七転納豆

納豆と大豆。ときどきデパ地下。時には文書もくりひろげます。

緊急事態があけても、そんなにドラスティックには変わりませんね。
トイレットペーパーは早くから解消されて、マスク不足はこの2週間くらいでだいぶ改善されました。

食品系もお米不足だったのはほんの一瞬でしたけど、パスタ、小麦粉、納豆はまだまだ需要過多がつづいてるようです。

久々にうかがった坂下のOKストアですが、EDLPだけあって昼前でもこの品薄ぶり。
一家族様2セットまで@OKストア
業態的に調達力不足は否めないし、価格も安いからみんな買いに来るしね。

定点観測ポイントの隣町のライフですが、品不足感はかなり解消されて、救援納豆も存在感が少なくなってきた気配。
IMG_7719
でもまだ、個数制限は撤廃せず。ってことは、まだまだ旺盛な需要に対して供給力は限定されてるってことでしょう。

まだまだ予断は許されないようですね。

これはすごいわ。
容器から出すだけで、もう尋常じゃないネバなわけで。
そして、かき混ぜ始めると、なんだこれは!な強い糸引き。

六穀太子納豆をさっそくいただいてみたけど、従来の納豆とはちょっと違う異次元の世界な感じ。
猛烈なネバ、そして雑穀の食感
とにかく雑穀たっぷりで、大豆の味よりも穀物の味わいを楽しむ食べ物。
そして、この粘りの凄さは、たぶん大豆だけじゃなくて、雑穀との相乗効果で生まれたもの。

だって、こんな被り見たことないよ。
六穀太子納豆03
分厚くて半透明で。。

これが80周年の第一弾なら、次は何が出てくるんだろう?

先日はFB上で紹介した太子のアレですけど、えへへ。実は注文してたんです。あれ。
そんなわけで、本日到着しました。
太子のアレ。
冷蔵庫の中に!
えっとね。太子納豆の創業80周年記念納豆です。

その名も六穀納豆。
烝煮のタイミングが合わないからっていって、どの材料もみな炊き合わせ。
納豆がふっくらしないから、いずれも手盛り。
すごいでしょ。

青森の老舗(もちろん、日本でも屈指の老舗です)のかくた武田でお話をきいたときも、(太子納豆)創業者の工藤さんの質問は普通じゃなかったって言ってたし。

そうそう、いまやどこの納豆屋さんでもやってる冷熟工程も実はココンチの発明なんですよね。

そして賛否両論な納豆のたれだって、じつはここんちが始め。
諸説ありましたけど、私が物心ついた頃から太子はタレがついてましたからね。(業界的には、太子納豆起源で今や意見がまとまってるようです)

そんなわけで、食べるのが楽しみです。
関東圏では見たことない北の大豆のひきわり。
そして、周年モデルの六穀納豆。
大手メーカーなのに、楽しみって思わせるのはほんとすごくないかい。

よそんちじゃ考えられないでしょ。
こういうの。

海の賜って納豆の存在は知ってたんです。
静岡って、妙に東京に近い分、そんなに真剣にはチェックしてなくて、ときどき仕事でうかがった際にちょこっと立ち寄ったりして。
浜松の納豆とか、静岡市の納豆とか買ったけど。。
そういえば、静岡のどこかで、奥野食品さんのデモ販売にお会いしたこともあったっけ!

しかし、この納豆たち。
気になるな。まるさ食品。
気になりませんか?

こんなにいろいろ出してたんですね。
秋田大豆、秘伝豆、ふくゆたか、ユキシズカ。

ていうか、たぶん元祖オリジナルの伊豆納豆が秋田大豆なんじゃないのかな?
とすると、東京納豆系なのかな?って思うけど、創業者の出身は山形。
なるほど、だから秘伝豆?

ほら、どんどん食べたくなってきたでしょう。

色だけじゃなくて、食感もちょっとほっくり。香りも甘くて、大豆香しっかり。
確かに枝豆納豆だわ。

ほらね。
これが酒田の加藤敬太郎商店のえだまめ納豆。
加藤敬太郎商店のえだまめ納豆
以前はこんなに碧っぽくはなかったと思うけど、とはいえ、今はほんとカメラの発色が良くなったから。

じゃぁ、その同じカメラで撮ったえだまめ納豆をちょっと比較してみようか。

こちらはひと月前に食べた北海道のえだまめ納豆「碧」
碧onご飯
うわぁ、これはほんと碧だわ!
味もすごいくらいまんまえだまめで。。
納豆wikiに載せたインプレッションを読めば、そんときの感動が伝わるかな?
鮮やかな碧色の豆で、とろ肌、一部に粉を吹いたような白被り。
香り:枝豆のかりっとした香り。
糸引き:引き弱く、伸び細く。
豆;大粒(長径14-17ミリ)で程よい硬さ、歯ごたえさっくりしっとり。
豆味まさに枝豆。ほんのり塩味。
青くさみと枝豆の甘みが程よく枝豆風味を際立たせる。
楽しくも美味しい味わい。

