寝溜め食い溜め

オヤジの戯言走り書き

Category: フレンチ

この日は昼から神宮前にあるビルの扉の調整にSさんと二人で出掛ける
建物の前で管理会社の社長のAさんと待ち合わせ、訪問先はこの日は定休日だったみたい
まぁ調整とは言っても現物を見てみなきゃ何とも言えない訳で、案の定ドアクローザーが破損してるから手の打ちようがなく交換するしか手立てはなし
そんな訳ですんなりと用事が終わっちゃったんだけど、その後にAさんが「昼飯でも食べようよ、奢るからさ」と言い出した
エ~!?!この辺でランチ?周りにはオサレなフレンチとかイタリアンしかないんですけど・・・・・
私の場合、あまり奢られるのって好きじゃないんだよね・・・・・好きな物を好きなだけ自分のペースで食べたい方なので
そんな訳で私としては丁重にご辞退申し上げたいところだったんだけど、Sさんが即座に「ありがとうございます!」ってその申し出を受けちゃったので私だけ断る訳にも行かなくなっちゃったよ(-_-;)

Aさんの後について行くと、Sさんが入ったお店がここ

シュペールサンク(
SUPER5

KHMfoodpic4445963_compressed
KHMfoodpic4445967_compressed

マジかぁ!、フレンチじゃん(^o^;
店内には若い女性客がほとんど、オヤジ三人は完全に浮きまくり(^_^;)

KHMfoodpic4445973_compressed
KHMfoodpic4445992_compressed

さっそくメニューが出てきて、Aさんはちらっと見てすぐに「ハヤシライス!」
゚(∀) ゚ エッ?は、ハヤシライス?
ここってフレンチのお店じゃなかったっけ?ハヤシライスなんてあるんだ・・・・・ハヤシライスってフレンチだったっけ?
慌ててメニューを見てみると確かにハヤシライスがあるね、それも1.000円もするのかよ!(゚д゚lll)

KHMfoodpic4520097_compressed
KHMfoodpic4520100_compressed

奢りなのでここは相手に合わせなきゃね、いきなり1.500円の「自家製ハンバーグステーキ」とかに行くわけにもいかないだろうし(^^ゞ
しかし「本格インドカレー(辛口)」とか「パスタランチ」ってここって本当にフレンチのお店なの?
ランチでもプリフィクスなどはちゃんとフレンチしてるんだろうけど

KHMfoodpic4520102_compressed

上の方に大盛100円、特盛200円と書いてあるけど自腹じゃないのに特盛っていうのもなぁ・・・
そんな訳で私も大人しく「ハヤシライス」を普通盛、Sさんも同じ物を注文
Aさんは紅茶を注文、我々に「飲み物は何にする?」と訊かれたので我々二人は珈琲(メニューに漢字で書いてあったし)をお願いする、これも今回はセットに含まれてるけど単品だと450円!高っ!

KHMfoodpic4445994_compressed

注文後まもなく登場したのがサラダ

KHMfoodpic4445974_compressed
KHMfoodpic4445976_compressed
KHMfoodpic4445978_compressed

まぁ普通に美味しゅうございました(^_^)

そしてスープが出て来て

KHMfoodpic4445980_compressed
KHMfoodpic4445982_compressed

少し待ってハヤシライスの入場でぇすwwwww

KHMfoodpic4445984_compressed

上に写ってるのはパンね、一人一個ずつ

アップで

KHMfoodpic4445986_compressed
KHMfoodpic4445988_compressed
KHMfoodpic4445990_compressed

うーむ、予想通り量が少ないな
味の方はデミグラス系じゃなくてトマトメインのハヤシライス
味は美味しいとは思うけど普段だったら3分で食べ終えちゃうボリューム、ここから如何にゆっくりと食べるかが腕の見せ所だな(^o^)
普段の三倍良く噛んで食べて、皿に残ったソースもパンで綺麗に拭って食べて完食

食後の珈琲(だって漢字で書いてあるんだもん)はフレンチローストの苦みの濃いタイプ
フレンチローストとかイタリアンローストってあまり好みじゃないんだよね~、もっとあっさりした酸味のあるコーヒーの方が好き

食べ終えてコーヒーも飲み、お店の前でAさんとは別れたんだけど何処に何を食べたか忘れちゃうほど、これから何処かでガッツリランチしたい気分だよな
Sさんも流石に物足りなかったみたい、だよね~
でもご馳走して下さったAさん、ご馳走様でした~!

