自分でもやってみたローカル路線バス乗り継ぎの旅、レポートの続きです。
まずはスタート地点とゴール地点を地図で確認。
距離はおよそ80Km、普段は快速電車で約1時半の行程です。

新しい画像 (1)


















企画前日に津田沼駅からの始発バスだけは、調べておきました。
妥当な行き先としては東船橋駅行きと南船橋駅行きがあったのですが、
出発時間の速さで東船橋行き6時19分発で、旅をスタートさせました。

さて、ここから旅の一部終止をレポートします。


Episode1意気揚々と出発

津田沼駅を6時19分に出発。普段はまだ寝ている時間なので、とにかく眠い。平日の朝ならともかく、休日の朝からこんなバスを使う人はいないだろう…と思いきや、5人くらいは乗っていた。朝帰りか夜勤明けか?

DSC_0308



















駅前の繁華街を抜けると、静かな住宅街へ。津田沼駅と東船橋駅は電車にするとわずか3分の距離だが、バスは住宅街を縫うように走っていくので、3分ではなく結局20分かかった。最初から最後まで乗っていたので、バスの運ちゃんがちょっと不思議そうな顔をしていたのが忘れられない(どうして電車使わないの?ってね)。料金は270円。当然ながら電車よりは割高(電車だと140円)。さて、東船橋駅には6時38分に到着。駅の北口と南口のバスロータリーを歩きながら、次のバスを探す。が、(いきなり)次のバスが見つからない。。。

Episode2:つながらない京成バス

時間が早すぎたのが、適当なバスがない。船橋駅、京成船橋駅に行く路線があったが、待ち時間が2時間以上もある。他にも路線はあったが、いずれも北にいく路線ばかり。電車の空白地帯を補完しているので仕方がない…とりあえず考えていても仕方がないので、船橋駅まで歩くことにする。天気も良かったしまだまだ疲れていなかったので、快調に歩く。おおよそ30分で船橋の駅前通りに到着。ここで運よく西船橋駅行きのバスを発見。とりあえず距離は稼げるので、あまり考えずに乗り込む。15分ほど乗車し、西船橋駅に着いたのは7時28分。しかしココからまたバスがつながらない。路線がないわけではないが、待ち時間が長すぎて使えない。結局歩くことにする。約30分歩いて隣の下総中山駅に到着。時間は8時をまわっていた。この駅でもバス路線を探してみるが、やはり適当なバスがない(泣)どうなってんの…と考えてみるが、どうにもならないので、気を足りなおして朝食(笑)駅の中の喫茶店でモーニングセットを頼んで、30分休憩する。そして隣の本八幡駅まで歩く。このあたりは完全なベットタウンなので、景色もたいして変化がなく、歩いていても面白くない。35分かけて本八幡駅に着く。
さー、次こそはバス!と思ってロータリーでバスを探す。でもここでもない!正確には30分後に市川駅行があったのだが、本八幡と市川の間はたいした距離でもないのはわかっていたので、歩いたほうが早そうだ…と判断し、やっぱり歩くことにする。市川駅には9時30分に着いた。それにしても京成バスは接続が悪かった。おそらく接続することは考慮されていないと思われる。

Episode3:総武線沿線をあきらめ方針転換

市川駅で小岩駅経由の新小岩駅行きのバスを発見。小岩駅のあとに立石駅を経由するので、大回りとなりタイムロスが出る。とはいっても小岩駅で次のバスが見つかる保障はないし、足も疲れていたのでタイムロスを承知で新小岩まで乗車。このバスには1時間以上乗っていたが、爆睡してしまった。新小岩駅(正確には東北広場という駅からやや離れたところに到着)には、10時35分に到着。ここで駅前に出て次のバスを探そうとしたが、同じロータリーに浅草雷門行きのバスが停車中なのを発見。津田沼から鎌倉までは総武線と横須賀線1本でつながっているので、その沿線を下っていくのが最短距離となるが、この際、方針転換して諦めることとし、浅草行きに乗り込む。行き当たりばったりで不安だったが、もう歩きたくなかったので。新小岩から浅草雷門まではバスで40分。途中で押上を経由するので、東京スカイツリーを車窓から見上げることができた。

Episode4:東京都心でまさかのウォーキング

浅草雷門に到着したのは11時5分。この辺は土地勘(バス勘)があり、確か東京駅行きのバスがあったと記憶していたが、発着場が分からずウロウロ。浅草駅はバスターミナルがなく発着場が分散しているので、ちょっと面倒。どうしたものかと思っていると、降りた停留所の近くで秋葉原行きのバスを発見。しかも出発間近。東京駅方面には変わりがないので、飛び乗る。しかしこれが、最悪の選択であった。。。
秋葉原駅には11時20分に着いたが、ロクな路線がない(葛西行きとか…)東京駅北口行き(丸の内)があったが、本数が極端に少なく使えない。しょうがないから東京駅方面に向けて、当てもなく歩く。このあと、まったくバスを見つけることができず、結局東京駅まで歩いた。
東京駅には巨大なバスターミナルがあるので、良い路線があるかと期待したが、これがホントに最悪。。。お台場行きや、南千住行きなど、まぁ関係ない方向ばっかり。新橋行きとかないの~と粘ったがなかった。なのでさっさとあきらめて、やっぱり歩くことに。まさかの都心ウォーキング。東京駅から、銀座を通って新橋を目指す。なお銀座通りは休日なので恒例の歩行者天国になっていた。途中にバス停を発見するがもちろん車両は入ってこない。運休しているのか他のルートを走っているのかは謎のまま。。。このころは日中ということもあり気温も上がり体力を消耗、相当きつかった。新橋には12時55分に着く。

Episode5:目標達成に暗雲が立ち込める

新橋に着いて目に付いた路線は1つ。渋谷駅行き。途中の恵比寿橋という停留所で降りると、恵比寿駅にも近い。ただしこのエリアは前に働いていた会社があり、バス勘があったので別の選択肢をとることに。まずは渋谷駅の途中にある金杉橋で降りる。ここから港区のコミュニティバス(ちぃばす)を利用して田町駅行きに乗り換えることに。ただし接続が上手くいかず、少し空き時間ができたので合間に停留所近くの洋食屋に入り、遅めの昼食をとる。昼食後にコミュニティバスに乗車し、田町駅へ。到着したのが13時48分。田町駅からは上手い具合に品川駅行きのバスがあり、ほどなくして乗車。品川駅(港南口)へは14時過ぎに到着。すぐ次のバスを探すが、ロクなバスがない。とりあえず、反対口(高輪口)にいけば別のバスがあるかも…と思い、そちらを目指す。 

出発から既に8時間を経過しており、完全に目算が狂っていることに気づく。なんせはじめの予想では、15時には鎌倉に着く予定だった…上記の地図を改めて確認してみるとわかるが、全体の半分も距離を稼げていない。にもかかわらず、タイムリミットまでの時間は6時間ほど。どう考えても残り時間と距離があわない。



目標達成に暗雲が。。。。。(´□`。)°゜




次回につづきます






ブログランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
初めてご訪問の方はこちらをご覧下さい。

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット