とにかく、商品比較のためのPOPがすごいんですよ。
おはぎの違いとか、顆粒だしの選び方、お味噌の産地と特徴とか、昆布の味わいマップとかとか。とにかく、どこのコーナーも巨大なPOPがあって、迷えるお客様を懇切丁寧に道案内してくれるんです。

世の中のスーパーって品揃えはたくさん置いてあるけど、情報がなくて、違いがわからなくて、結局価格の安さでしか選べないお店がほとんどじゃない。。でもね、こういうお店もあるんですよね。
福岡のハローデーとかボンラパストレゾ、東京だと福島屋とか早稲田裏の安井さんとことか、ちゃんとしたもの売ってるお店ってちゃんとやってるんですよね。

さて、なんの話だったっけ?

そうそう、納豆棚の話!
半田駅前からすぐのピアゴのPOPがすごくって、しかも納豆棚もちょっと面白くって。
ピアゴ半田店の納豆棚
粒の大きさが違うとこんな傾向(大手メーカー系限定の傾向のような気がするのはご愛嬌)があるっていうのも一般消費者にとっては親切だし。。
その上、店長改心価格ってすごくないですか!
しかも、店長の写真付き!
スタイルワン
毎日食べたい小粒納豆

¥77

ゾロ目の価格が強烈な巨大POPのその先を見てみると、なんとこれ見たことない納豆だったんですよ。

今月のオススメなるリボンに挟まれて、ドドント鎮座ましますオリジナル納豆なのかな?これ。。
店長改心価格のStyleONEとPrimeONE
製品名がこれまた長い!
大豆の旨さを
引き出す
粘りと旨味の
熟成発酵
毎日食べたい小粒納豆

Style OneなるシリーズのPB商品みたいなんです。

さらにですよ、その上段にひょいと目をやると、こんどはPrime ONEなるPB商品の納豆があるじゃないですか。
プライムワン
北海道産小粒納豆
\118

スタイルワンはアメリカ産大豆使用で大衆品だけど、プライムワンは国産、しかも北海道産大豆を使った上質な納豆ってことなのでしょう。

製造元を確認してみたところ、どちらも栃木県のあづま食品。
あんまり無理しないでくださいね。。と心配してしまうわたし。。

なんですが、そのプライムワンの左隣の黒いパッケージのおかめ納豆。
見たことないと思います。これ!
普通はこれ、白いパッケージで売ってるんじゃない?

っていうか、
オリジナルパッケージのおかめたち
赤いパッケージのおかめのひきわりって初めて見たんですけど。。

ってことは、あづまだけじゃなくておかめもオリジナル商品として販売してるってこと?
ピアゴオリジナルのおかめ納豆2種
いつもの商品がオリジナルパッケージに変わりました!

とまぁ、そういうことなんでしょう。

すごいな、ピアゴ!