8月23日日誌 

大学時代に齧った日本拳法の突きはどこから来たのかと、日本拳法を大してやっていないのにも拘わらず人から聞かれることがある。
縁あって太氣拳を学び、その流れの中で崩拳を塾長から習い、また、形意拳の表演動画を見るうちに気づいたことがいくつかある。
細かい点を抜きに単刀直入に纏めてしまうと、以下の三点で日本拳法の直突きは形意拳の崩拳によく似ていると思うのだ。
即ち、(1)二足二打、(2)胸から絞る様に突きが出てくるのを基本とする、(3)後ろ足を擦る。
しかも関東の大学では手首のスナップを利かせた縦拳である。 
こう来ると、縦拳か否かは別にしても、プロ格闘技の日本拳法経験者に強打者がいる理由がなんとなく納得が行くような気がする。 

今日はそんな事を書き込もうと考えながら身体の骨休めである。
降龍椿 12分
柔軟+片足スクワット少々
右上腕が軽い肉離れのつもりだったが、マウスを操作すると疼くので今日は腕は極力使わず。














太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

8月20日日誌

早朝、古い武術(ウーシュー)を本棚から引っ張り出し、夜更かしして読む。
于化龍老師のインタビュー記事の内容等疾うに忘れていたため、再読していると、心意六合拳から派生した拳法(主に漢族が伝えた)として形意拳、少林心意把と並んで大成拳が于老師の口から紹介されている。 
大成拳(=太氣拳、意拳)が伝統を合理的に引き継いだものであると認める価値ある証言だ。

身体の筋が少し痛むので、今日は軽い練習に留める。
自転車1時間。
立禅30分。
伏虎椿10分。







  




太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

8月19日日誌

昨日とほぼ同じ稽古内容に加え、棒振り256回。
調子に乗って思い切り振ったら右上腕筋を痛めてしまった。





太気拳至誠塾
公式サイト:http://www.taikiken-shiseijuku.com
入塾のご案内はこちらまで!>>
入塾のお問い合わせはこちらまで!>>

プロフィール
猪名川穴の日記

太気拳至誠塾 大阪支部
武田 練士五段による
稽古日誌


★公式サイト
太気拳至誠塾

過去の日誌はこちら!>>