今日のお昼なに食べようか?
そう言って、あてもなく歩き出してたどり着いた隣町。
で、なんとなくあてにしていたお気に入りの中華屋さんは。。なんということだ!今日はお休みじゃないですか。

どうしよう?
この先の隣町に行っちゃう?

そう行って歩き出すこと30秒。
おや、サイゼリヤ。

あれ食べたかったんだよね。
アブルッツォの名物料理、アロスティッツィーニが!

何年か前のこと、お気に入りのご近所のレストランがあってそれがアブルッツォ料理のお店。そして、そこんちの名物がアロスティッツィーニだったんですよ。。
ミラノ、ダ・ジャニーノのつぼ焼き
そう、これ。
このつぼ焼きが、アブルッツォ料理のシンボルみたいなもので。

アブルッツォってイタリア半島の真ん中あたりの東側。ローマの裏側っていうか、膝の裏側っていうほうがわかりやすいかな。
海の幸、野の幸、山の幸にめぐまれたエリアなんですが、なぜかその。。日本で行ったら”ださいたま”みたいに言われてしまうのですが、だけどワインの生産量とかパスタの製造量とかは世界でもトップクラスなんですよ。。

じゃぁ、行っちゃう?
行くよね。

そんなこんなで、ずっと気になってたサイゼリヤのアロスティチーニをやっといただくことができたんです。
アロスティッツィーニがどうしても食べたくて!
うん。
これ、これ。。
この味。
これだから、サイゼリヤって最高なのだよ!


関連記事)
15.11.09:ミラノ最後の夜はアブルッツォと決めていた。
関連リンク)
・多分日本で唯一のアブルッツォ料理屋さんです
ダイ・パエサーニ