2007年11月23日

RusK『Aster』感想


[ Aster ]応援バナー

このゲームはまずプロローグとなる沙耶をヒロインとしたお話【柚月沙耶編】の後にひとつ事故を中心に4人の主人公、4つの物語が進行していきます。

【柚月沙希編】上記のとおり双子の沙耶、沙希をヒロインとした恋人との死別とその後
【姫萩はるな編】その事故の加害者の家族
【小田巻雛編】事故で双子と一緒にいて怪我した女の子の家族
【山吹美幸編】交通事故を引き起こした原因になった人物

沙耶編→雛編or美幸編orはるな編を選択してプレイ→左記のお話を読むと出てくる沙希編→各お話のAfter→Asterという順番でプレイすることになります。


[ Aster ]応援バナー

小田巻雛編は、事故の被害者である雛たんこと小田巻雛とその彼氏の柳京次のお話です。
雛たんは金髪ツインテール+ナイチチ(AAAカップ)+成瀬未亜というステキな組み合わせでありますぜ!
さらには京ちゃん(京次)もなかなかの面白キャラで好きです。
とりあえずソフマップの担当さんよ…言わせてくれ。
実はデレデレも何も雛たんは普段から堂々と終始デレっぱなしじゃないかっ!!1
「謀ったなソフマップ!?(赤い彗星的な意味で)」
謀られた!ソフマップに謀られた!!w
★の人もそこツッコミ無しでスルーとは共犯ですか?w
ぁ、でも兄の正人にはツンデレしてたやw
まさかのツンデレではなく(京ちゃんには)デレっぱなし。
だがそれが良いっ!!!!1
「京ちゃんのお嫁さんに決まってるじゃない♪」とか「京ちゃんのばかん♪」とか雛たんの言動にもう心奪われまくりです♪
そんな常にデレデレな雛たんと京ちゃんのイチャイチャっぷりがステキ!
京ちゃんが天然ぼけっぽくてそれを突っ込む雛との掛け合いがとても面白いのですよ。
前作の空と章一といいRusKさんのメガネ男はなんでこんなに弄り甲斐と面白さがある奴なんだw
この二人は最初から恋人なので他のシナリオに比べ展開が早いので、その分二人の関係を多く描かれているし他カップルより一歩深いシナリオとなっているように感じました。
こんな幸せ一直線な二人なのにこのまま簡単には幸せにしてくれないようで。
まさか失明するとは思いもしませんでしたよ。
あまりに予想外な展開なのとそれまで幸せにしていた二人を見ていたのでこの衝撃は凄まじかったです。
事故直後の雛たんには何ともなかっただけにこれは沙耶の死以上に驚かされました。
「えー!?雛たんも鬱展開かよorz」と不安に駆られましたが、失明して大変だけれども京ちゃんに支えられ、健全な交際の後に結婚、妊娠と幸せを二人で掴んでいってくれたので安心しました。
ホットミルクを二人でかわるがわる飲んだり(ミルクと言えば結納のお酒代わりのとこも)、京ちゃんが考えた絵本のアイディアに雛たんがツッコム楽しいやり取りや失明してから外への恐怖を覚えるようになった雛を腕に捕まえさせ支えるイベントCG有りのとことか印象的な場面ですね。
しかし二人は健全すぎる!
結婚後までキス(てか唇が触れるだけの所謂チュー)しかしてませんよこの人ら。
まさか「結婚するまでえっちなことは我慢」という雛母との約束を見事なまでの健全さで守りとおすとはw
「ちょっとディープなキスぐらい良いじゃないですかお母さんや…」と思ってたのですがいざ二人がついに口づけを始めると。
イチャイチャエロエロイチャイチャエロエロと延々キスし続ける二人にもう赤面ものです。
そんな初々しくたどたどしくでありながら覚えたての何とやらって感じに行為にどっぷりハマッてしまう雛たんと京ちゃんががg
駄目だこいつら早くなんとかしないとこっちが悶え殺される!?
そんな調子で順調にえっちに突入…するのかと思いきや京ちゃんの天然ぼけが相変わらず炸裂します。
「保健体育を真面目に受けてないからどうすればいいのか」、「一人でする???エッチをか?(雛は何を言ってるんだ?エッチというのは、愛し合った男女でするものだろう?意味がさっぱりわからない)」
いやいやいや。むしろお前が何を言っているんだ?と言いたいですw
そりゃ雛たんも「えっ…自分でしたこともないの…?」、「信じられない」と驚くよw
ここにきて京ちゃんの性への無知ぶりというか無関心ぶり、そして天然ぼけゆえの恥ずかしいエピソードが明かされます。
「じゃあ…もしかすると…たまに下着が自然と汚れたりしない?」
「よく知っているな。そう、たまに朝起きると下着がドロっとして濡れていることがあるんだ。不思議なことに。」
「京ちゃんって渚緒さんに洗濯させてなかった?」
「ああ」
「何か言われなかった?」
「下着が汚れた日はそれを伝えて、汚れ物を洗わせて済まないと謝罪するんだが…その時は決まって、姉さんは赤面して黙り込んでしまうんだ」
すみませーん。あのー。それってさぁ。セクハラじゃないっすかw
しかも無意識無自覚な天然のだから困るwww
まさか前作ヒロイン(現在人妻)相手に堂々とそんな凄いことしてますと告白されるとは思わなかったw
京ちゃん恐ろしい子っ!!1
てかえっちシーンで笑わせるんじゃありませんw
これじゃ雛たんも大変ですねいろいろと。
その後は京ちゃんがあまりに無知なため雛たんがリードすることで事なきをえるとかw
その後は上でもう書いちゃったけど雛たんが妊娠してハッピーエンド。
実に面白いやり取りに笑い、どんな事があっても一緒に生きていくであろう二人の姿に泣いた。
二人(いやお腹の子もいるから三人か)とも幸せになっておくれと願わずにはいられない。
笑いと感動をありがとう!


