日誌

サーキットトレーニング 約30分、棒振り240回。
柔軟、不安定な場所での立禅、片足禅、揺り、練り。 やや背中がオーバーワーク気味。
片足禅は軸足を地面に突き刺す感じでやるものと、インド舞踊のように関節を少しずつ曲げた場合では鍛えられる場所が全く異なる。
頭の重量を大腿骨頭に乗せる感覚が、いわゆる骨で支えるということなのだと思う。



太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

日誌など

6月16日 休暇を取って一日ぶらぶら。
阪急京都線と嵐山線を乗り継いで、松尾大社駅近くの華厳禅寺、通称鈴虫寺詣で。
この寺、鈴虫の名の通り、一年中説法場の座敷の飼育箱の中で何千匹もの鈴虫がりんりんと鳴いている。
また、全国では珍しいといわれる草鞋を履いたお地蔵様に、一人一つだけ願を掛けると、わざわざ各戸を回って願いをかなえてくれるとのこと。
そのための草鞋なんだとか。
であるからして、まずは住所氏名を参拝の最初に伝えるルールがある。サンタクロースほどではないにしても、世界中から観光客が訪れるようになった昨今、京都住宅街の片隅にありながら、願いを叶えるお地蔵様の負担も増す一方だろう。
一人一つがルールである以上、家族全員の願いが叶いますように、と非常に雑駁、ラフな願掛けをしておいたが、果たしてどうなるやら。
梅田に取って返して、昼過ぎから樽生ベルギービールと豚腿のローストを食べ、帰宅途中に酔いが醒めたところで自家近くで練習。 降龍椿、立禅、練り、仕上げに素振り。

6月17日
昼に梅田でシュラスコ料理の食べ放題。 嫌というほど肉を食べた。一人3600円でこれだけの量と質は価値がある。 アトキンスダイエット(ロカボダイエットの走り)の研究を北欧の大学が行った記録によると、高たんぱく食は満腹中枢が長い間刺激される結果、間食が減る効果があるそうだ。 昨日は家族全員この効果が出たためだろう、腹が夕方には凹んだにも拘わらず、誰一人として飯を食べたいという者が出なかった。
胃が軽くなったところで、立禅、揺り、這い、練り、探手、降龍椿で終わり。 
庭で震脚すると家に響くので隣家にも迷惑だろうと家族から注意される。
暗くなってから公園でやるしかないか。

6月18日
ジョグ4km、柔軟、立禅、揺り、練り、熊形少々。











太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

太氣拳の打拳 6月10日 その2

6月10日、探手と合わせ、塾長による打拳の指導があった。

突きと引きに足が完全に連動しなければならないのだが、これに後2つの要求が加わるから難しい。
単純に心意拳に例えれば馬形だろう。

長年やっているうちに、一番使う身体の部位が決まってくる感じがする。






太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

プロフィール
猪名川穴の日記

太気拳至誠塾 大阪支部
武田 練士五段による
稽古日誌


★公式サイト
太気拳至誠塾

過去の日誌はこちら!>>