高橋大河 両手を縛った釣りの話

ソルトワールドの元編集長・高橋大河が、釣りを中心とした日々の話題を等身大でお届けします。

ここ2~3日でグッと冷え込んだせいか、野鳥の動きが活発になってきました。

今朝は今シーズン初のコゲラが2羽で庭に飛来。

10.14 コゲラ①
10.14 コゲラ②

続いてシジュウカラ。

10.14 シジュウカラ

そしてメジロがひょっこりはん。

10.14 メジロ

このあとスズメ、ヒヨドリも来て、しばらくは野鳥園のような有様でした。

いよいよ冬ってことですかね?

今週は何かと多忙で、取材に行ったり電話インタビューをしたり、そのテープ起こしをしたり、あれやこれやを順番に片づけているうちにブログの更新はすっかりおろそかに・・・。気が付けば土曜日になってしまいました。

来週からはまたいくつかの取材が控えているため、気が付いたら月末に・・・となりそう。ナントカ一度くらいは、プライベートの釣りに出かけたいなあ・・・。

それはバスなのか、タチウオなのか、エギングなのか、はたまたシーバスなのか?

娘からはハゼ釣りに行きたいとリクエストを受けているし、なんとかしなければ!

井上尚弥、今回も凄かったですね。

あの曲者を、何もさせずにワンパンチで吹っ飛ばしました。

見ているこっちも、あまりのスゴさに吹っ飛ばされました。

解説の山中さんはしゃべるチャンスがなく、長谷川さんも見どころを一言述べたのみ。

レフェリーはいきなりテンカウントを数えて終わりだし、ジャッジに至っては採点回数ゼロ。

パヤノは何もさせてもらえませんでしたが、ある意味彼らも、井上のスゴさに何もさせてもらえなかった人たちです。

毎回毎回こっちの予想のはるか上を行く強さ。

いや、圧巻でした。

↑このページのトップヘ