[ Aster ]応援バナー

山吹美幸編は、事故が起きてしまった原因であるヒロインの美幸、その事故に巻き込まれたヒロインのひとりである雛の兄の小田巻正人を主人公としたお話で、事故の原因となってしまった事への罪の意識で自分を追い詰め、終いにゃ飛び降り自殺を図る美幸を正人が支えとなって救い、美幸After編で二人で償いの道を模索しながら惹かれあっていく姿を描かれます。
屋上から美幸が飛び降りようとした時に正人が止めるシーンはありきたりと言えばそうだけど美幸編の一番の山場として相応しいシーンでした。
車が美幸を避けたから沙耶と雛は事故に遭った。
けれどだから美幸は助かったわけで。
なのに自殺してその命を捨てるとかフザケンナヨとか死んでお詫びというより罪の意識から逃げたいからじゃねーかよとか思ったりで美幸の印象は少々悪くなっていくのですが逆に正人が凄い良い奴に見えていく。
美幸のせいで妹も事故に巻き込まれたというのに許し、支えていこうだなんてどんだけ聖人君子だよと。
でも、まさかこの後雛たんが失明するとは思いもしなかっただろうけど。
京ちゃんは当然美幸に怒り、庇う正人へ更に怒り…で簡単には和解できないけど雛の目を治すために医者になって償いをしようというのは話の落としどころとしては良かったと思います。
安易ではありますが希望のある終わり方なので暗い気分を残さずにすんだかと。


