こんばんは。たいぴーです!
いちごちゃん、取れました!!
image


なんともいえぬ感動!!!
ここまで長かった。。。
まだ酸味が強いですが、これから徐々に寒くなってあまあーくなると思います!!

こちらが今挑戦しているクラウドファンディングです!
農家新参者がこれから作るいちごを先行販売する、新しいビジネスモデルを作りたい


▼山を買って農園を作り、コワーキングスペースを作ります

以前、ブログで「23歳、2000万円で山を買う」
という話をさせてもらいました。

いろいろありまして、
イチゴの観光農園をつくったり、
宿泊施設を建てたり、
やりたいことが大量にあるのです。

中でも面白いなと思っているのは、
山の上にコワーキングスペースを作り、
面白い個人経営者、
スタートアップ企業を呼んで
宮崎・北郷を盛り上げることです。

※コワーキングとは
コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。


例えるなら山の上にイオンを作って、

image


無印良品やらユニクロやらスタバ
TAKEOKIKUCHIやらLUSHやらテナント募集して
イオンの食料品コーナーでは
私いちご売ってますみたいな感じです。
伝わりますか? 

image


私は自身が経営して
他業種化させるのではなく、
やりたい人、得意な人に土地を提供して
やりたいことができる環境をつくりたいのです。
そしてそこで一緒に
仕事やたわいもない話ができる
仲間がほしいのです。

image



▼山=広スペース=活用無限大

僕の買おうと思っている山は8haあります。
これは東京ドームでいうと2個分、宮崎公立大学の校舎でいうと4個分に値します。
まさに広大!という感じですね。 
※地主さんとの話は全く進んでいないので場所は言えません。

image


これだけ広いわけですから、
活用方法も無限大なんです。
机と椅子さえ準備できれば、
個人事業主がいきなり100人やってきて、
朝から晩まで作業しても
何の問題もないんですよ。

仕事に疲れたら山の中を
散歩してもらえるだけで気分がよくなりますし、

image


近くの北郷の温泉に入ってきて
作業再開すれば最高に気分よく働けると思います。

image




▼コワーキングスペースの新しいカタチを作る


コワーキングスペースって、
Macを使いこなしているエンジニアや
Webデザイナーのものって印象が強いと感じています。

でも、僕は山でやるなら、
ITだけではなくて、
個人で面白そうなことをやっている
いろんな個人事業主に
来てもらいたいと思っています。
陶芸家、デザイナー、作家のように。

都心のコワーキングスペースだと、
土地の都合だったりで
大きな道具を持ち込むことなんてできないわけですから、
使用できる人は事実上、

「PCだけで使って仕事のできる」 

個人ワーカーに
限られているのだと思います。

しかし、山の上だからこそ、
スペースの制約に縛られずに、
多くの面白い人が集まれる
新しいコワーキングスペースを
作れるのではないでしょうか。


日本で唯一のコワーキングスペースを作り、
そこに集まってくる
最高に面白い人たちと協業しながら
宮崎・北郷を面白くしていくのが僕のビジョンです。

image

故郷=おかえり(平仮名漢字)

▼自営業を増やし、山を盛り上げ、宮崎を盛り上げる

僕のひそかな目標として
考えていることの一つに、
日本の自営業を増やす、というものがあります。

それは自営業が増えれば
地域コミュニティの再生ができると思うからです。

私は移住して1年半、
2つの集落で地域つきあいを
させていただいております。

image


俗に言う田舎は地域つきあいが大変!!
と、よく聞いていましたが
正直実感としてはそこまでないなと言う印象です。

地区の集まりや清掃にしても
年配の方がきても若い人は全くいない。
悪いとは思わないですが
現実を垣間見た気がしました。

image

地域の獅子舞を舞わせて頂きました。

確かに、若い人は減ってると思います。
しかしそれ以上に
地域つき合いに参加する若い人の
割合が減ってる気がします。  

僕の仮説ですがこの背景には
自営業の減少があるのではないかと考えます。
農業や建築、土木、商店等
地域の繋がりが仕事にも繋がることが大いにあると思います。

しかしながら、
例えば製紙工場や車会社で働く場合(例)
地域つきあいから仮に会社の売り上げに
繋がったとしてその人への恩恵は
微々たるものではないでしょうか。

そして、平日きっちり時間の
管理をされて土日は休みという
時間感覚が植えついた中で
わざわざ地域つきあいをしようと
思わないのも自然な考えと思います。
 
自営業が増えれば
地域コミュニティがより屈強なものになり
経済が地域でグルグル回り、
内貨を回し外貨を稼ぐことができる。
そして、災害時にも協力し生き延びれる。


以上の考えから
自営業の人が拠点を構えやすい環境と
面白い人たちの活躍の場を作り、
山を盛り上げ、
北郷を、宮崎を盛り上げていこうと思っています。


▼山の上のコワーキングスペースを実現する第一歩として


まずは、しっかり目の前の
いちご作りに集中します。
どういうステップを踏むかは以前の記事で
そのためにも、
共感してくださる方
ぜひとも下記をよろしくお願いします!

image


【期限は今月26日まで】




農家新参者がこれから作るいちごを先行販売する、新しいビジネスモデルを作りたい