2017年 秩父合宿 2017年5月20日二次会番外編 by "K"

秩父合宿の稽古とBBQはボンさんに書いていただいているので、
二次会を番外編として書かせていただきます。

合宿初日はBBQのあと宿泊所で二次会を開催しました。
すでにBBQでお酒が入っている中、私もウィスキーを投入させていただき、様々な人間模様が見られました。

・お酒をおいしく味わったり、
n13n1







・ご機嫌になったり、
n3







・武道談義で盛り上がったり、
n15







・青年(成年?)の主張を行ったり、
n11







至誠塾は武道経歴に関係なく皆が平等・公平に鍛錬出来ます。
そして、年齢・職業等に関係なく皆が楽しい時間を過ごすことができます。

n16n17n18n14













同じ志・価値観を持つ者が過ごす時間は非常に有意義で他では経験できないものです!
高木先生をはじめ、合宿主催に尽力していただいた方、ありがとうございました!





太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

2017年 秩父合宿 2017年5月20日&21日 by ボン

幾つかの候補地を試して涙し、遂に見つけた至誠塾の

合宿施設。待ちに待った至誠塾公式の久方ぶりの

合宿です。

CIMG1049CIMG1051







試行錯誤の甲斐あって、山奥深く、太氣拳の稽古を

するにはもってこい、の環境でした。因みに飯も旨かった

であります。温泉も極楽でした。

CIMG1055CIMG1056







おっと、本題に。と言いつつ、最初の写真は途中の

深谷市の道の駅です。

CIMG1057CIMG1058












CIMG1059CIMG1062







入口は古い建屋を維持して趣を出しつつ、宿泊棟

は新しくて清潔。そして「本日貸切」なんで何でもOK

熊、案山子、第二次世界大戦の米国兵士募集の

看板などが出迎える。

CIMG1063CIMG1064







CIMG1066







何よりもかによりも、この周囲の自然の多さと深さ。

初夏だけに青葉の香りがします。いやいや、これは

絶対に立禅したら気持ちいいでしょう。

CIMG1073CIMG1074







CIMG1075CIMG1080







そして稽古場所の武道場+広場+夜のBBQ
場へ。

なお、快晴だったので武道場は借りてませんので、

屋外稽古となります。

CIMG1081CIMG1085







CIMG1086CIMG1087







高木先生のご指導内容は最近の歩法でした。

既に何度か日誌で書いてますので、ご指導内容は

省略しますが、1点だけ。
CIMG1092CIMG1093







CIMG1095CIMG1096





  1. 歩法は3拍子と言うか、1拍子というか、微妙。

  2. ○○が○するまでは等速でなければならない。

  3. ○○が○した瞬間は次の動作に移る。

  4. 蹴るのは地面を真下に。

CIMG1098CIMG1099







CIMG1102








このご指導内容はボンの胸にかなり深く響きました。

(出来るかどうかは別の話)

CIMG1107CIMG1108







CIMG1109CIMG1113







CIMG1115CIMG1117







急いで動くのは若い内しか出来ないが、等速で動き

一瞬だけ早く(これも根幹を振るわせる動きだが)は

年を取っても可能です。

CIMG1118CIMG1119







CIMG1137CIMG1139







自分の体に相談しながら、なので、兎に角ゆっくりと

丁寧に、形を崩さずに、を心掛けてこなす。でも

今日は暑いなー。汗ダクだから、小まめな給茶が

欠かせませんね。

CIMG1142CIMG1143







ボン的に思うところ有り、ご指導の内容を入れつつ

探手をやってみる。おお、継ぎ足がやり易いか。

CIMG1145CIMG1146







CIMG1152CIMG1153







よし、これも取り入れて稽古することにしよう。

CIMG1156CIMG1159







こういう気付きが、いつ、どこで、何を縁として

起きるかわからない。これが太氣拳の醍醐味

だなあ、とシミジミと思いました。

CIMG1169CIMG1175







最後は全員と推手をやって一先ずは〆です。

CIMG1178CIMG1180







少し休憩してから恒例のBBQ
ディナーです。

CIMG1184CIMG1186







写真から雰囲気が伝わると思います。楽しい

BBQでした。

CIMG1187CIMG1188







CIMG1190CIMG1192







焼きソバ奉行の達人技はやはり健在でした。

CIMG1200CIMG1201







CIMG1211CIMG1213







二次会は施設内ですが、そこはデジカメ写真を

とり忘れましたので、別の機会になるでしょう。

CIMG1226CIMG1229







飲み過ぎるボンは奇跡的に早起き
が出来たので、
早朝立禅もしっかりとでき
ました。

CIMG1230CIMG1232







吸気の爽快さが違います。本当に良い合宿

施設です。朝飯も味噌汁の出汁は煮干で

取ってて、その煮干がそのまま入っている、と

いう、オッサン世代には懐かしいものが。

CIMG1233CIMG1236







来年もここで決まりですね。嘉道先生を

お呼びしても恥ずかしくない施設でした。

CIMG1237CIMG1253







高木先生、見つけてくれたT
さん、

有難うございました。




太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

柴又第2週M師範代稽古 2017年5月13日by"K"

本日は高木先生が大阪稽古のため、M師範による代稽古です。
よろしくお願いします!

最初は劈拳です。

本日の稽古参加者はベテランばかりで、皆さん十分出来ているのですが、
M師範が特に強調されていたポイントとして、

「頭を上に、そして腕を後ろにあげすぎない。」

です。

下げた腕を上にあげる際、頭はその位置のまま、そして腕は上後方にあげすぎない。
頭の上に壁がありそれ以上頭が上に行けないようなイメージをもつ。
1234







8765
















なるほど、頭上に天井があるので頭がぶつかり、それ以上は行けない。
このイメ-ジを持つと、頭はあがらず、体も反りません。
そして、腕を上後方にそらさないようにする。
そうすると、上手く動けます。

*この位置より上にあげないよう意識する!
9







日々うまく出来ていると感じている場合でも、ポイントを一つ強く意識すれば、よりよい動きになります。
10141516













次は先週の復習で歩法です。
*内容は先週のボンさんのブログを参照ください。
実は稽古後のスペトレでM師範が次のようにおっしゃいました。
「先週の高木先生の歩法の動きは頭では理解しているが、実際に動くとなるとうまく出来ない。」
M師範のような上級者でも、"実践"の積み重ねを行わないと技を習得できない。
なるほど、それでひたすら歩法の稽古だったのですね。
太気拳は"実戦"武術。
ゆえに、机上の空論のみの"実践"なき稽古なしでは"実戦"では使えません!
ひたすら、愚直に稽古あるのみです!

18192021













この後、片手推手・掌打合わせ・全員推手で稽古終了です。
この日の稽古は内容もさることながら、稽古への熱意・姿勢を実感できた稽古でした。
M師範、稽古ありがとうございした!






太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

片手推手2 2017年5月6日(土) by ボン

活歩の歩法をかなり時間をかけ、「休憩して…」

で「掌打合わせと推手」と思っていたら、「片手

推手(単推手ではない)やります」との由。

CIMG0908CIMG0909








CIMG0910CIMG0911








1
年ぶりくらいか?先ずは片手推手の要点を

簡単にご説明された後で、「何故片手推手を

やるのか」に言及されました。

CIMG0912CIMG0913








CIMG0914CIMG0918








1.     
太氣拳的な動きには二の腕を使うことが大事。

2.      手先だけ動かすのではなく、全身が動くから。

3.      打拳も二の腕を使うと力が出る。

CIMG0919CIMG0920








CIMG0925CIMG0926








K
さんの道場縦断の活歩の動きが「二の腕を

使っているので良かった」とも。

CIMG0927CIMG0933








片手推手は数えるほどしか稽古でやったことが

ない(はず)のKさんにやり方を指導され、

それから高木先生による「二の腕」を使った

瞬間探手となる。

CIMG0949CIMG0950








CIMG0951CIMG0954








CIMG0957CIMG0958








構えに始まり、打拳・蹴りの受け・瞬時に沈み

込み首が肩に入る体制から攻撃など、複数の

使い方をご示範されました。

CIMG0966CIMG0967








CIMG0968CIMG0969








片手推手は確かにあまりやりませんが、実は

ボンの得意な稽古です。

CIMG0972CIMG0974








CIMG0975CIMG0976








最初に教えて頂いた際の印象が非常に強く、

確かに「二の腕を使って、全身を使う必要が

ある」と気づかされた、忘れられない稽古です。

CIMG0977CIMG0978








CIMG0979CIMG0980








とはいえ久し振りなので、これもゆっくりと

丁寧に、力を途切れさせないように注意し乍ら

こなします。

CIMG0981CIMG0982








高木先生が手を取ってのご指導が多く、1人の

推手で5分近くやることもありました。

数をこなすには良い環境でした。

CIMG0983CIMG0987








最後は「全員とやります」の双推手で〆と

なりました。数少ない残りの推手の機会。

CIMG0988CIMG0989








1
1回を大事にせねば。



太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

片手推手1 2017年5月6日(土) by ボン

GW最後の土曜日なので「参加者少ないか?」

との懸念は杞憂、普段と同じか少し多めの

参加者です。

CIMG0857CIMG0858








CIMG0860CIMG0862








最近の歩法のおさらいからです。

1.      手足を同時に動かす。

2.      手先は器用だから動くが、足が動かない。

3.      それを体の根元を動かして同調させる。

4.      掌打合わせも同様に手足を同調させる。

CIMG0863CIMG0864








CIMG0866CIMG0868








まずはその場で各自で活歩の動きをこなす。

歩幅と重心の位置に気を付けながら、激しい

動きは控えてゆっくり目でやります。

CIMG0869CIMG0870








CIMG0872CIMG0873








膝は消耗品ですから、加齢とともに大事に

使わねば。

一頻りこなしてから、道場縦断で活歩の歩法

になりました。

CIMG0882CIMG0886








CIMG0887CIMG0889








いつもより長めなのは「疲れて力が抜けてくると

歩法がよくなってくるから(趣旨)」だそうです。

CIMG0891CIMG0892








CIMG0894CIMG0895








自分的にはこの歩法が結構苦手なので、これも

ゆっくりから開始して丁寧にやることにする。

複数の動きを組み合わせ、同時にやるので

ただ歩いているように見えて難易度は高い。

CIMG0897CIMG0899








速度を上げるよりも、兎に角1つずつ丁寧に、

を心掛けます。

CIMG0902CIMG0903








余計な力は入れてないか。

立禅の感覚を維持できているか。

CIMG0904CIMG0900








CIMG0905CIMG0907








前者はまだしも、後者は現時点では無理です。

少しでも動くと感覚が途切れるので、大きな

活歩の動きとなると、猶更です。
続きます。



太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

プロフィール
太気拳珍道中

太気拳至誠塾の
東京柴又本部道場、
高田馬場での最新ニュースと
修行の様子を日誌形式で
お届けします!!


どうぞ皆様よろしくお願いします!

★公式サイト:
太気拳至誠塾

過去の日誌はこちら!>>