2016年05月04日

【備前初?@土作り体験】


昨日は組合の おまねき 〜ようこそ陶房へ〜のイベントでした。
私の家の陶房では、【土作り体験】を企画・開催してみました。

普段開催している、備前焼制作体験と違い、一歩深い備前が体感してもらえたのではと思います。

内容は
○乾燥原土を砕く・粘土を足で練る・石より 
  という三つの作業を通じて備前焼で使う土が出来るまでを体験してもらいます。
○最後に作った土で豆皿を作成してみました。 
全部で2時間のコースです。

大人も子供もはだしでむにゅむにゅと土を踏むのが楽しかったみたいです。

自分としても初めての企画なので、手探りスタートでしたが
良い手ごたえを得ることが出来ました。
ということなので、またこの体験講座を開催を考えます。


※体験中の画像も許可を頂いているので、掲載させてもらいますね。 
IMG_4402[1]

taigamori at 05:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年07月21日

【ゆるきゃら×備前焼】


【ゆるきゃら×備前焼】
備前焼初!?のゆるきゃらを製作してしまいました。
BIZEN中南米美術館様からの依頼での備前のゆるきゃら(ペッカリー)のミュージアムグッズです。

写真の作品は
【ペッカモール】
メキシコでAD10〜15世紀のチャックモールと呼ばれる神に供物を捧げる石像を元にペッカリー土偶と融合創作いたしました。
全部で3種類あるので美術館に行ったらみてくださいね。
これがきっかけでBIZENと中南米に興味が出てくれれば嬉しいです。
BIZEN中南米美術館 HP
http://www.latinamerica.jp

ペッカリー


taigamori at 18:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年05月14日

【NYから嬉しい知らせ】

【NYから嬉しい知らせ】


メトロポリタン美術館の日本展示室でのお茶のデモンストレーションに
私のアメリカで制作した旅枕の花入を使っていただいたそうです。
身に余る幸せです。

後ろに見える屏風は、蘆雪。
写真の対面には、光琳の八橋図屏風
挟まれて私の作品

去年NYに行った時には展示会などでまったく
どこの観光地にも美術館にも行けなかったので
作品はぼくより先にメットへ!
羨ましいけど作家冥利に尽きます。

うーん見に行きたかったなあ。
これを励みに制作がんばります。


メトロポリタン美術館 お茶のデモンストレーションの紹介
http://www.metmuseum.org/search-results?ft=tea+ceremony&x=0&y=0
光琳の八橋図屏風
http://www.metmuseum.org/collection/the-collection-online/search/39664
P1000897

taigamori at 06:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2015年03月18日

【個展案内】

【個展のお知らせ】

備前 森 大雅 作陶展

 一昨年のフランスでの窖窯制作や、去年アメリカ横断しながらの各地の
陶芸家との交流など 最近は”旅する陶芸家”でした。
今展では海外で制作した作品と近作を見て頂きたいと思います。
 
会期:2015年3月20日(金)〜26日(木)
   最終日は午後四時閉場
会場:倉敷天満屋 4階美術画廊
   倉敷市阿知1−7−1

お近くの方はぜひ見にいらしてください。

山々


taigamori at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月26日

アルパーク広島にて展示会


展示会のご案内

天満屋広島八丁堀店からの引き続き、アルパーク広島での展示会です。
スペースが少し広いので、前回より少し作品数が増えています。
 
陶心会若手二人展ということで、引き続き私と同い年の備前焼作家
大石橋 宏樹さんと一緒に展示会です。

お近くの方は是非遊びにいらしてください。


■日時
8月28日 (水)〜 9月2日 (月)
※最終日は午後4時閉場。
土日は在廊予定にしております。

■場所
アルパーク天満屋3階ギャラリー

〒733-8625
広島市西区井口明神1-16-1
TEL: 082-501-1111 (代表)

***森 大雅***

taigamori at 13:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年08月25日

フランスから帰ってきました。


今日の夜中にOHKで特集が組まれています。
時間がある方はぜひ見てやってください。


番組タイトル
OHKドキュメント・フランスで魅せる千年の技 若き備前焼作家の挑戦
放送日時
2013年08月25日(日曜日)25:10〜
放送内容
岡山の伝統文化「備前焼」の魅力を伝えようと、遠くフランスで壮大なプロジェクトに挑む若い備前焼作家たちに密着し、低迷する備前焼業界の活路を探るドキュメンタリー。
1000年の歴史を誇る岡山の伝統文化「備前焼」。釉薬は使わずに独特の色や模様を現す備前焼とは、土と炎の芸術と謳われている。 この備前焼の魅力を伝えようと、かつてない壮大なプロジェクトに挑む若い作家たちがいる。 挑戦の舞台は海を越えたフランス。今年5月から約2か月間、中央部にあるシェニエという町に滞在し、現地のレンガを使って窯を築き上げ、現地の土をひねって作品を焼き上げる。備前焼に関わる全ての過程を現地 で披露するというものだ。 狙いは備前焼の販路拡大。景気の低迷で生産額がピーク時の約3割に落ち込む中、海外へその魅力を伝えることで顧客の獲得につなげると同時に、その技術をも売り出していこうという新たな試みである。 ほとんどが30〜40歳代の備前焼作家としてはまだまだ若手の作家たちの挑戦が岡山の伝統文化の未来を切り開くことができるのか。 このプロジェクトに密着し、低迷する備前焼業界の活路を探る。

