つ事に
待っている間、店内を見てみると手前に座っている二人は白人のお姉さん、その隣の四人は韓国の方みたい、その奥は不明
十人ほどしか入れないお店の中の外人率が異常に高い
それもその筈、こちらのお店の店主は外人さんへの知名度築地ナンバーワン、数ヶ国語を堪能に操って応対するという大変な方なのだ
入ってすぐの左側の壁には外人さんのコメントの付いた写真が無数に貼られている、きっとこちらを訪れた外人さんからのクチコミで訪問者が増えているのだろう
噂やクチコミは悪い方へ作用して手がつけられなくなることが多いが、それが良い方へ作用した稀有な例がここにある

実は私がこちらのお店を訪問するのは初めてではないのだが、前回は数年前のことで何を食べたのかも覚えていない状態、ほとんど初めてと同じようなもの
そうやって考えてみるとブログで記事にするっていうのは、本人が忘れても記事を読み返すとその時の記憶が戻りそうな気がするので写真のついた日記としてベストかもしれない

暫く店頭で待っていると、店主さんから奥に席が空いているので良かったらお入り下さいと声を掛けられた
当然座らせてもらう事にして、注文をする
注文したのは予定通り海鮮丼1.500円と
200円の焼き鳥を二本

店内のあちこちにメニューが貼られている

foodpic500666_R


日本語、英語、中国語に韓国語が入り乱れたメニュー!、凄すぎます

注文の品が届くまでの間、店主さんとお客さんの会話を聞いているとこれが面白すぎる

飲食店の男性店主はむっつり黙っていることが多く、お客との対応は店員さんが行うことが多いがこちらのお店は違う
店主さん自らがお客に話し掛け、メニューの説明や食材の説明、更には観光名所の説明までしちゃうのだ
それも日本人相手じゃなくて色々な国から来た外人さんにですよ!
これは受けない訳がない、でもこれが出来るのは数ヶ国語が操れるからだけど・・・・・
私の奥に座っていたカップルは日本人だったが(日本人は私を含めて三人だけ)、そのカップルに対しても色々とお話をされていたがその話の内容が面白過ぎる!
いや~!、色々と楽しませていただきました

そんな事に驚いたり感嘆したりしているうちに私の注文の海鮮丼が到着

foodpic500677_R

写真ピンボケー!、何故に・・・・・orz

foodpic500680_R
foodpic500678_Rfoodpic500679_Rfoodpic500681_R


何でこういう大事な時にピンボケになるかな~?
具として載っているのは、穴子が一本、鮪の塊のような切り身が三個?、
でっかい鮑の切り身、どうやって食べるか逡巡した帆立の貝柱、見えていないが蝦蛄が数匹と青柳がごっそり
具の山を見てテンション上がりまくり!

当然このままでは食べ難いので具を取り分ける皿がついてくる
それからお味噌汁もついていた

まずは具をお皿に取り分けてから食べ始める
どれも旨々!、鮑は残念ながら丸ごと一個ではなかったけれど肉厚で柔らかく最高!、他の具もどれも皆美味しい
ただ、食べている間も店主さんの話が面白すぎて意識がそちらに行き勝ち、こんなことは初めて

食べている途中で届いた追加の焼き鳥

foodpic500682_R

こちらもピンボケ・・・・
この焼き鳥、二本頼んだのだが写真を撮り忘れて一本食べちゃった
この焼き鳥も目茶旨!、写真では判り難いのだが一串がでっかい
焼き方も絶妙であと少し焼きが足りなければ生という本当に最高な火の通し方、流石は鰻屋さんの看板に恥じない炭火の魔術

楽し過ぎて何を食べたのかを忘れそうになりながら完食、御馳走様でした


うなぎ 米花
中央区築地5-2-1※8号館
5:00~13:30
定休 日曜祝日・休市日



こちらのお店を後にして、向かうは場外の喫茶店の「マックモア」
こちらでコーヒーでも飲んでまったりしながらお腹が少し空くのを待ち、姫丼を食べよう
そう思って向かいお店に着くと・・・・・

なんということでしょう!、営業していませんでした・・・・・orz

でもいいもんね、もう一軒隠し玉があるけんね
これも「つきじろう様」やその他の築地ブログの常連様の溜まり場となっている「フォーシーズン」行って、私も「フォーシーズンデビュー」するもんね

こちらのお店は場所がよく判らずあちこち探しながらお店に到着!

こちらも入り口に
CLOSEの札が・・・・
どうして?、何で閉まっているの?、おせーて・・・・
店内には経営者御夫婦と思しき年配の方の姿はあるのだけど・・・・・・

キャイーン!、何処に行けばまったりお茶出来るのか判んないよ~
確か場内にも喫茶店はあった筈だけど、また場内まで戻るの嫌だよ
さっき場内に行った時は気を付けていたけれど、なんかついていないから今度場内に行ったらターレットに撥ねられそうな気がする・・・・
お腹満腹という訳じゃないけど、今日はこれで帰る事にしよう


↑このページのトップヘ