[ Aster ]応援バナー

姫萩はるな編は、事故を起こした車に乗っていた人物の子供である萩原睦月を主人公にしたヒロインのはるなとのお話です。
唯一ヒロインが直接事故と関係のないシナリオですね。その分、このメーカーらしいシナリオになっている。
睦月も母を失い悲しいのに人殺しの子供と罵られるのがなんとも不憫すぎる。
そんな睦月に家族になろうと言い暖かく接してゆくはるなは睦月にとって唯一の救いでしたね。
竹本やかなでも心配してくれているけれど沙耶、沙希の友人でもある二人は睦月のみの味方にはなれませんし。
はるなは、時に姉のようであり(てかお母さん?w)まさに母性の塊と言わんばかりに魅力的に描かれております。
そして天然ぼけなとこも可愛くて良いです。
自己紹介でスリーサイズまで普通に言おうとしたり、むっちゃんって呼んで良い?とかw
はるな編の最後では事故のことで顔を会わせ難くなってしまった沙希とも和解することができて良かった。
しかも沙希から「幸せになってね」とまで言われるとかもう。
それじゃ幸せになるしかないじゃないかー!という事でAfter編の二人は更に仲良くなり、家族(姉弟)のような関係から睦月の告白で恋人へとなります。
その大きな胸での御奉仕とか制服エプロンえっちがとても良い!
胸でした後に「これで赤ちゃんできるかな?」とやっぱり天然ぼけな人だなぁと思うやり取りは御愛嬌w
ファンディスク「はるな先輩の新妻だいあり〜」という妄想が頭を過ぎりそうになったぜ。


[ Aster ]応援バナー

柚月沙希編は、主人公榊宏が恋人(沙耶)の死から立ち直り、そして傍で支え続けてくれた沙希と結ばれるお話です。
とりあえずヒロ病み過ぎです。
沙耶の死を認められずにいるヒロを沙希は心配するのですが、その瓜二つな姿が沙耶を思い起こさせヒロを苦しめ、やり場の無い怒りで沙希に辛く当たってしまいます。
流石は雛たん役の成瀬未亜さんに「ガチでヘタレ」と罵られているだけあるぜ!
それでも頑張る沙希に心を打たれました。
そんな沙希へ「沙耶が死んだのにどうして笑えるんだよ」というヒロの言葉には流石に沙希も怒り、思いのたけをぶつけます。
ここの沙希を演じる青山ゆかりさんの熱演が凄い良かったです。
それもあってヒロが沙耶の死と向き合い認めたのに目から汗が。
Afterではヒロが立ち直って2年後の話となり、沙希のおかげで立ち直ったヒロが沙希に惹かれている自分に気づいて告白します。
そりゃあんだけ毎日健気に会いにきて、心配したり親身に励ましたりすれば「厚意」が「好意」に変わることって不思議じゃないと思う。
しかもそれが沙耶の死に直面して自分と同じかそれ以上に悲しんでいるはずの沙希なんだから。
しかし、沙希のほうは未だ心の方は立ち直り切れておらず葛藤します。
ちなみに私はプレイ前(体験版はプレイ後)に沙耶のことを忘れる為とかで付き合う展開だったら嫌だなぁと思ってたわけなんですけども。
二人はそれが嫌だからお互い迷ったけれどちゃんと話合って付き合うと決めたのでそれで納得しました。
二人が付き合うことに賛否両論だと思うのですが、沙耶の死が前提である以上もやもやしたもの、しこりのようなものは残らざるをえないのだから二人がくっ付くのに納得しても良いと思わせる描写さえしてくれれば二人で幸せになっていいと自分は思う。
ヒロは沙希のおかげで沙耶の死とちゃんと向かい合い、立ち直った。けれど沙希はヒロを励ますために笑顔を見せ、元気でいるように見せていただけ。
ヒロは沙希に救われたけれど沙希にはこのままでは救いのようなものが無いなら尚更ね、と。
あれだけ健気でいじらしい沙希が幸せにならないのはオカシイというものですよ!
こうしてくっ付いた二人のえっちシーンは恥じらいながら身を任せる沙希の可愛さがたまりません。
終わった後はお口で綺麗にするのは当然のことと女友達に騙されいてヒロに指摘されてテレまくったり、赤ちゃんがもし出来たらのやり取りとかニヤニヤものです。
沙希可愛いよ沙希♪
沙耶も空から二人を暖かく見守ってくれていることでしょうね。
なんだかんだで良い話だった。


