2020年への資産運用の旅 (インデックス投資の記録)

2020年という比較的近い将来をターゲットとし、低コストインデックスファンドを中心とした積立運用を実践しています。目指せセミリタイア!!

当ブログは2018年よりワードプレスに移行しました!
リンク先の変更をお願い致します m(_ _)m

来年からいよいよつみたてNISAが始まります。今年に入って金融庁の会議室で行われていた個人投資家との意見交換会。私も過去に2回ほど参加させていただきました。金融庁「第3回 個人投資家との意見交換会」に参加してきました金融庁「第4回 個人投資家意見交換会」に参加して ...

先日、相互リンクでもお世話になっている1億円を貯めてみよう!chapter2 の管理人である すぱいく さん主催によるアクセスアップ講習会に参加してきました。場所が新宿ということもあり、いつものことながら田舎者にとっては迷ってしまう不安を抱えながらの参戦でしたが、幸 ...

久しぶりに個別株を購入しました。銘柄コード3222のUSMHです。うーん、、、、USMHと言われてもよくわかりませんよね…わかる人は相当マニア(笑)USMHはユナイデット・スーパーマーケット・ホールディングス株式会社の略で、関東ローカルのスーパーであるマルエツやスーパー ...

子どもが近くのスポーツクラブの体操教室&水泳教室に通うことになりました。妻からの強い希望で(笑)きたぞきたぞ、教育費という荒波が。。。。田舎生まれで田舎育ちの自分からすれば、その辺を駆けずり回っていた記憶しかないわけなので「そんなの必要ないだろ…」が本音 ...

上記の例はイオン銀行のキャンペーンです。購入時手数料の半額をお返しするというもの。たまたま近くのイオンに買い物に出かけた時に、店頭でチラシを配っていました。とはいえ、このようなサービスの対象となるファンドをわざわざ選ぶ必要はありません。また、お返しと言っ ...

iDeCo(個人型確定拠出年金)を活用すれば、子どもの保育料も節約できます。 ・認可保育園の保育料は住民税額に連動している ・住民税額は所得税額に連動している ・所得税額は確定申告(もしくは年末調整)の結果に連動している結論:所得税額を下げれば保育料も下がる( ...

注 資産運用とは全く関係ない趣味の話です。私の趣味の中に一人旅があります。独身時代はそれこそ何の制約もない自由の身だったので、東京から稚内、あるいは長崎の方まで電車を乗り継いで行ってみたり、あるいは何の予定も決めずにふらふらと行きたいところに行ってみたり ...

2017年8月の積立報告です。今月も先月から一切変更がありません。ツマラナイ報告ですが、裏を返せば年間計画に沿って淡々と投資を継続できているという証拠でもあります。毎月の収入は手当が付いたり付かなかったり、あるいは残業の有無などによっていくらか変動しますが、投 ...

先日、個人向け国債(変動10)の利金が入金されました。気になる入金額ですが、1000円もありません。。。泣マイナス金利政策下なので仕方がありません。それでも個人向け国債であれば最低利率保障(0.05%)があるので、まだマシです。ここまで金利が下がってくると市中の銀 ...

先日、東京証券取引所が運営するオウンドメディア 東証マネ部より取材の依頼があり、「私の投資のきっかけ」というテーマでお話をさせていただきました。取材依頼を受けて初めに思ったこと・・・・オウンドメディアってなに?普通のウェブとは違うの?恥ずかしながらオウンド ...

先日の飲み会でお会いしたFPの高橋忠寛さんの著書を拝読しました。同じズボラというキーワードを使っています。他にもこのズボラというキーワードを使って投資本や雑誌コラムを掲載している人を散見します。狭い範囲の話になりますが、金融業界的には今年の流行語になるん ...

2017年8月度の資産状況(リスク資産ポートフォリオ)です。一見すると株式だけで7割超、しかも大半は外国株で保有しているためリスクが高い運用をしているように見えますが、実際は同じ規模の無リスク資産を有しているため、マイルドな運用です。またリスク資産についてもほ ...

インデックス投信ブロガーの吊ら男さんの処女作出版を記念した出版記念会に参加してきました。この企画は、保険コンサルタントの後田さんが企画してくれました(なお個人的な感想ですが、東洋経済 生命保険との正しい付き合い方というコラムはとても参考になりますのでぜひ ...

昨年から趣味的に行っている懸賞応募。当初はまさにビギナーズラックという形で、続々と当選していました。【実体験】懸賞生活の実現性についての考察(7)続々と当選!今度はQUOカードが当たる!!!ただ、いつまでもうまくいくわけがなく、その後はピタッと勢いが止まること ...

↑このページのトップヘ