その一年前に食べた姫路の相沢食産の「枝豆納豆」がまたすごくて。
相沢の枝豆納豆onCup
いつも立ち寄る神戸の大丸で見つけたときの驚きたるや!
そして、食べたときの感動たるや!
鮮やかな緑色の豆で、うっすらの白肌。
香り:枝豆ならではの甘く芳ばしい香り。
糸引き:引き弱く、伸び細く、粘り少なめ。
豆:大粒(14ミリ)で、表面柔らかく中はコリッと。
豆の甘み、爽やかなうま味。ほんのり苦味。
香り、食感、食味、まさに枝豆を味わっているかのような印象。これはすごい。

ふつう、納豆wikiにこんな情動は書かないんだけどね。

碧の納豆、またあらためて食べ直してみようかな。
だって、こんなに美味しいんだもの。

水戸で一番売れてたのがくめ納豆だったって話は、先だって笹沼さんから教えていただきました。
東京エリアでも、水戸納豆は好きじゃないけどくめは好きって人も結構いました。
そういう私も実はそう。
まぁ、その頃の私はたんなる食わず嫌いだっただけなんですが。。

そんなわけで、こんな仕組みもあったんですね。
くめ納豆倶楽部なるファンクラブが。。
くめ納豆倶楽部の会員証
会員になると、確か会報が送られてきたんですよね。
メルマガなんかより、そっちのほうが嬉しかったんじゃないかな。

あと、特別割引とかあったような気もします。

こういうのはくめだから成立してたんだろうな。
愛されてたんですね。
やっぱり。

リビングのサイドボードの引き出しから出てきたこのカード。
納豆活動を始めたばかりの頃のことをいろいろ思い出させてくれました。

あんまり、こういう写真って撮らないんだけど。
だけど、うわぁ、この納豆おいしい!
ご飯に合うなぁ。。
そう思った時にひょいっと写すことがあるんです。

そんなレアな写真をちょっとピックアップしてみたんだけど。
そしたらね。
なんと、大粒の納豆ばかりだったという。

やっぱり、大粒の納豆はおいしいんだよね。

これはね。
豊洲で買った元祖新宿納豆の「東京納豆」。
東京納豆onご飯
秋田大豆はうまいんだよねぇ。

次はね。
山梨県の大豆生産者が醸した「藁菌納豆」
藁菌納豆onご飯
糸引き弱いけど、そんなの全然欠点じゃないのよ。
納豆は豆だね。
煮豆が美味しくなきゃ、おいしい納豆はできないんだってことがよくわかります。

そして、こちらはサンスマイルの「大粒」納豆。
サンスマイル大粒納豆onご飯
製造は登喜和食品だけど、やっぱりこれも豆力が強くて。
登喜和の納豆って、割とスッキリ系に仕上げちゃうんだけど、それでも豆の強さが残ってるからすごいなって。。

そして、リベンジでやってきた稲葉の「とよまさり」
とよまさりonご飯
被りは薄いけど、煮豆の硬さはばっちりで。
豆の旨味はもうすこし残してくれた方が美味しいかな。
だけど、先週のとよまさりとはもう別物の仕上がり。

あらためて思う。
やっぱり、納豆は大豆だね。って。

コホート調査の研究が納豆に向いたのは、確か1月末のこと。
免疫力どころか、長生きできるよって成果がわかったわけです。

それいらい、ずどーんと納豆需要が増加して。
さらにですよ、コロナの影響もあって、納豆需要はさらに拡大。
やすくて美味しくて健康に良くて、しかも免疫力アップときたもんだ。

そんな需要過多のせいもあって、大手メーカーではたいへんなことになっているとの噂もいろいろ聞きました。
とにかく、製造が間に合わない。
出荷しても、砂漠に水を撒くが如く、瞬間的に消えてしまう。
そんな話も漏れ聞きました。

しかしですよ。。
どうやら、状況はだいぶ改善されたようです。
おかめ復活復活か?
なんか、おかめ増えてない?
しかも、廉売対象?
ひょっとして、皆様へのお詫びを込めて?

こっちの売り場でもなんか増えてない?
スーパーバリュー松原店
個数限定の表示も消えてるし。。

どう?
西友下高井戸店
しっかり、おかめでしょ。
やっぱり、セール品?

おかめ復活!
こういう時だからこそ、大手の責任を果たす。ってことなんでしょう。
タカノフーズ の意地と心意気を見させていただきました。
さすがですね。

色使いがごちゃごちゃしてないんですよ。
この掛け紙。
彩度も抑えめだしね。
そう、それに商品名が明解じゃないですか。

商品名は「ひきわり」
みどりはひきわり

で、こちらは「大粒」でしょ。
赤は粒

まちがえようがありません。

それにね。
ひきわりが緑で、粒が赤というのは北東北における納豆ラベルの暗黙のルールで、それをしっかり遵守しているのも好感がもてます。

そうそう、風神雷神のモチーフもいいでしょ。
和風のイメージ出しながら、かわいいじゃないですか。

そのうち、鳥獣戯画の納豆とかも出てきたりして。

というわけで、先週届けていただいた納豆と同じものが今週も到着しました。
稲葉納豆鉱業所の納豆
えへへ。。
実はね、中身のラインナップもまったくいっしょなんです。

いえね。
いろいろあって、メーカーさんといろいろやりとして、だったらリベンジしたいって言われて。。

さて、そのリベンジ納豆。
さっそく明日あたりから試してみますね。
  • ライブドアブログ