[ Aster ]応援バナー

全てのお話を読み終わるとタイトル画面にAster編というものが登場します。
このお話は、沙耶が亡くなる間際に交わした沙希との会話、そして沙希とヒロが沙耶のお墓に婚約の報告をするというものです。
沙希以外の他ルートでは事故が別の形で扱われていることが多く、全部クリアすると意外に印象が薄くなってしまう。
最後のAster編はその沙耶の事故死をもう一度際立たせる効果があったように思います。
最後に降ってきた雪は何年も流星群が見えない、奇跡は起きないから空が見えても流星群は見えない。
だから流星群みたいな雪なんでしょうね。
最後まで「奇跡はない」けれど「希望はある」ゲームでした。
「希望」だけでひとくくりにするのは無理やりなのかもしれないけれど。
でもさ。やっぱり人って何かを失った後って辛いし、ヒロのようになるのも分かる。
美幸は真実を思い出し、父と和解し、正人がいてくれる。
雛にはやさしい家族と京次がいて、子供も授かった。
睦月には母との思い出が共有できる、優しい恋人が出来た。
沙希とヒロはお互いを支えあう、かけがえの無い関係になった。
逆にこれが希望でなくて何だというのだ!!1
奇跡は無いから単純にハッピーエンドとは言えないけれど良かったと思います。
この難題な内容をよくぞ綺麗に纏めれたもんだ。
それでも最後までやっても沙耶の死に納得できず、不満だという人もおられると思うのですが、沙耶の死はこの作品の大前提だし、序盤に登場するヒロインにそこまで感情移入させるんですからそれだけ沙耶を魅力的に作中で描いていたからという事なんですよねぇ。
そう考えるとこのゲームのテーマのひとつだと思う「恋人との死別」を上手く描く事に成功しているんですよね。
ゲームタイトルの『Aster』は花のasterだと花言葉が別れ、短い恋等で、ギリシャ語でasterは星という意味だったりと知って上手いタイトル付けたなぁと思いました。
タイトル、星といえばAster編を読み終えてタイトル画面に戻ると流星群を見上げる3人(榊宏、柚月沙耶、沙希)の絵に変わっていて、BGM「星の見える夜 -ed piano-」が流れる中その絵を見ているとAster編や沙耶編を思い出してしんみりとしてしまいます。
タイトル画面地味だなあと思ってたから最後のコレは不意打ち過ぎです。卑怯すぎます。
まさかタイトル画面で泣かされるとはなぁ。
いろいろと考えさせられてしまうお話のゲームでした。

で、だ。
隠しルートのかなっぺ(藤宮かなで)編は何所かな?
え?無い?本当に?嘘だろ?
RusKさんやRusKさん。
これはAsterファンディスクとか制作して頂かねばならんのではないでしょうか?(ぉ
沙希とヒロのAfter編からAster編の間のエピソードとか結婚後とか雛たんと京ちゃんの子育て生活とかはるな先輩の新妻だいあり〜(その名称マテ)とかも見たいですよね!
あとカウントダウンで公開されてたイラストの浅葉ゆう先生が描いたはるながとても良かったと思うんだ。
全キャラ浅葉先生に担当してほしかったかなぁとカウントダウン見て思った自分がおります。
「『Aster』Complete Tracks Plus」のパッケージイラストとボイスドラマもどんな内容か楽しみだ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tailtail/51082443
この記事へのコメント
初めまして。
最近Asterを購入&コンプした者デス(遅)
沙希なのに運動部のマネージャー&お弁当でなかったのはおおいに不満(ぉ

最後は冗談デスが、感想を最初から最後まで食い入るように読みました。
作品への想いがひしひしと伝わってきましたよ・・・・・・
これ位の感想を書けるようになりたい・・・・・・無理っぽいけど(汗)


>かなで編は?
おかしいなぁ、修正パッチも入れてるのにw

沙耶IFとかと合わせてファンディスクを出して欲しいのは同感デスが。
出る出ない以前にもう会社として機能してないっぽいのが(泣)
本当にタイトル通り今作品で別れとなるなんて(ぉ
Posted by ないす at 2009年01月17日 08:40