高橋大河 両手を縛った釣りの話

ソルトワールドの元編集長・高橋大河が、釣りを中心とした日々の話題を等身大でお届けします。

芦ノ湖はワカサギも好調です。

先月の下旬からポツポツ釣れはじめて、今月はかなり安定してきた感じ。湖尻湾でも箱根湾でも、水深10mくらいで釣れています。

手堅いのは朝の時間帯に集中して釣ってしまうことですが、群れを追うことが出来れば終日チャンスあり。もちろん空バリでOKです。

一日がんばって大漁を狙うもよし、暑くなる前にサクッと夕食分だけ釣って帰るもよし。短時間でも100匹前後は釣れる感じです。100匹は見た目には少ないですが、家族4人では食べきれないくらいあります。だって一人25匹ですからね。

先日の釣行時はボクもワカサギをやりたくなりましたが、グッとこらえてルアーに専念。仲間がワカサギを釣っていたので少し分けてもらって(というより強奪かな?)食べました。

ワカサギ7.10-1

ついでにサツマイモと大葉も天ぷらにしてビールをグビ!

たまりません(笑)

Tさんごちそう様。とっても美味でした。

ひょんなことから時間が空いたため、一か月ぶりに芦ノ湖に行ってきました。

出掛ける前、ボクの地元ではセミが鳴きはじめていましたが、箱根でもほぼ同じタイミングで初鳴きがあったとのこと。昨日の今日ではまだ早いかも・・・と思いつつ、セミも用意していきました。

湖岸の林ではヒグラシが鳴いていて、湖上に出ると早速ボクの近くにポトリ。しかし魚は食いに来ません。やはり一昨日に鳴きはじめたくらいでは、まだセミに依存はしていないのでしょう。

しかしいざ投げてみると意外に反応が良く・・・

昨日アップした画像の1本をはじめ、小型ながら結構なバイトがあります。

7.10セミバス

お約束のギルはもちろん入れ食い。20~26cmのデカギルばかりです。

7.10ギル

そして今年もニジマス登場。

まずは35cmくらいの野生化個体。

7.10セミマス①

その1時間後には48cmも。

7.10セミマス②

痩せていましたが、口が大きくワイルドな顔をした奴でした。尻尾はまだ回復途中といった感じですね。

7.10セミマス③

針に掛からなかったものも含めれば、トラウトはほかにも頻繁にチェイス。湖の各所で、落下昆虫を探して泳ぎ回っていました。

後半は釣り方を変えてほかの可能性もチェック。

小型ばかりですが、シャッドやスピナーベイトで4尾キャッチしました。

7.10シャッド
7.10ステルス
7.10スピナベ

今週末は3連休&オカッパリのバス釣り大会があるので、かなり賑やかになりそうですね。

また、そのために放流バスも入れるので、釣果も期待できそうです。

行かれる方は頑張っていい釣りしてください。

↑このページのトップヘ