私はランチの量が少なかった分、今日の晩御飯はガッツリだな、何にしようかもう考えておかなきゃ


シュペールサンク(SUPER5)
渋谷区神宮前3-5-1 ※地図表示
11:30~23:00 ※ランチLO17:00 ディナーOL22:00
定休 日曜

先日、ブログ友さん達と会食をする機会を得た
お店は高田馬場にあるL’AMITIE(ラ・ミティエ)、知る人ぞ知るというフレンチの名店で一月前に予約をしないと無理なお店らしい
このブログを長くご覧戴いている方は良くご存じだと思うが、私は芯からのB級タイプ、私自身がB級なものだから食べる物もそう
そういう意味じゃ一番私に似つかわしくないお店だ・・・

当日は夕方からの集合ということになっていた為、遅れちゃいけないかな?という生来の心配性(小心者ともいう)の為に待ち合わせに二十分くらい早めに着きそうな時間に家を出た
池袋線で池袋、そこから山手線で高田馬場という予定
池袋に到着し、山手線に乗り換えようとしたところで携帯電話が鳴った
電話の相手は今日これから会うことになっているうちの一人、MONICA様
「エヘッ、もう現地に着いちゃいました、ぴよこ様も着いていますよ」
エエ~ッ!何だよそんなに早くいらっしゃると判っていたらもっと早く家を出て来たのに・・・
急いで山手線に乗り換えて高田馬場へ
高田馬場で改札を出る時になって重要なことに気がついた!
あれっ?、デジカメ何処に入れたっけ?・・・
慌ててあちこちのポケットを探るが何処にもなし、やっちゃった・・・・・il||li▄█▀█●il||li 
もうこの時間から取りに戻る訳にもいかないし、今日はスマホのカメラで撮るしかないな
しかし私がこのような名店を久し振りのブログ友さん達と一緒に訪問するなんて機会は凄く珍しいことで次はいつあるかも判らないような一大イベントだったのに、その大事な日にデジカメ忘れるかなぁ・・・・・
今日は予備のバッテリーの充電までして備えていたのに(泣

待ち合わせ場所へ急ぎ足で向かうと、そこには懐かしい顔の女性が二人
先日から太った太ったと仰っていたぴよこ様には「エッ!どちら様でしょうか?」というお約束のボケをかましたりしてご挨拶(^o^;

少し三人で談笑しているところへ、今日待ち合わせしているカヤ様とその弟君も到着
初めて顔を合わせる人もいた為、ここで簡単に自己紹介を兼ねた挨拶をし、その後連れだって目的のお店へ
ここでいきなりぴよこ様が持ち前の天然を発揮さたがそれは割愛、というかその後も遺憾なく天然系の素晴らしさを発揮されて場を盛り上げてくださっていたのでそれは後程(^_^)


L’AMITIE(ラ・ミティエ)

R_foodpic1791569C

えーん、スマホ自体がもう旧型機種になっちゃっているのでカメラも写りが悪くてボケちゃってる・・・
先に書いたように、一か月前に予約しないと無理というこちらのお店、今回はブログ友さんが頑張って予約して戴いた
なかなか全員の予定や時間が折り合わず、変更に変更を重ねてやっと予約を入れてくださったということで、大変お手数をお掛け致しました、本当にありがとうございました
予約が取れないというので駄目元で飛び込みのお客さんの来店も多く、我々が訪問した時も何組ものお客さんが来店しては断られて帰るというところを目にした

まずはメニューから注文を決める
前菜から一品、メインから一品
それからドリンクとデザートを別途オーダー
こちらのお店、料理の写真は撮っても構わないけど、メニューの写真はご勘弁をということだったので写真は撮っていない
ただ、お店の外にも本日のメニューが出ていたのであれは構わないような気もするのだが・・・

私は前菜に「フォアグラのプリン」、ドリンクに「ジンジャーエール(ウィルキンソン)」を選ぶ
さてメインは何にしようかな?

