2020年への資産運用の旅 (インデックス投資の記録)

2020年という比較的近い将来をターゲットとし、低コストインデックスファンドを中心とした積立運用を実践しています。目指せセミリタイア!!

アクセス数が450万件に到達しました! 今後ともよろしくお願いします。

現在、購入を見送っている金融商品をその理由と共に整理します。【個人向け国債】単純に、魅力がないから見送ってます。もっとも、魅力がある=金利が高い、ということですから、魅力が出てきたら、国家破綻に近づきますけど(笑)【個別株式】新規の購入は控えています。PBR ...

マネー雑誌『あるじゃん・10月号』に、投資信託における積立投資の有効性が掲載されていました。①少額から投資ができる(今はお金がなくても良い)②値下がりしたほうがむしろ効果的。③含み損を抱えても回復のスピードが速い④上昇へ転じた後のリバウンド効果が大きい少し ...

投資信託(ファンド)を購入する上で、注意しなければならないフレーズがいくつかあります。次のようなフレーズが該当してくるファンドは、基本的に見送ったほうが無難であると思っています。①毎月分配型(配当をお小遣い感覚で受け取れる)→要するに、福利効果が出ないフ ...

世間では円高対策が声高に叫ばれていますが、個人的には、円高はしばらく続いてほしい!と思ってます。海外の資産が安く買える、絶好機ですからね。そもそも、円高で恩恵を受ける人も大勢いるというのに、一部大企業の輸出業者に気を使って、為替介入を繰り返す日本政府も、 ...

今月の積立額です。 ・ニッセイ日経225 20000 ・CMAM日本株式 20000 ・さわかみ 15000 ・日本応援株ファンド 3000 ・特約付定期預金(りぼん) 5000 ・eMAXIS先進国株式 20000 ・eMAXIS新興国株式 20000 ・中央三井ダウ・ジョーンズ 7000 ・ピクテ 中 ...

たばこ税の税収を調べてみたところ、約2兆円だそうです。これは、消費税1%に当たります。嫌煙者が幅を利かせて、喫煙者は肩身の狭い思いをしている昨今ですが、税収面での効果は絶大です。因みに1日1箱を30年吸ったとすると、合計額は460万円になるらしいです。タバコシミュ ...

給料日に特別なことをすると、散財の元です。散在する気はなくても、多額のお金を引き出すと、気が大きくなってしまうのが人間の弱いところです。よって、給料日は何もしないに限ります。ただし、収入があったことに対するフォローは必要ですので、本当に何もしないわけには ...

明日は会社の給料日です。資産の推移についてウォッチするため、今後は給料日の前日時点での資産状況を毎月確認していきたいと思います。【ポートフォリオ】アセットを6つに分類しています。①流動性商品(現金、預金、MRFなど)②日本株式③日本債券(定期預金、国債、社債 ...

「投資初心者におすすめなのが、バランスファンド! 状況に応じてファンドマネージャーが機動的にリバランスを 実行することにより、収益性を確保。資産は株式、債券、 REITなどに分散されているので安心です」…と、このようにバランスファンドを紹介する雑誌やサイ ...

少し気が早いですが、来月(9月)の投資目標を整理しておきます。【金の売却】高値圏での取引が続いている金資産の一部を売却し、利益。突然の暴落による調整に備える。【プラチナの売却】金ほどの強い売却動機はないが、リバランスの一環として、若干売りに出す。【株式買い ...

会社の同僚が結婚することになりました。しかし、社会人として恥ずかしいことに、ご祝儀の相場をあまりよくわかっていないことに気づきました…まさに運用以前の問題ですね…「気持ちの問題」と言ってしまえばそれまでですが、やはり社会人である以上は、最低限の常識が必要 ...

ファンドを購入する際に必ず目を通さなければならないものが、目論見書(投資信託説明書)です。売り手にも、顧客への受け渡し義務があります。ですが、最近は目論見書をじっくり見ずにファンドを購入してしまうことが多くなってしまっていました。理由は様々考えられます。 ...

世界的な株安と、円高による為替差損の影響により、資産がどのくらいダメージを受けているか、確認してみました。 ※数字は1か月前との変動幅です。・日本株式 ▼5.8%・先進国株式 ▼4.8%・新興国株式 ▼2.8%・外貨MMF ▼2.6%・外国債券 △0.7%・REIT ▼15.6%債券 ...

日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、カナダの7か国を総称して、先進7か国(G7)と呼びます。先進国であると同時に経済規模が大きく、世界経済に大きな影響力をもつ国々…と、学校では習ったものです。が、時代は流れるもの、この7か国は今や世界をリー ...

↑このページのトップヘ