2010年02月

2010年02月20日

細身のダブルタキシード

タキシード

モリーヌです。

今日はO様のタキシードをご紹介します。


会社設立2周年のアニバーサリーパーティ用にお仕立てした一着で
ダブルブレステッドでは襟の形が通常ピークドラペルとなりますが
今回はご希望によりショールカラーでお仕立てしました。

かなり目を引く個性的な一着ですね。

細身のダブルは、数年前に流行ったかに見えましたが
このところ、またその兆しが見え隠れしています。


続きを読む

2010年02月16日

既製服のメリット

オーダースーツ 東京ボットーネのモリーヌです。


日本に既製服文化が一気に浸透したのは戦後。
アメリカの影響が強いです。

では、それまではどうしていたのか。
簡単に言いますと
服の西洋化は陸軍や官僚の制服から始まり
段階的に浸透していきました。

そしてスーツはというと、基本は注文服(オーダー)で
貸し出し(レンタル)屋もあったようです。

今は、街を歩けばキリがないほど洋服屋がありますが
当時は流行というものもなく、珍しかったのではないでしょうか。
この辺りに関してはまた詳しく書きたいと思います。


では、オーダースーツと既製スーツを比べたときの
既製スーツのメリットについて見ていきましょう。

続きを読む

tailor_morrine at 16:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2010年02月13日

寸法合わせで行きつくのは・・・う〜ん、やっぱりどう考えてもオーダー

オーダー

オーダースーツ 東京ボットーネのモリーヌです。



スーツという洋服は、一見単純なようですが
実は様々な要素が絡み合っています。

・サイズ
・生地の品質
・素材
・色
・柄
・縫製
・ブランド

他にも
シャツ ネクタイ 靴 ベルト 鞄 との
色・柄・素材の相性 等々

さて、この中で
一番重要視すべきものは何でしょう?

続きを読む

tailor_morrine at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月10日

寸法合わせのすゝめ

オーダースーツ 東京ボットーネのモリーヌです。



街を歩いているとき、電車に乗っているとき
スーツを着ている人をたくさん見かけますが
申し訳ないけど、サイズが合っていない人があまりにも多い。
ご本人は気付いていないし意識もしていないのでしょうが
細すぎ、大きすぎの服が多いのです。

特に、時代の流行ゆえか、若い人は細すぎ
お年を召されるごとに大きすぎの傾向が強いです。

ヨーロッパでは、スーツやジャケットが普段着だったりするなので
普通のお父さんでも自分のサイズを知っていて
上手な着こなしができていますが
日本は、洋服の歴史が浅く、洋服に対する意識も薄いため
無頓着なお父さん方が多いのではないかと考えています。

が、やっぱりこれをどうにかしたい。
まず大人がかっこよくないと、子供もかっこよくなれません。

「子供は親の背中を見て育つ」と良く言われますし
私も親や周りの大人を見て育ってきたという実感があります。
ですが
その見せるべき大人の背中がシワシワでは
格好がつかないじゃないですか。


ご存知の通り、私はオーダーの洋服屋ですが
いきなりオーダーで作れなんてことは言いません。
ウチで作ってくれとも言いません。(作って下さると嬉しいですが)

なので
せめて寸法だけは合わせてください。

たとえゆったりな着心地が好きだとしても
合わせるところはきちんと合わせないと
正直、かっこ悪いです。

じゃあどこを合わせれば良いのか・・・
合わせるべきは

 

 

続きを読む

tailor_morrine at 08:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年02月07日

ネイビー無地スーツで友人の結婚式に参列

ネイビー スーツ >

オーダースーツ 東京ボットーネのモリーヌです。

 

今日はW様のスーツをご紹介します。
今回は、大切なご友人の結婚式に出席するために誂えた
生地の素材の良さで魅せるクラシックな一着です。

美しい光沢が栄えるネイビーの無地を使い
着心地を重視したお仕立てで制作しました。

続きを読む

tailor_morrine at 10:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!オーダースーツ 
オーダーコンシェル
「ファッションで人はより輝く」
をテーマに
お客様一人一人の感性や個性を見出し
あなたというブランドを表現するお手伝いをさせて頂いております。


表参道に、
看板のないアトリエ・サロンがあります。