実は訪問前からぴよこ様に「ラ・ミティエはボリュームが凄いんだから~!」と何度も言われていた
実際ぴよこ様は以前に一度訪問されているのだが、まあ私にしてみたら所詮女性の見たレベルでのボリュームが凄いという程度だろうなと高をくくっていた
だから、今日はかなり早めにこちらに来るようなことになっていたらあの札幌ラーメンで有名な「純蓮」でラーメンでも食べておこうかなって思っていたくらい
まあ時間的にそういう流れにはならなかったのだが、その程度に考えていたのだ

そこで店員さんを呼んでメインのメニューについて聞いてみた
「肉料理で一番ボリュームがあるのはどれですか?」
こちらのお店でそんな質問したのはきっと私が初めてなんだろうね、店員さんはちょっと驚いたような顔をしながら「リブロースのステーキでしょうか、それと子羊のローストもボリュームがあります」

子羊のローストはカヤ様とMONICA様が注文されているので、どうせなら別のメニューにした方がブログの記事的にも良さそう
それに今回は五人のうちの三人が女性、当然そんなにボリュームがある物を注文しているとは思えないから、私の役目としては皆と違う方向で行かなきゃ、そんなスケベ根性もあったんだよねぇ(^O^)
それで、私は最初に名前の挙がった「リブロースのステーキ」を選択

このオーダーを取りに来て下さった店員さんがイケメンの外人さん、これがまた日本語が凄く上手、手書きの日本語(確かカタカナ?)のメモを見ながらメニューに載っていない物などについて説明してくれる
ぴよこ様がそれを一生懸命メニュー名を聞き取りメモにして残すのだが、そこは天然系の素晴らしさでいつの間にか別のメニューに名前が変わっちゃっている
もうこの注文の時から皆大爆笑、本当にぴよこ様がいてくださったお陰で場が凄く和んだ
みなそれぞれに注文を終え、最初にドリンク、そして暫くして前菜から登場するのだが、私は全員の料理の写真も撮っていないし自分のメインの写真もまともに取れていないという体たらく
そういうことなので、今回は料理の写真は数枚だけある程度見れるものだけにすることにした

今回は綺麗に総ての料理の写真を載せ、
全部の料理の名前も詳細にまとめた素晴らしい記事を書かれているぴよこ様の記事にリンクさせていただくので、詳しくはそちらをご覧になって戴ければと思う ※ぴよこ様の記事はこちら
また、MONICA様も記事にされており、まだお忙しいせいか写真は一枚だけ掲載されているが今後増える可能性もあるのでそちらも見て戴ければと思う ※MONICA様の記事はこちら

私が選んだ前菜の「フォアグラのプリン」、何故私がこれにしたかというと誰かのブログか食べログの記事でこれが凄くボリュームがあったと書かれていたのを見た記憶があった為

R_foodpic1791573C

実際に目の前に出て来た時は「そんなに大したことないじゃん」と思った

R_foodpic1791580C

しかし、私の斜め前に置かれたもう一皿、最初はそれは私のものじゃないと思っていた
しかしそれも私の
「フォアグラのプリン」のものだと判った段階でこれは大分思い違いしていたかもしれないなって思い始めた
中位の大きさのお皿に綺麗な山になったたっぷりの生野菜と大きなパンがセットになっている
「フォアグラのプリン」、見た目はお菓子のプリンのようだが、食べてみると裏ごししたと思われるフォアグラの濃厚な味が素晴らしく、パンにつけて食べたらメチャ旨!

こちらは手前がMONICA様の「ずわい蟹のトマトソース」、奥がカヤ様の弟君の「エゾ鹿のテリーヌ」


R_foodpic1791576C

このテリーヌはジビエのしっかりとした香りと味が秀逸、そして何といってもボリュームも凄い!、断面もでかいけど厚みが4センチほどもある
テリーヌだから前菜だけど、普通ならメインに出てくるようなボリュームのある一品

これはカヤ様の注文の「サンマの燻製マリネ」、これが一人前って・・・


R_foodpic1791583C

この前菜を食べ終えた時点で、ラーメン食べてこなくて良かったって本当に心の底から思ったね

こちらはぴよこ様の「とり白レバーのムース」


R_foodpic1791587C

希少な鶏の白レバーをムースにしたもの
ガチョウがフォアグラ、鶏のレバーがフォアグラ状になったものが白レバーらしいのだがこれはムースに仕上げていながらレバーの風味をしっかりと残してある
これもパンにつけて食べると美味しそう
だけど皆目の前の籠に入っているパンには出来るだけ手を出さないようにしている
食べたいけど、手を出すとメインが食べ切れないんじゃないかなって用心しているんだ

ボリュームがあるだけじゃなくてどの料理もしっかり丁寧に作られていて凄く美味しいんだよね、そうかぁ一か月前に予約が必要ってこうレベルになるんだ
他の方の料理をお互いに少しずつ味見をしたのだけど、どれも皆美味しい
だからボリュームがあっても案外すんなり食べれちゃう
それとともに、メインに一番ボリュームがある物をなんて注文した自分を激しく後悔、あーん馬鹿、馬鹿、馬鹿~