HP

http://www.ohk.co.jp/tvpg/disppg.php?WDATE=20130825&WTIME=25%3A10

taigamori at 22:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月31日

竹de遠出

フランスより
5月28日 雨

今日は、煉瓦のケレンの作業・ウドの土台に煉瓦を並べる作業でした。
午後から、松尾親方・江見ちゃん・渋田さん・的野さんは
パトリシア(陶芸家)の家に窯のアーチになる部分の竹を取りに車でお出かけです。
遠くまで運転をしていた、的野さんはぐったりと肉じゃがを食べに1階に降りてこれませんでした。
今日は初めて藤森くん作の松尾さんお別れ会のためのわかめ味噌汁でした。
そして、今日は初めてのテストピースを焼くのに電気窯を藤森くんが担当で焼いていました。
これで、みんなが使えるどんぶりと鍋敷きができたことでしょう。
うまく明日の朝までに窯が冷めれば、松尾さんが作った作品が持って帰れるんですが。
最後まで、松尾さんのお土産の心配をしていた、藤森のしんちゃんの半分はやさしさで
できているに違いない!

明日までに電気窯が冷めますように。

taigamori at 06:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月27日

アーティチョークdeマスタード


フランスより

5月26日(日) 晴

初めての晴日、暖かくて気分がよい。

今日の作業は、コンクリで土台をならして煉瓦で土台を組んでいくという作業。
窯の上屋根グループ(江見ちゃんと松尾さんは)ずっと足場の上で、小屋の補強をしていました。
江見ちゃんはサーファーであり庭師であるので、バランス感覚がいいのか、昨日は縦の棒に
足を引っ掛けて、釘を打っていました。さすがの木登り名人です。
午後は古い煉瓦のモルタルを削るケレンという作業をしていました。

今日は暖かくなって晴れてきたからか、意外と見学者が多くなんだかんだとお話。
一人、パンさんという陶芸家の方が備前の事をもっと知りたいから備前に来たいという話。
そんな方が増えていくと、備前の名前がどんどん広がっていくんだろうな、
ちょっとこのプロジェクトをする意味が実感できた瞬間でした。

今日は作業が夜8時まで・・・ひー疲れた!
8時でも実は外が明るいのです。

そして、夜の食事は肉とアーティチョーク肉もおいしかったですけど、初のアーティチョーク不思議なおいしい味でした。
ホクホクしていて、かむと味があって、お芋と野菜のアイの子のような。ゆでてバルサミコ酢とマスタードです。


明日は自分たちのプロジェクトのレセプションパーティー、こちらの町長さんや知事さんやEUのえらい方々が来られるので
飲みすぎないように、気を付けないと!!

taigamori at 17:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ラフランスdeチーズ


フランスより

5月25日(土) 大雨・雹
朝たっぷり2時間朝のヨガ

仕事は屋根の手伝い。古い窯の煉瓦の掘り出しみたいなこと。
すごく寒い一日でした。

夜は満月で、月曜日はレセプションだからという言い訳でワインが進む。
渋田さんスペシャルのつまみで、ラフランスとリンゴとやわらかいチーズを挟んだ料理
白ワインに非常に合う。また今回中に何度か食べたい料理でした。
というか、岡山に帰ってもしてみよ〜

taigamori at 03:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月26日

上屋de棟上げ

フランスより

5月24日 雨のち雹

今日の仕事は、前の窯の上屋を崩して、新しい窯の上屋の棟上げ。
シェニエ町長も来ていただく。

今日の仕事のメインは、松尾さんと江見ちゃんドンドンと窯回りの小屋を作って、くれました。
鳥居のようなものを3っつ作り、棟上げをして、6か所の足で窯が雨ざらしにならないようにしてくれました。
ひょいひょいと屋根の上に上がる松尾さんと江見ちゃんを見ていると、
さすがだね〜という感想しか出てきません。
僕なんかはうっかり上がると落ちてしまう事でしょう。
このスピードでできるのは、何でもこなせる68歳の松尾さんのおかげでしょう。

長丁場なので、怪我をしないでということをテーマに頑張ろうと思います。
夜はダンサーひだまさんの作ってくれたトマトパスタでした。
いつもワインとチーズがうまいです。

明日もゼロ災でありますように。
 

taigamori at 02:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!