日々悠々

謹賀新年 今年も・・

夏山女の渓

新年明けましておめでとうございます

今年もいろんな渓れでお会いしましょう。 

2013年元旦

たいめん 

新しい年を迎えるにあたり・・

濃紺の渓れにて

ちょっと額が汗ばむその時期、体力の復調に併せて多くの釣果に驚いた日々でした。疲労にしゃがみ込んだり、足腰に力が入らないやら、持久力の消耗により、休みこんでは視界の先を臨んでいたようで、我ながら渓れに入っていること自体が摩訶不思議の日々でしたね。

無欲にそこに居るだけで満足だったのかも、そんな無欲が釣果に裏返ししたのかも知れません。変なものです、釣れなくても、という気持ちがベスト釣果を生むなんて、ほんに、良く釣れたシーズンでした。 

いよいよもって年末年始の秒読み段階です、今年は半年に三度も手術を経験した訳でして、来年こそは、まずは、健康で仕事も趣味も、大げさでなく控えめでシーズンを楽しめる事を望みたいものです。

たぶん、今年最後のエントリーでしょう。    

皆様よい年をお迎えください!   ではでは・・

この一年を振り返れば・・について

新緑のトンネル

そうでしたね、新緑のトンネルに思わず立ち留まったことが始まりでした。新しい渓れ、林道を駆け上がったその先々には、かけがえの無い渓魚達との出会いがありました。

年明けの数か月は体調不良で落ち込み気味の小生、食べ過ぎでもないのに何故か腹部から病の鼓動に似た疝痛で悩まされたのが、2月上旬の事でした。 

それでも、残雪の消え去るその時期、夢広がるあの渓流解禁へ気分高まる思いも、叶わぬ夢の様にブレイクダウンしてしまった訳でして、ほんと、完全復活までは数か月の我慢でした・・。

そうです、この渓れで復活の烽火(のろし)を掲げたのでした。

・・大げさですか(^^);、はい。 
続きを読む

いよいよその時期がきました・・

内水面漁協便り①

今年もこの「内水面漁協便り」が届きました。

そう、釣り人がシーズン解禁前に避けて通れない入漁料前払いの「漁協便り」です。シーズン期間中、県内のほぼ全ての河川で釣行が可能になる「県内共通遊漁承認証」であります。

漁協便り②
決してお安くはありません。




複数の河川を訪れたり、遊漁券販売所を探して時間を潰すことを考えれば、シーズン期間苦労せずに自由に入渓出来るメリットは大きく。 

まずは、大げさですが漁協への支援、釣り人の義務と思えば納得するところかも。 来シーズンは出足からロケットスタートしたいものです。

クリスマス・ウィークですね、いよいよ・・



週末から三連休です
そしてクリスマスですね・・。

やっぱぁ・・ボージョレやっつける?・・

ワインいく?

やっぱり毎年の事と云え、戸棚に置いとくのは良くありませんよね。今更ボージョレですよ、すでに解禁日は過ぎ去ったのですが、飲まずにいずれのお楽しみはちょっと良くありません・・。

職業柄、いろんな所から集まってくるボーンジョレ・ヌーボー、今年も数本は役割分担のようでして、呑まずに忘れ去る予定でしたが、ついつい、お酒好き「たいめん」の宿命であります。
続きを読む

毎日が日曜日ですか?・・について

晩秋に虹鱒あそび

数年前のOB会から忘れていた、懐かしい知人たちからの便りに思いはあの時代に戻ってしまう。自身が迎える大きな節目も同世代の同じ青春を謳歌した旧友たちとて、年齢の相違は見つかりません。

還暦と同時に遅かれやってくる「定年退職」のご挨拶と身近の近況の報告が遠い時間経過に自身に置き換えてしまうと、何故か、滑稽で、時の流れのなんと早いものと、ふと、ため息に吹けてしまう。

この釣りに出逢ったときに読み漁った村田久 氏のエッセイ集「定年釣り師」に、あの書き出しの数行に想いが巡ってしまう  「・・・今日も、明日も、あさっても、釣り日和・・・」。

ほんの数年後の人生なんて、その時を迎えたら「サンデー毎日」に「釣り三昧」などと可笑しな皮算用も今の自身では大きな誤と甘くない人生設計に笑い転げてしまいます。

時は変革の時代にあって、社会保障の年金制度が根本的に覆られる時代に小生たちに受給年齢65歳はほんの数年後の世界です。
その時は、是非とも「サンデー毎日」の「釣り三昧」で過ごせますよう、祈るばかりで、ありますね・・。

嗚呼!隣県のC&Rへ行っちゃおかな?・・・「晩秋の虹鱒狙いに」

スカイツリーで疲れたツリーの巻

DSC_0031a

訳あり上京で、ついつい時間つぶしの都心観光でであります。平日は何となく楽勝などと、田舎者の皮算用に目出度く逆ヒットした噂の「スカイツリー」に行ってまいりましたよ。  一言、「疲れたツリー」でありました。

DSC_0038a午後の二時前の整理券獲得、4時には天空の夢心地などと簡単に考えては楽勝モードだったが。
なんと、なんと、それが今回の過酷な出来事の始まりで御座いまして・・。続きを読む

やっぱりいいよね、清流の光景は・・・

DSC_0008a

午後の陽射しがいちばん辛い頃でしょう。夏の鮎釣り風景も本当に終盤のようです、橋のたもとで、ついつい眺めてしまうは、小生「たいめん」の病気のひとつ。秋田の大河、米代川の流れです。
続きを読む

残暑も、あと一時でしょう・・

DSC_0003a

ついつい流れに向かってしまうのは別にサボり癖の証明でもありません。ちょっとの合間に昼食の時間ぐらいは、別に食堂やレストランでなくても、といつもコンビニで軽食買求めては、このようなところに行ってしまう。

得意先回りに、自然豊かな風景が有れば何故か?何故か?なんですね。道路脇の食事処でなくても・・良いじゃないですか。 

まぁっ、十勝時代もいつもの定期便に大地の片隅で食事していた「たいめん」。同じ一食が目の前がこれでは、最高の目の保養だと思いません?・・・ 

エアコンのスィッチを消して思いっきり窓を全開して走っては、何気に秋模様を感じてしまう今日この頃。

この景観は岩手県、平泉近郊を営業した折の一コマ。国道四号線と並行して走っている東北自動車道、そして、岩手県、宮城県を縦断する大河「北上川」、実に雄大です。

そろそろ遡上してくるのでしょうか・・・、大自然の恵み。 

平泉観光協会 の公式ページはこちらですよ・・。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 謹賀新年 今年も・・
  • 新しい年を迎えるにあたり・・
  • この一年を振り返れば・・について
  • この一年を振り返れば・・について
  • この一年を振り返れば・・について
  • この一年を振り返れば・・について
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