その後、少しして他の方のメインが登場
私のところに店員さんが来て、少し提供に時間が掛かるのでその間これを食べて待っていて欲しいといって持って来たのが「下仁田ネギのキッシュ」
えーと、あのー戴けるのは凄く嬉しいんですけど、これ食べちゃってメインを食べ切れるのだろうか(^_^;)

その間にも他の方のメインが次々と登場
どれもそのボリュームにびっくりするような物ばかり
カヤ様とMONICA様の注文された「子羊のロースト」、何故か二人分が一個のキャセロールに入って出て来たのだが、これってどう見ても二人分じゃないだろうってボリューム
普通なら子羊のローストは一本の骨の先に二口で食べれるくらいの肉がついている物が二本から三本程度で一皿になるのだが、こちらのは二本骨がついたでっかい肉の塊が一人に二個ずつ
これ、絶対に一個で他の店の二人前以上はあるよね
味見をさせて貰ったけど、この子羊のローストは凄く旨かった
脂身のない赤みの肉なのにしっとりとジューシー、ラムの為に臭みはゼロで旨みだけというもの
そして当然これにも山のような生野菜とポテトのマッシュが一皿ずつついてきてるし

そして写真は撮れなかったけどカヤ様の弟君の「鴨のロースト」
これも普通なら二人分でしょう
そして更にこれにポテトグラタンまでついて来ちゃってるし
流石に注文した当の本人もこれは予想外だったらしく苦笑していた
この鴨のロースト、柔らかいのに歯応えがしっかりしていて、噛めば噛むほど旨みが出てくるような仕上がり、これも旨いなぁ

そしてぴよこ様の注文の「イトヒキエバのポアレ」
今回ただ一人魚料理をメインで選ばれた訳だけど、以前一度訪問していてこちらのお店のボリュームが凄いことを知っていた為にボリュームが少なそうな、そしてご本人がお魚が好きということもあってこれを選ばれたようだ
イトヒキエバという魚は知らないが、白身の淡白な味のお魚
ソースが美味しく、バターと白ワイン、それに生クリームも入っているのかな?が白身の魚に上手く合されている
ただ、こちらのお店は肉料理のインパクトが大きすぎる為、今回はちょっと影が薄くなっちゃったかも

そして少し遅れて私のメインの「リブロースのステーキ」が到着

目の前に置かれたお皿を見て、暫し溜め息・・・・・
なるほど、ボリュームがあるというのはこういうことかぁ
リブロースステーキは確かに大き目、だけど馬鹿みたいに大きいと言うほどでもない
問題は付け合せのポテトフライ、優にマクドナルドのポテトフライLの二個分はありそうな感じ
ステーキを切ると、お皿からポテトフライが零れ落ちるので気をつけながらゆっくりとナイフを入れる
あー、肉が柔らかくて旨いね、充分に美味しいステーキだ
でもやっぱり「子羊のロースト」と「鴨のロースト」の方が良かったな
頑張ってこの一皿も完食

食後は各々ドリンクとデザートを注文

私はコーヒーと「クレームブリュレ」
隣にいらっしゃったMONICA様から「クレームブリュレだとフォアグラのプリンと見た目が被るよ」という指導を受けたけど、食べたかったのでその制止を振り切って注文

このクレームブリュレも旨かったよ
そして相変わらずどのデザートもボリュームたっぷりで盛り付けも綺麗
今回は前菜からデザートまで全員が完食、女性の三人も頑張ったね

これで全部で22.500円未満、一人4、500円しないというのだから驚いちゃう
重ねて予約をして戴いたことに心よりお礼申し上げます
そして楽しいひと時をご一緒してくださいました皆様、どうもありがとうございます

この後、全員で高田馬場駅まで歩いて山手線で帰宅することにした
一人逆方向になったMONICA様とはホームで別れ、残り全員は同じ電車へ
私は池袋で残りの方と別れて帰宅する

MONICA様、どうやら途中の駅での乗り換えを間違えた為に帰宅が日付が変わった時間になっちゃったみたい、どうもお疲れ様でした


L’AMITIE(ラ・ミティエ)
新宿区高田馬場2-9-12 ※住所をクリックで地図表示
12:00~15:00(LO13:30) 18:00~23:30(LO22:00)
定休 日曜・第2火曜
※要予約必須

↑このページのトップヘ