2009年12月27日

皮手袋  新宿伊勢丹にて

皮手袋

 オーダースーツ 東京ボットーネのモリーヌです。

この一週間、更新ペースが乱れてしまいました。
楽しみにお待ち頂いている方々、すみませんでした。
とはいえ、「書かないといけない」という義務感から書くのは嫌ですし
面白い記事も書けないと思っていますので
生温かく見守って頂けると大変ありがたいです。


さて
いよいよ本格的な冬がやってきました

・・・と書きたかったのですが
ここ数日、東京は暖かい日が続いていますね。

とはいえ、さすがに夜風は冷たく
私は自転車にも乗るので
思い切って皮手袋を買いました。

基本的に、今まで手袋なしで生きてきた人間で
防寒で手袋をするのはスノボの時だけ
と言ってもいいくらいだったのですが
自転車に乗っている時の
手に当たる夜風がさすがに痛かったのと
皮手袋がどれくらい暖かいのかという興味から
購入に踏み切りました。


足を運んだのは



皮手袋

新宿伊勢丹。
行ったのが
クリスマス前の23日+祝日だったおかげで
ものすごく混んでました。

この日が祝日だということを
店員さんに言われるまで気づきませんでした(笑)



皮手袋を探していくと
ざっと1万円〜4万円くらいの価格の幅がありました。

インナーがウールやカシミアのものが一番暖かそうでしたが
性格上、もっこりするのは嫌なので
直感でビビッときたこの薄手のダークブラウンを選びました。
ヒツジ革(シープスキン)の英国製でお値段は2万円也。

いつものごとく薄さを重視したので
インナーは特にありません。

この一枚革がどれほど暖かいのか
早速試してみましたが、なかなかいいですね。
個人的には十分暖かいです。

私は基礎代謝が高いらしく、人間カイロとして重宝されたり
寒さに対する耐久度も高めなので
どこまで参考になるかは分かりませんが
純粋に暖かさを求めるならば
インナーにウールまたはカシミアが張られているものを
チョイスするのが良いと思います。

皮手袋はスーツスタイルと相性がとても良いですし
薄手の場合、ポケットから鍵を取り出すなどといった
ちょっとした作業もできます。


次はオーダーで手にぴったり合わせたものを作ろうと画策中。
もはやオーダーメイド至上主義です、ハイ。

自分の身の回りを全てオーダーメイドで固めるのが夢(笑)



tailor_morrine at 23:11│Comments(1)TrackBack(0)clip!
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by hikakusanngyou   2010年12月15日 20:49
3 皮手袋→革手袋
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
オーダーコンシェル
「ファッションで人はより輝く」
をテーマに
お客様一人一人の感性や個性を見出し
あなたというブランドを表現するお手伝いをさせて頂いております。


表参道に、
看板のないアトリエ・サロンがあります。