2020年への資産運用の旅 (インデックス投資の記録)

2020年という比較的近い将来をターゲットとし、低コストインデックスファンドを中心とした積立運用を実践しています。目指せセミリタイア!!

当ブログは2018年よりワードプレスに移行しました!
リンク先の変更をお願い致します m(_ _)m

田中貴金属より月額積立額見直しキャンペーン特典のキントンマウスとプラトンマウスパットが届きました。すでにこのキャンペーンは終了しています。思ったよりも特典が届くのが早かったですね。確か1年以上の積立増額が確認されないとキャンペーン対象とはならなかったはずな ...

7月26日に金融庁にて行われた個人投資家との意見交換会に参加してきました。今回で4回目の開催、私は前回に続いて2度目の参加です。前回参加時の様子はこちら金融庁「第3回個人投資家との意見交換会」に参加してきました今回も前回と同じ会議室でした。配布された資料の内容 ...

現在は更新が停止されているので少し残念な気がするのですが、のぼりさんのブログまったり資産運用で紹介されていたインデックス投資家あるある・・・が面白かったので、自分はどのくらい当てはまってしまっているのか興味本位で確認してみました。・ファンドの運用コストだ ...

私の数少ない個別株保有銘柄である極楽湯ホールディングス(2340)が株主優待を改悪しました。(変更前)・毎年9月末時点で、6カ月以上にわたって100株(1単元)以上保有している株主が対象・保有株数と継続保有期間に応じて、無料入浴券を贈呈(変更後)・毎年9月末時点で、 ...

先日(7月18日)、このブログを開設してから6周年となりました。ということでこの記事から7年目に突入です。いつも読んでいただいている読者の皆様、コメントをくれる方々、そしてこのブログでご縁があり実際にお会いさせていただいた方など、すべての関係者に感謝申し上げま ...

2017年7月度の積立報告です。今月も先月から一切変更なく、年間投資計画に従って淡々と実施。自動積立設定にしてるので、この1か月間、証券会社の口座にもログインしていないほどのほったらかし状態です。夏のボーナスが入ったので追加投資をしても良かったのですが、今の市 ...

先日、待望の夏のボーナスが支給されました。金額は去年より約5万円アップ。以前はボーナスがない年俸制の会社で働いていたこともあったので、やはり嬉しいものではあります。仕事をしていてよかったと思える唯一の瞬間ですね。使いみちは・・・・・家族旅行の費用として 10 ...

インデックス投資ナイト2017に参加してきました。すでに多くの方が当日の様子について語ってくれていますので、今更語る必要もないとは思いますが(笑)ほったらかし投資のまにまにインデックス投資ナイト2017に行ってきましたちんあおの小さなお金のブログインデックス投資 ...

資産状況(2017年7月度)です。リスク資産のポートフォリオは下記の通り。相変わらずの話になりますが、先月から比較してもほとんど変化なし。こういった状態がもう1年以上も続いている気がします。分散投資を徹底しているとはいえ、全然アセアロが乖離しないので、相関関係 ...

今月以降、ブログの更新頻度を落とすことにします。この記事についても3日ぶりの更新。現状はほぼ毎日の更新ですが、今後は週3回程度に。かつ、すべて週末に書き上げることにしアップは予約登録で。ただしこれも決まりではなく、あくまでマイペースでの更新を心掛けていくこ ...

40万円という年間拠出額について現段階では毎月の積立金額に縛りが設定されるかどうかは不確定となっているようですが、縛りが設定されない場合、年始に一括で40万、ボーナス一括で40万という使い方もできてしまうことになります。これはこれで自由度があってよいかもしれま ...

つみたてNISAについて、金融庁からいただいた資料をじっくりと拝読させていただきました。内容についてご興味がありながらも、仕事や居住地等の都合で来られなかった方もいらっしゃるかと思いますので、資料の内容について要約してみます(全部で22ページとボリュームが ...

昨日、仕事帰りに金融庁で行われた「第3回個人投資家との意見交換会」に参加してきました。3回目にして初の参加です。会場がなんかスゴイ場所でびっくり。また、撮影がOKというのも意外でした。議題はつみたてNISAに関する件。今回は運用会社が一堂に会して、このつみ ...

NISAは2014年に始まった制度です。当初のNISA枠は年間100万円でしたが、2年後に制度改正で120万円まで拡大。私の場合、NISA枠についてはここまですべて使い切っています。投資元本は380万円。 2014年 100万 2015年 100万 2016年 120万 2017年   60万対する2017 ...

↑このページのトップヘ