2020年への資産運用の旅   since 2011.7.18

2020年という比較的近い将来をターゲットとし、低コストインデックスファンドを中心とした積立運用を実践しています。目指せセミリタイア!!

アクセス数300万件突破!ありがとうございます!

約半年ぶりに資産運用規則を見直しました。基本的な投資方針には変更はありませんが、細かい部分を定期的に見直すことによって、自分の足元を振り返るよい機会としています。※変更点は赤字資産運用規則(2016年5月30日)第1条.資産運用の目的家計あるいは日本国が如何なる ...

私の財産形成の途中経過ですが、しばらくの間、総資産を増やせていません。正確にいうと2015年の7月の記録を上回ることができていません。そろそろ1年ですね。他の方のブログを見ていると、毎月当たり前のように総資産を増やしている方も見られますが、我が家の場合は一進一 ...

SBI証券でも外貨MMFの自動積立が可能になるようです。プレリリース外貨建MMFの積立サービスが遂に登場!毎月5,000円から設定可能! この分野では、マネックス証券やカブドットコム証券が先行していたので、SBI証券お得意のサービス追随ということですね。マネックス証券と比 ...

住信SBIネット銀行からのダイレクトメールで第34回のSBI債が発売されていることを知りました。既にブロガーの間では記事にしている方もいましたが、最近良くも悪くもあまり投資に熱を入れていないので、「あ~、そうなんだ」くらいの感覚でした。 【年率】 0.70%(税引前) ...

ようやく書類を揃えてすまい給付金の申請をすることができました。最後に、実際に申請完了までに要した費用について補足します。 ・給付金申請書(4枚) コピー代 40円    ・住宅ローン契約書 0円 ・住民票の写し 手数料300円 役所までの往復交通費(バス代) 42 ...

すまい給付金の申請について、なにがどう面倒だったのかを具体的に書いていきます。※中古マンションを住宅ローンを使って購入した場合のケースです※入手難易度は個人的な感想に基づくものです給付金申請書給付金の申請をするためには、まず公式HPから申請書をダウンロード ...

マンションの購入に伴い、すまい給付金の申請をしました。制度の趣旨、支給要件や支給額などの詳細は国交省の公式サイトでご確認下さいhttp://sumai-kyufu.jp/我が家の場合は、20万円の支給となります。この金額は私の月給に相当しますので、かなり大きいです。最近は住宅購 ...

先日、火災保険を契約しましたがその後は家財保険の検討をしていました。理想の住まいをさがす旅(28)火災保険の検討約2ヵ月、いろいろ考えたのですが、家財保険は入らないことにしました。理由として、以下の3点を挙げます。・そもそも補償されるような高額な家財がない・ ...

相互リンクしてもらっているブログや、ブログ村に掲載されているサイトだけを見ていると、さもインデックス投資が一般の人にも浸透しているかのような錯覚を覚えることがあります。でも冷静に考えてみると、そんなことは全くない。少なくとも私の周りでは...それどころか、「 ...

私が住んでいる自治体には、家庭ごみの手数料徴収制度があります。簡単に言えばタダではゴミは持っていきませんよ…ということ。手数料は指定のゴミ袋を買わされることによって徴収されます。市の発表によると、導入前と導入後では相当なゴミの量の削減ができているようです ...

2016年5月度の積立報告です。投資信託については先月から全く変化なし。基本的には年初に立てた計画通りに積み立てているので、金額の変化はありません。純金積み立てについては手数料節約のために、スポット購入を織り交ぜながら買い付けています。過去記事純金とプラチナの ...

さて、不動産業者へ再度反論の主張を送りつけたのですが相手の反応は早いものでした。1週間もしないうちに返事が来て、文面には次のようなことが書かれていました。 ・修繕費の負担は大家さんにお願いしてもらうことになった ・電球の交換費用についてはお願いしたい(実費 ...

電気料金のアンペア契約数を40Aから30Aに変更しました。アンペア数によって基本料金が変わってくるので、ランニングコストが変わってきます。両者の差は月額280円ですが、消費税も加味すると300円程度違ってきます。月額300円ですから、年額で3,600円。こういう地味な倹 ...

関東地方で地震が発生しました。読んでいる方の中にも揺れを感じた人も多いかと思います。私のところは震度4でしたが、ゆっくりとした横揺れを感じました。特に被害はなかったわけですが、イザというときには合理的な行動をとれないもんだな…と痛感しました。どういうことか ...

↑このページのトップヘ